合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

AT免許とMT免許ならどっちがいい?

AT免許とMT免許ならどっちがいい?

AT免許とMT免許のメリット・デメリット


車を運転する場合には免許が必要ですが、車にはAT車とMT車があります。以前は免許を取得するために教習所や合宿免許では、全てMT車を使用しており、免許も今のように分かれておらず、MT車として取得するので、どちらの車も運転できました。
しかし今はAT車限定免許が登場しており、AT車限定免許では、MT車を運転する事は出来ません。これから合宿免許で免許取得を考えている場合、どちらを選べばいいのでしょうか。
AT免許とMT免許の違いは、MT車はギアチェンジを手動で行います。足元のペダルは、アクセル・ブレーキ・クラッチの3つがあって、ギアチェンジするにはクラッチを使用します。AT車はギアチェンジを自動で行いますので、クラッチはついておらず、ペダルはアクセルとブレーキだけです。勝手にギアチェンジをしてくれるので、AT車の方が運転も簡単です。AT限定の免許はAT車しか運転出来ませんが、MT免許はどちらでも運転できます。
AT免許とMT免許それぞれの、メリットとデメリットも見てみましょう。AT免許はAT限定となるため、MT車は運転できませんし、教習もAT車を使うので、MT車は教えてもらえません。もしもMT車を運転する場合は、限定解除が必要です。ギアチェンジをしなくて済むので、運転は簡単ですが、とっさの場合アクセルとブレーキを踏み間違える可能性があります。
MT免許ならAT車も運転できますし、自分でギアチェンジをする事により、常に最適なギアで走れるため、無駄がなく燃費が良くなります。クラッチを踏んでギアをつなぐというのはコツをつかめば簡単ですが、慣れるまで時間がかかります。特にスタート時はエンストしやすく、クラッチを正しくつながないと突然エンジンが止まってしまう事があります。

所持比率はどれくらい?


AT免許とMT免許の所持比率を比較してみましょう。AT限定免許の場合は、AT車しか運転する事ができません。MT免許ならAT車も両方運転できます。AT限定免許で、MT車を運転したい場合、仕事などで運転しなければいけない場合は、限定解除が必要です。MT免許なら解除しなくても両方運転できます。
AT免許はAT限定となるものの、運転が楽という理由から所持比率は年々増加の傾向が見られます。MT免許なら好きな車に乗れますが、合宿免許の場合も教習時間が長くなるので、早く免許を取得したい人は、AT免許を選ぶ事が多いです。
比率を見てみると、平成17年ではMT免許56%に対し、AT免許44%と少しMTの方が多くなっています。この傾向は数年続きますが、平成20年にはMT50%・AT50%と同率になっています。これ以降は徐々にAT免許比率が増加していき、平成27年にはMT免許43%に対し、AT免許は57%となっています。これは全国平均ですが、都道府県によって所持比率が違っています。
全国的に見てもAT免許の方が多い傾向が見られますが、青森県、秋田県、岩手県、富山県、福井県、鳥取県はMT免許の方が僅かに多いという結果が出ています。
MT車は運転が難しいだけでなく、教習時間も多く、試験も難しいと言われています。平成14年の一発合格比率は、MT63%・AT37%となっていて、これも年々ATの方が増えていきます。平成27年にはMT35%・AT65%と大きな差が出ています。試験も運転と同じで、ATは簡単、MTは難しいというイメージが定着しています。
所持比率にも現れていますが、MT免許を希望する人は年々減少し、AT免許を希望する人が増えています。

AT免許とMT免許、迷ったら乗りたい車で選ぶ!


これから合宿免許で免許取得を考えている時、AT免許とMT免許どちらにしたらいいか迷ったら、自分が乗ってみたい車を探してみてください。今はほとんどがAT車ですが、注文すればオプションでMT車に変更する事ができます。ただし新車で購入する場合、今は圧倒的にAT車の需要が多く、MT車はギアチェンジの構造が異なるため、納車までに時間がかかります。中古車なら既にATかMTか決まっているので、乗りたい車があるならそれを運転できる方の免許を選べばいいのです。
まだ車は購入せず免許だけ取得しておくという場合は、運転する可能性がある車にMT車があるなら、MT免許を取得しておくと好きな時に運転できます。今はほとんどがAT車ですから、AT限定でも問題ないと思いますが、MT車を運転したいと考えているなら、MT免許を取得しましょう。
合宿免許の場合、ATかMTかによって日程が少し異なります。学科は両方とも26時限ですが、技能教習がATは31時限、MTは34時限と変わってきます。合宿免許期間としては、最短でATが14日、MTが16日となります。日程と時限が多い分費用にも差が出ますが、少しだけ変わる程度です。合宿免許の場合は日数が多くなるほど、食事や宿泊費もかさみますので、安く早く済ませたいならAT、この先いろいろな車を運転してみたいならMTという考え方もできます。
教習所による違いもありますが、合宿免許で申し込む場合、AT限定で申し込んでおいて後からMT免許に変更する事ができません。途中変更ができないため、申し込む時はよく考えてからにしましょう。AT免許取得後に、MT車を運転したい場合は、限定解除すればOKです。

免許に関するコラムの注目Topics

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

教習所を探す

お客様サポート

当サイトに関して

今すぐスマホでお問い合わせ!
0120-727-659 入校仮申込み
入校仮申込み 資料請求(無料)
Home
Page Top