合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許で延泊する確率はどのくらい?延泊回避のために心掛けることとは?

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許で延泊する確率はどのくらい?延泊回避のために心掛けることとは?

合宿免許で延泊する確率はどのくらい?延泊回避のために心掛けることとは?

自動車教習所で教習を受けるには、通学と合宿のふたつの方法があります。通学は個人のペースで進められますが、卒業までに2~3カ月かかることが一般的です。一方、合宿免許であれば短期間で効率的に教習を進められます。しかし、期間が短いことからスムーズに卒業できるのか、延泊になってしまうのではないかと不安に思っている人もいるのではないでしょうか。実は、合宿免許はほとんどの人が予定通り卒業しています。とはいえ、延泊してしまう人がまったくいないわけではありません。ここでは、延泊になる確率や理由について紹介していきます。


合宿免許は短期間で取得できるのが魅力

自動車教習所に通う場合に比べ、合宿免許にはさまざまな魅力があります。主な魅力として、次のようなものがあるでしょう。
・料金が安い
・短期間で卒業できる
・旅行気分で楽しめる
・友達同士で参加できる
さまざまな魅力のなかでも大きいのが、料金の安さです。教習所の費用は時期や場所によって異なりますが、通学する場合は30万円程度必要になることが多いでしょう。合宿免許の費用は20~25万円程度が相場ですが、教習生が減る閑散期にはこれよりも安い料金になっていることもあります。これは、現地の宿泊費用や食事代も含まれるパック料金です。教習所によっては現地までの交通費の一部が支給されることもあります。

もうひとつの大きな魅力は、教習所を短期間で卒業できることです。通学教習の場合、スムーズに予約がとれたとしても1カ月程度はかかってしまうでしょう。仕事をしていて休日にしか通えなかったり、教習生で混雑する春休みや夏休みでなかなか予約をとれなかったりすると、2、3カ月以上になることも珍しくありません。しかし、合宿免許ではあらかじめ無駄のないスケジュールが組まれていますので、最短で普通自動車ATは14日、普通自動車MTは16日で卒業できます。ただし、これは最短の日数です。地域や教習所によっては間に休校日が入って数日長いスケジュールになることもあります。それでも、通学よりもはるかに短い期間であることに変わりはありません。

旅行気分で楽しめるのも、合宿免許の魅力のひとつでしょう。全国のさまざまな地域にある教習所で合宿免許を行っています。観光地やリゾート地の近くに教習所があることも少なくありません。合宿免許というと、スケジュールが過密なイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は自由に過ごせる時間もそれなりにあります。自由時間や休校日に近くの観光スポットなどを訪れ、旅行気分で楽しんでいる教習生は多いです。

合宿免許は友達同士で参加することもできます。2週間以上を自宅から離れて過ごしますので、なかには合宿期間中に寂しくなる人もいるでしょう。そんなとき、気の置けない友達がそばにいれば、楽しく過ごせます。また、ともに免許取得という同じ目的に向かって頑張ることで、モチベーションの維持にもつながるでしょう。友達と申し込むと料金が安くなる割引サービスを用意している教習所もあります。


合宿免許の卒業率は高い!

教習所は、通学してじっくり学ぶ方が卒業しやすそうな印象を持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、実は、卒業率が高いのは通学教習よりも合宿教習の方です。これには明確な理由があります。主な理由としては、合宿免許は短期集中で学べること、宿泊施設に寝泊まりして免許取得に専念できる環境にあることのふたつが挙げられるでしょう。

合宿免許は、卒業までの短い期間で必要なすべての教習と検定を終えます。短期間で集中して取得できるように効率的にスケジュールが組まれていますので、途中で脱落する人が少ないのです。また、宿泊施設に泊まって教習所に通うという特殊な環境にあるため、免許取得に専念できます。さらに、同じ目標に向かって頑張っている教習生の存在も大きいでしょう。

通学の場合、多くの教習生が仕事や学業、バイトなどをこなしながら教習を受けています。通学ペースが週に1、2回程度という人も珍しくありません。多忙な人であれば、月に2、3回程度しか来られないということもあるでしょう。しかし、間が空くと、特に技能教習では運転の感覚を取り戻すのに時間がかかるといったことが起こりがちです。すると、復習に時間をとられてしまい、教習がスムーズに進まなくなります。なかには面倒になったり忙しかったりして通うのを後回しにしているうちに、既定の期限を迎えてしまうといった人もいるでしょう。このような理由から、通学教習では途中脱落者が出ることがあり、合宿免許よりも卒業率が低いのです。


延泊になる可能性は低い!


卒業率が高いといっても、合宿免許は期間そのものが短いため、教習についていけずに延長になるかもしれないと不安な人もいるでしょう。しかし、集中して必要時限数が学べるように工夫されていますので、約2週間の期間は短いようで実際には無駄が少ないです。教習生全員がストレートで卒業することもしばしばあり、延泊になる人の割合はさほど高くありません。約8~9割の人が、延長することなく最短の卒業予定日で卒業していくというデータもあります。

ただし、漫然と教習を受けていては、予定通りに卒業するのは難しいでしょう。必ず免許を取得するという目的意識をしっかりと持って、教習に臨むことが大切です。たとえば、学科は教習さえ受けていれば試験に合格できるというものではありません。空き時間を有効に使って復習し、学んだことをしっかり定着させましょう。技能教習では、指導員の指示や指導をよく聞き、焦らず落ち着いて運転に臨むことが大事です。


効率良く教習を受けることができる

合宿免許で効率よく教習が受けられるのは、約2週間で集中的に教習から検定まで終えられるようにスケジュールが組まれているからです。通学教習のように、都合が合わずなかなか教習の予約がとれないといったことがありません。間隔を空けずに学べるということは、特に技能教習において重要な意味をもちます。なぜなら、運転技術は頭で考えるよりも体で覚えていく側面が大きいものだからです。運転は、すぐにコツを習得する人もいますが、一方で時間がかかる人もいます。習得に時間がかかる人は、体が運転を覚えているうちに練習を重ねることが大切です。

合宿免許であれば、毎日教習を受けます。前回学んだこともすぐに思い出せますので、効率的に学べるのです。技能教習でできなかったことがあったとしても、その日のうちに復習でき、翌日の教習で確認するといったこともできます。スムーズにコツがつかめますので、上達のスピードもあがるのです。間が空くことが多い通学教習では、運転のコツをつかむのはなかなか難しいでしょう。また、学科教習でよくわからなかったことがあったときも、合宿免許であればすぐに確認できます。先延ばししてわからないままになるといったことがありません。

さらに、短い期間だからこそ、集中して取り組めるということもあるでしょう。中だるみすることもなく、免許取得というモチベーションを維持したまま卒業まで頑張れます。


友達と一緒ならフォローしあえる

既に述べた通り、合宿免許は友達同士で申し込むこともできます。教習所によっては割引サービスが適用されてお得になりますが、友達と一緒に参加するメリットはそれだけではありません。合宿免許に参加すると、2週間以上自宅を離れて見知らぬ土地で過ごすことになります。周りが初対面の人ばかりだと、心細さを感じる人もいるでしょう。また、慣れない環境で疲れ、教習がうまくいかず、ひとりだと諦めてしまいそうになることもあります。そんなとき、気心の知れた友達がいれば励ましあうこともでき、諦めずに頑張れるでしょう。

教習でわからないことがあったときも、友人や周囲の人に聞いてすぐに内容を確認できます。教えあうことで、お互いに学んだ内容の理解を深めることもできるでしょう。また、合宿中の自由時間や休日は、友人がいればおしゃべりをしたり一緒に出かけたりして楽しめます。2週間以上続く合宿生活でも、ストレスをためずに楽しく過ごせるでしょう。


延泊になるケースとは?

延泊する人は少ないとはいえ、いつでも教習生全員が予定どおりに卒業できるわけではありません。なかには、さまざまな理由から延長してしまう人もいます。たとえば、技能教習でうまくいかず補習を受けることになったり、修了検定や仮免学科試験、卒業検定で不合格になって再受検したりするケースです。合宿免許のスケジュールはタイトに組まれていますので、どこかでやり直しがあると延長になりやすいのです。特に、修了検定を毎日行わず1日起きなどにしている教習所で再検定をすることになったときは、その時点で延泊が決定します。

たとえば、月、水、金に修了検定を実施する教習所の合宿免許に参加したとしましょう。仮に月曜日に落ちてしまった場合、再検定は水曜日まで待たなければなりません。修了検定の場合は合格するまで第2段階に進むことはできませんので、その間は教習がストップしてしまいます。そのため、確実に卒業が延びてしまうのです。修了検定になると緊張したり焦ったりして、それまでできていたことがうまくできないという人がいます。運転する前に深呼吸をするなどして、落ち着いて臨むようにしましょう。うまくしようと意気込むよりも、指導員の指示を守って丁寧に安全に運転することが大切です。学科教習は真面目に聞き、復習もして仮免学科試験に備えましょう。

何らかの理由で教習をスケジュール通りに受けられなかった場合も、延泊になることがあります。たとえば、うっかり寝坊してしまい、時間に間に合わなかったケースです。入校してから日が経つと、次第に環境に慣れてきて気が緩み、つい夜遅くまで友達と話し込んだりゲームをして過ごしたりする人がいます。合宿免許中は、頭も体も思った以上に疲れているものです。夜更かしが続くと、寝坊につながってしまうでしょう。また、体調を崩してしまったりケガをしてしまったりして、やむなく欠席するケースもあります。寝過ごさないためにも体調を維持するためにも、合宿中は規則正しい生活を心がけることが大切です。

また、あまりあることではありませんが、やむを得ない理由で合宿を中断して一時帰宅し、延泊につながるケースもあります。合宿免許では、基本的に一時帰宅は認められていません。しかし、やむを得ない理由と判断されれば、許可されます。たとえば、身内に不幸があって帰宅したいといったケースです。なお、参加したい合宿免許の期間中に、通っている高校や大学の卒業式があるといった人もいるでしょう。あらかじめ一時帰宅したい日がわかっているときは、申し込みをする前に認められるかどうかを教習所に確認することが大切です。教習所によって対応は異なりますが、許可してもらえることもあります。


万が一の保証制度も充実

卒業が延びたとき多くの人が気になるのが、追加費用の発生ではないでしょうか。補講や再検定は、受けるたびに料金が必要です。延泊すれば宿泊費用や食事代が発生します。しかし、教習所によっては卒業まで教習や宿泊を保証する制度を設けているところもあります。合宿免許のプランに保証がついていれば、技能検定に落ちたときでも検定料を払わずに再受検することが可能です。オーバーした分の教習費や延泊した宿泊費、食費を払う必要もなく、追加料金は発生しません。スムーズに卒業できる自信がない人は、保証制度のある教習所を選ぶと良いでしょう。

ただし、保証の内容は教習所やプランによって異なります。たとえば、延泊が長引いても卒業まで保証するプランもあれば、延泊した場合の宿泊・食事は最短日数プラス4泊まで保証するというプランもあるのです。また、技能教習の補習をどれだけ受けても卒業まで追加費用が発生しないプランもあれば、最短時限プラス10時限まで保証するというプランもあります。保証される時限や日数に制限がある場合、それを超えれば当然追加費用の支払いが必要です。申し込む前に、どこまで保証されるのかをよく確かめましょう。


確実に免許を取りたい人は合宿免許で!

合宿免許は、短い期間で教習所を卒業でき、通学教習と比べて卒業率が高いのが大きな魅力です。期間が短いことでついていけるのか不安に思う人もいますが、ほとんどの人が延泊することなく卒業しています。これは、合宿免許では集中的に効率よく学べ、教習に専念できることが大きいでしょう。保証付きのプランに申し込めば、万が一期間をオーバーしても追加費用は必要ありません。免許を確実に取得したいのであれば、通学よりも卒業率の高い合宿免許がおすすめです。 


関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top