合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

選択肢広がる教習ライフ、合宿免許のメリット・デメリット

選択肢広がる教習ライフ、合宿免許のメリット・デメリット

自動車免許を取得しようと考えたとき、一般的には自動車学校に通学する方法を選ぶ人が多いでしょう。

しかし、合宿免許にも様々なメリットがあるので、もし、2〜3週間の休暇がとれるなら、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょう。


合宿免許では、長期の合宿生活で、参加者がより過ごしやすく、より楽しめるプランを用意しています。

教習所の指導も、最短で免許を取得できるよう、合理的なカリキュラムとなっています。


この記事では、これから合宿免許に参加しようか迷っている方のために、合宿免許を選ぶメリットやデメリット、合宿免許選びのコツや注意点などをご紹介します。


合宿免許のメリット


合宿免許のメリット


合宿免許は男女問わず人気があり、通学よりも効率的に、しかも楽しく勉強できるメリットがあります。 まとまった休みが取れるなら、合宿免許を検討する価値は十分あります。


合宿免許のメリット①:合宿免許は通学よりも費用が安くなる


合宿免許は、時期によっては、通学よりも費用を安く済ませることができます。

詳しい予算は合宿免許のプランや取得予定の免許によって異なりますが、比較して100,000円以上の差が付くこともあります。

合宿免許を選んだ場合、授業料だけでなく通学費用の負担も抑えられます。

宿泊費込みでプランが組まれているケースも多く、遠方からの場合、交通費を負担してくれるところもありますから、結果的に発生する費用が少なくなります。

また、合宿免許には「保証」が付いている場合も多く、万一教習で不合格となってしまっても、同じ教習を再度受ける際の追加教習料金が発生しないプランが用意されているのです。

通学の場合、基本的には追加教習料金が発生するため、合宿の保証プランは、初めて免許を取得する人にとってはありがたいプランです。

合宿免許は短期間で参加者を合格に導くためにカリキュラムを組んでいる分だけ、スケジュールがきっちりしています。

そのため、教習生側で予約の手続きをする手間がなく、原則としてキャンセルがないものとして、効率的にカリキュラムが進められるので、コストが抑えられます。

もちろん、合宿免許の運営は、教習所側にも一定のメリットがあります。

遠方から学生を誘致できるため、結果的に収入を増やすことにつながります。


このような理由から、合宿免許は通学よりも格安で免許が取得できるのです。


合宿免許の費用に関する情報は「合宿免許の相場って?安い理由とおすすめの時期を解説」もチェック!


合宿免許のメリット②:合宿免許は通学よりも短期間でカリキュラムが終わる

自動車免許を取得する場合、学科・技能教習の「最低教習時限」が義務付けられています。

一例として、免許未取得の人が普通自動車免許を取得するまでの最低教習時限は、以下の通りです。


免許の種類

技能教習

学科教習

普通車MT

第一段階:15時限

第一段階:10時限

 

第二段階:19時限

第二段階:16時限

 

合計  :34時限

合計  :26時限

普通車AT

第一段階:12時限

第一段階:10時限

 

第二段階:19時限

第二段階:16時限

 

合計  :31時限

合計  :26時限


自動車学校に通った場合、これらの時限を最短で消化できるとは限りません。

学科は問題ないとしても、技能教習を受けるには教習車や講師の空きがないと予約を入れられないので、予定を工面しても日数が延びがちです。


しかし、合宿免許はカリキュラムが一通り決まっているため、参加者が一定の日数で免許を取得できるよう、スケジュールが調整されています。

予約を取る面倒さも、予約が取れずに卒業が延びるリスクもなく、教習所の指示に従って受講していれば最短日数での卒業ができます。

また、間を空けずに技能教習が受けられることから、自動車の操作感覚を覚えた状態で、次の技能を学べます。

技能教習は、時間が離れてしまうと感覚も忘れがちなため、自動車学校よりも合宿免許の方が有利です。


合宿免許のスケジュールについては「自動車学校を最短で卒業するには?方法やコツを徹底解説」もチェック!

合宿免許のメリット③:合宿免許は宿泊施設も至れり尽くせり


合宿免許はその名前の通り、多くの参加者が集まって合宿しながら免許を取ることから、教習期間中に宿泊するための施設が必要です。

施設は学校寮、ホテルなど、教習所ごとに異なります。


学校寮は、合宿免許教習所直営の宿泊施設がメインとなります。

寮というだけあって、ルームシェアが主なプランで価格も安く設定されています。

しかし、プライバシーなどの観点からルームシェアに抵抗を覚える人は少なくなく、寮もまた複数の部屋を用意する必要に迫られました。


最近では、相部屋だけでなくシングルルームも用意されており、友人同士で泊まれるツイン・トリプルなどの部屋もあります。

また、カップルで免許を取得できるプランもありますから、かなり自由度は高いと言えます。


寮が建っている場所は、基本的に教習所の敷地内に併設されていたり、徒歩で通えるところにあったりするのが一般的です。

万一離れた場所に建っている場合でも、送迎バスなどの交通手段は用意されているケースが多いので、安心して宿泊できます。


ちなみに、合宿免許の宿泊施設は寮だけでなく、ビジネスホテル・シティホテルに宿泊できるプランも用意されています。

プライベートは極力一人で過ごしたいと考えている人は、少し予算を増やせばグレードアップできるホテル宿泊プランを選ぶのがよいでしょう。


合宿免許の部屋に関する詳しい情報は「合宿免許で泊まるのはどんな部屋?種類や選び方のポイント」もチェック!


合宿免許のメリット④:合宿免許は楽しく過ごせる


合宿免許は、一人で参加することも、何人かで一緒に参加することもできます。

仮に一人で参加しても、他の参加者と気が合って、新しい友達が見つかるかもしれません。


カップル同士で合宿免許に行けば、二人の時間を確保しつつ、一緒に免許取得という最高の思い出も作れます。

同じ目標がある参加者同士が励まし合って、合格に向けて楽しく勉強できるでしょう。


もちろん、あまり誰かと話をするのが得意ではない人もいると思います。

そんな人でも、自然と他の人と仲良くなれるよう、歓迎パーティーやイベントを用意してくれている合宿免許もあります。

女性参加者向けイベントやバイキング、高級車の乗車体験など、合宿免許それぞれで魅力的なプランをたくさん用意しています。

ただ免許取得のために勉強するだけでなく、息抜きする時間が設けられているところも、合宿免許を選ぶポイントになります。


合宿免許の過ごし方については「合宿免許の過ごし方」ページで詳しくご紹介しています。


合宿免許のメリット⑤:合宿免許はリゾート感覚


合宿免許は、都市近郊に施設がある場合もあれば、地方の教習所で行われる場合もあります。

教習所の立地によっては、旅行気分で贅沢な時間を過ごせます。


例えば、施設周辺に温泉がある場合、合宿免許中のアフタータイムを温泉で過ごすこともできます。

技能教習で疲れた体や、学科教習でパンパンになった頭をリフレッシュするには、うらやましい環境です。


自炊できる施設なら、地元のスーパーで買った地元の食材を使って、美味しいものを安く食べられます。

大きな施設だと、敷地内でテニスができたり、カラオケでワイワイ過ごしたりできます。


基本的に勉強する空間ではあるものの、地域ごとに息抜きプランが用意されているため、さながらリゾート感覚で毎日を過ごせます。


合宿免許を選ぶデメリット


 合宿免許のデメリット


合宿免許のカリキュラムは、効率的ながら楽しめるよう工夫がされているものの、万人に向いているとは言い切れない部分があります。

合宿免許に参加する際は、以下のデメリットをよく理解した上で、教習所を選びましょう。


合宿免許のデメリット①:合宿免許にはまとまった休みが必要

そもそも、合宿免許に参加するためには、2週間程度の自由な時間を確保しなければなりません。

普段生活している自宅を離れて、教習所の寮や提携ホテルで生活することになるため、働く社会人が参加するのは難しい部分があります。


また、合宿免許期間中は、現地でのアルバイトができません。

合宿免許に参加するなら、これまで続けていたアルバイトを休む、または辞めることも検討しなければならず、学業とアルバイトを優先するなら時間の管理が難しくなってきます。

つまり、学生など時間の融通が利く人以外は、基本的に合宿免許には参加できないことになります。

しかも、仮に夏休み・冬休みがあったとしても、その期間の何割かを合宿免許に割かなければならず、所定の期間で卒業できないリスクもあるので、日程にゆとりを持たせることが必要となります。

よって、合宿免許は、まとまった休みが取れて、経済的にも問題ない人に向いている選択肢と言えます。


ただ、合宿免許はローンを組むこともできるため、必ずしも貯金が必要というわけではありませんから、どうしても参加したい場合はローンを組めるプランを検討してみましょう。


合宿免許のデメリット②:合宿免許は何かとコミュニケーションの機会が多い

寮生活が基本の合宿免許は、シングルルームで宿泊するとしても、他の学生とのコミュニケーションの機会がどうしても多くなります。

人付き合いが苦手な人でも、学科や技能の合間に自習する時間や、アフタータイムの語らいの時間などを完全に無視するのは難しいですし、コミュニケーションに悩むとやる気も失われてしまいます。


特に、普段から一人で過ごす時間が多い人や、できるだけ人と話さず勉強に集中したい人にとっては、それだけで学業に悪影響を及ぼすリスクがあります。

しかも、慣れない土地で過ごすことになるため、体調を崩すおそれもあります。


ストレスを抱えたまま勉強するのは、決して良い結果を生みません。

普段から人とのコミュニケーションに苦手意識を感じている人や、体力に自信のない人にとっては、通学の方が安心できるかもしれません。


合宿免許のデメリット③:合宿免許は忙しい

合宿免許のスケジュールは、スタートからゴールまできっちり定められています。


教習所としては、学生に最短で卒業して欲しいという思惑がありますから、何とかして短期間で免許を取得してもらえるよう丁寧にカリキュラムを組みます。


その結果、学生は午前・午後・アフタータイムの過ごし方が制限され、基本的に勉強一筋の生活が続きます。

極端な話、朝が弱い人向けのプランもなければ、午前だけ勉強して午後は自由時間とするようなプランもないため、人によっては束縛感が強いかもしれません。


早い段階で免許を取得するためには、どうしてもまとまった時間を確保する必要があり、しかも集団行動が求められます。

自分が集団行動に適していないと考えているなら、合宿免許は控えた方がよいでしょう。

また、保証が付いている場合は別ですが、残念ながら結果がともなわない場合、追加教習も想定しなければなりません。


自己都合で一時帰宅してしまうと別途交通費が発生しますし、原則として一時帰宅を禁止している教習所も多く見られます。

このように、合宿免許中は自由時間が非常に短く、一時的にカリキュラムを抜けて別途補講を受けることもできません。


それなりに忙しい毎日を過ごすことになりますから、不安を感じたら、自動車学校を検討した方がよいでしょう。


合宿免許のデメリット④:合宿免許は休めない

短期集中型の合宿免許は、原則として丸一日の休日はありません。

休校日をはさむこともありますが、そのような場合でもイベントが用意されているなど、何らかの形でスケジュールが埋まっていたりします。


修了試験や学科試験もスケジュールの中に組み込まれているため、一日たりとも教習を落とすことはできません。

ある意味では、高校や大学の単位以上にシビアなため、体調に不安がある場合は合宿免許を避けた方が無難です。


ただ、休みがないことは必ずしもデメリットばかりではなく、勉強した感覚を忘れずに次の日の教習を受けられるため、覚えが悪いことを気にしている人や、MT車の運転など比較的難しい教習を受ける予定の人は、逆に休まない方が免許取得も早くなります。


よって、合宿免許に参加する際は、休めないデメリット・休まないメリットを天秤にかけて、体調と相談しながら判断することが大切です。


合宿免許の休みについては「合宿免許に休みはある?自由時間の過ごし方は?」もご覧ください!


合宿免許で都市部を走るとは限らない

合宿免許の教習所が都市部にある場合、交通量の多い道路を走る機会もあることから、都会で暮らしている人にとっては最適な環境です。


しかし、地方で合宿免許に参加する場合、どうしても交通量が少なくなりがちで、公道で学べるケースに限りがあります。

主に交通量の多い都市部の地元で車を走らせることを想定しているなら、地元で運転免許を取得した方が、今後の運転がスムーズになるかもしれません。

逆に、走る道にこだわりがないようであれば、合宿免許でも問題ないでしょう。


合宿免許を効果的に活用するためには


合宿免許を効果的に活用するには


合宿免許の不安要素を解消して、効果的に活用するためには、自分にとっての合宿免許のメリットを活かせるような教習所の選び方が大切です。

例えば、合宿免許の選び方を工夫したり、参加人数を増やしたりするだけでも、思っていた以上の効果が期待できるかもしれません。


合宿免許に地元の友達と参加してみる

地元で同年代の友達がいるなら、一緒の部屋を借りて合宿免許に参加するのも一手です。


友達と一緒に参加すると、割引プランが適用になる合宿免許もあるため、夏休み・冬休みで顔を合わせたときなどに相談するとよいでしょう。

気心の知れた友達がそばにいてくれることで、楽しい思い出を共有できますし、教習中に何かあったときも安心です。

あまり知らない相手と一緒にルームシェアするよりも、人間関係のストレスも緩和されます。


ただ、何日も同じ部屋で一緒に過ごすため、友達によっては「気心知れた相手でも長い間一緒にいるのは疲れる」と考えている人もいるはずです。


そんな方は、互いにシングルルームを選択すると、適度なプライベートも守られ、ストレスも軽減されますね。


合宿免許の割引プランを探してみる

合宿免許で用意しているプランは様々で、主に部屋の種類・食事によってプランが分かれています。

部屋の場合は、不特定多数の参加者が一緒に寝泊まりするのか、一人だけで宿泊するのかなど、条件によって値段が変わります。


食事は、基本的に、朝・昼・晩の3食が付くプランと、自炊でまかなうプランに分かれます。

3食すべて自炊になるか、お昼ご飯が付くかどうかは、プランによって異なりますから確認が必要です。


自炊プランは、合宿免許側で食事を用意しない分、料金が安くなっています。

ただ、完全自炊が義務というわけではなく、近所のスーパーやコンビニで弁当を買う方法もあるため、100%自炊で過ごす必要はありません。


また、時期によってキャンペーンが行われていることもありますから、お目当ての合宿免許があるなら、どの時期が安いのかリサーチすることも大切です。

とにかく費用を少しでも安く抑えたいなら、割引プランを探してみることをおすすめします。


合宿免許アイランドの割引プランはこちら


今まで行ったことのない地域の合宿免許を選んでみる


旅行好きな人、逆に旅行にあまり行ったことがない人も、これまで行ったことがない地域の合宿免許を選ぶと、楽しい時間を過ごせるでしょう。

基本的に合宿免許は、現在暮らしている都道府県から離れた場所で合宿するため、未知の場所で過ごせる良いチャンスとも言えます。


関西以南で過ごしてきた人は、あえて東北地方や北海道の合宿免許を選ぶことで、今まで見たことがない風景に出会えるはず。

地域によっては温泉や娯楽施設に連れて行ってもらえることもあるので、勉強しながら旅行するという贅沢を楽しめます。

リゾート地近くにある教習所なら、アフタータイムに美味しい料理やレジャーを楽しめるかもしれませんし、古都近くなら歴史ある街並みを探訪することもできます。


あくまでも免許取得が主な目的ではあるものの、楽しい時間が多いと良いリフレッシュになるだけでなく、そこから新たな出会いが生まれるかもしれません。


あえて大都市近郊の合宿免許を選んでみる

地方だけでなく、大都市に近い教習所でも、合宿免許のプランを用意しているところがあります。

人数制限があり少々割高になってしまうものの、ホテルのシングルルームに泊まりながら教習を受けられるため、都市部の道を走る経験ができます。

近いうちに大都市に引っ越す予定があるなど、交通量の多い道を走ってみたい人は、あえて大都市近郊の合宿免許を選ぶことで、早めに難しい道に慣れることができます。

免許取得後に暮らす場所が決まっている人や、なるべく教習中に難易度の高い道を走ってみたい人は、予算に応じて検討することをおすすめします。

大都市近郊の合宿免許についてはこちらをチェックしましょう!


▼関東地方で人の集まる合宿免許教習所を探す

https://www.ai-menkyo.jp/column/kanto_region_popular.html

▼関西・近畿地方で人の集まる合宿免許教習所

https://www.ai-menkyo.jp/column/kansai_kinki_region.html

▼東海地方で人の集まる合宿免許教習所の特徴は?

https://www.ai-menkyo.jp/column/tokai_region_popular.html


合宿免許を選ぶ際の注意点


合宿免許を選ぶ際の注意点


自分に合った合宿免許のプランを探すには、心身ともに健康に過ごせる環境かどうか、事前にいくつかチェックしておきたいポイントがあります。

以下に、合宿免許のプランを比較検討するための注意点について、主なものをいくつかご紹介します。


男女別もある、教習所や宿泊施設を検討

高校生、大学生など、比較的若い学生が多く、宿泊を伴う合宿免許。

人によっては、異性の多い環境を気にする方もいるでしょう。


数は多くありませんが、女性専用校、男性専用校などもありますし、宿泊施設もセキュリティーのしっかりとした女性専用施設、男性専用施設と別れているところもあるので、気になる方はそういう学校や宿泊施設を選ぶといいでしょう。


できるだけ不安やストレスのない環境やプランを選べば、免許取得に集中できる上に、親御さんも安心して送り出せますね。


合宿免許の設備面をチェックする

合宿免許で過ごしている間は、プライベートな時間も施設内で過ごすのが基本です。

そのため、寮や教習所内の設備面をチェックしておき、普段の生活と変わらない環境で過ごせるかどうか確認します。

  • トイレやお風呂は各部屋に完備されているか
  • Wi-Fi環境は問題ないか
  • マンガなど、娯楽は豊富に用意されているか

合宿免許を行う場所が街中から離れていると、娯楽が少なくなるおそれがあります。

そのような中で、スマホが使えなかったり娯楽が限られていたりすると、いくら合宿免許が短期間とはいえ、それなりのストレスを抱えることになります。

合宿免許に参加する場合は、カリキュラムだけでなく設備も確認しておきましょう。


設備に関する情報は「合宿免許でWi-Fiを使いたい!インターネット環境は整っている?」もチェック!


合宿免許の感染症対策をチェックする

新型コロナウイルスの影響によって、合宿免許に限らず感染症対策が重要になってきました。

合宿免許はたくさんの人が集まる場所なので、しっかりとした取り組みがなされている教習所を選びましょう。

  • 教習車や教室・寮の換気はどうなっているのか
  • 検温やアルコール消毒の体制は十分か
  • 食堂の人数制限や、座席間隔をあけるなどの措置をとっているか
  • イベントの参加人数は限定されているか

ほとんどの合宿免許プランで、必要な対策は講じられています。

ただ、具体的にどこまで踏み込んでいるのかは、それぞれの教習所で異なるため、気になる点は確認しておきたいところです。


また、事情があってマスクができない場合の参加条件など、現在の自分の体調でも問題なく参加できるかどうかは、入念にチェックすることが大切です。

体調を崩す前に、不安要素を取り除いていきましょう。


おわりに


以上、合宿免許のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

合宿免許は、短期間で免許が取得できて、大勢で楽しく学べる環境です。

しかし、誰にとっても良いことばかりではありませんし、プランの種類も様々です。


自分に合った教習所を探すことで、合宿免許は一生の思い出になります。

気になる点をそのままにしないで、時には友達と相談しながら、合宿免許のプランを探しましょう。


合宿免許のメリットについてのコラムはこちら

合宿免許の選び方に関するコラムの注目Topics

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

教習所を探す

お客様サポート

当サイトに関して

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top