合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許の評判は?口コミチェックのポイントを紹介

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許の評判は?口コミチェックのポイントを紹介

合宿免許の評判は?口コミチェックのポイントを紹介

学生や新社会人、またはキャリアアップを目指す人など、長期休暇を利用して合宿免許に行き、スピーディーに自動車運転免許を取りたいと思う人は多いことでしょう。しかし、見知らぬ土地で知らない人ばかりに囲まれて生活することや、合宿免許のカリキュラムについていけるかどうかなどが気になるところです。そこで参考になるのが、合宿免許プランがある教習所についての口コミです。今回は、合宿免許に関する口コミからどのようなことが読み取れるかなど、口コミをチェックする場合のポイントについて紹介します。


合宿免許の口コミは参考にできる?

口コミは合宿免許を利用した人の個人的な感想なので、主観的な内容がほとんどです。しかし、実際に合宿免許を体験した人の正直な感想であるだけに、これから合宿免許を選ぼうとしている人にとって、かなり参考にできる情報も含まれているといえます。特に、合宿免許を体験した人の生の体験談について知りたい人には役に立つことでしょう。口コミを見ることによって、教習以外の要素も楽しみながら教習を受けられる教習所なのかどうかを知ることができます。


合宿免許の良い口コミの内容


合宿免許に関する良い口コミの代表的なものをいくつか紹介します。まず、指導教官についての口コミです。「丁寧に優しく教えてもらえたのでストレスがなく、楽しく学ぶことができた」「気さくで温かみのある指導教官だった」といった内容が目立ちます。すなわち、指導教官の対応がとても良かったことにもっとも好印象を持った人が多いのです。また、「運転の技術だけでなく、運転マナーや思いやり運転の大切さについても教えてもらえたので、これからもずっと安全運転ができそう」という内容も少なくありません。

次に、教習所や宿泊施設のロケーションを高く評価している口コミも多いです。例えば、「教習所と宿泊施設が近かったのでロスタイムがなく、空き時間を有効に使うことができた」という感想が多くあります。また、「教習所や宿泊施設の近くにコンビニエンスストアやスーパーマーケット、ドラッグストアがあったので、間食を買いに行くときに便利だった」という口コミも多数です。

ほかには、「友人ができて毎日を楽しく過ごすことができ、2週間ほどの教習期間があっという間に終わってしまった」という口コミもありました。それから、「送迎の人や事務の人が親切で優しかったため、見知らぬ土地で過ごす不安をあまり感じなくて済んだ」という声も出ています。


合宿免許の悪い口コミの内容

一方、悪い口コミも実は少なくありません。その内容は宿泊施設や指導教官に関するものが多いです。例えば、「宿泊施設が古くてボロボロだった」「宿泊施設の食事があまり美味しくなかった」という口コミを見かけることは珍しくありません。それから、「指導教官の話し方が乱暴で怖かったので、緊張してしまった」「指導教官に暴言を吐かれた」など、指導教官の態度に関する悪い口コミも見られます。また、他の合宿免許利用者との関係に関する口コミも多いです。例えば、「ちょっと怖い人や気の合わない人がいた」「友人ができなくて、さみしい思いをした」などです。

そのほか、「合宿免許で運転免許を取得したせいで、通学で取得した人よりも運転が下手になってしまった」という口コミもありました。合宿は短期間に多くのことを学ぶため、通学に比べればどうしても詰め込み教育になってしまい、学んだことが身に付いていないと感じる人もいるようです。また、通学に比べて合宿は評価が甘くなりがちな傾向もあるといわれています。運転するようになってしばらくすれば運転は上手になるものですが、免許を取ったばかりのうちは、教習所に通学して免許を取った人との差を感じることがあるかもしれません。


口コミをチェックする際のポイント

このように口コミには良い内容と悪い内容がありますが、どちらも貴重な情報です。とはいえ、さまざまな口コミを漠然と眺めていても混乱してしまうかもしれません。ですから、口コミを読むときはチェックするべきポイントをしっかりと意識しておくようにしましょう。合宿免許は普通二輪なら最短で約9日間、大型免許は最短で約10日間、普通免許は最短で約2週間にわたります。教習内容だけでなく、合宿免許の期間を快適に過ごせるかどうかもとても重要です。

まず、食事の内容は合宿生活のなかで心身の健康を保つために大切な要素なので、必ずしっかりと確認しましょう。合宿免許の料金に含まれる食事の回数や内容は、教習所やプランによってかなり異なります。朝食や夕食が付かない場合もありますし、メニューや食事ができる場所のバリエーションがあるかどうかもケースバイケースです。食事内容がワンパターンだったり口に合わなかったりすると、結局はコンビニエンスストアなどで食べ物を追加して買わなければならず、予算がオーバーしてしまうかもしれません。教習所によっては合宿免許利用者が飽きないよう、食事の内容と質にこだわっているケースもあるので、できるだけ食事内容が充実したところを選んだほうが良いでしょう。

宿泊施設の設備や環境も大事です。なかには最低限の設備しかない宿泊施設もあり、バスタオルやシャンプーなどを持参しなければならない場合もあります。また、宿泊施設の周辺にコンビニエンスストアやスーパーマーケット、遊ぶ場所などが何もないと、物足りなさや不便を感じることもあるでしょう。それから、部屋は他の合宿免許利用者と相部屋になるケースが多いです。初対面の他人と同じ部屋で寝起きを共にすると気疲れしてしまう場合もあるため、どんな人と相部屋になるのかもチェックしておくと良いでしょう。なるべく同年代の人同士を相部屋にする教習所が多いですが、時期によっては同年代の合宿免許利用者が少ない場合もあります。念のため、一人部屋の利用が可能かどうかも確認しましょう。

指導教官の対応が優しくて親切かどうかも、欠かせないチェック項目です。怒られると緊張してしまうという人は、指導教官が優しいという口コミが多い教習所を選んだほうがリラックスして学ぶことができるでしょう。また、女性の場合は女性の指導教官に教えてもらったほうが安心できるケースもあるため、女性の指導教官がたくさんいるかどうかも重視したいポイントです。カジュアルな雰囲気で楽しく教習を受けたい人にとっては、若い指導教官がたくさんいる教習所が向いているかもしれません。


口コミ以外にチェックしておくべきこと

合宿免許の教習所を選ぶときは、口コミのほかにもしっかりと確認しておくべきことがいくつかあります。そちらのチェックポイントは教習所紹介サイトや教習所のホームページなどで調べることが可能です。まず、お目当ての教習所が公認校か非公認校かどうかは、必ず確認しましょう。公認校というのは、各都道府県の公安委員会によって「規定通りの教習と検定ができる」と認可されている教習所を意味します。公認校を卒業するメリットとは、公安委員会による技能試験が免除されることです。教習所で仮免許を取得して卒業した後は、運転免許試験場で学科試験を受験して合格するだけで、運転免許を取得できます。

一方、非公認校で教習を受けた場合は、教習所の卒業試験の後で、さらに運転免許試験場で技能試験と学科試験の両方を受験しなければなりません。そして、運転免許試験場で行われる技能試験は採点基準が厳しい傾向があり、1回でパスするのは難しいといわれています。非公認校のほうが合宿教習の料金が安い場合もありますが、運転免許を取得するためのハードルが高くなってしまうおそれがあることも、よく考えてみたほうが良いでしょう。

また、教習所の過去実績についても確認しておくと安心です。長く運営しており豊富な経験を持つ教習所かどうかは設立年を見ればわかりますし、卒業生の無事故率を公開している教習所もあります。それから、自分にとって便利に利用できそうな環境かどうかもチェックしましょう。交通アクセスが良い、または、送迎があるなど入校がしやすいかどうかは大事な要素です。また、長期間滞在することになるので、教習所や宿泊施設の周辺にお店があるかどうかも確かめておきましょう。


合宿免許選びのポイント

ほかにも合宿免許を選ぶときにチェックしておきたい項目が3点あります。「料金プラン」「宿泊施設」「教習所までの交通費」です。1つめの料金プランに関しては、合宿免許の予算がいくらくらいあるかによります。予算にゆとりがあれば宿泊施設や食事内容がリッチなプランを選ぶこともできるでしょう。逆に、あまりお金をかけずに免許を取得したい場合は、安さも教習所選びに欠かせないポイントとなります。いずれにせよ、予定のスケジュール以内で卒業できず延長になった場合の保証が付いているプランを選んだほうが無難かもしれません。そうでないと、延長になった場合に追加料金が発生してしまいます。

2つめの宿泊施設に関しては、教習所やプランによって色々なタイプの部屋があるため、よく確認しておくことが大切です。ホテルと提携して宿泊施設にしている場合もあれば、教習所の敷地内や周辺に宿泊施設を設けている場合もあります。相部屋の場合は二人、あるいはもっと多人数でルームシェアをすることもありますし、一人部屋の利用が可能なケースもあるのです。また、よく眠れるかどうかは教習の効率にも影響するので、寝具がベッドか和布団かも確認したほうが良いでしょう。自宅で使っているような寝具を選択できる宿泊施設がある教習所を選んだほうが、夜にリラックスできそうです。

3つ目の教習所までの交通費に関しては、観光旅行を兼ねて遠方の教習所に合宿免許に行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。その場合は、教習所までの交通費が支給されるかどうかもチェックしたほうが、移動にかかるコストを少なくすることができます。交通費を支給してくれる教習所がたくさん存在するので、現地まで自腹で行かなければならないところを選んでしまったら、損をするかもしれません。


口コミや評判が良い教習所はどこ?

最後に、口コミで良い評判の多い教習所を3つ紹介します。まず、山形県にある「県南自動車学校」には教習所が経営する温泉旅館の「丹波館」があり、宿泊施設として選ぶことができます。合宿免許利用者は「丹波館」の温泉に入り放題なことがメリットです。また近くには温水プールもあるので、教習の空き時間などに友達と遊ぶこともできます。山形新幹線で最寄りの高畠駅まで行くことができるので、関東・東北からのアクセスが便利です。上限はあるものの、居住地からの交通費も負担してくれます。JR高畠駅から車で4分の距離にありますが、教習所から送迎をしてくれるので問題ありません。

加えて、「県南自動車学校」の周辺には「よねおりかんこうセンター」や「置賜スポーツ交流プラザユルット」などがあります。そのため、おみやげなどの買い物やリフレッシュに出かけるときにも便利なロケーションです。また、近くに総合病院もあるほか、職員が24時間いつでも対応してくれるシステムなので、もしも何かトラブルが起きてしまったときにも安心できるでしょう。


口コミを良く見ながら合宿免許を選ぼう!

合宿免許の教習所を選ぶときにチェックすべき点はたくさんあります。プラン料金が安いか、宿泊施設と食事の内容が良いか、指導教官やスタッフの対応が良いかなどです。そのほか、公認校かどうか、現地への交通費は支給されるかなどもチェックしましょう。加えて、実際にその教習所で合宿免許を体験した人の口コミからは、楽しく快適に合宿免許ができそうかどうかを知ることができます。口コミにどんなことが書かれているのかもしっかりチェックして、自分にとって最適な教習所を選ぶようにしましょう。 

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top