合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許ってどんな仕組み?おすすめの理由や流れは?

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許ってどんな仕組み?おすすめの理由や流れは?

合宿免許ってどんな仕組み?おすすめの理由や流れは?

運転免許を取得するには、教習所に通学する方法と合宿免許に申し込む方法の2つがあります。合宿免許は通学よりも費用が安くなることが多く、短い期間で免許を取得できるというメリットもあります。また、地方の教習所も多く、旅行気分で免許を取得できる点も人気の理由です。ここでは合宿免許の仕組みと、事前に知っておきたい注意点を紹介していきます。合宿免許について知ることで、スムーズな申し込みと免許の取得を目指しましょう。


合宿免許の仕組みって何?

合宿免許のカリキュラムは通学による教習所と同じなので、教習の内容に差はありません。公安委員会指定教習所で合宿免許に参加し卒業できれば、実地試験が免除となります。つまり、卒業後に住所地がある免許センターで運転免許の学科試験に合格できれば、すぐに免許証を手にすることができるのです。合宿免許とは、泊まり込みでの教習を意味します。基本的に合宿免許の料金には、食事代や宿泊施設が含まれていて、短期間で集中して運転免許を取得することが可能となっています。短い期間で教習を受けることで、効率よく運転技術を身に着けることができます。

通学による免許取得の場合は、カリキュラムを終了するまでに数カ月かかることがほとんどです。一方、合宿免許の場合は、最短で13日で卒業ができる教習所もあります。短期間で免許を取得したい人にとっては、ぴったりな方法といえるでしょう。また、都心部の教習所や人気の教習所では、授業がすぐに満席となり、なかなか予約がとれないケースもあります。合宿免許では、専用のスケジュールが作成されているため、予定通りにカリキュラムを進めていくことができる点も大きなメリットとなっています。前回の教習から間が空いてしまうと、学んだことを忘れやすくなり、補習となる確率も上がりやすくなるでしょう。よって、合宿免許は短期集中で効率よく免許を取得したい人向きの仕組みとなっています。


合宿免許で免許を取得するまでの流れ

自動車免許を取得するには、8つのステップがあります。1つ目は、教習所への入校です。入校の手続きは行きたい教習所や自動車学校に直接申し込むか、全国の教習所を紹介している斡旋会社から申し込むことが可能です。


2つ目は、教習所での技能教習・学科教習です。入校後は、まず教習所内で運転技術を学びます。教習所のカリキュラムは大きく2つの段階に分かれており、仮免許を取得するまでは、公道で運転することは認められていません。はじめは教習所内のコースを走り、座学で運転に関する知識を身に着けます。これが第一段階の技能学習・学科講習となります。3つ目のステップは、学科試験と仮免許取得の技能試験への合格です。カリキュラムをこなしていくと、仮免許を取得するための技能試験を実施する資格を得られます。50点満点のペーパー試験と仮免許の技能試験に合格すると、仮免許が交付されます。


4つ目は、第2段階の技能学習・学科講習の受講です。仮免許が交付されると、助手席に教官を乗せた状態で、公道を運転することが可能となります。実際の道路を走ることで、実践的に車の運転スキルを学ぶことができるでしょう。5つ目は、卒業検定です。卒業検定は減点方式で実施され、点数が不足すると再試験となります。卒業検定の難易度は教習所によって差がありますが、短期集中型の合宿免許の方が、運転スキルを高く保てることができるため、合格しやすいと言われています。6つ目は、教習所の卒業です。卒業検定に無事合格すれば、晴れて教習所を卒業です。教習所でのカリキュラムは以上となりますが、教習所を卒業してすぐに免許が交付されるわけではありません。


7つ目は、運転免許センターでの学科試験です。教習所で発行された卒業証明書を持って、運転免許センターへ行き、学科試験を受ける必要があるのです。この試験に合格して、はじめて運転免許の取得となります。そして、8つ目は運転免許証の発行です。運転免許証は住民票のおいてある都道府県で運転免許証が発行されることになります。この8つのステップが合宿免許で運転免許証を取得する大きな流れとなります。


合宿免許期間中の1日のスケジュール

合宿免許の場合、平均して2週間で運転免許を取得できます。通学による免許と比較して、短期間で取得できる点が最大の魅力といえるでしょう。通学ではスケジュールを調整し、自分で受講するコマを予約する必要がありますが、合宿免許では教習所が一括で予定を管理します。ですから、教習をキャンセル待ちする必要がなく、スムーズにカリキュラムを進めていくことができるのです。こういった点からも、合宿免許は就職のためにスピーディーな免許取得が必要な人や、まとまった休みが取りやすい学生に人気のスタイルとなっています。


一般的な合宿免許では1時限目は8時30分~9時の間に始まります。最後のコマは、18時30分や19時30分に終わることが多いでしょう。1時限にかかる時間は学科教習・技能教習のいずれも50分間です。学科学習では、教室で運転に関する知識を学びます。教官がビデオを用いながら、講義形式で授業を進めていき、卒業までに50分の授業が26コマ設定されています。技能教習は、教官を助手席に乗せた状態で、実際の車を運転する教習です。合宿免許の場合は、担当教官が固定となっているケースが多いため、円滑なコミュニケーションが取れる点がメリットといえるでしょう。AT車の場合は50分の授業が31コマ、MT車の場合は34コマです。


休憩や多少の空き時間はありますが、一日の間に何コマか授業がない時間もありますが、ほとんどの時間が学科教習もしくは技能教習でスケジュールが組まれています。教習の合間の休憩時間は10分間が一般的です。合宿免許では、教習に集中できるよう、食事が用意されているケースが多々あります。食事付きのプランでは定食・バイキング形式・お弁当など、教習所によって異なります。食事に力を入れている教習所では、スイーツバイキングやご当地名物の料理が食べられることもあるため、事前にチェックしてみるとよいでしょう。


期間延長の場合はどうなる?

合宿免許の場合は、卒業までのカリキュラムが組まれていますが、技能検定や学科試験に合格できないと期間が延長になります。合宿免許の日数は教習所によって異なりますが、どれもストレートで合格できた場合の最短期間が紹介されています。ですから、合宿免許に申し込む場合は、合格できなかった場合も想定したスケジュールを立てるとよいでしょう。技能検定や学科試験を不合格になると、同日に再受験はできません。よって、1つでも落としてしまうと、期間延長となる可能性が高いのです。


技能検定に落ちると最低1時限の補修を受けなければなりません。合宿免許では、保証プランが設定されている場合があります。保証プランに申し込んでいれば、卒業日数が伸びてしまっても、追加の宿泊費用などは発生しません。ただし、保証プランで保証されていないと補習や検定再受験料に5,000円程度かかるため、保証の有無は合宿免許先を選ぶときの1つの指針となるでしょう。


免許の取得なら合宿免許をおすすめする理由

合宿免許をおすすめする理由は5つあります。1つ目は、通学よりも費用が安い点です。食事・宿泊費用込みでも、通学よりも安くなる場合もあり、お得に免許を取得することが可能です。一般的に通学での免許取得には20万円台後半〜30万円前後かかります。一方の合宿免許では20万円〜25万円程度で済む場合が多く、平均して5万円程度安くなります。さらに安く免許を取得したい場合は、マンションに滞在して自炊するといったプランもおすすめです。このケースでは食費は自腹になりますが、20万円以下で免許を取得できます。


2つ目は、最短での免許の取得が可能な点です。通学では卒業まで早くても1カ月、長いと3カ月以上かかりますが、合宿免許では最短2週間で卒業することができます。3つ目は、保証付きプランなら延長料金の保証がある点です。基本的には合宿免許で延長となった場合は、宿泊費用や教習料金が加算されます。何度も不合格を繰り返すと、通学と変わらない金額になってしまうこともあるのです。保証付きプランに入ることで、そういった予期せぬ出費を抑えることができるでしょう。


4つ目は、合宿中に観光ができる点です。合宿免許の教習所は地方にあることが多く、旅行気分で免許を取得することができます。休日や夜の時間帯に、その地方の観光地を巡ったり、ご当地フードを楽しめたりする点も合宿免許の魅力の1つです。5つ目は、普通車とバイクの免許を一緒に取得できるコースもある点です。バイクの免許の取得も同時に考えている人は、短期間で効率よく両方の免許の取得が可能となっています。


合宿免許で注意すべきこと

魅力の多い合宿免許ですが、いくつか注意点もあります。まずは、時期によっては料金が上がる点です。春や夏は学生の長期休みがあるため、繁忙期の料金設定となり、閑散期よりも割高となります。最低料金だけでなく、合宿を行う時期にいくらかかるのかをしっかりと確認しましょう。また、合宿免許は地方の教習所が多いので、都会とは道路事情が異なる点にも注意が必要です。車の少ない田舎の教習所を卒業すると、都会の道に慣れるまで時間がかかるかもしれません。


さらに、追加教習などで期間が延びた場合、保証がついてないと宿泊施設の料金が追加されてしまうケースもあります。運転に自信がない、予期せぬ出費をしたくない人は、保証付きプランに申し込むのがおすすめです。合宿免許は定められたスケジュールがある点がメリットですが、それがデメリットとなるケースもあります。合宿中に病気をしてしまうと、大きく予定が狂ってしまうため、体調管理にも注意しましょう。


合宿免許への申し込みの方法

合宿免許に申し込む際は、5つのステップを踏むとスムーズに進めていくことができるでしょう。最初に、希望に合った教習所を決めます。教習所を選ぶためのポイントは場所、料金、食事や宿泊施設などが挙げられます。空き時間や休日を満喫したい人は、リゾート地や観光地にある教習所がおすすめです。食事や宿泊場所にこだわらなければ、価格を重視した教習所が見つかるでしょう。中には、有名ホテルと提携した教習所もあります。そういった教習所を選ぶと、非日常の優雅な時間を過ごすことができるはずです。


次に、入校資格を確認します。高校生でも免許は取得できますが、バイクは16歳、普通免許は18歳、大型免許は21歳になっている必要があるため、入校資格を満たしているかは必ずチェックしましょう。年齢の他に、視力、聴力、身体にも条件があるため、それらの確認も忘れずに行います。入校資格を満たしていることが確認できたら、インターネットか電話で申し込みを行います。インターネット経由の場合、割引が適用されることもあるため、最適な申し込み方法を探すことも重要なポイントです。


申し込みが完了したら、支払いに進みます。合宿免許では、事前の支払いが一般的です。指定の銀行に入金して、はじめて入校が許可されます。最後は入校ですが、合宿免許では、数週間宿泊するための準備が必要です。服や筆記用具、コンタクトやメガネなど日常生活に必要なものの他に、保険証、印鑑なども忘れずに持っていきましょう。住民票や本人確認書類がないと入校できないので注意が必要です。


合宿免許に申し込んでみよう!

合宿免許の仕組みや合宿中の流れ・申し込みの流れなどを押さえたら、さっそく合宿免許に申し込んでみましょう。合宿免許では、運転免許を取るだけでなく、さまざまな経験をすることができます。特に、同じように合宿免許に参加した人たちと交流できる点も魅力といえるでしょう。通学の教習所では個人でスケジュールを立てるため知り合いができづらいですが、合宿免許の場合は同時期に申し込んだ人は同じスケジュールで進んでいきます。


毎日顔を合わせることで、自然と仲も深まり、新しい人間関係が構築できるかもしれません。また、免許の取得という同じ目的のため集まった人なので、運転に関する悩みも共有できます。仲間がいることでモチベーションも上がり、試験に向けて共に勉強することで、よりスムーズな免許の取得が期待できます。運転免許の取得を考えているのであれば、価格が安く短期間での取得が可能で、メリットの多い合宿免許も検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top