合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許にはいくらかかる?値段や安くするためのコツは?

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許にはいくらかかる?値段や安くするためのコツは?

合宿免許にはいくらかかる?値段や安くするためのコツは?

運転免許を取得しようと考える場合、通学か合宿のどちらかの方法を選ぶ必要があります。教習内容や学科を受ける時間数などは変わらないものの、費用や取得までのスピードに違いがあるのです。合宿免許に参加をしたくても、いくら費用がかかるのか不安だという人もいるでしょう。合宿免許と通学の違いを押さえたうえで、自分に合った方法を選んでいくことが大切です。今回は合宿免許で必要となる費用や安くするためのコツについて紹介します。


合宿免許と通学で取る費用の違いは?

合宿免許と通学の違いの一つとして、費用面が挙げられます。自宅から通うことができる通学であれば、自分のスケジュールに合わせやすいものの、卒業までに300,000円程度の費用がかかるのが一般的です。その一方で、合宿免許であれば教習所が比較的空いている4月~6月もしくは10月~1月だと、200,000円を切ることも珍しくありません。合宿免許の費用には、宿泊費や食費も含まれているので、利用者にはお得な仕組みだといえるでしょう。

また、通学で運転免許の取得を目指すと3カ月程度の期間を必要とします。合宿免許であれば、半月程度の期間で運転免許の取得ができるので、最短で免許を取りたい人にとってメリットがあるのです。スケジュールの面で自由が少ないものの、集中して免許の取得を考えるなら合宿免許がおすすめです。そして、合宿免許の場合では上限額に決まりはあるものの、交通費を支給してくれる教習所があるのも一つのポイントです。通学の場合でも送迎バスを出しているところもありますが、自宅から遠い教習所だと電車代やバス代もかさんでしまいます。通学では教習所に通う期間もそれなりに長くなるので、交通費の面にも意識を向けておく必要があるでしょう。

合宿免許では卒業までの保証を行っているところもあります。教習や検定でたとえ不合格になったとしても、保証の付いているプランであれば追加料金を気にせずに受けられます。運転免許の取得に対して自信がある場合は、保証なしのプランを選べば、さらに費用を節約できる場合もあります。通学でも保証付きのプランを設けているところもあるものの、基本料金にさらに上乗せして支払うことになってしまうため、入校時の費用がかさんでしまうデメリットがあります。

また、合宿免許に行っている間は、普段の仕事を続けることが難しくなってしまうので、収入や仕事への影響が出ないかをよく確認しておきましょう。運転免許の取得という目的であれば、勤務先の理解は比較的得られやすいので、短期間で免許を取得して仕事に復帰することも可能です。通学の場合では仕事のスケジュールは調整しやすいものの、仕事を優先させて教習が後回しになってしまうこともあるため、バランスを考えて教習所に通う必要があります。


合宿免許が通学よりも安い理由とは?

合宿免許が通学よりも安い理由は、教習所側がスケジュールを組むため、コストが抑えられる点にあります。教習所からすれば、教習生側のスケジュールにあわせてカリキュラムを組むと、人材面などのコストがかさんでしまうのです。合宿免許であれば、余分なコストを圧縮できるため、結果的に教習生が支払う費用も安くなるといえるでしょう。入学から卒業までのスケジュールをきちんと組んでくれるため、通学で取得できるか不安な人は合宿免許を選んでみると良いでしょう。

合宿免許の費用の中には、教習費用や各種保証の費用も含まれています。教習所までの交通費の一部を負担してくれるところもあるので、あらかじめチェックしておくことが大切です。交通費が支給されるのであれば、免許を取得するついでに観光を楽しむといったプランも立てられるでしょう。教習所の周辺環境によっては、さまざまな観光施設があったり、スポーツを楽しんだりすることもできます。免許の取得費用を抑えつつ、レジャーも楽しみたい方にはうってつけです。


【値段を安くするポイント1】空いている時期を狙う

合宿免許の料金は1年を通じて一定というものではなく、時期によって変動するのが特徴です。利用者が少ない時期でも、多くの生徒に集まってほしいため、安めの料金を設定している場合が多くあります。夏場であれば7月中旬~9月下旬、冬場であれば1月下旬~3月中旬の時期は繁忙期にあたるため、費用を安く抑えたいならこれらの時期以外で申し込むといいでしょう。また、冬休み、春休み、夏休みと重なるシーズンはすぐに予約が埋まってしまう傾向にあるので、日程の都合がつく場合にはできるだけ早めに申し込んだほうが良いといえます。

合宿免許では連続して教習を受けることによって短期で卒業できる仕組みとなっているので、基本的には、卒業するまで帰宅することができません。ただ、まとまった休みがなかなか取れないという人は、一時帰宅が可能な教習所を選んでみましょう。申し込みのときに、事前に教習所に知らせておく必要があります。そして、教習所が空いている時期を狙うメリットは、宿泊施設を比較的のんびり使えるといった点も挙げられます。教習所の繁忙期に入校すると、おのずと教習生もたくさんいるため、施設の利用に不便さを感じてしまうこともあるでしょう。ゆったりとした気持ちで教習に臨みたい人は、教習所が混雑しない時期を選んだほうが無難です。


【値段を安くするポイント2】割引を活用する

運転免許の取得費用を抑えるためには、割引プランの活用も意識しておきましょう。教習所によってさまざまな割引プランがあるので、積極的に活用していくことでお得な料金で免許を取得できます。「早割」は早めに申し込みを行うことで受けられるものであり、入校の2カ月~3カ月前程度に申込を完了させると受けられるものです。「グループ割」は、指定人数以上の申込で受けられる割引プランであり、友人やカップルで一緒に入校するときにおすすめです。

「学割」は学生であれば適用されます。また、教習所によっては「誕生日割」といった独自の割引プランを設けているところもあります。誕生月に入校することで受けられるものであり、割引のほかにプレゼントなどがもらえる教習所もあります。そして、普通二輪免許を取得している人であれば多くの教習所で割引が適用されるので、うまく活用してみると良いでしょう。

合宿免許の申し込みは、基本的にインターネットや電話を通じて行います。webからの申込に対して割引を行っている教習所もあります。教習所の特徴などを調べつつ、インターネット割引を適用している教習所を探してみると費用を抑えることができます。


【値段を安くするポイント3】保証が充実しているところにする

初めて運転免許を取得する際には、検定に落ちて、教習期間を超えてしまうのではないかと不安になることもあります。教習所によっては卒業までの教習費用や宿泊費、食費などの保証を付けているプランもあるので、教習所を選ぶ際のポイントとして捉えておくと良いでしょう。保証が充実している教習所をあらかじめ選んでおけば、仮に教習時間が超えてしまったときでも、追加料金がかからず安心です。

どのようなプランがあるかは教習所によって異なるため、事前に確認をしておきましょう。過去に運転免許を取得していた人や卒業に自信のある人は、保証が付いていないプランを選んだ方が費用を抑えられます。また、合宿免許では入校と同時に卒業までのケガなどを保証してくれる保険サービスを提供しているところもあります。合宿先が遠方になってしまう場合には、保険に加入しておくと安心して教習を受けられますね。


【値段を安くするポイント4】安いプランを選ぶ

運転免許の取得にかかる費用をできるだけ抑えたいならば、教習所やプランをじっくりと検討することが重要です。合宿免許では、複数のプランが用意されているケースが多く、プランの違いによって、宿泊できる施設などに違いがあるので、自分の好みに合わせて選んでみましょう。安さを重視するのであれば、「食事なし」のプランを選んでみるのも一つの方法ではあるものの、結果的に外食ばかりになってしまっては費用がかさんでしまいます。「自炊ができる」プランを選べば、食費を抑えることも可能なので検討してみましょう。

自炊プランであれば、「栄養バランスは自分で考えたい」「アレルギーが心配」といった悩みも解消できます。3食付いたプランよりも費用を抑えられるので、自炊できる環境が整った教習所を選んでみましょう。自炊することを念頭に教習所に通うのであれば、スーパーなどが近いところを選んだほうが無難です。また、複数人で合宿免許に行くのであれば、食材や料理を共有することでさらに節約できるでしょう。短い期間とはいえ、合宿免許では2週間~3週間程度滞在することになるので、食事についてもよく検討しておく必要があります。

「教育訓練給付制度」の活用によって、費用を抑えられる場合もあります。教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たす雇用保険の被保険者が受けられる制度であり、入学料や受講料の一部を給付金として支給してくれるものです。すでに働いている人だけでなく、育児や介護で働けない人や退職者も利用することができます。教育訓練給付制度を利用できる教習所に通えば、費用の負担を抑えることもできるのです。制度を利用できるかどうかはハローワークで照会ができるので、回答書の交付を受けてから教習所に申し込みましょう。


値段を重視する場合の注意点

教習所に通う料金を重視するときには、いくつかの押さえるべきポイントがあります。まず、合宿免許にかかる費用が200,000円以下となるのは、普通自動車AT免許の取得になるケースが多いということです。普通自動車MT免許を取得する場合には、普通自動車AT免許に比べて、費用が少し高くなってしまう点に注意しておきましょう。普通自動車MT免許の追加料金は、教習所によって1万円台から3万円台まで幅があるので、費用を抑えたい方はチェックしたおきたいポイントです。仕事などで、将来、大型車などのプロ免許取得を考えている方は、普通自動車MT免許取得をおすすめします。

そして、食事なしのプランでは費用が抑えられるものの、外食が続いてしまうと出費が多くなってしまうので気を付ける必要があります。ただ、食事なしのプランであっても、昼食に関しては付いてくる教習所もあるので意識しておくと良いでしょう。また、食事をつけずに自炊を行うプランであっても、設備の利用時間に制限があるケースもあるので注意が必要です。設備について気になる場合には、事前に教習所に問い合わせておきましょう。ホームページなどでも、施設や設備の写真を掲載しているところも多いので雰囲気を確認しておくことも大切です。

格安の料金プランの場合では、宿泊施設が相部屋になってしまうこともあります。合宿免許で友人を作りたい人なら相部屋がおすすめ。プライベートの時間をゆっくり過ごしたい人は個室を選んだほうが無難です。格安プランだからといって、すべてが相部屋というわけではないので、個室を選択できる教習所を探してみましょう。合宿免許は短い期間で運転免許を取得するとはいえ、快適さに欠けてしまうと教習を受ける際にも少なからず影響が出てしまうものです。お得な料金の合宿免許を探すと共に、自分に合った環境が整えられているのかもチェックしておきましょう。


値段が安くてお得なのは合宿免許!

合宿免許と通学の両方を比較したときに、値段の面でお得なのは合宿免許だといえます。宿泊費用や食費も含まれているため、出費をうまく抑えることができるのです。また、通学では免許の取得までに3カ月程度かかってしまうものの、合宿免許であれば半月程度の短期で取得することもできます。通学では自由にスケジュールを決められるというメリットがあるでしょう。しかし、受講期間に間が空いてしまうと「学科の内容を忘れてしまった」「運転する感覚がなかなか身につかない」といったこともあります。料金を抑えつつ、早期に運転免許を取得したいと考える場合には、合宿免許の利用を検討してみましょう。 

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top