合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>運送・作業用の自動車免許が取れる合宿免許

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

運送・作業用の自動車免許が取れる合宿免許

運送・作業用の自動車免許が取れる合宿免許

運送業などで使用する免許の種類と仕事内容

運送業などで使用する作業車の免許には様々な種類があります。

それらの免許を持っておくと仕事をする際にとても便利です。


1つ目は、大型車免許です。

大型車とは車両の総重量が11トン以上で、最大積載量が6.5トン以上、乗車出来る人数が30人以上の車両のことを言います。

大型車免許を受験できるのは、すでに普通車免許か中型車免許、または大型特殊免許を取得していて、その免許を取得して3年以上経過していなければなりません。

大型車免許を使用する仕事には、食品や大きなサイズのものなど荷物をトラックで運んでいくという内容のものがあります。

長時間を一人で過ごすことが多いので、人間関係にあまり煩わされたくない方や、運転が好きで長い距離の運転も苦にならない方などに向いている仕事です。
◆大型車の合宿免許教習所一覧はコチラ


2つ目は大型特殊自動車免許です。

大型特殊自動車にはフォークリフトやクレーン車、ロータリー式除雪自動車、農耕トラクターなどが含まれます。

年齢は満18歳以上であれば運転免許を取得していなくても受験できます。

この免許は工事現場や建設現場で使うフォークリフトなどを公道を通って移動させる時に必要です。

また、ロータリー式除雪自動車を運転し、道路の雪をかきとるという仕事もできます。農家の仕事をされている場合は、畑が道路を挟んで反対側にある、または点在している場合のトラクターの移動にこの免許を使用します。
◆大型特殊の合宿免許教習所の一覧はコチラ


3つ目は中型車免許です。

中型車とは、車両総重量が5トン以上11トン未満で、最大積載量が3トン以上6.5トン未満、乗車できる人数が11人から29人以下の車両のことをいいます。

中型車免許を受験できるのは普通車免許、中型車免許、大型特殊免許のうちどれか一つ以上を取得していて、それを2年以上保持している人です。

この免許を使用する仕事には、客をホテルや娯楽施設などに送迎するマイクロバスを運転するというものがあります。

また、荷物を中距離で移動させる仕事や、各家に配達する仕事の場合に使う4トントラックを運転する際にも使用する免許です。

◆中型車の合宿免許教習所の一覧はコチラ


4つ目はけん引免許です。

750キログラムを超える車をけん引する際に必要です。

満18歳以上から受験できますが、けん引に使用する車両を運転できる免許を取得しておく必要があります。

この免許を使用する仕事には、石油などの液体を工場に輸送するタンクローリーを運転するというものがあります。

また、輸出や輸入の際などに利用されるコンテナを積んで走るトレーラーを運転する際にも使用する免許です。

◆けん引の合宿免許教習所の一覧はコチラ


作業車の免許を取得する際のポイント

運送業に関わる作業車の自動車免許を取得するかしないか考えている場合、いくつか考慮すべきポイントがあります。

まず、2017年3月12日から施行される、「改正道路交通法」を考慮に入れる必要があります。

2017年3月12日以降に普通車免許を取得した場合、車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満、乗車できる人数は10名以下のみの車両を運転することしかできません。

つまり、運送業などで使われる、小型トラック等の積載量が2トンを超える車両の場合は、普通車免許では運転できなくなってしまいます。

小型トラックなどを運転しなければならない場合は、準中型免許という免許を取得する必要があります。

そのため運送業で働こうと思う場合には、普通車免許だけでは作業できる車両が極端に狭められてしまうので、大型車免許や中型車免許などを取得しておく方が良いと言えます。


これらの大型車免許などを取る場合、「教育訓練給付金制度」という制度を適用できるか考慮できます。

教育訓練給付金制度とは、対象者が自分で費用を出し、厚生労働省の指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、払った費用の20パーセントが給付金として支給されるという制度です。

この支給を受けるためには、雇用年数や過去に給付金制度を利用したことがあるかどうかなどの、いくつかの支給要件を満たしている必要があります。

そのため、まず支給要件を確認し、ハローワークで「支給要件回答書」を発行してもらう必要があります。

その後、入校の手続きを取ることができます。それらの手続き方法に関しては、順を追って丁寧に説明しているサイトもあります。更に詳しく知りたい場合、電話で問い合わせたり、資料を請求したりすることもできます。


合宿免許で作業車の免許を取得するメリット

運送業に必要な作業車の自動車免許を取る方法には、自宅から教習所まで通い、個人で取得する方法と、合宿免許を利用する方法があります。

合宿免許を利用すると、教習所が決めたホテルなどの宿泊施設に泊まりながら、集中して必要な学科講習や技能講習などを受け、免許を取得することができます。

大型車など、作業するために使う車の免許をとるのに合宿免許を利用する事には、他にも様々なメリットがあります。


まず免許を取る費用が、自分で通って取得するよりも安くつきます。場合によっては万単位での差が出ます。

また、自分で教習所に通って免許を取る場合、特に大型車等は車両が少ない場合もあり、教習のための予約を取りにくいといった問題があります。

しかし、合宿免許で大型車免許を取るならば、予約が取れないと言うこともなく、路上練習の際の大型車両もセットになっているのでとても便利です。

また、合宿免許の方が、自分個人で大型車などの作業車の免許を取得しようとするよりも合格率が高くなると言われています。


免許取得中のライフスタイルから見ても、合宿免許にはメリットがあります。

多くの場合、宿泊施設での朝と夜の食事も料金プランの中に組み込まれています。

ですから講習や実技をこなして疲れていても、自分でご飯を作る必要がないので、免許を取るために集中しやすい環境だといえます。また、選ぶ教習所によっては様々な特典が付いてきます。

例えば、リフレッシュするために教習所最寄りの施設を無料で使用できることなどです。

場所によっては観光地に近く、免許を取りながら、空いた時間でその地方を観光をしたりと、楽しみながら取得することができます。

また、そうした機会に、同じような職種を探していたり、すでに働いている人と知り合う事ができ、役立つ情報交換ができたり、励ましあえたりといった事も期待できます。

いろいろなメリットがある合宿免許ですから、まとまった休みを取れると言う人は合宿免許を利用することを検討されてはいかがでしょうか。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top