合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許の相場って?安い理由とおすすめの時期を解説!

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許の相場って?安い理由とおすすめの時期を解説!

合宿免許の相場って?安い理由とおすすめの時期を解説!

短期間で免許を取りたいと考えている人であれば、合宿免許という選択肢を一度は考えるのではないでしょうか。ただ「安いけど何だか不安…」そう考える人は多いと思います。教習費用の他に、交通費や宿泊費、食費などが加わっても安くなるのはなぜでしょうか。
教習所は、何も赤字を出す覚悟で経営をしているわけではありません。料金を安く設定しても利益を得られるため、合宿プランを提供しているのです。また、実は合宿免許にかかる金額は1年中同じではなく、時期によっては低価格になっていたり、キャンペーンを行っていたりとお得になることもあります。今回は合宿免許の価格面にフォーカスして解説します。


そもそも合宿免許の料金に含まれるのは何?

旅行会社のプランで旅行に行く際などには宿泊費や食事代など、何が料金に含まれているのかを事前にチェックする必要があります。これは合宿免許にも当てはまることです。事前の情報収集が不十分だったばかりに予想していた額を大幅に超えてしまった、というのもありえることです。一般的に通学よりも料金が安く済むといわれている合宿免許ですが、具体的にどのような内容となっているのでしょうか。もちろん、各教習所によって違いはありますが、基本的には下記の5つとなっています。 
・教習料 
・宿泊費用 
・食事代(食事付きのプランの場合) 
・交通費の補助料金 
・保証料 

料金のうち一番大きな割合を占めるのが教習料です。通学だと料金のほぼすべてをこの教習料が占めることになります。そこまで多いケースではありませんが、超過料金を払わなければならないこともあります。宿泊費用は費用のなかでも差が出やすいポイントです。宿泊場所が寮なのか、もしくは旅館やホテルなど外部の施設なのかによって大きく金額が変わります。また個室なのか相部屋なのかというところも、値段に差がつきます。食事代はプランによって付いているものとそうでないものの2種類があります。美味しい食事を売りにしている合宿プランもあるので、「せっかく遠くに行くのだから美味しい料理が食べたい」という人にはおすすめです。食事なしのプランでは、自炊設備があれば自炊を、なければ外食ということになります。 

合宿免許を取り扱っている教習所は、生徒の最寄駅から教習所までの交通費を補助してくれることがほとんどです。これにより、遠隔地に住んでいる人も免許合宿に行きやすくなっています。 試験に落ちたり教習の時間が規定を超過してしまったとしても、料金を支払わずに教習を続けられるようにしてくれるのが保証料の役割です。保証のない代わりに安く提供されているプランもありますが、もしものことを考えるとやはりあったほうが安心かもしれません。


現地で必要になる費用は?

上記の金額に加えていくらかの費用も現地で必要になってきます。具体的には下記の3つです。 
・仮免許関連の費用 
・食費(食事なしのプランの場合) 
・生活用品などの雑費 
仮免許の取得や発行のために必要な費用は、仮免許学科試験受験手数料1回につき1,700円と仮免許証交付手数料1,150円です。また費用を節約するために食費なしのプランを選ぶ場合にも、自炊する手間や食材調達のための周辺環境などを見極めなければ、結果的に食事付きのプランと同じ費用がかかる可能性があります。加えてコンビニエンスストアやスーパーのお弁当で食事を済ませようと思っていたのに、近くにお店がまったくないということも考えられます。実際に行ってから気付くなどということがないように、事前に教習所と宿泊所の周辺を下調べしておきましょう。


合宿免許のおおまかな相場は?

相場でいうと、2週間〜3週間の合宿で普通自動車ATが200,000円〜220,000円程度、普通自動車MTが220,000円〜240,000円程度(閑散期)となっています。ただ、この金額はあくまでも平均的な値で、シーズンごとに少し変化があります。また、普通自動車AT、普通自動車MTのどちらとも食事が含まれているプランとそうでないプランがあるので、注意が必要です。安いシーズン・教習所を最短で卒業するとすれば160,000円台から受講できる合宿免許のコースもあります。それに対し通学を選ぶ場合には、3カ月の通学で平均的に300,000円ほどかかってしまうことが多いようです。やはり絶対的な安さでいうのであれば、自由度は低くなるものの合宿免許の方が、通学よりも強みがあるといえるでしょう。 


では、合宿免許が比較的安価に料金を設定できる理由は何でしょう。合宿免許には宿泊費諸々入っているのになぜかと思う人も多いかもしれません。この理由は下記の4つにまとめられます。 

・短期間の卒業が可能である

・教習所側がスケジュールを組むことでたくさんの生徒を受け入れできる

・空いている時期に教官が余ってしまうことを防げる(安い料金設定にすることで多くの参加者を募っている)

・教習所が地方にあることが多い


安い時期は春から夏の間

合宿免許に安い時期と高い時期があるのは、単純に需要と供給の問題です。これはホテルや旅館などの宿泊料金と同じシステムと言えるでしょう。たとえばホテルや旅館の宿泊料金は、土日祝日が高めで平日は安く設定されています。これは土日祝日に比べて平日は宿泊客が減るためです。平日の料金を安くすることにより宿泊客を確保しようとしているのです。これと同じ理由で、合宿免許も取得する方が少ない時期には料金が安くなります。

学生が多く集まる傾向にある合宿免許は、学校が長期休みの時期、つまり2〜3月と7〜9月が最も混み合う時期であると言われています。特に2〜3月に関しては、4月の就職を控えた学生たちが駆け込みで合宿免許を利用することが多いため、大変混雑します。
合宿免許が最も安くなる時期は、4月の後半から7月の前半です。学生の長期休暇がない5〜6月と10月〜11月がいわゆる閑散期と言われています。年度が変わって新生活をスタートさせている方も多いため、合宿免許へ参加する時間を取れないのでしょう。また、6月は梅雨の時期であることも関係しているかもしれません。
この時期を少し過ぎて夏休みに入ると、夏休み中に免許取得を目指そうと考える方で合宿免許も非常に混み合います。この時期は料金が高くなるため、夏休み突入前に取得できるよう計画を立てると良いでしょう。
また、10月から11月も大型の休みが少ないため比較的安くなるようです。他にも、教習所の所在地が雪国の場合は、路面の状態が悪くなる12月に料金を安くすることもあります。

混み合っている中で教習を受けるのが嫌な方は、このような時期を狙うとよいでしょう。
 

オンシーズンとオフシーズン、どのくらい料金が違うのか

合宿免許では、安い時期のことをオフシーズンと言い、混み合う時期をオンシーズンと呼びます。このオフシーズンとオンシーズン、実際にどのくらい料金に差が出るのでしょうか。
料金はプランや教習所によっても異なりますが、オンシーズンの場合20万円から30万ほどかかります。対してオフシーズンの場合は16万ほどの料金で取得可能なところもあります。オフシーズンとオンシーズンでは大体5万円から10万円ほどの違いがあるのが一般的です。
また、オフシーズンは割引キャンペーンも多く、キャンペーンを利用することでさらに安くできる場合があります。ただし、混み合っている時期でも長期休み限定の割引プランを利用すれば、お得に参加できることもあります。教習所によっても差があるため、自分のスケジュールを考慮しつつ、まとまった休みが取れる期間のなかで一番リーズナブルに抑えられる時期を選ぶようにしましょう。


安い時期に合宿免許を利用するメリット

合宿免許が安い時期には、様々なメリットがあります。そもそも安いこと自体がメリットですが、それ以外にも混雑しているときには得られない利点がいくつかあります。それは参加申し込みが容易なこと、追加料金がかからないこと、割引キャンペーンが多いことの3つです。
合宿免許が安い時期は、基本的に閑散期です。合宿免許へ参加する人数が少ないため、希望の日程を予約しやすくなっています。キャンセルが出たら即埋まっていくオンシーズンと違い、余裕を持って申し込みができます。また、混雑時は宿泊施設で一人部屋を利用した場合に追加料金を取られることもありますが、オフシーズンであれば追加料金なしで利用できることも多いようです。
そして、オフシーズンは合宿免許に参加する人数を確保するための割引キャンペーンが多く行われる時期でもあります。

閑散期に参加することは、費用を安く抑えることが出来るだけでなく、静かな雰囲気の中で免許取得のための勉強に集中できることもメリットの一つと言えるでしょう。
 

どのような合宿免許取得キャンペーンがあるのか

合宿免許取得キャンペーンの内容はさまざまで、それぞれの教習所で工夫して行っています。

特に多いのは、早く申し込めば安い料金で参加ができる早割制度です。学割を適用しているところも多く、学生が通いやすいよう配慮されています。他にも、グループで申し込むと安くなるグループ割や、インターネットから申し込むと安くなるWeb割、女性の場合には女子割などのキャンペーンを利用できることもあります。周辺施設の利用券などをセットにしたお得なプランを提供している教習所が増えるのも特徴です。閑散期に行われるキャンペーンを利用すれば、繁忙期と比べると7〜8万円ほど安くなるというケースが多く見られます。入校日が指定されてしまうケースも多くありますが、都合さえ合えばかなりお得です。


例えばWeb割の場合、Webサイトからの申し込みは、電話での申し込みに比べると受け入れ側の作業が非常に楽になります。電話だと応対するスタッフを設ける必要もあるため人件費が多くかかってしまいますが、Webサイトでの申し込みの場合は空いているスタッフがその都度チェックして対応することができるため、その分人件費を抑えることができます。人件費がかからない分、免許取得の料金を安く設定できるというわけです。申し込む側としても時間を気にせず申し込みができるというメリットがあります。

キャンペーンを併用できるかどうかチェック

教習所によっては、すべてのキャンペーンを併用することができるところもあるため、ますますリーズナブルになります。しかし、逆にキャンペーン併用不可のところもります。そうした場合は最も割引率の高いキャンペーンを選んで利用するようにしましょう。






値段が高くなりやすいプランとは?

どんな教習所でもほぼ確実に値段が高くなってしまう選択肢、というものがあります。例えば、下記の3点などがその典型といえるでしょう。 
・普通自動車MTの免許を取得するプラン 
・豪華なホテルを利用するプラン 
・部屋を貸し切りにするプラン 
普通自動車MTの免許の教習を受ける場合には、普通自動車ATの教習と比べて10,000円~30,000円ほど料金が高くなってしまいます。また豪華なホテルを利用するプランを選ぶと、約10,000円〜20,000円上乗せされる場合が多いです。比較的安く済む相部屋のプランではなく部屋を一つ貸し切るプランを選ぶ際にも同様に、10,000円〜20,000円ほど値段が上がることになります。 

なるべく費用を安く抑えたいとはいえ、部屋に関しては安ければなんでもいいというものではありません。2週間以上滞在する場所になるので、快適さも考慮しなければなりません。教習での勉強効率を上げるためには、なるべく教習以外の生活でストレスを溜めないことも重要なポイントです。生活の質と出費のバランスをよく考えて選ぶと良いのではないでしょうか。


値段を抑えるためのポイント

どうせ合宿で免許を取るのなら、なるべく出費を安く抑えたいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで、これまで見てきた免許合宿の相場の仕組みを踏まえ、押さえるべき5つのポイントをお伝えします。1つ目のポイントは、食事なしのプランにすることです。3食分の食費は、2週間以上ともなると1食の少しの差が大きな出費の差につながります。そこで自炊をして食費を削るというのもひとつの選択肢ではないでしょうか。また食事なしとはいっても、昼食は支給し、朝食と夕食はなしという教習所も多いので、手間がかかりすぎるということはないでしょう。料理に自信がある人や少しでも出費を抑えたい人には、食事の付いていないプランをおすすめします。 ただし自炊設備のない施設もあるので要注意です。

2つ目のポイントは、個室ではなく、相部屋のプランにすることです。多くの教習所は、値段が安い相部屋のプランを提供しています。一人の時間が減るといったデメリットもありますが、気の合うルームメイトであれば思い出に残る合宿になるでしょうし、値段も万単位で違うことがあります。特に気にならないのであれば、相部屋プランが最適かもしれません。 

3つ目のポイントは、安い値段で提供している教習所を選ぶことです。日本各地には合宿免許の教習所が何百とあります。もちろん地域や施設によっても値段が大きく変わってきます。幅広い値段設定でプランを提供している教習所もあるので、一つのプランが高いからといって他のお得なプランを見逃してはいけません。まずはしっかり情報を集めることから始めましょう。 

4つ目のポイントは、割引を活用することです。一般の旅行へ行く際に、早割やグループ割のおかげで旅行パックの値段が大幅に下がるというのは珍しいことではありません。同じように免許合宿にも早割やグループ割、学割など、さまざまな種類の割引が用意されています。

5つ目のポイントは、できるだけ早くからに準備や申し込みをすることです。安くていい合宿免許のプランは、当然公開されてからすぐに定員に達してしまいます。さらに、早い時期に申し込めば早割が適用されるプランもあります。情報収集にも時間がかかるので、ネットやパンフレットで調べるなどの準備を始め、決めたらすぐに申し込むようにしましょう。コストパフォーマンス良く合宿免許を取るにはこれら5つのポイントは欠かせないので、しっかりとチェックすることが大事です。


合宿免許の相場のまとめと参加するメリット

プランや時期、地域など、さまざまな要素が合宿免許の相場を決めているということをお伝えしました。これまでの内容を簡単にまとめると、下記の内容ということになります。 
・プランの値段に何が含まれているのかいないのかを見極めることが重要 
・現地でもいくらか費用がかかる 
・閑散期では普通自動車ATが200,000円~220,000円程度で、普通自動車MTが220,000円~240,000円程度。最安は160,000円前後から 。学生の長期休暇時期は比較的価格は高め。
・効率の良さが合宿免許の安さの秘密 
・シーズンによって値段が変わる。4月後半~7月前半、10月~11月あたりが狙い目 
・普通自動車MTのプランやホテルプラン、貸切プランは値段が高くなる傾向がある 
・食事の有無や部屋システムを確認し、各種割引をフル活用してお得に済ませよう 


合宿免許のメリットその1:スケジュール管理がしやすい

合宿免許プランの場合、スケジュールを組みやすいというメリットがあります。最初から決まったスケジュール通りに教習を進めていくため、無駄がなく効率的に時間を使えるのです。
通学教習の場合、スケジュールは生徒の希望を優先して組まれます。しかし、ある日時に希望が殺到すると教習予約を入れられない場合があります。そうなると無駄な時間ができることがあります。合宿免許を開催している教習所は、通学と合宿の両方を取り扱っているところがほとんどです。通学教習生の教習が空いている時間帯にカリキュラムを組めば、空いている無駄な時間を埋めることができ、効率的に運営できます。予約が入りにくい平日の昼間に合宿教習生の教習を充てることで経費を抑えているため、安い料金設定が可能になります。
合宿免許の教習は基本的にキャンセルが生じないため、スムーズに進行していきます。教官のスケジュールも事前に押さえることができ、人件費の無駄も省くことができるのです。


合宿免許のメリットその2:教習所の立地環境が恵まれている

合宿免許が安い理由には、立地環境・条件が深く関係しています。多くの合宿教習所は地方にあり、地価や物価が安い環境となっています。教習所の設備を整える際の費用が安く済めば、合宿料金も安く設定できます。
また、地元の人からの協力を得ているという理由もあります。地方の宿泊施設は、閑散期になれば利用客が減って利益が落ちてしまいます。しかし、合宿教習所指定の宿泊施設になれば、割安で提供しても利益が出ます。少しでも利益を出したいホテルや旅館は進んで協力してくれるため、安い宿泊費用で契約できるのです。


合宿免許のメリットその3:短期間だから回転率が高い

合宿免許の魅力的な点は、短期間で運転免許を取得できるということです。これは利用者にとってのメリットであると同時に、教習所側のメリットでもあります。
通学教習の場合は、全課程を修了するまでに1〜2ヶ月程度かかってしまいます。学校や会社が忙しい人の場合、さらに時間がかかることもあるでしょう。しかし合宿の場合は丸一日かけて教習が行われることが多く、卒業まで短期間で済みます。AT・MTに関わらず、2週間前後で終わるプランがほとんどです。参加者は延長せずにそのまま卒業していくことが多いため、すぐに新しいメンバーに入れ替えることができます。回転率が高いということは、教習所側にとってもリスクが低いということになります。そのため安い料金プランに設定しても安定した利益が出せるのです。
もちろんより多くの人を集めた方が利益を出せるため、合宿教習所では低価格かつ魅力的なサービスを付加したプランを提供しています。


おわりに

合宿免許の料金の安さはサービスの質ではなく、教習所側の諸事情が深く関係しているのです。オフシーズンは、ただ安いだけでなく閑散期だからこその利点が多いのも魅力です。まとまった休みが取りにくい時期でもありますが、少しでもお得に免許を取得したいと思っている方には大変おすすめです。
合宿免許は、参加する側にとっては安価な上、集中的に教習を受けられるというメリットがあります。短期間での運転免許取得を目指すなら、お得な合宿免許という手段も考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top