合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許の最適な⼊校時期は?

合宿免許の最適な⼊校時期は?

自動車免許を取得するために、最寄りの自動車学校に通うか合宿免許を利用するか迷われる方もいるのではないでしょうか。

合宿免許を利用する場合、入校時期はいつがいいのか、通学との違い、合宿免許のメリットはどんなところか気になる部分も多いですよね。

実際にお申し込みいただく方からも
「教習所が混んでない時期はいつなんだろう。」
「あまり予算も余裕ないから、できるだけ免許取得にかける費⽤を抑えたい‧‧‧‧」
といった相談をよくいただきます。

そこで今回は、合宿免許のベストな入校時期はいつなのか?を解説していきます。
この記事を読んで合宿免許に参加し、 お得に免許を取得しましょう。


そもそも合宿免許って通学免許とどう違うの?


そもそも合宿免許って通学免許とどう違うの?


さて、よく聞かれる「合宿免許」というワードですが、⼀般的に自分の家から教習所に⼀定期間通って免許取得する「通学型」とどう違うのでしょうか?

以下に「通学型」と「合宿免許」の両者の特徴をメリットやデメリットを挙げながら、説明していきます。


「通学型」は自分の生活ペースに合わせたスケジュールを組める。


「通学型」の一番の特徴は、⾃分の⽣活ペースに 合わせたスケジュールを組むことができること。
これは、学校、アルバイトなど定期的な予定が崩せない、変更できないといった事情のある⼈にはありがたいことです。
そして、基本的に、⾃分の家から通える範囲の距離にある教習所になるので、⾃分の家をあける必要がなく、
⾃動⾞教習以外の予定(学校、アルバイトなど)と両⽴することも可能です。


⼀⽅、学⽣の⻑期休みのシーズン、春休み(3〜4⽉ごろ)や夏休み(7⽉〜8⽉ごろ)は教習希望者が多く、混雑になりがちなので教習予約がとりにくいことがデメリットとしてあげられます。

通学の場合は自分で教習の予約を取る必要があります。
予約が取れないために免許の取得時期が想定よりも遅れた、ということも少なくありません。

さらに、必ずしも予定通りに試験に合格できるとは限りません。
各種試験で不合格の場合は補習や再試験など追加受講が必要になってきます。
教習の追加には追加料⾦が必要となり、予定外の出費が出る可能性もありますので、余裕をもった⾦銭の確保を要します。


「合宿免許」は比較的通学よりも料金が安く、最短2週間で免許取得が可能


合宿免許は、運転免許の取得に必要な教習や試験を、一定期間宿泊し、集中して行う免許取得方法です。

合宿免許にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。


まず、最大の特徴は、 最短2週間という短期間で免許取得ができることにあります。

通学の場合、前述の通り自分で教習の予約が必要になり、最短で1カ月、場合によっては3カ月以上かかってしまうケースも珍しくはありません。
また、生活環境が変わって教習所に通えなくなるといったケースもあります。


その点、合宿免許では2週間という最短期間に絞って教習に専念できるのがポイントです。学生なら、春休みや夏休みを利用して運転免許を取ることもできます。

宿泊施設に⼊ってそこから教習所に通うことになるので、その間免許取得に集中できる時間、環境が必然的に得られることになります。


さらに追加教習になっても、追加料⾦が基本かからないなど、予想外に発⽣しがちな費⽤を抑えられるということがあります。 ※条件による


合宿免許のスケジュールについては「合宿免許で自動車免許を取得するまでの流れとスケジュール-最短で卒業するコツを分かりやすく解説!」をチェック!


また、合宿免許の方が通学教習より料金が割安の傾向があります。


その理由は、教習生を1カ所に集めて効率よく指導を行えるためコスパが良いことがまず挙げられます。

スケジュールがすべて決まっているので、教習所側にとっても管理が容易です。


もう一つの理由は、合宿が盛んな場所は主に地方に多いということ。

人口が少なく、通学での教習生が集まりにくい地方の場合、合宿で生徒を集めようと、比較的料金を抑えて、合宿免許を提供する傾向にあります。

よって、比較的、通学での生徒の集まりやすい都市部の教習所で行う合宿免許の場合は、割高になる場合もあります。


これらの理由によって、合宿免許は通学に比べ、比較的安価に提供されています。


自動車免許の費用については「自動車免許を取得する費用と安く抑えるポイント」に詳しく掲載しています。


教習所によっては合宿免許の特典を用意しているところも!

合宿免許中には参加教習生限定で特典を用意している教習所もあります。

例えば、宿泊施設が3⾷完備、⼤浴場があったり、予約時期が早いと更に費⽤が安くなる 「早割」を導⼊していたりします。


一方、⾷事のコスト面をカットし、⾃炊などができるように、宿泊する施設に調理器具を備えていたりしているところもあります。 

さらに教習所の地域特性を活かし、レジャー施設のチケットや、付近の観光地にある料理店のランチチケット、交通機関のフリーパスなど、観光に使える特典を用意している教習所もあります。


教習課程が終わったその足で、一緒に合宿免許で過ごした友人を誘って、観光を楽しむこともでき、旅行気分で良い思い出づくりにもなります。


合宿免許のおすすめについては「教習所選びの参考に!おすすめの合宿免許を紹介!」をチェック!


合宿免許、おすすめの⼊校時期はいつ?


合宿免許、おすすめの入校時期はいつ?


合宿免許は自動車教習所に通って運転免許の取得を目指す通学免許に比べて教習料金が安く済むというメリットがありますが、その中でも入校時期により料金にばらつきがあります。


安い時期はいつなのかをあらかじめ知っていれば、そこを狙ってよりお得に免許を取得することができます。


合宿免許は閑散期に安くなる

合宿免許は最低でも2週間のまとまった期間が必要になります。

学⽣の⻑期休暇シーズン、春休み(3〜4⽉ごろ)や夏休み(7⽉〜8⽉ごろ)以外の期間が閑散期に当たりますが、閑散期に申し込めば費用を安くできるのはわかっていたとしても、長期休暇以外にまとまった予定を確保することができないという方も多いはずです。


そのような方は、繁忙期にあたる長期休暇でも比較的安い時期をおさえておいて、そこを狙って申し込むのがおすすめです。


合宿免許の料金は飛行機のチケットと同じように、繁忙期は高く、閑散期は安いというのが合宿免許の特徴です。

夏休み、春休み、冬休みといった学生の長期休暇のシーズンは繫忙期となるので高くなります。


特に夏休みでは8月中の料金が高く、ちょうどお盆の時期にあたる8月15日前後に料金のピークがきます。

春休みでは2月の頭から3月の中旬が高い時期で2月末〜3月初旬のタイミングがピークになります。

冬休みにあたる12月中旬から12月末も比較的混み合う時期なので閑散期に比べると多少高くなりますが、夏休みや春休みほどは高くなりません。


長期休暇のなかでは最も安く申し込むことができるので、お休みが取りづらい方にとってはオススメのシーズンになります。


ご自身の長期休暇の始まりと終わりの料金を比較して安い方に申し込めばお得に利用できます。


料金はプランや教習所によっても異なりますが、オンシーズンの場合20万円から30万ほどかかります。

対してオフシーズンの場合は16万ほどの料金で取得可能なところもあります。

オフシーズンとオンシーズンでは大体5万円から10万円ほどの違いがあるのが一般的です。


また、オフシーズンは割引キャンペーンも多く、キャンペーンを利用することでさらに安くできる場合があります。

ただし、混み合っている時期でも長期休み限定の割引プランを利用すれば、お得に参加できることもあります。

教習所によっても差があるため、自分のスケジュールを考慮しつつ、まとまった休みが取れる期間のなかで一番リーズナブルに抑えられる時期を選ぶようにしましょう。


これらの時期は繁忙期のピークである8月中旬や、3月中の入校と比べると約10万円ほど料金に差が出ます。このような長期休の暇以外の時期は基本的に閑散期にあたり大幅に料金が下がります。


合宿免許の格安プランについては「合宿免許の格安プラン特集」をチェック!


合宿免許の⼊校予約時期の⽬安


合宿免許の入校予約時期の目安


これは先述したように、合宿免許の実施する⾃動⾞教習所の入校時期から遡って、予約できる時期も変わってきます。 


ちなみに繁忙期においては、⼊校約3カ月前からの予約、閑散期においては、⼊校1カ⽉前からの予約で埋まってくる場合が多いです。 


いずれにせよ、遅くともこの⽇までには⼊校したいという⽇の直前では、すでに予約がいっぱいで埋まっていることもあるので、予約に際しては、注意が必要ですね。


おわりに


合宿免許の最適な入校時期まとめ


今回は「合宿免許の最適な入校時期」をテーマに、「通学型」の⾃動⾞教習との⽐較もとりいれながら、解説してきました。

以下に簡単にまとめてみます。


「通学」

  • ⾃分の⽣活スタイルに合わせた教習スケジュールが組める。
  • 本来の生活(学校や仕事など)との両⽴が可能。
  • ⼊校後、スケジュールが⻑期化したり、試験に通らず補講受講に追加料⾦が 必要であったり予想外のことが起こる。

「合宿免許」

  • 最短期間での免許取得のための宿泊環境下で⾏うため、集中できる効率良い スケジュールが⽤意されている。 
  • 同じ⽬標をもつ仲間とのつながりもでき、モチベーションアップ。 
  • 教習所の⽴地場所が都市部に多い「通学型」と⽐べて、地⽅に多い「合宿免許」は受講料⾦の総額が約10万円ほど安い傾向。
  • 取得する⾃動⾞の種類によって受講料⾦は変わってくる(MT⾞約26〜35万、AT⾞約18〜32万)。「通学型」はこれより10万ほどアップ。
  • 合宿免許を実施する自動⾞教習所の多くは、早期⼊校予約割引や、宿泊施設 の充実化、観光地ならではのツアーとのコラボなど⼊校者に対する特典がある教習所も。

合宿免許の最適な入校時期については、当然、実施機関である⾃動⾞教習所の受講料の安い閑散期に⼊校するのも有効ではありますが、最適とする基準をどこに置くかということも⼈によって様々だと思います。


受講料だけにこだわらない教習所での特典なども考慮しながら、⾃分にとっての 「最適の時期」を⾒つけ出して、是⾮運転免許証をゲットしてください!


▼合宿免許のお申し込みはこちら

https://www.ai-menkyo.jp/application/


▼合宿免許の資料請求はこちら

https://www.ai-menkyo.jp/material/

合宿免許の選び方に関するコラムの注目Topics

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

教習所を探す

お客様サポート

当サイトに関して

今すぐスマホでお問い合わせ!
0120-727-659 入校仮申込み
入校仮申込み 資料請求(無料)
Home
Page Top