合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許とはどういうもの?特徴やプラン選びのポイント

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許とはどういうもの?特徴やプラン選びのポイント

合宿免許とはどういうもの?特徴やプラン選びのポイント

自動車免許を取る方法の一つに合宿免許があります。合宿免許の存在は知っているけれど、詳しくはわからないという人も多いでしょう。実は、合宿免許に参加することで、多くのメリットや魅力があります。例えば、料金を安くできたり免許の取得期間が短かったりなどです。ほかにも、合宿免許でしか行えない魅力がたくさんあります。今回は、合宿免許の特徴やメリット・デメリットを紹介し、どのような魅力があるのを見ていきましょう。


合宿免許とは一体?

合宿免許とは、2週間~3週間程度の短い期間で自動車やバイクの免許を取得するものです。合宿期間内は宿泊施設に寝泊まりするため、教習や実技がスムーズに行える特徴があります。しかし、通って免許を取得するよりも取得するスピードが早いからといって教習内容がおろそかになるわけではありません。教習課程は、公安委員会指定のカリキュラムで行い通学の教習所とまったく同じです。そのため、「短期間の取得=簡単に取得できる」とは考え方が違うので間違えないようにしましょう。

また、公安委員会指定教習所で合宿を行った場合、通いのカリキュラムと同じで実地試験は免除扱いになります。つまり、通いや合宿のどちらでも卒業後に運転免許試験場で学科試験を受ける必要があるということです。しかし、やることは同じでも、宿泊をして免許をする場合さまざまなメリットが用意されています。


合宿免許のメリットって何?

合宿免許を利用する最大のメリットは教習期間が短い点です。通いの教習ならば卒業までに数カ月と長い期間が必要ですが、合宿ならば普通自動車ATなら最短14日・普通自動車MTなら最短16日で卒業することが可能です。そのため、まとまった休みを取ることができれば、気軽に参加することができます。また、合宿免許にはさまざまな料金プランがあり、通学に比べて比較的リーズナブルなのもメリットです。料金の中には、教習代・宿泊費・食事代が含まれています。教習所によっては割引や保証などの特典があったり、交通費の支給もあるなどお得に利用できます。また、教習所によっては、習得時間がオーバーしても追加料金が発生しない「教習保証」などもあるので、期間内で卒業できるか自信のない人や、追加料金を払いたくない人におすすめです。

ほかにも、合宿では一定の期間、宿泊することで友人を作るきっかけにもなります。なかには、合宿免許の最中にカップルになった人もいるほど。免許の取得と同時に旅行気分を味わいたい人は、友人同士で参加するのもいいですね。合宿は短期間で免許を取るので、1日中、勉強しなければならないと思っている人も少なくありません。しかし、合宿のスケジュールにはオフタイムがあり、友人と観光したり読書やサイクリングをしたりと楽しむ時間が設けられています。そのため、免許が取れるだけでなく友人との思い出を作ることもできますね。

また、教習所のなかには女性でも安心して参加できるプランも用意されています。女性専用の宿泊施設やセキュリティーのしっかりした宿泊施設などを備えている教習所、女性割引や女性向けの特典が用意されている教習所などさまざまです。女性一人での参加もしやすい配慮はうれしいメリットだといえるでしょう。


合宿免許のデメリットって何?

合宿免許のデメリットは、長期休みがないと参加が難しいことです。バイクの普通二輪免許は約9日間・普通免許だと約2週間程度の期間が必要となります。高校生や大学生は、夏休みや冬休みを活用すれば合宿の期間を確保することは可能ですが、社会人では仕事を長期間休むことは難しいですね。そのため、長期休暇が取れない方にとってはデメリットといえるでしょう。また、一定期間を宿泊施設で過ごさなければならないため、自宅に帰ることができません。学生でも、勉強や論文など長期休暇に時間を必要とする人もいます。合宿中に帰宅が必要なケースもあるかとは思いますが、教習所や時期によっては、一時帰宅ができない場合もあるので注意が必要です。

自分の時間を大切にしたい人にとって合宿は、ストレスの溜まりやすい環境でもあります。通いならば、教習が終われば自由な時間も作れるためストレス発散も可能です。合宿でも、オフタイムで自由に過ごせる時間はありますが基本的にスケジュールが詰まっているため、ゆっくり休むことは難しいのです。さらに、一人の時間が必要な人だと教習生や先生が常にいる環境は窮屈に感じる可能性もあります。そのため、他人との時間共有にストレスを感じやすい人にとってはデメリットとなるでしょう。

また、合宿では他の教習生や教官との交流の場が設けられるため、ある程度のコミュニケーション能力が必要です。コミュニケーションが苦手な方は、少し苦労したり、孤独を感じたりするかもしれません。一人で参加し、積極的に友人作りをする方もいますが、知らない人とコミュニケーションをとるのが苦手な人は、友人と一緒に参加するといいでしょう。

ほかにも、合宿のカリキュラムはスケジュールが詰まっており、個人の都合に合わせることはできません。気分が乗らないからといって休むと追加料金がかかったり、期間が延長になることも。スケジュール管理ができない、カリキュラムに合わせることができないといった人には不向きです。自分の性格や意欲をしっかり把握して、合宿免許に参加することが必要です。


通学との違いは何がある?

まずは、カリキュラムの仕組みが挙げられます。合宿免許では、カリキュラムは決められており自分で設定する必要はありません。一方、通学でのカリキュラムは教習や実技を自分で予約してスケジュールを組む仕組みとなっています。そのため、計画性のない人は卒業も難しいかもしれません。スケジュールを組むのが得意な人は通学、苦手な人は合宿をお薦めします。

また、合宿では、スケジュールが密に組まれている分、余暇時間や自由は制限されます。通学では、教習が終われば教習所から離れることができるため、自由度は高いでしょう。しかし、あらかじめ組み込まれたスケジュールで、まとまって教習が受けられる   ため、合宿の方が通学よりも卒業までの期間が短いのが大きな違いです。さらに、合宿ではパック料金となっているので、料金は通学よりも合宿免許の方が割安です。通学では、料金が割高な上、試験内容によっては追加料金が発生する場合もあるのです。しかし、合宿免許のプランによっては、追加料金が免除されるパックもあるため金銭面では合宿の方がお得でしょう。


通学よりも合宿免許のほうが安い理由

通学よりも料金が安いのも合宿免許のメリットです。なぜ、宿泊費や食事代がプラスされるのに、料金が安いのか疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。主に、合宿免許は普通自動車ATだと時期によって200,000円~220,000円程度・普通自動車MTで220,000円~240,000円程度です。一方、通学では普通自動車ATで280,000円~300,000円程度と料金に大きな差があります。この料金の差は、教習所側のスケジュール管理でのコスト削減や立地条件が大きく関わっているのです。

まず、通学では教習や実習を予約で取るため、曜日や時間帯によってムラが出やすくなります。ある時間帯は人が殺到し、ある時間帯は数名しかいないことが発生してしまいます。しかし、教員の数を減らすと人が殺到したときの対応が難しいため、人件費を削減することはできません。一方、合宿ではプランによってスケジュールを管理するため、教員の数を減らすことができます。さらに、スケジュール管理をすることでキャンセルや時間帯での空きがないため、余計なコストをかける必要がないのです。そのため、合宿免許を低価格で行っても回転率やコスト削減により、利益の確保が可能となっています。

また、合宿免許は地方で盛んに行われていますが、通学で人が集まる人口密集地の都市部と比べ、地方の教習所は、通学生が集まりにくい事情があります。そのため、合宿で人を集めようと合宿免許を取り入れている教習所が多くみられます。宿泊施設を学校で所有しているところは、大きく宿泊費を抑えることができます。学校寮がない教習所でも、周囲の旅館やホテルなどと提携しており、旅館・ホテル側の空き室対策と併せて、コストを抑える工夫をしています。このように、さまざまな合宿免許の利点を生かして教習を行うことで、宿泊費や交通費を含めても、通学より割安に提供することができるのです。


合宿免許に申し込める年齢は?

合宿免許は、18歳未満でも条件が合えば合宿免許に申し込むことができます。例えば、申し込み時は17歳でも、修了検定(仮免試験)時までに18歳になっていれば問題ありません。自分の誕生日と合宿の開始日をうまく設定して参加しましょう。教習所によっては入学時に18歳になっていなくては入校できないところもあるので、事前に確認しておきましょう。また、40歳~65歳の方でも合宿免許に参加することは可能です。大方の教習所は、上限年齢は65歳までですが、中高年・シニアでも合宿で免許を取得することができます。ただし、40歳~65歳の合宿プランが行える教習所は限られているので、問い合わせが必要です。 


合宿免許にはどんなプランがある?

合宿免許のプランは数多く存在し、自分に合ったプランを選ぶことができます。まず、食事面では自炊プランや食事付きプランがあり、自炊プランの方が料金はリーズナブルです。普段から自炊をしている人や、食事をグループで作って楽しみたい人に適しています。次に、2名以上で申し込むグループ参加プランや、個室プラン、知らない人と一緒の相部屋プランなど、部屋プランもさまざまです。閑散期には、広い相部屋を一人で利用する個室ユースプランなどもあり、ゆったり過ごせます。友人を作りたい人や料金を安く済ませたい人は相部屋プランがお薦めです。

ほかにも、夏休みや冬休みなど期間限定で行われる学生応援プランも魅力です。卒業式などで1日の帰省が可能だったり、個室の料金が格安になったりと学生にお得なプランもあります。次に、女性や男性で分かれて行う女性限定プラン・男性限定プランもあります。女性限定ではセキュリティの強い宿泊施設を利用できたりネイルなどの特典が受けられたり、男性限定では食事の量を多めに設定してくれるといった特徴があります。また、車とバイクなど複数の免許を一緒に取りたい人には同時教習プラン、大型免許を取りたい人にはプロ免許プランなどもあります。


プラン選びのポイントは?

合宿免許のプラン選びは、次の5つのポイントを押さえて選ぶといいでしょう。ポイント1は、料金を確認してから選ぶこと。食事や部屋プラン、参加人数により、料金は異なりますまず予算を決め、自分の希望するプランの料金がどの程度なのかを把握しておきましょう。予算よりも高い場合は教習所やプランを見直すことも必要になります。ポイント2は、保証内容を確認してから選ぶことです。プランによって追加料金が発生しない保証を付けることができます。教習に不安がある人や自信のない人は保証を付けるのを忘れないようにしましょう。

ポイント3は、キャンペーンの有効活用です。各教習所では、期間限定キャンペーンや学生限定など割引や特典を付けてもらえるプランがあります。通常の合宿プランよりも割安で参加できたり、個室を相部屋の料金で利用できたりとお得です。そのため、キャンペーン情報を見ながら参加時期を決めるのも良いでしょう。ポイント4は、自分の希望に合った部屋プランを選ぶことです。コミュニケーションが苦手な人や男女兼用に不安がある人は、宿泊施設や部屋の選び方に注意が必要です。必要ならば女性限定施設や男性限定などのプランを選ぶのをおすすめします。ポイント5は、できるだけ周辺環境が充実しているところにすることも重要です。例えば、スーパーが近くにある・観光ができるなど教習所によって条件が異なります。そのため、外食や観光など外出をしながら合宿を楽しみたい人は周辺環境にも目を向けると良いでしょう。


合宿免許への参加を考えてみよう!

合宿免許は、通学で免許を取るよりも、料金比較的安く短期間で取得できる魅力的な方法です。合宿でも教習内容はしっかりしていますし、何より楽しく免許を取ることができます。また、合宿免許のメリットやデメリットをしっかりと理解して自分に合っているかを確認することも重要です。合宿免許は単純に免許を取るだけではなく、自分のスキルアップや思い出作りにもなるでしょう。自分には向いていないと最初から諦めるのではなく、合宿免許を通じて自分を変えることも十分可能です。合宿免許に少しでも魅力を感じた人は参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top