合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>普通二輪免許と大型二輪免許の違いって?取得する方法は?

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

普通二輪免許と大型二輪免許の違いって?取得する方法は?

普通二輪免許と大型二輪免許の違いって?取得する方法は?

車と同じように、バイクの運転免許にもいくつかの種類があります。よく知られているのは、いわゆる原付と呼ばれる、エンジンの排気量50cc以下の自動二輪を運転できる原動機付自転車免許でしょう。そのほかにも、普通二輪免許や大型二輪免許と呼ばれるものを聞いたことがあるかもしれません。ふたつの免許の大きな違いは、運転できるバイクのエンジンにおける排気量です。これから大型のバイクに乗りたいと考えている人にとって、どちらの免許を取得するかを検討することはとても大切だといえるでしょう。今回は普通二輪免許と大型二輪免許の特徴や違い、免許の取得における流れなどについて紹介していきます。


普通二輪免許の特徴とは?

普通二輪免許とは、エンジンの排気量が50ccを超えて400cc以下の自動二輪を運転するための免許です。普通二輪免許には、大きく分けて普通自動二輪免許MTと、普通自動二輪免許限定ATがあります。それぞれの大きな違いは、乗ることのできる自動二輪がAT車に限定されるかどうかです。普通自動二輪免許限定ATの場合、運転できるのはクラッチ操作が不要である自動変速のバイクのみになります。一方、普通自動二輪免許MTの場合はクラッチ操作が必要なバイクでも運転可能です。どちらも満16歳以上で取得できます。

普通二輪免許で運転することのできるバイクの特徴を一括りにまとめるのは難しいものです。たとえば125cc以下のバイクの場合、原付と同様に高速道路の走行はできません。一方、250cc以下のバイクについては車検が不要であるのに対して、251cc以上のバイクになると2年に1回の車検を受ける必要があります。もし漠然と普通二輪免許を取得したいと考えている場合は、こうした排気量による細かな違いにも留意しておくのが良いでしょう。また、普通二輪から二人乗り運転ができます。ただし、一般道を走る場合は運転者の自動二輪についての運転経験が1年を経過していなければなりません。さらに、高速道路での二人乗りに関しては、運転者が満20歳以上で、かつ自動二輪の運転経験が3年以上である必要があります。


大型二輪免許の特徴とは?

大型二輪免許とは、エンジンの排気量が400ccを超える自動二輪を運転するための免許です。普通二輪免許と同じく、大型二輪免許も大きく分けると大型自動二輪免許MT、そして大型自動二輪免許限定ATがあります。大型自動二輪免許限定ATの場合、運転できるバイクは排気量は650cc以下のAT車に限定されます。他方、大型自動二輪免許MTはAT車、MT車を問わず運転することができるうえに、運転できるバイクの排気量に制限がありません。つまり、大型自動二輪免許MTはあらゆるバイクを運転することができる、ということになります。大型二輪免許は満18歳以上から取得可能です。過去には750ccの排気量を持ったバイクが大型二輪の主流でしたが、その後は1000ccを超えるようなバイクも増えています。


普通二輪と大型二輪の違い

普通二輪と大型二輪の一番大きな違いは、運転できるバイクに搭載されたエンジンの排気量です。普通二輪で運転できるバイクの排気量は400ccまでとなります。大型二輪の場合は大型自動二輪免許限定ATを除いて上限はありません。一般的に、エンジンの排気量が大きければ大きいほど、最高速度が上がり、加速性能も高くなります。少ないパワーでスピードが出せるため、速度域によっては排気量の小さいバイクに比べて車体の振動が小さくなるのが特徴です。また、高速域におけるギアチェンジの回数も減少し、運転時の操作が少なくて済みます。なお、排気量が大きいバイクほど、車体価格も高くなる傾向にあるといえるでしょう。ただし、車体価格の多寡は車体の装備にも影響されるものです。同じモデルであっても、大型二輪のほうが装備は豪華となる傾向にあり、人によっては所有欲を満たしてくれるといえます。

一方、普通二輪と比べると、大型二輪のほうが車体も大きく、そして重くなります。当然、教習で使用するバイクも大型となるので、取り回しは容易ではありません。場合によっては多少なりとも体を鍛えておかなければ、基本的な運転すらままならないこともあるでしょう。したがって、普通二輪よりも大型二輪のほうが免許の取得は難しいといえます。

運転時の取り回しのしやすさは、運転するシーンにも影響するものです。普通二輪は取り回しがしやすいので、街乗りに向いています。また、車体が軽いため、多少オフロードのような場面でも走行しやすいといえるでしょう。しかし、高速道路などにおいては車体の軽さがデメリットとなり、風や周りの車体にあおられやすくなります。他方、大型二輪は取り回しの困難さから、街乗りや細い道での走行には向きません。排気音も大きいため、大型二輪の場合は住宅地のような場所での走行に気を遣う必要があります。しかし、重量が大きい分だけ地面に対する追従性は高く、しかも馬力があるので、舗装された道を長時間走るのであれば大型二輪のほうが圧倒的に有利だといえるでしょう。


普通二輪や大型二輪の免許を取得する手段

普通二輪や大型二輪の免許を取得するもっとも一般的な方法は、教習所へ通学することです。教習所ではバイクの扱い方や走行技術を習得できます。また、修了検定に合格して1年以内に運転免許の試験を受験した場合は、技能試験が免除されるのです。そのため、一般的に免許の取得を希望する人の多くは、受験前に教習所へ通うことになります。

教習所では交通ルールや運転に関する知識を学ぶ学科教習のほかに、運転技術を習得する技能教習を受講します。それぞれの教習における受講時間は、普通二輪の場合、学科教習で26時間です。技能教習は普通二輪の免許の種類によって異なり、普通自動二輪免許MTで19時間、普通自動二輪免許限定ATならば13時間が必要になります。大型二輪の場合、学科教習は26時間、技能教習は36時間の受講が必要です。なお、普通二輪も大型二輪も、教習所への入学時に所持している免許の種類によって、学科教習や技能教習の時間が短縮されることがあります。実施される教習の内容はその日ごとに固定されており、受講したい教習の開講時間が重なっていることもあるため、それなりの日数は通わなければならない点に注意しましょう。最短で卒業しようと考える場合は、綿密なスケジュールの調整が必須です。

短期間で免許を取得したい場合は、合宿免許に参加するという方法があります。教習に必要な時間は通学と変わらないものの、合宿期間中に必要な教習をスムーズに学べるようスケジュールが組まれているため、通学よりも短期間で卒業することが可能です。さらに、期間中に卒業できなかった場合でも、必要に応じて追加講習を受講できるなど、保証プランも充実しています。また、合宿免許は料金も通学と比べて安くなる傾向にあるため、時間はとれるもののお金が心許ない学生にもおすすめの方法です。

しかも、合宿免許を行っている教習所は観光地や自然に囲まれた場所に設置されていることも多く、合宿プランとして教習以外にレジャーも楽しむことができます。さまざまな年齢や立場の人が同じ目標を持って集まるため、会社や学校のような狭い範囲では会うことのないような人ともつながりを持ちやすいといえるでしょう。

なお、教習所での教習を受けることなく、直接試験を受けて合格する、というのもりっぱな方法です。過去に免許を取得していたものの、さまざまな理由で免許が失効してしまったという人には向いている方法だといえます。この場合、通学や合宿に対しての時間や費用がかからない点がメリットです。しかし、1回での合格はかなり難しいため、自信がない場合は自主的に試験対策を行うか、もしくはきちんと教習を受けておくのが良いでしょう。


教習所に通う際の流れ

教習所に通う場合の流れとして、まずは希望する教習所へ入校し、適性検査を受ける必要があります。適性検査で確認するのは、運動能力と運転の適性です。運動能力の確認では視力テストや聴力テスト、色覚テスト、運転に支障のある障がいの有無などを調べます。一方、運転の適性については、アンケート形式のような形でテストを受講することになります。なお、適性検査の結果、ただちに入校を拒否されたり、追加講習の受講を義務づけられたりすることはありません。

適性検査の終了後、学科教習や技能教習の受講に入ります。教習は第一段階と第二段階に分かれており、第一段階で学ぶのはエンジンのかけ方や半クラッチといったような、バイクの基本的な扱い方についてです。また、教習所内でのコースを利用して走行練習を行い、実際にコースを走りながらのギアチェンジやライン取りなども身に付けます。第二段階での目的は、運転時における専門的な知識の習得のほかに、修了検定に出てくるコースを利用して、実際の道路に対する走行技術を身に付けることです。S字や8の字といったコースの走行や、坂道での発進や急制動といったように、特異な状況での技術について習得します。

第二段階での教習を終了すると、これまで学習した内容の確認試験となる、修了検定が実施されます。採点方法は持ち点100点からの減点方式となっており、70点以上残っていれば合格です。合格すると教習所から卒業証明書が交付されます。なお、修了検定に合格しても免許が交付されるわけではないので注意しましょう。あくまで修了検定は教習所のものであり、実際に免許を取得するためには運転試験場で実施される学科試験に合格しなければなりません。また、卒業証明書の有効期間は1年間であり、この期間中にのみ技能試験が免除されるので、早めに受験するようにしましょう。無事に試験に合格すれば、免許の申請手続きを経て、免許が交付されます。


免許取得にかかる料金は?

免許取得に必要な料金は、免許の種類や入校時に取得している免許の種類によって異なるので注意しましょう。普通二輪免許MTを通学で取得する場合、費用は12~15万円程度、もし入校時に普通免許を取得していれば6~8万円程度になります。一方、大型二輪免許MTを通学で取得する場合、入校時に普通二輪免許MTを取得していれば9~10万円程度、普通免許を取得していれば15~16万円程度です。

合宿免許の場合は料金がさらに変わります。普通二輪免許MTを合宿で取得する場合、費用は10万円前後となることが多いものです。また、大型二輪免許MTについては、合宿参加時に普通二輪免許MTを取得していた場合は8万円程度になります。一般的に、合宿免許のほうが通学よりも安く、なおかつ短期間で免許を取得可能です。


バイクの免許取得におすすめの合宿免許

バイクの免許取得におすすめの合宿免許として最初に紹介するのが、静岡県にあるセイブ自動車学校です。JR浜松駅の近くにあり、関東圏や関西圏から新幹線でアクセスできる場所にあります。教習所内に300メートル以上もの直線コースを用意しているなど、コースが広々しており練習しやすいのが特徴です。宿舎は女性、男性、共同の3種類に分かれており、シングルルームも広く快適なつくりとなっているので、女性ひとりでも安心して利用できます。スクールバスを利用すれば教習所への移動も手間がかかりません。教習所が無料レンタルしている自転車を利用すれば、空き時間を使って近くにある浜名湖が散策できます。

次に紹介するカーアカデミー那須高原は栃木県に設置されており、東京から東北新幹線を利用して約1時間10分でアクセスできます。カーアカデミー那須高原の最大の特徴は二輪専用校であり、バイク免許取得における施設が充実している点です。関東最大級の二輪専用コースを利用できるので、はじめて二輪免許を取得しようとする人でも安心して練習に臨むことができるでしょう。宿泊施設は女性、男性、共同で分かれているうえに、シングル、ツイン、他の合宿生徒との相部屋もあり、希望に応じた合宿プランを組みやすいといえます。また、那須高原はリゾート地としても有名であり、合宿の参加者を対象として観光スポットへのツアーが用意されている点も見逃せません。

最後に紹介する茨城県の友部自動車学校は、東京からJR常磐線特急を利用して約1時間のところにあります。過去には卒業生数が日本一になったこともあるなど、全国でも規模の大きい教習所です。自動二輪専用のコースは約6000平方メートルにも及ぶなど、教習環境が非常に充実しています。 宿泊施設は女性と男性とで分かれており、セキュリティの面からも安心できるといえるでしょう。シングルプランや友人と一緒に通えるツインプランなど、参加人数を問わずに利用しやすいのが特徴です。


合宿免許を利用してバイクの免許を取得しよう!

普通二輪免許と大型二輪免許の大きな違いは排気量の差です。排気量は車体そのものの性能に直結するだけではなく、車体の規模や重さにも大きな影響を与えます。せっかく教習を開始したにも関わらず、思っていた車体と違うようなことがあっては元も子もありません。そのため、どのような大型バイクに乗りたいのか、どのようなシーンで利用したいのかをあらかじめ想像しておくことが大切です。

免許の取得には、基本的に費用が安く済むうえに、取得にかかる期間も短くて済む合宿免許を利用するのが良いでしょう。普通二輪免許は満16歳から、大型二輪免許であれば満18歳から取得できるので、大型の休みを利用すれば無理なく取得できます。紹介したおすすめの合宿免許の教習所も参考にしながら、自身に合わせた免許の取得を計画してみてください。


関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top