合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>免停になっても慌てない!免停処分者講習の手続き方法と内容まとめ

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

免停になっても慌てない!免停処分者講習の手続き方法と内容まとめ

免停になっても慌てない!免停処分者講習の手続き方法と内容まとめ

免停とは免許停止のことを指します。この免停は免許取り消しの次に重い処分として有名であり、多くの人が恐れるものです。特に車を日常的に使っている人にとっては、死活問題となるでしょう。そのため、万が一免停になったときは、どのように行動すれば良いのかを理解しておくことが大切です。今回の記事では、免停になったときの具体的な対処方法を解説します。さらに、免停処分者講習についても同様に解説していくので参考にしてみてはいかがでしょうか。


免停とはどんな処分なのか?

免停を一言でいうと、交通違反をした際の罰則の一つです。車を運転しているときに交通違反をおこすと道路交通法により点数が加算されます。そして、その合計点が一定の点数になると、免停という行政処分が行われるのです。点数が加算される交通違反にはさまざまな種類がありますが、例えばスピード違反や、悪質なものでは酒気帯び運転などが良く知られています。特にスピード違反は警察が一斉取り締まりを行うことがあり、取り締まり期間中には大量の違反者が出ることも有名です。逆にいえば、知らない間にスピード超過の違反をしているドライバーも多いということでしょう。

免停になると文字通り免許が停止してしまうので、一定期間は車を運転することができなくなります。運転免許は警察により没収されますし、免許停止期限がすぎるまでは運転をしてはいけないという決まりになっているからです。中にはそれでも運転しようと考える人もいますが、これはもちろん違法な行為です。免停中に運転していることが発覚すれば無免許運転と判断され、運転免許取消しとなります。停止ではなく取消しなので、さらに重い処分になるということです。そのため、免停になったら行政の指導に従い、誠実に対応することが重要となります。免停中の身勝手な行為は厳しく罰せられますので、注意するようにしましょう。


免停になる違反点数を確認しよう!

免停に大きく関わることとなる違反点数は、累積点数制度になっていることが特徴です。累積なので、違反する度に点数が積み重なっていくということです。この違反点数が何点になったら免停になるかは、前歴の有無などの条件によって変わってきます。前歴とは過去の免停回数を指し、免停期間が終わると累積点数も0点にリセットされ、前歴が付くという仕組みです。もし、免停の前歴がまったくなければ、累積点数6点で免停処分となります。これが前歴1回の場合は累積点数4点になり、前歴が2回以上だと2点になるのです。

つまり、前歴があればあるほど、免停になりやすいということになります。また、免停か免許取消しかの判断には、過去3年間の違反点数の合計も密接に関わってきます。最後に違反してからさかのぼって3年間の違反点数が多ければ、重い行政処分になることもあるのです。その他にも交通違反の内容によっては、一回で免停や免許取消しになるので注意が必要です。また、最後に交通違反をした日から1年間無事故無違反であると、累積点数が0にリセットされるというシステムもあります。このように免停や免許取消しの条件は、個々の前歴や違反内容によっても変わってきます。自分自身がどのような条件で免停になるのか知りたい場合は、これまでの違反点数や前歴について調べてみると分かるでしょう。


一発免停になる交通違反とは?

数々の交通違反の中には点数が高く、一回違反しただけで免停となるものが含まれています。代表的なものがオービスの取り締まりをうけるパターンです。オービスは車の速度違反を取り締まるものですが、この取り締まりを受けると一回で6点以上の違反点数となり、罰金も高額となるのです。免停となる条件の点数は前歴なしで6点、前歴1回で4点、前歴2回以上で2点ですから、前歴のない人でも一発で免停処分となる厳しい取り締まりといえます。さらに、前歴のある場合にオービスの速度違反で捕まると、免許取消しという一番重い処分になります。このように、オービスで取り締まるスピード違反は非常に厳しい処分が行われますので、注意する必要があるのです。

この他にも、呼気中アルコール濃度が0.15mg/L以上が検出される状態で車を運転する、酒気帯び運転も厳しい処分が行われる交通違反です。また、同じ酒気帯び運転でも、血中アルコール濃度が0.25mg/L以上であると処分はさらに重くなる傾向があります。この状態になると酔いも深くなり、世間一般でよくいわれる飲酒運転というイメージに近くなるのです。そして、似たようなものに泥酔した状態で車を運転する酒酔い運転もありますが、この場合は前歴に関わらず免許取消しの処分となります。免許を取り消されると3年間は再取得ができないので、仕事などで車を利用している人には致命的な処分となるでしょう。


免停通知書と種類とは?

交通違反などによって免停になったときには、後から通知書が送られてきます。この免停通知書は2種類が存在します。「意見の聴取通知書」と呼ばれるものと、「出頭要請通知書」というものの2種類です。意見の聴取通知書が送られるパターンは、1回の違反で免許停止や免許取消しなどの処分を受けたときになります。この通知書の特徴は、検察庁で違反内容に関して具体的な事実確認を行うということです。したがって、違反者側も当時の状況や意見を発言できる機会が得られるということになるでしょう。

そのため、一方的に処分が行われるわけではなく、場合によっては刑が減刑されることもあるのが特徴です。もちろん、すべての人の意見が認められるわけではありませんが、正当な理由があれば減刑される可能性が存在するということです。次の出頭要請通知書の場合は、交通違反をしたときに、事前に前歴や累積違反点数を調べられています。その結果、免許の停止や取消しなどの処分が下されるのです。この通知書を受け取ったときの注意点としては、記載されている受付場所と日時を守って出頭しなければいけないということです。通知が届いたのに無視していたり、指定の日時を守らなかったりすると最悪の場合は一斉検挙により逮捕されます。免停通知などの無視は、懲役や罰金刑にあたる可能性があるからです。

そのため、出頭要請通知書が届いたら内容を良く確認して、すぐに対応していくことが重要となります。なお、場合によっては、仕事などで指定された日時に出頭できないこともあるかもしれません。そのようなときは、通知書に記載されている連絡先に事前に電話をして、日時の変更などを申し出れば大丈夫です。大切なのは誠意をもって真面目に対応することです。そのようにしていれば、逮捕されるということはほとんどありません。


免停処分者講習とは?

免停処分者講習は免許停止の処分を受けた人が受講できる講習です。また、保留処分を受けている人も同様に受講ができるようになっています。別名では、免停講習や短縮講習などとも呼ばれています。この講習の特徴は受講することによって、免許停止期間を短縮できることです。そのため、受講できる環境で免停期間を短縮したい場合には、積極的に講習を受けてみると良いでしょう。免停処分者講習は短期講習、中期講習、長期講習の3種類が存在し、免停の停止期間によって受講できるものが決まっています。 


具体的には、免許停止30日の場合は短期講習、同じく60日の場合は中期講習、そして90~180日の免停の場合は長期講習と振り分けられているのです。受講することによって短縮される日数は、受講時の態度と筆記試験の成績によって決まります。この2つが良ければ、多くの日数が短縮される可能性があるということです。また、受講時の態度は抽象的な表現に感じるかもしれませんが、基本的には居眠りなどをしないで真面目に受けていれば大丈夫です。

つまり、常識的な態度で真面目に受講すれば問題ないということになります。そのように考えていくと、必然的に筆記試験の成績が免停の日数短縮に大きな影響を与えます。試験の内容そのものは受講場所や地域によって変わるといわれていますが、真面目に講義を受けてしっかりと勉強すれば難しいものではないでしょう。そのため、こちらも心構えが重要になるといえます。


免停処分者講習の内容

受講することで免許停止期間を短縮できる免停処分者講習は、さまざまな内容の講義や指導を含んでいます。具体的な内容としては、機器を使用した運転適性検査と診断、筆記による運転適性検査と診断、教本を使用した講義、運転シミュレーターによる指導、実車の運転と指導などに分かれます。最初の機器を使用した運転適性検査と診断とは、測定機器を使って動体視力や夜間視力などを検査する方法です。このデータにより反応速度や運転の正確さなどを測定し、実際のデータをもとに指導が行われるようになっています。

次の筆記による運転適性検査と診断は、一種の性格や心理テストのようなものです。はじめての運転免許を取得するときにも、その過程でこのようなテストは行われますが、似たようなものと考えても良いでしょう。テスト結果を基に運転時の意識や態度を把握することによって、安全運転の指導をしてもらえます。教本を使用した講義は前項でも触れましたが、その名の通り教科書のようなものを使って運転に関する知識を覚えていきます。

運転シミュレーターによる指導も、はじめての免許取得のときに経験した人がいるかもしれません。大型のゲーム機体のようなものを使って運転をして、そのデータから安全運転に関する指導を受けるのです。最後の実車の運転と指導とは、指導員と一緒に実際の車に乗って運転をすることです。街中などを車で一定時間走り、その内容からアドバイスをもらいます。なお、この運転は教本を利用した講義と違い、免停の短縮日数とは無関係になっています。つまり、純粋に受講者が安全運転の指導を受けるために行われる指導ということです。


免停処分者講習の講習日や料金

免停処分者講習の日程や料金は短期、中期、長期それぞれによって変わってきます。料金などは住んでいる地域によってもバラバラですが、東京都の場合を例にして見てみましょう。まず、免停日数が40日未満の人が受ける短期講習では、料金として1万1,700円がかかります。次に免停日数が40日以上90日未満の中期講習では、1万9,500円となります。最後に免停日数90日以上180日以下の長期講習では、2万3,400円と最高値です。これらの講習料金は受講日に払う必要があるので、当日は忘れずに用意しておくようにしましょう。 

また、講習を受ける場所や地域によっては電話での予約を受け付けていないところもあります。その場合は本人または代理人が直接来場して予約することになるので、事前の確認が必要です。東京都の場合の講習時間は短期が6時間、中期が10時間、長期が12時間です。さらに、講習日が平日のみに設定されていて、土曜日や日曜日などの休日は受講できない点も注意が必要といえます。なお、今回紹介した情報は2019年4月現在の東京都のものに基づいています。住んでいる地域や受講する年によっても情報は変わってくる可能性があるので、事前に良く調べておくことをおすすめします。


免停通知を受けたらすぐに対策を!

免許停止の通知は非常に重要なものであり、知らせを受けたらすぐに対応する必要があります。なぜなら、免停期間中は車を運転することができなくなってしまいますし、場合によっては罰金などを科せられる恐れもあるからです。そのため、通知を受けたら放置したり先延ばしをしたりすることはせず、すぐに対応することが求められるのです。何も知識がないとどうして良いのか分からなくて、パニックになってしまうかもしれません。しかし、基本は今回紹介した情報を元にして行動すれば大丈夫でしょう。

また、免許停止は重い処分ですが、免停処分者講習などを上手に利用して負担を軽くすることを検討してみるのも良いでしょう。特に日常的に車を運転している人や、仕事に利用している人は、この制度を有効利用しないのはもったいないかもしれません。なぜなら、免許停止は職によっては信用も失ってしまうほどのインパクトがあり、最悪の場合は失業することも考えられるからです。実際に免停処分者講習を受ければ短期講習で最大29日、中期講習で同じく45日、長期講習でも80日の免停期間短縮が実現する可能性があります。これは、非常に大きい短縮日数です。

いずれにせよ、一番良いのは免停処分を受けないことです。ただ、何らかの理由で免停を受けてしまった場合は、その中で最善の策を取れるように意識していきましょう。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top