合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許の自炊プランとは?メリットやデメリットまとめ

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許の自炊プランとは?メリットやデメリットまとめ

合宿免許の自炊プランとは?メリットやデメリットまとめ

合宿免許は、一般的な通学型の教習よりも安価に免許を取得することができます。合宿免許にはいくつかの種類があり、多くは教習料金以外の宿泊費などが含まれたセットプランになっています。食事に関しては食事付きプランと自炊プランがあり、自炊が得意な人であれば、自炊プランでさらにお得に免許を取得することができます

自炊プランには一体どのような特徴があるのでしょうか。メリット、デメリットと、プランの選び方についても解説していきます。


合宿免許にある自炊プランとはどういうもの?

合宿免許では、教習所で用意されたホテルや宿舎に泊まり運転免許の取得を目指しますが、その際の食事についてプランが用意されています。それが、食事付きプランと自炊プランです。食事付きのプランを用意している教習所では、美味しい食事を売りにしていることもあるでしょう。教習所のある地域の特色を生かした料理が楽しめる場合もあります。さらに、食事が付いているプランであれば毎日3食分の食事が用意されますので、食事の準備にかかる手間が省けます。 
一方で、自炊プランは自分で食事を作って合宿生活を送るスタイルです。多くの合宿所には調理ができるスペースや調理に必要な器具が揃えられていますので、自分で食材を購入し、好きなものが作れます。ただ、自炊プランだからといって必ず自分で料理を作る必要があるわけではないのです。料理が苦手だという人のなかには外食で済ませる人や、コンビニエンスストアなどで買ってきたものを食べるという人もみられます。 
自炊プランでも、多くの教習所では昼食が用意されていますので、実際に作るのは朝と夕の2食というケースは多いものです。朝食を食べないという人の場合には夕食だけ自分で用意することになるでしょう。そのため、食事の準備がそれほどの負担になりません。また、昼食が用意される教習所を選ぶと、料理を作ることに意気込む必要もないのです。 
そのうえ、自炊プランからもシングルやツイン、グループなどさまざまな部屋のタイプが選べます。料理が苦手な人は、料理ができる友人と一緒に合宿免許に参加するのもいいでしょう。友人と一緒に食事を作ったことも合宿教習のいい思い出になったという声も多く聞かれています。さらに、カップルプランを選ぶと、合宿期間中に恋人の手料理が味わえるといった楽しみもあるのです。教習所によっては、複数の人数で申し込むとグループ割が適用され、合宿免許の価格が安くなることもあります。


合宿期間中の食事のポイント

食費を抑える目的で自炊プランを選んでも、外食ばかりしていては費用がかさんでしまいます。また、自炊する食材にお金をかけすぎた場合も、食費が高くなることがあるのです。そういった理由から、自炊プランの際の食費は、食事付きプランより安くなるように意識しましょう。教習所やプランによっても差はありますが、自炊プランと食事付きプランの1日当たりの差額は約1,000円です。教習所で昼食が用意されていると考えると、朝食と夕食の2食を1,000円以内で抑えないといけません。ここで、朝食をパンと飲み物にすると300円程度でしょう。そのため、夕食を700円までにすると食事付きプランよりも安くなるのです。約2週間分の食費を10,000円以内におさめる人もみられますので、努力次第で食費は抑えられるといえるでしょう。 

さらに、それらの食材を手軽に揃えられるよう、近隣のスーパーにアクセスしやすい教習所を選ぶのもポイントです。スーパーに行くために交通費がかかるようでは、食材が安く手に入りません。また、買い物に行くのが面倒に感じてしまうこともあります。そのため、自炊プランを選ぶのであれば買い物のしやすさを考慮しましょう。そのほかにも、合宿所の設備も重要です。自炊プランの場合には、朝食を準備するためのオーブントースターやポット、調理には欠かせないまな板や包丁、鍋、フライパンなどといった設備が整っているところが多いです。ただし、自分が作りたいものが作れない場合もあるため、どのような設備があるのかを事前に確認しておくのがいいでしょう。さらに、箸や皿、コップなどの食器やスプーンなどのカトラリーがそろっているかどうかも重要です。足りない場合には、事前に用意して合宿所に持ち込むと快適に過ごせます。


食事付きプランのメリットとデメリットは?

食事付きプランの合宿免許を選ぶと、食事の心配がいりません。教習後にどれだけ疲れていても、合宿所に戻ると食事が用意されていますので、運転免許の取得に集中できるといえるでしょう。さらに、栄養管理もしっかりと行われているところが多いのもメリットの一つです。きちんとした食事が用意されると、合宿中に体調を崩す心配がありません。また、基本的には3食が用意されていることから、自炊プランのように献立を考える手間や、買い出しに出かける時間、料理を作る時間が省けます。それらの時間を節約できると、免許取得に向けた勉強時間が確保できるのです。 
ただ、食事付きプランにはデメリットもあります。それは、食事のメニューを自分で選べないことでしょう。合宿所では毎食自分の好きなものを食べられるとは限りません。そのため、苦手なものや食べられないメニューでも食べないことにはお腹が空いてしまうでしょう。さらに、3食の料金ももちろんプランに含まれていますので、自炊プランと比べて費用が高額になります。少しでも費用を安く抑えたいという人の場合には、食事付きプランは割高だと感じてしまうでしょう。もし、朝食を食べない人の場合には、朝食分も支払うのは無駄だと感じることもあります。



自炊プランにするメリット

合宿免許で自炊プランを選ぶ最大のメリットは、食事付きプランより費用が抑えられることにあるでしょう。食事付きプランの場合には、食事の料金も含まれていますので、どうしてもその分だけ費用がかかります。食事にかかる費用も抑えることで、さらに安く免許が取得できるのです。また、お金を払って用意してもらった食事が口に合わないことも考えられるでしょう。好き嫌いやアレルギーがある人の場合には、食べられない食事が出ることもあります。あらかじめ食べられない食材を伝えておくことで配慮してもらえることもありますが、たくさんの人数の食事を一度に作るため、リクエストに応えてもらえないことも考えられるでしょう。料理を作るスタッフに迷惑をかけてしまうことを、申し訳なく感じる人もいるようです。 
その点、自炊プランでは自分の好きなものを食べられるといったメリットがあります。自分で食材を選んで料理できるので、好き嫌いやアレルギーの心配もありません。さらに、食事に関して誰かに遠慮をする必要もないでしょう。自分の食べたい料理を作ることや、外食で好きなメニューを食べることで、食事に対する自由度が高まるのです。食事に対して悩みがある人の場合には、自宅から日持ちのする必要な食材を合宿所に送れる可能性もありますので相談してみましょう。さらに、自炊プランの場合には気軽に外食が可能です。外食をすると気分転換ができ、教習の疲れも癒やされるでしょう。その上、合宿所で知り合った友人と外食に出かけるのも合宿教習の楽しみの一つだといえます。


自炊できる設備が整った環境が魅力

自炊プランを扱っている自動車学校は、自炊しやすい生活環境をきちんと整えてくれています。ウィークリーマンションを借り上げている場合もあれば、キャンプ場のように共同炊事場がある自動車学校もあります。
冷蔵庫や電子レンジなども完備されており、食材をまとめ買いしても保存できるよう配慮されています。相部屋の場合は食材が増えてしまうため、大型の冷蔵庫が用意されている場合が多いようです。
ただし、宿泊施設は好立地であるとは限りません。徒歩圏内にスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどがあれば問題ありませんが、そのような店や飲食店も一切ないこともあります。自炊プランを選ぶ場合は自動車学校や宿泊施設の立地や周辺環境にもよく注意しておく必要があります。


自炊プランにするデメリット

メリットの多い自炊プランですが、やはりデメリットもあります。まず、自炊プランは毎日自分で食事を用意しなくてはいけません。どれだけ合宿免許の教習で疲れていても、食事が用意されているわけではないのです。すぐに食べられるものを購入していない場合には、何かを作る必要があります。食材がまったくない場合には買い物に行く必要にも迫られます。疲れた体で買い物に行くことや、食事を用意することを面倒に感じることもあるのです。 

また、高校生や親と同居している人の場合には自炊に慣れていないこともあるでしょう。初めての環境で、約2週間もの間自分で食事を用意することに大変さを感じてしまうかもしれません。だからといって、インスタント食品やお弁当ばかりを食べていると体を壊してしまうことも考えられます。疲れているときには外食も一つの方法ですが、外食ばかり続けてしまうと食費がかさんでしまうでしょう。外食を続けることで、食事プランよりも費用が高くなってしまうこともあります。さらに、不慣れな土地で、知り合いもいない場合には、一人で外食するのに不安を感じてしまうこともあるのです。 


自炊プランの具体的な内容を知っておこう

自炊プランの特徴を踏まえた上で、具体的なプラン内容について紹介します。自動車学校によってサービス内容に違いがあり、同じ自炊プランでも昼食だけ用意されているタイプもあれば、3食全て自炊するタイプもあります。
とある自炊プランでは、自炊に必要な食材をプレゼントしてくれるというサービスを提供しています。米どころとして有名な地域では滞在分の米をもらうことができ、野菜を栽培している地域では新鮮なレタスやトマトを分けてもらえることもあります。
部屋については、一人部屋や相部屋に泊まるプランの他、カップルで宿泊できるプランもあります。同じ自炊プランであっても、部屋の規模や構造に違いがあります。自炊プランの場合はホテルタイプが少なく、アパートやマンションタイプ、コテージのような宿泊施設が多いのが特徴です。相部屋は割引率が高く、格安で参加できるため人気があります。


自炊プランに向いているのはどんな人?

自炊プランに向いているのは、食費を抑えたい人です。自炊プランは食事を自分で用意するプランなので、食事付きのプランと比べると数万円安く合宿免許が受けられます。もちろん、自炊プランでも自分で食材を用意しなければいけないため、それなりの費用はかかるでしょう。しかしながら、食事付きプランには食材費のほかにも食事を準備する人の人件費なども含まれています。自分で食材を買いに行き、自分で調理することで、人件費を浮かせられて当然安くなるわけです。そのうえ、自分で安い食材を見つけられると、1食分をさらに安く抑えることもできます。 
自炊プランを設けている合宿所では、水道やガス、電気はもちろんのこと、フライパンなども調理器具もすべて無料で使用可能です。そのため、料理に関して何不自由なく過ごせるでしょう。また、料理が好きな人の場合には、知らない土地の新しい食材を使った食事作りも楽しめます。そのほか、合宿所で知り合った友人に料理をふるまったり、一緒に食事の準備をしたりすることで、友人の輪も広がるでしょう。加えて、外食をしたい人も自炊プランに向いています。合宿免許が受けられるのは基本的にその土地に住民票のない人に限定されているので、これまで住んだことのない土地の料理が味わえるのです。自由に食事をとる場所を選べる自炊プランであれば、食べ歩きも楽しめるでしょう。


自炊プラン選びで注意したいこと

昼食が付いているプランは、教習を受けている合間に自炊する必要がないため比較的楽です。しかし、3食全て自炊しなければならない場合は、食事を準備する時間が少ないスケジュールになっていないか確認しておく必要があります。昼休みに宿泊施設に戻って自炊するとなると、次の教習に間に合わない可能性があるからです。教習に遅れてしまうことにないよう、合宿免許のスケジュールと教習所から合宿所までの距離はしっかりとチェックしておきたいポイントです。 
しかしそのような場合でも、自動車学校の近くに食料を売っているお店があれば問題ありません。コンビニやスーパーで買ったお弁当などを食べることができます。もし自動車学校の近くにお店がない場合は、朝食の準備の時に昼食用のお弁当を用意しなければなりません。合宿所は教習所によって立地条件が異なります。合宿所によっては、徒歩圏内にスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどといった食べ物が購入できる施設のほか、飲食店も周りにないというケースもみられますので、施設の周辺環境というのは非常に重要だといえるでしょう。
調理設備に関しても、パンフレットの内容と実物が異なっていないか確認した方が安心できるでしょう。宿舎として使用するのがホテルや旅館の場合、各部屋に料理をするための設備が設けられていないことも多いでしょう。電気ポットや電子レンジといった設備しかないようでは自分で料理ができません。そういった場合には、カップ麺やお弁当で合宿期間中を過ごすことにもなりかねません。また、部屋にある冷蔵庫が小さすぎて食材が保管できないこともあります。そのほかにも、キッチンを共同で使用する場合には使いづらいと感じることもあります。食事を摂る時間は重なることが多く、料理をしたくても待たないといけないことも考えられるのです。その上、キッチンの使用時間が決まっている場合には、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。また、調理器具や食器などを教習者と共有しますので、いつもすべてがきれいに片付いているとは限りません。ほかの人のキッチンの使い方に対して不満を感じてしまうケースもみられます。

こういったこともあるため、申し込む前にきちんと確認することをおすすめします。前もって口コミ情報を集め、直接自動車学校に問い合わせてみましょう。


自炊プランか食事付きプランかをよく考えよう

合宿免許で自炊プランを選ぶと食費を抑えられるといったメリットがあるため、その安さから最近人気が急上昇しています。また、食べ物のアレルギーがある人や、好き嫌いが多い人の場合には自炊プランを選ぶと自由な食事が楽しめるでしょう。しかしながら、自炊プランにはデメリットもあるのです。そのため、自炊プランか食事付きプランかを選ぶ際には、自分にはどちらのプランが向いているのかをしっかりと考えましょう。値段だけを見て、自動車学校や宿泊施設のことをよく調べずに申し込むと後悔してしまうかもしれません。参加を決めたら早めにできる限りの情報収集をしてから予約するようにしましょう。合宿免許のパンフレットにも、魅力的なプランがたくさん載せられているので、すみずみまで読んで比較することが大切です。さらに、口コミなどの情報もたくさん集めておきましょう。そうすることで、自分がどの教習所で学び、どんなプランを選ぶべきかがみえてきます。 

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top