合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許には何が必要?持っていくべき荷物を徹底解説!

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許には何が必要?持っていくべき荷物を徹底解説!

合宿免許には何が必要?持っていくべき荷物を徹底解説!

合宿免許に参加しようかと迷ったときに、持ち物についてどうしようかと悩んだことはないでしょうか。一定の期間、普段の生活から隔離された場所で免許の取得を目指すため、自分の持ち物は大切です。つまりは、持っていく荷物選びが肝心になってくるのは目に見えています。しかしどのようなものを持っていくといいのか、何が必要なものであるのか、知らない場合は不安な気持ちになります。そこでこちらの記事では、合宿免許のために必要な持ち物を徹底解説していきます。


入校時に必要となる書類

まずは、合宿免許の参加に際して、絶対に外してはならない項目からみていきます。それは、必要書類の類です。ここだけは抜けや間違いのないように何度も見直してください。必要な書類の一つとして住民票が挙げられます。これは現住所の市町村の役所に行って取り寄せます。住民票には、本籍地が記載されている必要がありますので気を付けましょう。しかも、発行から3カ月以内の新しいものでないと有効ではありません。最後に、書類はコピーの場合受け付けてくれません。きちんと原本を持参するようにしてください。

また住民票に加えて本人確認書類が必要となります。例えば、パスポートや健康保険証、住民基本台帳カードのどれかになります。注意点は、有効期限内のものであることと、複製は不可だということです。また、外国籍の人であれば、在留カードや特別永住者証明書、健康保険証あるいは日本国発行のパスポートが必要となります。しかしこれらの本人確認書類は、運転免許証を持っていない人の場合であり、もし原付免許などの運転免許証を持っているのであれば運転免許証を持っていく必要があります。

では本人確認について運転免許証を持っている人の場合について説明します。基本的に過去に取得した運転免許証は、本人確認書類として使用するため必ず持参していってください。注意点としては有効期限内でなければならないこと、コピーを持っていくのは不可になります。また、運転免許証を持っている人で以下に該当する場合、正しい内容に修正してから持参する必要があります。

まずは、有効期限内である運転免許証を紛失してしまった人の場合です。こういった場合には合宿免許に参加するまでに、運転免許証の再発行を済ませておく必要があります。次に運転免許証と住民票上の住所が違っている場合です。この場合についても運転免許証の住所を、事前に新しい住所のある都道府県内の警察署(公安委員会)にて変更手続きを行いましょう。最後に、運転免許証の有効期限がちょうど合宿参加中に切れてしまう場合ですが、こちらも前もって更新しておくようにしてください。

書類と合わせて覚えておきたいのが印鑑の持参です。教習所によっては、書類に印鑑を押す必要がある場合もあるからです。印鑑のタイプは、朱肉が必要な認印を用意するようにしましょう。ゴム印、インク補充型は不可になります。また、筆記用具も忘れないようにしてください。書類記入時などに使うため、黒のボールペンを用意しておきましょう。自習時間、試験勉強、大切な試験当日に備えて、鉛筆と消しゴム、マーカーペンも必要です。


合宿中に欠かせない持ち物は?

合宿に最低限必要な持ち物について説明します。まずは必要に合わせて現金を持っていきましょう。そして、合宿免許では寝泊まりをするために、パジャマと着替えが必要になります。パジャマは、スウェットにTシャツのような家のなかで着るリラックス着で良いでしょう。少なくても数日間分の着替えの下着と洋服はなくてはならない持ち物になります。また、毎晩のシャワーもあるので、タオル類と石鹸、シャンプーなどの洗面用具も必要です。ある程度長期になるので爪切り、綿棒、ドライヤーもあると便利です。また歯ブラシに歯磨き粉も持参しなければなりません。身だしなみの面でいえば、女性であればスキンケア用品とメイクグッズも必要な人が多いでしょう。

視力が悪い人の場合は、眼鏡やコンタクトレンズ、およびケアグッズは忘れてはいけません。車の運転に差し支えがあるため、なおさら必要な持ち物です。また、ないと意外と困るのが傘です。現地のお店で調達すれば良いと考える人もいるかもしれませんが、勝手もわからない土地でもしコンビニエンスストアなどが近くになければ不便なので、折りたたみ傘を荷物のなかに入れておくことが得策です。また、実習もあるなかで傘が邪魔ではないかと感じるという人は、レインコートやフード付きのウォータープルーフのアウトドアブランド系のジャケットもフットワークが軽くなりおすすめです。

合宿所にはコインランドリーがあることが多いため、そこで手持ちの服の洗濯を済ませてしまうという人は多いようです。ただし、洗剤を用意する合宿所は少ないようです。コインランドリーの使用を予定している人は洗剤を持参するのを忘れないようにしましょう。そのほかにもスマホの充電器は意外と忘れがちな持ち物です。また、合宿は長期に渡るためタブレットやノートパソコンが必要な人もいることでしょう。以上がだいたいの合宿免許において、これさえあれば大丈夫な欠かせない大切な持ち物になります。合宿所によっても、環境や設備が少しずつ違ってくるので、参加する予定のある教習所のホームページを直接見たり、問い合わせをしておくのが良いでしょう。


合宿免許に必要な服のポイントは?

では着替え用の服をどうやって選んだら良いのでしょうか。合宿の日数や季節によってもどんな着替えが必要になるかは当然変わってきます。まずは選んだ合宿免許の場所を覚えておきましょう。合宿の場所が自分の知らない場所であるのであれば、地図の上で確認することから始めてください。その土地が温暖な地域であるのか、寒暖な地域であるのかまずはざっと知っておきましょう。日本列島と言っても、東西南北で気候が大分違います。もし地元からは遠く離れた場所で免許を取ろうとしている人は、参加する教習所の土地の気候には最新の注意を払っておいてください。

服の基本は、動きやすい軽装であることです。靴はスニーカーなどかかとがあるフラットなものがふさわしいでしょう。また靴は気軽に洗えないこともあり、余裕があれば1足余分に持っていけると安心です。服装はあまり華美にならず、女性などの場合は肌の露出などを控えめにすることが無用なトラブルを防ぐコツでもあります。また、合宿は比較的長期間にわたるため、着替えの用意だけで、荷物がいっぱいになってしまうのも大変です。解決策として、できるだけ荷物を少なくするために、靴下やTシャツなどの薄手で洗うのが簡単なものは着替えを多く用意し、セーターなどの頻繁には洗わずかつ厚みのあるものは少なめに用意するようにしてみましょう。 


ボトムであれば、デニムなど頻繁に洗う必要のないものを2、3本用意すれば十分ではないでしょうか。また肌寒いときに気軽に羽織れるカジュアルなカーディガンやパーカー、フリースがあると便利です。ちなみに、合宿所でのコインランドリーの使用を考えている人が持っていくべき着替えの目安としては、3日~4日分と言われています。また、下着や靴下などは、コインランドリーを使わなくてもいいというのであれば、シャワーの都度ボディソープなどで軽く洗って済ませてしまうのもありでしょう。とにかく洗濯をする必要があるのであればできるだけ面倒にならないよう、免許取得のためのエネルギーを蓄えておくことが先決です。持っていく着替えの種類を工夫しつつ、できるだけかさ張らずに、滞在時の洗濯が楽になるように賢く選んで持っていきましょう。

また、合宿参加中は一切洗濯をしたくないのであれば、日数分の服と下着が必要になります。その場合は、旅行用の圧縮袋などを賢く利用するのも手でしょう。


あると便利な持ち物って?

なくても直接的には困りはしなくても、あると便利で合宿免許が快適になるという持ち物について紹介していきます。免許合宿を少しでも居心地の良いものにして、モチベーションを保つためにはなかなか侮れない持ち物です。ではまず、合宿部屋の状況を想像してみてください。コンセントの受け口はそう多くはないものです。特に相部屋であった場合などに、三股コンセントや延長コードがあると便利であることは想像がつくでしょう。また、部屋にジャケットを掛けたり軽い洗濯ものを干せるようなハンガーがあると便利です。洗濯を考えている人は洗濯ネットでデリケートな衣類を守ることも必要かもしれません。また、部屋にいる際にスリッパがないと落ち着かないという人もいるはずです。

また、意外と大切であるのが常備薬の準備です。基本的に合宿免許での健康管理は自己責任になりますから、不意の体調不良に対して万全な対策をしておきたいところです。例えば頭痛薬、胃薬、風邪薬、ビタミンなどのサプリメントは用意しておくと安心できます。また、お互いに病気の感染予防のためにマスクがあると便利でしょう。何かの拍子でケガをする可能性もゼロではないので、絆創膏も必需品です。

実は意外と盲点であるのが、サブバッグの存在です。教習所によってはバッグを配布してくれるところもあるようですが、個人的にいくつか用意しておくと便利です。折りたたんで小さくして持っていけるようなショッピングトートでも十分なのですが、移動する際に何かと袋が必要になる機会が出てくるためです。例えばコインランドリーに衣類を持っていく際や、シャワーする場所が離れている場合などが該当します。万が一の盗難などを避けるために、貴重品を入れて肌身離さず持ち歩けるようなポーチもあると安心します。

たまには息抜きのためにも、音楽を聴くためのヘッドホン、本やマンガなどの娯楽グッズがあると嬉しいかもしれません。


荷物を入れるのに適したバッグ

合宿に行くときに必要なバッグの種類について説明します。基本的に荷物を入れるのは旅行用に使うバッグで問題ありません。具体的にはキャリーバッグやサイズの大きなバックパック・スポーツバッグが適しています。合宿免許に参加する人の多くは、キャリーバッグの利用率が高いです。キャリーバッグではすべての荷物が入りきらないという場合、バックパックなどを併用すれば大丈夫です。いずれにせよ、移動がしやすいように荷物をまとめるのが賢いでしょう。


お金はいくら持っていけば良いのか

合宿免許の間に必要なお金の目安というのはあるのでしょうか。いくら必要になるかは、各自が選んだ免許のプランによっても変わってきます。しかし、相場としては10,000円~20,000円くらい財布に入っていれば十分だといえるのではないでしょうか。例えば3食の食事が付いたプランであれば、余分な出費は考える必要がないため、ほぼ出費の機会はないかもしれません。食事は自炊のタイプを選んだ人の場合、食材や外食の予算を別に用意していかなければなりません。

また、公認の教習所ではどこでも仮免のための費用が必要です。別途費用として仮免許試験受験手数料の1,700円と、仮免許証交付手数料の1,150円を用意していきましょう(金額は2019年2月現在)。そのほかにも出発前に、ご自身の選んだプランにはどこまでの料金が含まれているのか、オーバーした場合は追加料金が必要なのかなどを再度確認をして、持っていく現金の金額を考えることが大切です。


合宿免許では事前送付ができる!?

合宿免許を快適に過ごすためには、準備するべき荷物がどうしても多くなってしまいがちです。しかし、そのような人のために荷物の宅配サービスを用意している便利な教習所もあるのです。荷物の持ち運びが気になる人は利用してみましょう。ただし、送料の負担をしてくれる教習所と自己負担の教習所があるため、事前にどちらであるのか把握しておくのがベターです。また、日付の指定は自分で設定するため、合宿免許開始の前日から当日の午前までに着くように送るとよいでしょう。注意としては、荷物の中にはくれぐれも重要書類を入れないようにすることです。大切な書類の原本が紛失してしまっては元も子もありません。


荷物をしっかり準備して合宿免許への参加を

こうしてみると、合宿免許をスムーズで快適なものにするためには、入念な持ち物チェックをしてきちんと荷物を用意することが大切だといえます。まずは、必要書類を絶対に間違いのないように揃えることが肝心です。そのうえで、現地の気候や洗濯の都合を考えた着替えの選び方、常備薬などの体調管理への対策、宅配サービスを利用するのなら事前の手配などが大切になってきます。準備段階においても様々なポイントをもとに細やかな準備をすることで、余計な心配なしに安心して合宿免許に参加できるようになります。そのため、合宿免許に合格することだけに集中したいのであれば、まずは荷物の準備を完璧にしていきましょう。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top