合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許に参加する前に!参加方法とスケジュール、知っておくべきメリットとデメリット

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許に参加する前に!参加方法とスケジュール、知っておくべきメリットとデメリット

合宿免許に参加する前に!参加方法とスケジュール、知っておくべきメリットとデメリット

自動車やバイクなどの免許を取りたいと思ったとき、教習所に通うことが一般的です。しかし、できるだけ早く免許を取得したい、何度も通うことが難しいという人もいるでしょう。そのようなときに便利なのが、合宿免許です。合宿免許とはその名の通り、免許を取るために泊まり込んで教習を受けることになります。通常の教習所よりも短い期間で教習を終えることができるでしょう。ただ、実際に合宿免許に参加するとなると、施設やプランの選び方がわからず悩んでしまうもの。どのような特徴があるのか、また合宿免許のメリット・デメリットについてもきちんと知っておくことが大切です。ここでは、合宿免許での免許取得方法とスケジュール、知っておくべき特徴やメリット・デメリットについて紹介します。


そもそも合宿免許とは?

 合宿免許とは、一定の期間、宿泊施設に滞在しながら教習を受けて運転免許を取得するものです。合宿免許はほぼ日本全国の教習所で実施しており、中でも地方で盛んに行われている傾向があります。短期間で免許を取得することを主な目的としています。


合宿免許のメリットって?

 合宿免許にはさまざまなメリットがあります。主なメリットとして挙げられるのは、以下の7つです。1つ目は通学に比べ「短期間で卒業が目指せる」ということです。合宿免許なら、卒業までの効率的なスケジュールを教習所が考えてくれます。学科教習や技能教習をしっかりと学べるカリキュラムになっているため、スピーディーな卒業が目指せます。また、通学の場合だと希望通りのスケジュールで予約が取れず、思うように教習を受けられないことも多々ありますが、合宿免許ならスムーズに、毎日教習を受けることができます。教習所や入校時期によって異なりますが、通常は最短で普通自動車ATの場合14日程度、普通自動車MTの場合16日程度で卒業できます。

2つ目は通学に比べると「料金が安い」という点です。合宿免許は宿泊や食事の料金が含まれているプランになっているため、お得に教習を受けやすいのが特徴です。

3つ目の「交通費を支給してくれる教習所がある」のも大きなメリットです。通学の場合、免許の取得までに交通費がかさんで気になるというケースも少なくありません。合宿免許なら交通費を支給してくれる教習所もあるので安心です。

4つ目には「運転しやすい環境」です。地方は都内に比べると道路の幅が広く、交通量が少ない傾向にあります。運転に慣れていない人でも、安心して練習しやすい環境が整っているケースが多いのです。落ち着いて運転の練習をしたい人は、地方の教習所の合宿免許に参加するのも良いでしょう。

5つ目に延長や延泊に対する「保証付きのプランがある」のもメリットです。合宿免許のなかには、延長や延泊などの追加料金がかからないプランもあり、万が一予定期間を超過してしまったときにも、追加料金がかかる心配がありません。期間内に合格しなければならないというプレッシャーが苦手だったり、追加料金がかかってしまうのが不安だったりする人でも安心ですね。

6つ目は「新しい出会いが期待できる」という点です。合宿免許では、免許の取得という同じ目的を持った仲間が大勢集まります。同じ空間と時間を共有することによって親近感が湧き、自然と仲良くなりやすいのが特徴です。また、ほかの県から合宿免許に来ていたり、年代の違う人が参加していたりすることもあり、普段は出会えない人と知り合えるきっかけが作れます。人との出会いを通じて自身の成長を実感しやすいのが魅力です。

7つ目は「勉強の効率を上げられる」こと。合宿免許では学科教習や技能教習について効率的に勉強できるカリキュラムが組まれているため、交通ルールや運転技術など、卒業に必要な勉強を集中的に行えます。習った知識を忘れないうちに実践できるため、スムーズな上達を目指せるのです。


合宿免許のデメリットって?

 さまざまなメリットがある反面、デメリットもあります。主なデメリットには、以下の4つが挙げられます。1つ目は合宿のために、「まとまった時間・日程を確保する必要がある」という点です。合宿免許の期間は教習所やプランによって異なりますが、おおむね2週間~3週間程度かかるのが一般的です。自分でスケジュールを決めるわけではなく、教習所の決めたカリキュラムに従うことになるため、免許の取得までにまとまった時間や日程を確保する必要があります。そのため、まとまった休みが確保できない場合は、合宿免許への参加は難しいですね。

 2つ目のデメリットは「時期によっては料金が高くなる」こと。合宿免許は時期によって、料金が変動します。知識のないまま料金の高い時期に予約してしまうと、後で「もっと安い時期を選べば良かった」と後悔することも。合宿免許に参加する際は自分のスケジュールだけではなく、料金の変動についてもきちんと確認することが大切です。

 3つ目は実際に自分が運転する予定の道路とは「道路事情が異なる場合がある」ということです。地方は道幅が広かったり、交通量が少なかったりと、都会とは道路事情が異なる場合があります。異なる環境下で運転したときに、違和感を覚えることがあることを頭に入れておきましょう。

 4つ目は「延長すると宿泊施設の料金が発生する場合がある」という点です。追加教習を受けることになった場合、宿泊料金が追加でかかってしまう場合があります。スムーズに卒業ができれば問題ありませんが、万が一追加教習を受けるとなると、余分な費用がかかる可能性があるので、保証内容を確認しておきましょう。


合宿免許に必要な時間や日数は?

合宿免許で免許を取得するために必要な時間や日数は、種類によって変わってきます。一般的な自動車免許を取得する場合には、普通自動車ATか普通自動車MTのどちらかを選ぶことになるのです。道路交通法によってそれぞれ最短教習時限数が定められているので、その時限数と1日に教習を受けることのできる最大時限数で割ることで、最短期間が求められるのです。普通自動車ATの場合には最短で14日間、普通自動車MTの場合には最短16日間の合宿が必要になる計算となっています。 
具体的なカリキュラムですが、普通自動車の免許を取るときには1段階、2段階と段階を踏んで教習を受けることになります。1段階目のカリキュラムは、普通自動車MTの技能実習が15時限、学科教習は10時限です。普通自動車ATでは技能実習が12時限と普通自動車MTよりも減っていますが、学科教習は同じく10時限受ける必要があります。2段階目については、普通自動車AT・普通自動車MTどちらも同じで、技能実習が19時限、学科教習は16時限となっているのです。 
また、1日に技能実習を受講できる時限数は法令によって決められているので、合宿だからといって何時限も詰め込むことはできません。1段階目の場合は2時限まで、2段階の場合には3時限までと決められています。ただし、3時限連続で技能実習を受講することはできないので、間に学科教習を挟むなどする必要があるでしょう。学科教習についての制限はありませんが、合宿に参加している人全員で受講するため、基本的には1日に3時限程度が限度でしょう。


入校から免許証交付までのスケジュール内容

合宿免許に参加する際に、どのようなスケジュールが一般的なのかわからなくて不安という人もいるでしょう。入校から免許交付までのスケジュールについて大まかな流れを説明します。まず初めに、合宿免許の申し込みをします。インターネットなどで検索すれば、色々な地域の合宿免許が出てきますので、参加しやすいところを探します。基本的には、メールか電話での申し込みになりますが、自分が入校したい合宿免許を探して申し込み方法を確認しておくといいでしょう。申し込みが完了したら、入校します。入校日についてはプランに空きがあれば最短で3日後くらいからの入校が可能な場合もありますから、急いでいるときには問い合わせてみるといいでしょう。5月~6月、10月~1月あたりは閑散期とされており、比較的教習生の少ない期間です。この期間なら合宿免許が空いているので、自分のタイミングで入校できる可能性が高くなっています。 
無事に入校できたら、1段階目の技能実習と学科教習を受けます。技能実習は教習所内のコースで行うことになるのです。規定時限数の実習や教習を受けたら、1段階目の修了検定・仮免学科試験を行います。修了検定は技能を測るもので、所内の試験コースを走行して70点以上を取れば合格です。仮免学科試験は学科試験で9割以上の正解で合格となります。合格できなかった場合には、2段階目に進むことはできず再度検定や試験を受ける必要があるのです。 
試験に合格したら、2段落目の技能実習と学科教習に進むことになるでしょう。2段階目の技能実習は路上コースとなっており、高速道路の走行なども実施します。規定の実習や教習を受け終えたら、卒業検定を受けることになるのです。卒業検定は技能検定で、2つの課題コースを走行し70点以上で合格です。合格できなかった場合には、1段階目と同様に再試験が必要となります。無事に合格することができた場合には卒業証明書の交付を受けて、運転免許試験場での本試験、合格後に免許証の交付がされます。


入校当日のスケジュール内容

 入校当日には入校説明や適性検査、入校手続き、先行学科などが行われます。入校説明では、合宿のルールや簡単なスケジュールなどの説明があるため、しっかりと聞いておきましょう。この際に合わせて入校手続きが行われるケースも多いです。必要書類を提出することになるので、住民票や身分証明書、印鑑など指定された持ち物を忘れないようにしましょう。 
適性検査では、簡単な身体検査や視力検査、聴力検査といった運転する上で必要な検査を行います。このときに、視力が足りないなどの問題がある場合には入校できないこともあるので、不安がある場合には眼鏡やコンタクトレンズで矯正しておくといいでしょう。特に問題がなければ、そのまま先行学科に進みます。先行学科は特定の教習を受ける前に、まず初めに受講しなければいけない学科のことです。先行学科は法令で規定されているため、免許合宿では技能実習などを受ける前に必ず行わなければいけません。運転者の心得や道路交通法、信号の種類などといった運転する上で基本的な知識に関する学科教習を受けることになります。


合宿中の1日のスケジュール内容

合宿中の1日のスケジュール内容を例を挙げて説明していきます。モデルスケジュールなので教習所によっては違いますが、だいたいこのような感じというイメージで大丈夫です。まず、朝の8時40分~9時30分まで技能実習を行います。学科教習でも技能実習でも、1時限の時間は50分と定められているのです。続いて、9時40分~10時30分まで技能実習、11時40分~12時30分まで学科教習となります。技能実習は3時限続けて受けることはできないので、2時限続いたら必ず休憩を入れるか学科実習を挟む必要があるでしょう。 
その後、1時間程度の昼休憩になります。昼ご飯を食べたり好きなことをして過ごしたりしましょう。休憩が明けたら、13時30分~14時20分まで技能実習、14時30分~15時20分まで学科教習、続けて15時30分~16時20分まで学科教習となります。このように、学校の授業のようなスケジュールで進むことが一般的です。基本的には50分の実習などの後に10分間の休憩、1時間程度の昼休憩などが設定されています。1日のスケジュールをすべて消化すれば、残り時間はすることがありません。自分の好きに過ごしましょう。


合宿期間中に休みはないの?

「できるだけ早く免許を取りたいけれども、実習や教習がびっしり詰まっていて厳しそう」「合宿期間中に休みがほしい」と思っている人もいるでしょう。しかし、基本的に合宿免許には休みはありません。土日祝日であっても教習があることが一般的です。教習所によっては休校日を設けている場合もありますが、基本的には休みはないと思っていていいでしょう。合宿免許の目的としては最短で免許を取ることになります。休日を入れてしまうとその分合宿の日数が伸びてしまうので、ほとんどの教習所では1日中自由な時間がある日、つまり休日を設けていないのです。 
ただし、自由な時間がまったくないわけではありません。休日がないと聞くとハードスケジュールできつそうと思ってしまう人も多いでしょうが、前述したように1日のなかで受けられる時限数は決まっているのです。そのため、空き時間がまったくないということはないので、安心していいでしょう。実習などがすべて終わった後などは、自由時間になりますからリラックスして過ごすことができます。また、昼休憩なども設けられているので、体や心を休める時間は十分にあるのです。また、1日の実習や教習の総時間はおよそ6~7時間程度になります。そのため、比較的自由時間は多いといえるでしょう。講習以外の時間はすべて空き時間となっていますから、教習所のルールに反していなければ自由に過ごすことができるでしょう。


空き時間を有意義に過ごすためのポイント

意外と空き時間の多い合宿免許ですが、有意義に過ごすためのポイントがいくつかあります。空き時間に何をするのも自由なのですが、より良く過ごすことで技能実習や学科教習がスムーズに進む可能性もあるのです。まずは、「学科の復習をする」ことです。学科試験は引っかけ問題などが多いだけでなく、制限時間も設定されています。そのため、授業を聞いているだけでは合格できない可能性も高いのです。できるだけ早く免許を取るためには、学科試験にスムーズに通ることが求められます。試験に落ちる回数が多くなれば、それだけ合宿の期間も伸びてしまいますから、しっかりと勉強をしておいた方が期間の短縮にもつながるのです。そのため、授業で学んだことを復習する、パソコンやスマホなどで勉強する、試験の時間配分を考えるなどしておくといいでしょう。一緒に合宿している友人と問題を出し合ったり、予習をしておいたりするのも効果的です。 
予習や復習も大切ですが、「しっかりと休憩する」ことも重要です。合宿免許は知らない場所で初めて会う人と共同生活をすることになります。そのため、自分でも気付かないうちに、体だけでなく精神的にも疲れてしまうことが多いのです。慣れない運転や勉強などで疲弊することも考えられるでしょう。初めのうちは気を張っていてがんばれていても、日が経つにつれて体調を崩してしまうことも珍しくはありません。このようなことを避けるためにも、しっかりと体と心を休めることが重要になるのです。あまりがんばりすぎずに、適度に休憩をすることも大切になります。疲れたと感じ始めたら無理せずに昼寝をしたり、目を休ませたりしましょう。ストレッチなどの軽い運動をするのも、心身ともにすっきりできる方法です。 
「買い物や観光をする」のもいいでしょう。教習所によっては無料のレンタサイクルなどがある場合もあるので、買い物や観光に気軽に出かけられます。その土地の観光名所に行ってみたり日帰り温泉などに入ってみたりすることで、リフレッシュすることが可能です。買い物をすると、ストレスの発散などにもなりますから、あまり実習が詰まっておらず空き時間が多い日などは積極的に外に出てみるのもいいでしょう。このように、観光などを楽しめるのも合宿免許の醍醐味ですから、たまには出かけて楽しく過ごしてみるのも、いい空き時間の過ごし方になります。


卒業した後のスケジュール内容

合宿免許を卒業したからといって、免許が交付されるわけではありません。あくまでも運転免許試験場での本試験を受けるための準備になります。そのため、教習所を卒業した後にもやるべきことがあるのです。卒業後はどのようなスケジュールになるのか見ていきましょう。卒業後は必ず、運転免許試験場で適性検査・学科試験を受けることになります。住民票のある都道府県の運転免許試験場でしか受けることができないので注意しましょう。この2つに合格することで、運転免許証が交付されます。 
また、運転免許試験場での本試験を受けるためには、さまざまな持ち物が必要になるので忘れないようにしましょう。まず必要なのが卒業証明書です。教習所で交付されるもので、この証明書の有効期限が1年間となっています。そのため、教習所を卒業した後1年以内に本試験を受ける必要があります。次に住民票です。住民票は本籍地もしくは国籍が記載されたものが必要になります。健康保険証などの本人確認書類も忘れないようにしましょう。また、免許証を作るためには写真が必要です。写真は3cm×2.4cmサイズのものを1~2枚用意しておきましょう。手数料は普通免許で3,800円です(2016年4月現在)。基本的にはこれらが必要になりますが、各試験場によって必要書類や写真の枚数、手数料などが違う可能性がありますから、不安なら試験場に問い合わせしてみるといいでしょう。試験は平日のみとなっています。休日には行っていませんので注意しましょう。


合宿免許へ参加する場合の注意点

 合宿免許に参加する場合、いくつか注意するポイントがあります。まず「事前予約が必要」ということ。希望するスケジュールで確実に入校したい場合は、3~4か月程度前から申し込みをしておくと良いでしょう。人気の高い教習所や人の多い時期は、早くに定員が埋まってしまう可能性があります。なお、予約は電話で行うのがお薦めです。メールの場合、やり取りに時間がかかったり、スムーズに意思疎通ができなかったりすることがあります。

 電話であれば不明点や疑問点などをその場で確認できるので便利です。希望する日程で合宿免許に参加するには、スピーディーかつ確実に予約を取ることが重要です。さらに、注意したいのが「料金」です。料金は時期だけではなく、教習所の立地やプラン内容によって変わります。例えば、宿泊施設が同じでも個室と相部屋では料金が異なる場合があります。また、食事内容によって料金が変わるケースもみられます。合宿免許の予約はプランの内容をよく比較し、予算を考慮した上で行いましょう。


合宿免許に向いている人の特徴

 通学と合宿免許のどちらを選ぶべきか、悩んでしまう人も少なくありません。どちらにすべきか悩んでいる場合は、自分が合宿免許に向いているのかを確認してみるのも良い手です。合宿免許に向いている人の特徴には、以下の要素が挙げられます。まず「スケジュールの調整がつく」人。合宿免許ではまとまった期間・時間が必要になるため、長期間の休みを確保しやすかったり、予定の調整がしやすかったりするアルバイトや仕事をしている人にぴったりです。

それから、「免許取得の費用を抑えたい」人も向いています。免許を取得するとなると、どうしても費用がかさんでしまいがち。合宿免許なら、教習料金・宿泊料金などがセットになっており、割安で提供される場合が多い上に、何度も教習所に足を運ぶ必要がなく、交通費を浮かせることができるので、少しでも免許取得にかかる費用を抑えたいという人にもおすすめです。さらに、「短期間で集中して免許を取りたい」人や「保証を厚くしたい」人にも向いています。教習所に長期間通い続ける自信がなかったり、免許が取得できるまで保証してもらいたかったりする人は、合宿免許を選ぶのも良いでしょう。それに加え、「旅行を兼ねたい」という人も合宿免許向きです。空き時間を利用して観光に出かけたり、教習所の周りを散策したりできるので、旅行気分を味わえます。より旅行気分を高めたい方は、海や山の近くの教習所を選ぶのも一案です。海の近くならマリンスポーツ、山の近くならスキーや温泉などを楽しむプランを立てられます。


合宿免許の場所を選ぶポイント

 合宿免許の「場所選び」に悩んだときは、以下の項目をチェックしてみましょう。ポイントとなるのが「料金・プラン内容・保証内容・地域」です。この中で、自分が何を一番重視するのかを確認してみましょう。料金が安い、絶対ホテルプラン、自炊プランがいい、自然の中で教習したい、保証が手厚いところがいいなど、こだわりのポイントを決めて探すといいですね。

まず料金ですが、合宿免許の料金は教習費・宿泊費、食費などが含まれているのが一般的です。料金は地域や時期によってかなり異なるので、地域・時期は要チェック。また、料金重視なら、相部屋、食事なしといったプランを選べば、比較的リーズナブルに利用できます。

さらに「キャンペーンをチェックする」のもポイントです。教習所によっては、料金の割引など、独自のキャンペーンを行っている場合があります。特に、人の少ない閑散期などはキャンペーンを行っていることが多く、少しでもお得に合宿免許に参加するのなら、キャンペーン情報をこまめに確認しておくことが大切です。また、交通費はある程度支給される場合がほとんどです。希望の教習所の交通費支給がどれくらいかも確認しましょう。あらかじめ、予算の上限を決めておくと、よりスムーズに選びやすくなります。

プラン内容(宿泊施設や食事の有無・保証内容など)は教習所によって異なります。特に宿泊施設は、ホテル、学校寮、アパート・マンションタイプや温泉旅館など、教習所ごとに特色があります。部屋プランも個室や相部屋、友人との貸切など様々です。女性の方は宿泊施設のセキュリティーも気になりますね。一人での参加でも、友人を作りやすい相部屋がいい、静かに個室で勉強できる環境がいいなど、自分が希望する条件を明確にしておきましょう。

また、合宿免許は入校禁止エリアがあり、住まいの近くの教習所では行えない場合が多く、基本的には他県に行くことにはなりますが、旅行がてら遠方に行くのか、自宅からあまり離れていない場所にするのか、地域選びも重要なポイントになります。観光地やレジャー施設が近くにある教習所で旅行気分を盛り上げたい、海や山など豊かな自然に触れたい、近隣からの教習生が集まるところで友人を作りたいなど、目的があるとエリアも絞り込みやすくなります。


参加する時期はいつが良い?

 参加するベストな時期は、人により異なります。費用をできる限り抑えたいという場合は「学生の長期休みを避けた時期」を狙うと良いでしょう。合宿免許は基本的に人の多い繁忙期は料金が高く、人の少ない閑散期は料金が安い傾向にあります。したがって、学生が多く参加する夏休み、春休みなどの長期休暇の時期は、料金が高い傾向にあります。

長期休暇中に参加したい学生の方は、春休みや夏休みの入りたて、もしくは終わりかけなど、なるべく混み合わない時期を選ぶと、料金が低めに設定されている場合があるのでチェックしてみましょう。料金にこだわらず、合宿免許を通じて多くの人と出会いたいと考えている場合は、あえて混雑している時期に参加するのも一案です。人が多く盛り上がっている時期に参加することで、友人を作りやすいというメリットがあります。「費用を抑えたい」「多くの人と出会いたい」など、求める条件についてしっかりと考えを整理し、自分に適した時期を選びましょう。


合宿免許のメリットとデメリットを踏まえて検討を!

合宿免許は、普通に教習所に通うよりも短い時間で免許を取得することができます。そのため、急いで免許を取りたい人や時間をかけたくない人にとっては便利でしょう。スケジュールは各教習所によって変わってきますが、大まかな部分は変わりません。どのような流れで合宿免許を卒業できるのか、1日のスケジュールはどうなっているのかなどをある程度把握しておくことで不安なくスムーズに合宿免許に参加することができます。

いざ合宿免許に参加するとなると、長い期間同じ環境で過ごすことになります。貴重な費用や時間を有効に使うためにも、きちんとメリット・デメリットの両方を把握し、通うべきかどうかを慎重に決めましょう。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top