合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許には人数制限がある!空き状況を確認する方法

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許には人数制限がある!空き状況を確認する方法

合宿免許には人数制限がある!空き状況を確認する方法

車を運転するには、運転免許証の取得が欠かせません。ただ、運転免許証の取得は数カ月かかることもあるため、「ゆっくり通う時間がない」と諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。そんなときは、泊まり込みで集中的に教習が受けられる「合宿免許」を利用すると便利です。今回は、合宿免許に興味を持っている人のために、合宿免許の基本的な知識をはじめ、申し込みから入校までの流れや合宿免許の選び方などについて解説していきます。


合宿免許は定員制!


合宿免許とは、特定の宿泊施設などに一定期間泊まり込み、運転免許証取得のために必要な知識やスキルを学ぶことを指します。合宿免許を取り扱う自動車教習所などによっても内容は異なりますが、普通車ATなら最短14日で免許取得が可能なところが多いです。宿泊している間は丸一日免許取得のための教習に費やせるため、一般的な通学スタイルと比べると知識やスキルの習得がずっと早く進みます。しかも、合宿免許では入校から卒業までのカリキュラムを自動車教習所がすべて管理してくれます。自分で教習の予約をとる手間もかかりませんし、つい怠けて通学しなくなり、カリキュラムが進まないという心配もありません。

メリットの多い合宿免許ですが、希望すれば必ずしも利用できるとは限りません。合宿免許は「定員制」が一般的であり、「入校枠」という1日に入校できる人数の上限が決められている自動車教習所が多いです。「この自動車教習所の合宿免許を利用したい」と思っていても、希望する日の入校枠がすでに定員に達していれば利用することはできません。これは、自動車教習所ごとに指導員の人数や教習時限数、宿泊施設などに限りがあるためです。希望日ギリギリになって申し込むと定員に達している可能性が高くなるので、利用したい自動車教習所がある場合はできるだけ早めに申し込むようにしましょう。


3名以上のグループでも申し込みは可能?


仲の良い友人同士、一緒に合宿免許を利用できるのか気になる人も多いでしょう。合宿免許では、自動車教習所が指定する宿泊施設にしばらく泊まり込むため、自分だけで利用するのはつまらないと感じるのも無理はありません。結論からいえば、3名以上のグループでも合宿免許に申し込める自動車教習所は全国にいくつもあります。むしろ、多くの人が申し込んでくれたほうが利益につながるため、グループ割引などのキャンペーンを実施して積極的に受け入れている自動車教習所も珍しくありません。

ただし、申し込む人数が多くなればなるほど、希望どおりの形で入校できる可能性が低くなってしまいます。まず、グループ全員が同じ部屋に宿泊できる自動車教習所は全国的にも数が限られているため、すぐに満室になりやすいです。それぞれ個室になったり、部屋ごとの人数が偏ったりして、せっかくグループで申し込んだのにあまり一緒にいられないという可能性もあります。また、グループ全員が同じ日に入校するためには、定員に十分な空きが必要です。希望日の入校枠が足らなければ、ほかの日にしたりグループを分散させたりしなければなりません。グループでの入校や同室を希望する場合は、早めに予約をしておくことが大切です。


知っておくべき空き状況の確認方法


学校や仕事の関係上、合宿免許に申し込める期間が限られている人も多いです。このような場合、まずは自分が希望する日の入校枠に空きがあるか確認しなければなりません。空き状況の確認は、自動車教習所に直接問い合わせる方法のほか、合宿免許の仲介業者にメールや電話などで問い合わせるという方法もあります。希望日に空きがあるかというのはもちろん、問い合わせ時点でどの入校日なら空きがあるかということも教えてくれるので便利です。希望日に空きがあれば、仲介業者に依頼してそのまま入校日の予約をとることもできます。

もし入校日に空きがあっても、状況によってはすぐに埋まってしまう可能性もあります。このため、グループで申し込む場合など、問い合わせた後に「いつ申し込む?」とのんびり話し合うのはやめましょう。問い合わせた段階ですぐに予約できるよう、グループ全員の予定をあらかじめ確認しておくとスムーズに進みます。


いつごろまでに空き状況の確認をするべき?


希望する入校日が決まっているいないにかかわらず、空き状況の確認はできるだけ早めに行いましょう。一般的に、自動車教習所は大学生などが長期の休みを迎える時期に繁忙期となります。2~3月の春休みや7月~9月の夏休みには免許の取得を目指す学生が増えるため、この時期になると自動車教習所だけでなく合宿免許の仲介業者まで毎日予約の連絡が殺到するようになります。料金が安い入校日や人気のある自動車教習所などは、あっというまに定員に達してしまうため注意しなければなりません。どうしても繁忙期に入校したい場合は、どんなに遅くとも2~3カ月前までには空き状況を確認し、希望日に空きがあればその場で予約しておいたほうが良いでしょう。

もし、希望する入校日がすでに埋まっていたとしても、すぐに諦める必要はありません。直前で都合が悪くなってキャンセルする人が出る可能性もあるため、こまめに合宿免許の仲介業者に問い合わせて空き状況を確認しておきましょう。長期の休暇以外は閑散期となり、合宿免許も繁忙期ほどは混雑しません。比較的スムーズに予約がとれる可能性が高いため、希望する入校日の1週間前に空き状況を確認しても間に合うケースが多いです。繁忙期は3~4カ月前、閑散期は1~2週間前を目安として、合宿免許の仲介業者に問い合わせると覚えておきましょう。


相部屋の方が予約をとりやすい


合宿免許では、教習が終わると宿泊施設に泊まることになります。このとき、シングルルームやツインルーム、相部屋などさまざまなタイプの中から希望する部屋を選択します。自動車教習所によって選択可能な部屋のタイプは異なりますが、一般的にはシングルルームやツインルームの数は多くありません。相部屋と比べると部屋数が少ないため、長期休暇の繁忙期以外でもすぐに予約が埋まってしまうケースが多いです。シングルルームやツインルームを希望する場合は、4ヶ月以上前には予約しておいたほうが良いでしょう。

一方の相部屋は、シングルルームと比べると数が多いので予約が取りやすい部屋プランです。2週間近く見ず知らずの人と一緒に生活することになるため、プライベートを重視する人や人見知りの人などは敬遠しがちです。空きがあるケースが多いため、希望する入校日でも予約は比較的とりやすいでしょう。相部屋はたしかにプライベート感はありませんが、同じ目標を持つ他人と親交を深められるチャンスでもあります。新しい友人をつくるきっかけにもなるので、大学や職場以外につながりが欲しい人などはあえて相部屋を選ぶのも楽しいでしょう。ただし、グループの申込などがあれば予約が埋まってしまう可能性もあるため、のんびりしているのは危険です。希望する入校日が決まっている場合は、なるべく早く予約しておきましょう。


早割をうまく活用するのが得策!


自動車教習所によっては、希望する入校日のかなり前から予約を入れられるところもあります。「早く予約すると予定が変わったときに困る」と思うでしょうが、早めに合宿免許を予約すると「早割」というサービスが適用されるケースもあるのです。早割とは早期割引制度のことで、一般的には入校日の2カ月前までに予約した場合や、繁忙期の入校時期において指定された日までに予約した場合などが対象となります。一定割合で教習料金が割り引かれ、よりお得に免許を取得できるのです。

実際に早割を実施しているか、どれくらい安くなるのかは各自動車教習所によって変わります。早割だけでなく、学生割引やグループ割引、紹介割引などさまざまなキャンペーンを実施しているところもあり、それぞれ併用できるケースもあります。うまく活用すれば普通に申し込むよりずっと安く合宿免許を利用できる可能性があるので、早割の有無で自動車教習所を選ぶというのも一つの選択肢です。少しでも節約しながら免許を取得したい人は、自動車教習所や合宿免許の仲介業者に問い合わせるなどして早割キャンペーンの詳細を確認しておきましょう。申し込み期日や条件などを確認し、忘れないうちに予約しておくのがポイントです。


事前に知っておきたいお申込みから入校までの基本的な流れ


合宿免許を利用する場合、申し込みから入校までの流れを把握しておくことも大切です。まず、希望する自動車教習所を探すことからはじめましょう。自分の都合だけでなく、自動車教習所の特色などもしっかりチェックして総合的に判断します。自分で選べないときは、合宿免許の仲介業者に相談してみましょう。プロの目で、自分に最適な教習所を紹介してもらうこともできます。

好みの自動車教習所が見つかったら、いよいよ申し込みを行いましょう。まずは空き状況の確認をして、問題なければそのまま申し込みへと進みます。仲介業者を利用する場合、空き状況の確認まで業者が行ってくれるので便利です。基本的には、電話やインターネットなどから仮申し込みを行います。電話の場合、その場で部屋を確保した後、名前や住所などの必要項目を確認し申込が完了します。教習所によっては、あらためて申込書に記入して提出しなければならないケースもあります。返送書類が必要な場合は、自動車教習所や仲介業者で申込内容の確認が終わると正式な入校書類一式が自宅などに郵送されてくるので、正しく記入しましょう。

書類の提出と同時に、合宿免許料金の支払いも必要です。指定期日までに支払わないと予約が取り消されてしまうので、忘れずに支払い手続きを済ませておきましょう。支払い方法は、金融機関への振込や運転免許ローン、クレジットカードなどさまざまなタイプがあります。自動車教習所や仲介業者によってどの支払い方法が可能か異なるので、事前によく確認しておきましょう。支払いが済めば、必要な申し込み手続きは完了です。

あとは、自動車教習所からの指示に従い、指定された日時に集合場所に集まりましょう。教習所に直接集まるケースもあれば、指定の場所に担当者がスクールバスで迎えに来てくれるケースなどもあります。このとき、遅刻は厳禁です。入校日初日からカリキュラムがスタートする教習所も多いため、集合時間に遅れると当日の入校に間に合わなくなる可能性もあります。スケジュールがずれたり料金が変わったりするおそれもあるため、遅刻しそうな場合は自己判断せず必ず教習所に連絡を入れるようにしましょう。


失敗しない合宿免許の選び方


合宿免許は、一度入校すれば簡単には中止することはできません。入校後に不満が見つかったとしても、我慢して続けるしかないケースが大半です。2週間近くかかることが多い合宿免許では、不満を抱えたまま続けるのは大きなストレスになりますし、モチベーションが上がらず教習がなかなか進まないおそれもあります。このように失敗しないためにも、合宿免許の選び方は十分に注意しなければなりません。

失敗しない選び方のポイントには、まず料金内容と保証内容を確認することが大切です。何にいくらかかるのか、キャンセル料は発生するか、合格できず教習が延びてしまったときにどこまで保証してくれるのかなど、事前に詳しく確認しておきましょう。また、キャンペーン情報も要チェックです。早割などの各種割引制度やイベントなど、お得に免許を取得できるサービスが充実しているかは大きなポイントになります。

さらに、宿泊施設は自分のライフスタイルに合っているか、自動車教習所の場所はどこか、交通費は負担してもらえるのかなどもしっかりチェックしておきましょう。合宿免許の期間を快適に生活するために、宿泊施設の周辺に、コンビニやATM、ドラッグストアなど生活に困らない環境が整っているかも確認が必要です。これらを事前に確認しておけば、自分に合った満足度の高い合宿免許を選べるようになるでしょう。


予約をスムーズに行うためにも空き状況は早めに確認しよう


短期間で運転免許証が取得できる合宿免許は、忙しい人や効率を求める人を中心に高い人気を誇っています。思い立ったら必ず利用できるわけではないので、事前に空き状況を確認してスムーズに予約することが欠かせません。合宿免許のサービス内容は自動車教習所により実にバラエティ豊かなので、人気のあるところはあっという間に予約が埋まってしまう可能性もあります。このため、希望の入校日や気になる自動車教習所が見つかったら、できるだけ早く予約することが大切です。合宿免許専門の仲介業者やウェブサイトなどをうまく活用し、自分に合う合宿免許を選ぶようにしましょう。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top