合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>1人合宿免許のメリット - 参加する前に知っておきたい疑問や不安を解決!

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

1人合宿免許のメリット - 参加する前に知っておきたい疑問や不安を解決!

1人合宿免許のメリット - 参加する前に知っておきたい疑問や不安を解決!

車の免許を取得するには、お金も時間もかかります。できるだけ費用を抑えながら、効率よく取得したいと考えている人もいるでしょう。そんなときに役立つのが免許合宿です。合宿なら通学よりも短期間で卒業できます。シーズンオフを狙えば大幅に費用を節約できるので、一人で免許合宿に参加する人も多いです。そこで、免許合宿を検討している人のために、一人参加の割合やメリットやデメリット、お部屋のタイプの選び方などを説明します。


免許合宿に一人で参加する人はどのくらいいる?

免許合宿に一人で参加する人は、教習所の場所や時期によって異なります。しかし、4~6割程の生徒は一人参加です。春休みや夏休みなどを除くオフシーズンには、一人参加が9割にも及びます。このように、一人で免許合宿に参加している人は意外に多いです。「免許合宿はグループでわいわい行くもの」というイメージを持っている人も、心配する必要はありません。

免許合宿は友達と一緒に通えたり、新しい友達ができたりするだけでなく、短期間で免許を取得できて、費用を安く抑えられるというメリットもあります。免許合宿は普通車ATなら14日間、普通車MTなら16日間程度で卒業することも可能です。しかし、地元の教習所に通う場合は、入学から卒業まで短くても1カ月はかかってしまいます。また、免許合宿の費用には教習料金だけでなく、食費や宿泊料も含まれており、非常にお得です。教習所によっては、卒業まで追加料金が発生しない制度もあり、安心して延長ができます。一方、教習所に通う場合は延長するほどお金がかかるため、再受講を重ねるうちに予算をオーバーしてしまうおそれがあるのです。

また、通学だと毎回自分で授業の予約をとる必要があります。しかし、時間帯や曜日によっては生徒が集中してしまい、予約をとるのが困難です。キャンセル待ちをしても、希望した時間に必ず授業が受けられるとは限りません。あまりに予約がとれないと、教習所から足が遠のいてしまい、いつまで経っても卒業できないということもあるでしょう。免許合宿ならあらかじめ時間割が決まっているので予約をとる必要がなく、確実に授業を受けられます。短期間のうちに実技講習、仮免許試験、修了試験と立て続けに運転する機会があるので、勘が鈍ってしまうこともありません。通学で挫折してしまった人が、合宿に切り替えて無事に免許を取得するケースもあります。


みんなが一人で免許合宿に参加した理由

一人で免許合宿に参加する理由は、人によってさまざまです。一人のほうが気楽というもいれば、友達と一緒だと予定を合わせるのが大変だから、あえて一人で来たという人もいます。学生なら、春休みや夏休みなどの長期休暇に合わせて、友達同士で合宿に行くことも可能です。しかし、料金の安いオフシーズンを狙う場合、必ずしも友達と予定が合うとは限りません。また、社会人になるとまとまった休みが取りにくく、友達同士で行くのはさらに難しくなってしまうでしょう。

知らない土地に行ってみたいという理由で、あえて地元の教習所よりも免許合宿を選ぶ人もいます。免許取得を目指しながら旅行気分も味わえるのは、免許合宿ならではのメリットです。教習所によってはマリンスポーツやウインタースポーツを楽しめるところもあります。交通費が支給される教習所を選べば、交通費を節約するかわりに、現地でのアクティビティやお土産にお金を使うことも可能です。オフタイムも充実させたい人は、教習所を選ぶときに、周辺の施設や環境にも注目してみましょう。

新しい人との出会いを楽しみにしている人や、普段と違う毎日が楽しそうという理由で免許合宿を選ぶ人も多いです。教習所では生徒同士が交流できるようイベントを設けている場合もあります。生徒同士で仲良くなれたら、教習所内の娯楽施設を利用して、さらに仲を深めていくのも良いでしょう。教習所によっては、カラオケやマッサージなどの娯楽施設が充実しているところもあります。


意外と最高?免許合宿に一人で参加するメリット

免許合宿の一人参加には、グループで参加するときとは違ったメリットがあります。免許合宿は知らない土地や知らない人と出会う格好の機会です。教習所がある土地について勉強したり、現地で出会った人の話を聞いたりすることで、知識や価値観が広がります。免許合宿の参加者は年齢や職業もさまざまです。遠くからたくさんの生徒が集まるため、出身地や住んでいる場所もそれぞれ異なります。たまたま近くに住んでいる人に出会うこともあるでしょう。プランによっては、一人で参加しても複数人の部屋になる場合があるため、その場で仲良くなってワイワイ過ごすこともできます。免許合宿がきっかけで、教習所を卒業した後も連絡を取り合っているという人も珍しくありません。

一人で参加すれば自分の時間が確保しやすいので、勉強に集中できます。友達と一緒に参加すると、自由時間の過ごし方や食事、入浴のタイミングも、ある程度合わせなければいけません。しかし、一人なら食事をとる時間も、入浴する時間も自由に決められます。浴室がある個室を選べば、入浴するときも周りに気を使う必要がありません。ゆったりとくつろぎながら勉強をしたり、オフタイムを楽しんだりできます。

また、友達と一緒に参加する場合は、予約を入れる際も話し合って決めなければいけません。しかし、春休みや夏休みなど、混み合う時期は即決しなければ予約が埋まってしまう可能性があります。一人で参加する場合は、自分のスケジュールさえ合えばいつでも予約ができるので、スムーズに入校が可能です。

友達に気を使わなくてもいいというメリットは、教習中にも発揮されます。たとえば、修了検定で自分だけが受かって、友達が落ちてしまった場合、お互いに気まずくなってしまうでしょう。逆に、友達が受かって自分が落ちてしまったときは、「早く追いつかないと」と気持ちが焦って、かえって試験に集中できなくなってしまう可能性もあります。しかし、一人で参加していれば、周りと教習の進度が違っても気を使う必要がありません。教習でも試験でも、しがらみにとらわれることなく、自分のペースで進められます。


やっぱり寂しい?免許合宿に一人で参加するデメリット

一人参加にはメリットもあれば、デメリットも存在します。まず、教習中に分からないことや不安なことがあっても、気軽に相談できる相手がいません。教習所の規則や時間割などは施設によって異なります。そのため、事前にどれだけ情報を集めていても、実際に行ってみると分からないこともあるでしょう。そんなとき、友達と一緒ならお互いに相談したり調べたりして問題を解決できます。しかし、一人で参加している場合、教習所の中で友達ができるまで、問題は一人で解決しなければいけません。

女性が一人で参加している場合、ナンパ目的で声をかけられる場合もあります。万が一、嫌な思いをすることがあれば、そのときは我慢せずに指導員に相談しましょう。教習時でもトラブルが起こらないようさまざまな対策をとっているため、必要以上に心配する必要はありません。女性専用の教習所や、女性と男性の宿泊場所が離れている教習所もありますので、しっかりと下調べをして考えて行きましょう。セキュリティなどの確認はとても重要です。どうしても心配ならば、やはり仲間と行くことをおすすめします。

また、自由時間や食事中、観光中も一人になることが多いです。一人で行動できたほうが気楽で良いという人でも、ずっと一人の時間が続くと寂しくなることもあるでしょう。教習所では朝から晩までずっと授業が入っているわけではありません。実技は第一段階なら2時限、第二段階なら3時限、学科は3~4時限ほどです。しかも、立て続けに授業があるとは限らないので、授業の合間に空き時間ができることもあります。教習所に慣れないうちは時間を持て余すこともありますが、友達が増えてくれば寂しさも感じなくなってくるでしょう。


こんな人は積極的に一人参加しよう!

免許合宿への一人参加はメリットも多いですが、誰でも楽しめるとは限りません。性格によって向き不向きがあります。まず、初対面の人ともすぐに打ち解けられるかどうかは、重要な要素です。一人なら周囲に気を使う必要がないとはいえ、誰とも関わらずに教習を受けるわけにはいきません。特に、同期生とは授業で顔を合わせる機会が多くなります。もちろん、人見知りをしない人でも、合宿に参加するにあたり心配事はあるでしょう。しかし、不安や恐怖心よりも「知らない場所に行ってみたい」「新しい友達ができるかも」といった楽しみが勝るのであれば、一人参加でも楽しめる可能性は高いです。

周囲の進度を気にせず、一人で勉強に集中したい人も向いています。初めて教習所に行く人は、授業でどんなことを習うのかもよく知らない状態です。自分が車の運転に向いているかどうかも分からないでしょう。人によってはスムーズにいかない可能性もあり、必ずしも友達と同じタイミングで卒業できるとは限りません。そのような状況をプレッシャーに感じる人は、一人で参加したほうがのびのびと過ごせます。

また、一人で観光をしたり、食事をとったりすることに抵抗がない人なら、合宿中も充実した時間を過ごせるでしょう。基本的に同じ日に入校した人は、同じペースで授業が進んでいきます。そのため、教習所のイベントや近隣の観光を通じて友達ができる可能性も高いです。新しい友達との出会いや交流を深める時間も、免許合宿の醍醐味です。


免許合宿への一人参加が向いていないのはこんな人

一度免許合宿に参加すると、基本的には卒業するまで帰れません。事情がある場合は途中でリタイアもできますが、どの程度返金されるかは教習所によって異なります。たとえ返金されても、教習所で費やした時間は戻らず、非常にもったいない思いをするでしょう。そのため、教習所に行く前に、自分が一人参加に向いているか見極めることは重要です。

まず、ホームシックにかかりやすい人や、一人で知らない地域に行くのが不安で仕方がないという人は、一人参加は避けたほうが良いでしょう。知らない土地に一人で行って、半月以上滞在するのは滅多にない経験です。しかし、気軽に話せる友達がいないため、どんどんホームシックが募ってしまいます。気分転換のために観光に行っても、一人で行動しているうちに、余計に寂しくなってしまうでしょう。ずっと気分が沈んだ状態では、授業へ向かうモチベーションもなかなか上がりません。ただし、実際に行ってみないとホームシックにかかるか分からないという人もいるでしょう。そのような場合は、無料Wi-Fiなどのインターネット環境が整っている教習所を選ぶと便利です。インターネットを利用して動画を見たり、家族や友達と連絡をとったりすることで、気を紛らわせることができます。

身の回りのことを自分でできない人も苦労するでしょう。免許合宿の宿舎は、ホテル以外にも学校寮を利用することも多く、寮の場合はホテルのようなサービスを提供してくれるわけではありません。部屋の片づけや洗濯など、身の回りのことは基本的に自分でする必要があります。相部屋の場合は、自分が困るだけでなく、周りにも迷惑をかけてしまうでしょう。

また、授業に間に合うように毎日起床し、一日のスケジュールを管理しなければいけません。なぜなら、遅刻をして教習に穴を空けてしまうと、キャンセル料と追加教習費用が発生するからです。何度も寝坊を繰り返すと、あっという間に予算をオーバーし、合宿を続けるのが難しくなってしまうおそれもあります。体調を崩して授業を欠席した場合も同様に追加費用が発生するため、自己管理は非常に重要です。


タイプ別!相部屋とシングルルームはどちらがおすすめか

免許合宿の宿舎には、相部屋とシングルルームがあります。どちらにするべきか迷ったときは、合宿期間中の過ごし方を考慮したうえで選ぶのがおすすめです。相部屋はトイレやバスルームなどの設備が共同利用になります。同室の人はもちろん、他の参加者とも友達になれる可能性が高いです。料金も安いので、できるだけ費用を節約したい人や、免許取得を目指しながら友達も増やしたいという人にぴったりです。 シングルルームは相部屋よりも料金が高めですが、設備を一人で使えます。入浴するタイミングや寝るタイミングも自分の好きなように決められるので、合宿中も自分のペースを崩さずに生活できるのが特徴です。教習後は一人でゆったり過ごしたい人や、プライベートな時間を大切にしたい人はシングルルームを選ぶと良いでしょう。

 

まずは資料請求からはじめよう!

教習所の環境や宿舎の設備は、施設によってそれぞれ異なります。女性専用の教習所や、海や山が近い教習所など、メリットや特徴はさまざまです。娯楽施設が充実している教習所もあれば、生徒同士が交流する催し物を行っている教習所もあります。教習所選びに迷っている人は、まず資料請求をして情報を集めるところから始めてみましょう。

 

免許合宿の資料請求はこちら

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top