合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>高校生の合宿免許で気になる点や不安を解決!

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

高校生の合宿免許で気になる点や不安を解決!

高校生の合宿免許で気になる点や不安を解決!

普通自動車を含め、それぞれの免許には取得できる年齢が決められていますが、法律上は高校生でも制限年齢に達していれば免許の取得が可能です。しかし、高校生が自動車の免許を取得する際には、事前に確認しておくべき注意点もあります。また、免許の取得方法には通学と合宿の2つのパターンがあります。短期間で取得できるとして人気があるのは、合宿で免許を取得する方法です。そこで、高校生が免許を取得するのに最適な時期から、合宿免許を選ぶ際のポイント、注意点について詳しく紹介します。


高校生が免許を取得するのに最適な時期はいつ?

4月~7月が誕生日の高校生であれば、夏休みを利用して免許を取得できます。一方、8月以降に誕生日を迎える高校生は卒業目前の1月~3月に取得を考えている人も多いです。いずれにしても、学業と部活を並行しつつ免許を取得することになるため、綿密なスケジュール調整は必須だといえます。無理なスケジュールを組まないためにも、夏休みや春休みといった長期間の休暇を活用して免許を取得することが有効です。そのため、通学免許よりも合宿免許で集中的に講習を受けるとよいでしょう。



最短で卒業できるのは合宿免許!

合宿で免許を取得する場合、最も大きなメリットは、短い期間で免許を取得できることです。合宿免許は受講生に合った最短で卒業できるカリキュラムを作成し、カリキュラムをもとに効率よく教習を進めるため最短日数で卒業できます。高校生が教習所へ通って免許を取得する場合は春休みなどを利用することが多いものの、最も混む時期のため、自分で予約を取ろうと考えても、最短で取得することは難しいでしょう。現時点での皆さんの本文である高校生活に加え、高校3年生であれば大学受験対策や就職活動など、自身の将来を見据えた準備への尽力が欠かせません。1日24時間の中、更に教習所通いを加える事は実質困難なのではないでしょうか。最終的に、予定の期間内に免許が取れなかったなどということがないよう、合宿免許でスムーズに取得する方法が有効です。


運転免許取得の講習内容については道路交通法で決められているため、最短期間は運転免許の車種や教習時間、受けることが可能な教習内容から割り出されます。

 

1段階目の技能講習が15時限、普通車ATの場合は12時限、学科の学習はATとMT共通で10時限です。2段階目は技能講習が19時限、学科が16時限となります。1つの時限は50分と定められているほか、技能講習は1段階目は1日2時限まで、2段階目が3時限までと法令で決められているのです。法令の条件に当てはめながら計算してみると、合宿免許の最短期間は普通車ATの場合13泊14日、普通車MT車の場合15泊16日となります。ただし、教習所によって最短期間の目安は異なる点に注意が必要です。教習所によっては、1週間に1度の休校日を設定している、修了検定卒業検定や仮免許学科試験などを行う曜日を決めている教習所などもあります。

 

さらに、営業時間が異なっていたり夏休みや春休み期間など混雑する時期についてはスケジュールを調整していたり、教習を午後にまとめて行ったりということも多いです。最短卒業日は入校前にわかりますが、詳しいスケジュールについては、入校する日まで確認できないことも珍しくないため、検定を落ちた場合などを想定し日程には余裕を持っておきましょう。日程に余裕がなければ、学校がはじまる日や仕事のスケジュールなどと重複してしまい合宿教習所を退校しなければならないということも起こり得ます。自動車教習所での教習を終了していないにも関わらず、運転免許ローンを支払わなければならないケースも少なくありません。

 

また、自動車教習所を終了すれば運転免許証をもらえると思ってしまう人も多いですが、合宿免許では教習所から運転免許証が交付されるわけではありません。教習所を卒業したあと、住民票をおいている地域の運転免許センターへ出向き、定められた試験を合格することで運転免許証が受け取れます。1日で終わる試験ですが、運転免許センターでの試験は平日のみです。夏休みや春休みに運転免許を取得する人は、運転免許センターへ行くスケジュールも確保しておく必要があります。学校がはじまってからや、就職をしてからとなると、学校や仕事を休んで運転免許センターでの試験を受けなければなりません。


高校生でも合宿免許に行くことはできる!

高校生でも合宿免許に行くことは可能です。普通車の合宿免許の中には「入校後参加期間中に満18歳を迎えるのであればOK!」のコースも全国各地で多数開校されており、入校条件としては、修了検定までに18歳という年齢に達していること、親権者の承諾書を提出できることなどが挙げられます。年齢をはじめとする詳しい入校条件は教習所によって異なります。思い込みだけで諦めてしまわず、まずはより多くの正確な情報の収集から、ご自身がどのタイミングからの参加が可能なのかを確認される作業から着手してください。


高校生が一人で合宿免許に参加するのは危険じゃないの?

高校生が1人で合宿免許に参加することについて、危険ではないかと不安に感じる人も多いのではないでしょうか。合宿免許を扱う教習所は、所内などの治安には十分に気を配っています。具体的には、校内や宿舎の監視、警備体制を強化するなど、トラブル防止に注力する教習所が多いです。男女別の宿泊施設を設けているところが多く、セキュリティが万全な教習所も増えています。しかし、合宿免許では、実にさまざまな年齢層の人が免許を取得しに来ており、同年代の高校生もいれば大学生も多く、なかには社会人もいるのです。基本的には年上の人が多い環境で、合宿生活を送ることになります。さまざまな人がいる中で、未成年にも関わらずお酒やタバコをすすめられることも0%とは言えません。


合宿免許のメリットは、自由時間や待っている時間で、参加者や自分1人で観光をするなど楽しく過ごせることです。ただし、自分が高校生である事実や、合宿免許に参加した理由は免許を取得するためであるということを忘れないようにしましょう。合宿免許そのものが危険であるということではなく、さまざまな年齢層の人が参加をしているため、自分の意思や立場をしっかりと認識することが大切なのです。万が一、トラブルに巻き込まれる恐れがあると感じた場合には、教習所にいる指導員や仲介を行った会社へ連絡をすると、対処してくれます。


高校生が合宿免許に行く際に覚えておきたい注意点

高校生が合宿免許に行く際には、そもそも学校が教習所に通うことを許可しているかという点を確認する必要があります。学校ごとに校則は異なりますが、〇月以降であれば教習所へ通うことを許可するといった内容や、進学が決定した段階で許可するといったルールが設けられていることも多いです。さらに、普通免許が取得できるのは18歳以上という点にも、再度注目してみましょう。例えば、合宿免許では入校後7日~9日目に修了検定が行われます。修了検定とは、仮免許を取得する際に受けなければならない検定のことです。修了検定の際、18歳であることが条件となるため、合宿免許に参加できるのは18歳になる誕生日の7日~9日前が最短の日にちになります。免許に参加したいと考える時期に誕生日を迎える人は、修了検定の日にちについても確認しておく必要があるでしょう。


高校生が合宿免許を選ぶときのポイント

合宿免許を選ぶときに重視したい項目として、主に4つのポイントを紹介します。1つ目は、料金と、同時に確認すべき保証内容についてです。
合宿免許の保証内容や料金、料金の申し込みを行うタイミングに関しても、教習所によって異なります。料金については、食事代が含まれるかどうかを確認しておきましょう。3食分の食事が出る教習所もあれば、ランチのみの教習所もあるなど、プランも多種多様です。3食支給されない場合は食事代が別途現地で必要になる為、予算を考える際には食事代も含めて計算することを忘れないようにしましょう。

料金を確認する際、同時に保証内容もしっかりと確認する必要があります。合宿期間で問題なく自動車免許試験に合格できればよいですが、万が一試験に落ちてしまった際には、もう1度検定や教習を受講しなければなりません。何度も試験に落ち、延長する場合には食事や学費もかかります。料金の面だけではなく、教習所ごとに教習の検定回数や時間に上限があるケースや、保証内で受講するのであれば追加料金はかからないといった内容もあるのです。スムーズに合格できることが理想ですが、万が一のことも考え、料金と保証内容を合わせて確認しておきます。


2つ目が、自宅から教習所までの距離です。遠方の合宿所に行く場合、航空券や高速バスの往復交通費が支給されるかどうかが重要なポイントとなります。教習所では往復の交通費が費用に含まれているケースや、上限はあるものの交通費を支給するケースが多いため、支給金額などを事前にチェックしておくことが大切です。合宿免許自体の料金が安かったとしても、交通費で自己負担分が増えてしまえば総額で計算した際に高額になることもあります。

さらに、自宅から合宿免許の教習所までが遠いのであれば、入校日に出発したのでは集合時間に到着できないこともあるのです。教習所によっては前日に宿泊できるサービスを導入していることもありますが、別途料金が発生したり、宿泊すること自体を不可としていたりするケースも少なくありません。合宿免許料金と交通費に加え宿泊費もかかります。合宿免許を選択する際、免許の講習についてはプラン料金に注目してしまいがちですが、実際には交通費や宿泊費まで総額で考えて比較・検討しなければなりません。


3つ目が、宿泊施設や教習所の設備や環境についてです。合宿免許では、教習所が運営する宿と、一般的なホテルや旅館を利用する2つのパターンに分けられます。教習所が運営する宿に宿泊するパターンの方が安くなるものの、設備が整っていないケースもあるため注意が必要です。教習所の公式サイトなどで宿を公開しているところもありますが、写真と異なり非常に古い建物というケースも多いといえます。そもそも、合宿免許では、サービスや快適な環境を提供することよりも、寝泊りを目的としている宿であることを念頭におかなければなりません。学校の寮にはアットホームな良さはありますが、ホテルのような快適な設備は期待しない方がよいでしょう。

教習所とは無関係のホテルや旅館を利用する場合、口コミサイトやホームページなどから、設備が整っているかどうかを確認します。ほかにも、1人部屋か相部屋かもチェックすることが大切です。相部屋に泊まる場合、赤の他人とおよそ2週間ものあいだ同じ部屋で寝ることになります。環境に耐えられるかどうか、自分の性格から判断する必要があるのです。合宿免許で相部屋を経験した人の口コミでは、いびきがうるさく眠れなかったという人も多いため、注意しなければなりません。宿泊施設については、インターネット環境が十分に整っているかという点も重要です。合宿免許がある場所は地方が多く、インターネット環境が整っているとは限りません。

部屋で過ごす時間も多いため、インターネットを使えない環境では非常に不便だと感じる人も多いでしょう。都市の中心部や郊外であっても、必ずインターネット環境が整っているとは限らないため、スマートフォンやパソコンを手放せないという人はチェックしておきたいポイントです。加えて、免許の宿泊宿や教習所の近くに、コンビニエンスストアやスーパーがあるかなどを調べておきます。途中で必要になったり持ってくることを忘れたりなど、急遽必要になった日用品を買いに行けるような施設があると便利です。商店だけではなく、銀行や病院、郵便局なども、すぐに行ける場所にあるかという点も確認したうえで教習所を選びます。


4つ目が指導員の評判や講習内容が充実しているかどうかです。はじめての自動車免許教習には不安が伴い、実家から離れた場所で2週間過ごさなければならないとなれば、より不安も増すでしょう。不安をいだいているなかで、運転を教えてくれる指導員の印象がよくなければ、さらに不安や緊張感が増し、車を運転する楽しささえ半減してしまいます。よい指導員に巡り会えたのであれば、楽しく安心して教習を受けられるのです。指導員の評価は教習所にとっても重要なポイントであるため、指導員の写真をホームページに載せ、自己紹介文などを掲載しているケースも目立ちます。合宿免許を選ぶ際にはさまざまな比較方法がありますが、口コミサイトなどを活用して、合宿免許を行う教習所の評判を確認する方法が有効です。

口コミサイトに投稿されている内容は、主に指導員に対するものが多いため、役に立ちます。また、技能講習で使用する車が新車かどうかという点もポイントです。古い車は運転しにくく、技能講習で古い車を使用すると運転の楽しさや快適さが実感できないため、折角免許を取得しても積極的に運転しようと思えなくなってしまう人もいます。指導員の評価と同時に、使用する車種についてもチェックしましょう。一般的に、評判がよく合宿免許に参加する人が多いところであれば、新しい車を導入しているケースが多いです。


学生でも利用できる運転免許ローンがある!

高校生でも利用できる運転免許ローンはあるため、金銭面で不安がある場合は運転免許ローンを利用して合宿免許に参加することが可能です。学生向けの、支払開始月を先延ばしにできるプラン「スキップローン」もあります。ただし、来春に卒業予定の最終学年の人しか申し込めません。いずれの場合も、申し込み時には親権者の同意が必要です。家族と相談したうえで、ローンを上手に活用しましょう。


高校生こそ合宿免許がおすすめ!

合宿免許であれば、短期間で免許を取得できます。高校生は、春休みや夏休みなど長期休暇もあるため、合宿免許で取得する方法が有効です。よい教習所を選ぶためのポイントもチェックして、快適な環境でスムーズに免許を取得することを目指しましょう。

 

学生におすすめの教習所一覧はこちら!

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top