合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>教習所の追加料金が不安!安く済ませるポイントは?

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

教習所の追加料金が不安!安く済ませるポイントは?

教習所の追加料金が不安!安く済ませるポイントは?

免許取得のために通う教習所の料金は入学金だけではありません。入学金は一括で払うケースも多いですが、実はその他にもさまざまな追加料金が発生するのです。また、この追加料金の内訳や金額というのは、実際に教習所に通ったことのある人でないと分かりづらいものではないでしょうか。教習所に通いはじめてから、追加料金の存在を知った人も多いはずです。そこで、今回の記事では具体的に追加料金の内訳や金額を紹介し、安く済ませるためのポイントなどを解説します。


教習所でかかる費用の内訳とは?

実際に教習所に通うようになると、さまざまな費用が必要になります。自動車免許取得のトータル金額の平均は通学で30万~35万円程度ですが、その中でも大きな割合を占めるのが入学金です。入学金は教習所に通うときに、一番はじめに払う費用となるでしょう。次に必要になるのが、適性検査料です。適性検査とは車などを運転するときに、文字通りどの程度の適性があるのかを判断するテストです。この検査によって、自分がどのくらい運転に向いているのかを具体的なアドバイスと共に知ることができます。したがって、この検査は非常に重要なものです。また、学科教習料と技能教習料も教習所に通うときは欠かせない費用です。

学科教習とは主に交通のルールなどを学ぶ座学であり、技能教習は実際の運転技術などを学ぶ実技になります。当然、どちらかが欠けていても運転はできないので、両方を並行して学ぶためにも必須の費用となっています。さらに、学科教習には座学に使う教科書なども必要です。この費用は教材費として教習所に払うことになります。また、教習が進むと仮免許取得のための修了検定や卒業検定も受けることになるでしょう。これらの各検定費用も教習所では必要です。最後に細かい部分では、名簿作成用に必須となる写真代も忘れてはいけない費用です。金額的には大きな額ではありませんが、写真がないと名簿をつくれないので注意が必要といえます。このように、教習所では入学金以外にもさまざまな費用がかかるのです。


追加料金が発生するケースとは?

教習所に通ううちに、場合によっては追加料金が必要になることもあります。追加料金にはいくつかの種類が存在しますが、良く知られているのが追加技能教習料金です。技能教習とは実際に教習所に通って教官に運転技術を習うことです。このときに理解が浅かったら、追加で教習をうけることになります。追加料金に関しては各教習所でさまざまですが、目安としては1時限あたり4,200円程度のようです。また、社会人などで昼間に教習を受けられない人は、仕事帰りの夜間に教習を受けるでしょう。このような場合も夜間教習料金と呼ばれる追加料金が必要となることがあります。

さらに、追加修了検定料や追加卒業検定料も有名な追加料金の一つです。修了検定や卒業検定は平たくいえば、免許取得のために必要になる技能テストです。テストなので、内容によっては当然不合格になることもあります。そのため、合格できなかったときなどは追加で料金を払うことになります。追加料金の目安としては追加修了検定料が5,000円程度、追加卒業検定料が6,000円程度です。また、似たようなケースとして、仮免許試験手数料や仮免許交付手数料が追加で必要になることもあります。仮免許試験には学科試験も含まれるため、不合格だった場合には検定料と同じく追加料金がかかるのです。そして、少し珍しいケースではMTからATへの変更手数料というものもあります。この料金も各教習所によって変わってきますが、目安としては5,000円程度でしょう。


免許の取得にかかる費用とは?

免許取得には教習所に払う費用の他に、運転免許試験場で直接必要になるものもあります。運転免許試験場は主に卒業検定後に訪れることになる、最終試験会場です。また、運転免許試験場は住んでいる都道府県や地区などによって細かく分かれています。多くの場合は教習所などでどの試験場を利用するか指定されますが、分からない場合は前もって自分で調べておくと良いでしょう。具体的な費用内容としては、運転免許試験場で試験を受けるための試験手数料と、免許を発行してもらうための免許交付費用がかかります。この手数料や費用も条例によって定められており、住んでいる都道府県によって変わってくる部分です。

つまり、住んでいる地域や運転免許試験場を訪れる時期によって、金額が異なるということになります。そのため、一律にいくらの料金がかかるとはいえません。ただ、おおよその目安はあるので、東京都内を例にして金額をお伝えしましょう。まず、普通自動車の試験手数料としては3,350円(2018年4月現在)が必要になります。同じく普通自動車の免許交付費用は2,050円(2018年4月現在)です。なお、この費用は卒業検定後に運転免許試験場で直接払う金額となります。したがって、試験場を訪れるときは費用を計算して前もって用意しておくと良いでしょう。


自分に合ったプラン選び

運転技術や知識を習得するための教習所には、学生から社会人まで多くの人が通っています。当然、年代や価値観も幅広くなります。そのため、教習所側でも幅広い客層に対応できるようにさまざまなタイプの教習コースを設けているのです。具体的な教習コースは各教習所によって異なってきますが、一例をあげるとレギュラーコース、レディースコース、子育てサポートコース、学割コース、短期集中コース、土日・夜間コースなどです。レギュラーコースはしっかりと毎日教習所に通って習いたい人向け、レディースコースはその名の通り女性向けにつくられたコースになります。また、子育てサポートコースは主婦の人でも通いやすいように配慮されたコースです。

さらに、短期集中コースは、短い期間で集中して通える環境の人に向いているでしょう。逆に土日・夜間コースなどは、普段は仕事が忙しい社会人向けのコースといえます。土曜日や日曜日などの祝日なら社会人でも通えますし、同様に夜間の時間帯なら都合がつきやすくなるからです。最後の学割コースは完全に学生向きのものになります。同じく学生向きのサービスとしては、卒業シーズンになると高校生や大学生を対象とした、学割プランが適用されることもあります。教習所によっては友達紹介割引といったものもありますが、これも主に学生をターゲットとしたキャンペーンといえるでしょう。

このように、各教習所はそれぞれが工夫して、魅力的なプラン設定やキャンペーンを行っています。この中から自分の環境や価値観に合ったものを選べば、より有効に教習所を利用することができるのです。


費用を抑えるためのポイントは?

教習所に支払う費用は決して安くはありません。そのため、できれば少しでも費用を抑えたいと考えている人は多いことでしょう。具体的に費用を抑えるためのポイントとしては、普通自動車ATにする、閑散期に免許取得する、オプションをつけないという3つがあります。最初のATとはオートマチック車の略で、MTと呼ばれるマニュアル車とよく比較されるものです。ATとMTの車の違いを一言で表すと、ギアチェンジが必要であるかどうか、ということになります。一般的にギアチェンジが必要なMTの方が運転時に複雑な操作を要求されるため、免許取得費用も高くなっています。したがって、費用を抑えることを考えるなら、ギアチェンジが必要ない普通自動車ATを取得すると良いでしょう。

なお、現代の普通乗用車の主流はATであるため、日常で車を使うだけなら、普通自動車ATでも問題はありません。次の閑散時に免許取得するというのは、人の少ないときを狙って教習所を利用するということです。具体的には、4~7月と10~12月が閑散期です。教習所は主に学生の利用が増える時期に忙しくなり、費用も高くなる傾向があります。その反対に利用者が少なくなる時期もあり、そのときは料金が安めに設定されることが多いのです。そのため、閑散期を狙って利用した方がお得ということになります。


お得なキャンペーンを利用する

免許取得時には、お得なキャンペーンというものがいくつか存在します。キャンペーンの中で、一番料金に影響があるのが免許取得を目指す時期です。なぜなら、免許取得は教習所に入校する時期によっては、キャンペーン価格で利用できるからです。特に狙い目なのが閑散期となる4月~7月前半、10~12月となります。2月や3月などの繁忙期が21万~34万円程度の費用がかかるのに対して、閑散期は17万~22万円程度と大幅に安くできるからです。なお、この料金は泊まり込みで集中的に講習を受ける合宿免許のものです。

同じ条件でも通学免許の場合は、閑散期が19万~24万円程度、繁忙期が23万~38万円程度となっています。つまり、同じ閑散期に利用しようとしても通学免許と合宿免許では金額が異なるということです。そして、一般的には最大で4万円ほど合宿免許は安くなる傾向があります。費用を最大限に抑えることを考えるなら、閑散期の合宿免許利用は魅力的といえるでしょう。もちろん、この数字は各教習所によっても異なってきます。また、閑散期の合宿免許利用を考えているなら、入校の2~3カ月前までに申し込んでしまうのがベストです。2~3カ月前に申し込むというとかなり早く感じるかもしれません。しかし、閑散期でも人気の合宿免許は予約が取りづらいことがあるため、早めに申し込んだほうが安心なのです。


追加料金がかからないケースも

追加料金は例えば、技能教習で理解が不十分と判断されると、追加で教習を受ける分の料金を取られる仕組みです。そのため、教習期間内に卒業する自信のない人などが不安を抱きやすいといえます。このような不安がある人のために対策として有効なのが、あらかじめ追加料金がかからないプランをオプションでつけることです。これは多くの教習所で行われており、先ほどの技能講習料はもちろん、プランによっては検定再受験料なども無料になります。

オプションを付けることで当然最初に支払う金額は多くなりますが、大きな安心感があることが利点です。また、仮に追加料金が発生したときのことを考えると、場合によってはお得になることもあります。これは通学免許はもちろん、合宿免許でも同じです。合宿免許は泊まりで集中して講習を行うという特徴があるため、追加料金がかからないプランも多いのです。なお、この追加料金が掛からないプランというのは、教習所ごとに独自のプランが存在することが多くなっています。そのため、実際に教習所を利用する前に、どのようなプランがあるのかをしっかりと確認しておくことが大切です。あらかじめプランを把握しておけば、自分に合いそうな教習所を選ぶこともできるでしょう。

ただ、注意点もあります。それは、追加料金がかからないオプションをつけていたとしても、自己都合による欠席や遅刻は認められないということです。したがって、自分自身の体調管理には気を付ける必要があります。


教習所選びは費用も重要!

教習所を選ぶ基準は人それぞれあるでしょうが、費用が多くの人にとって重要な要素になるのはまちがいありません。なぜなら、免許取得のためにかかる費用というのは決して安い金額ではなく、それなりのお金がかかるものだからです。そのように考えると、少しでも費用を安く抑えて免許取得をしようと考えるのは自然なことでしょう。費用を安く抑える方法はいくつかありますが、比較的簡単に行えるやり方が合宿免許を利用することです。合宿免許は通学教習に比べて費用が安く抑えてあることが多く、お得といえるからです。

また、合宿免許を利用するときは繁忙期を避けて閑散期を利用すると、さらに安くてお得になります。その他にも、合宿免許は追加料金がかからないプランも充実しているため、場合によっては上手に利用してみても良いでしょう。このようないくつかのお得な条件を生かすためには、情報収集も欠かせません。自分の住んでいる地域で良さそうな教習所があれば、積極的に調べてみましょう。これらをうまく活用して、免許取得という目標を最短でかなえていきたいものです。


関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top