合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>自動車学校を最短で卒業するには?方法やコツを徹底解説

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

自動車学校を最短で卒業するには?方法やコツを徹底解説

自動車学校を最短で卒業するには?方法やコツを徹底解説

自動車運転免許の取得を目指して自動車学校に通うのは、計画性がある人にとってもなかなか難易度が高いものです。自分本位の計画ではなく、あくまでも教習所の予定に合わせなければならないからです。教習生が多く混雑している時期は、教習車の予約を入れるのもスムーズに行かないことが多いでしょう。もし、自動車学校に通うための所要時間をなるべく短くし早いうちに免許を取りたい、という希望があるなら、合宿免許も選択肢に入れてはいかがでしょうか?教習所によって日数は多少異なりますが、普通車だとATは14日間~、MTは16日間~で卒業が可能です。できるだけ短い期間で免許を取得するための具体的な方法やコツについて詳しく説明します。


まずは知っておくべき!技能教習の上限

自動車学校で学習するのは「学科」と「技能」です。学科は、自動車を運転するうえで欠かせない道路交通法の知識、守るべきルールやマナーなどについて講義形式で座学で勉強します。技能は、1台の自動車に指導教官と教習生のマンツーマンで運転技能を学習します。技能教習は1日に受講可能な時間が法律で制限されているため、事前にそれを頭に入れてスケジュールを考える必要があります。


自動車学校での技能教習は、ATとMTがあります。ATはオートマチック限定免許取得を目指すコースで、運転のギアチェンジは自動で行われる仕組みです。対してMTは、変速機を手動で操作しギアチェンジを行う必要があり、両手両足の操作が必要な車です。MTコースのほうが必要な操作が多いため技能教習時間は多くなっています。それぞれに決められた技能教習の時限数と、1日に受けられる技能教習の制限時間は以下のとおりです。 

■普通免許AT 
・第1段階 12時限(1日2時限が上限なので最短でも6日間) 
・第2段階 19時限(1日3時限が上限なので最短でも7日間) 
■普通免許MT 
・第1段階 15時限(1日2時限が上限なので最短でも8日間) 
・第2段階 19時限(1日3時限が上限なので最短でも7日間) 


まずは自動車学校内に設置された教習コースで基本的な運転技能を練習するのが第一段階の技能教習です。教習コース内でのひと通りの技能が身についたことを確認(みきわめ)し、仮免許試験を受けます。
仮免許試験の合格後からの技能教習が第二段階です。一般の道路で危険予測や流れに乗った走行などを意識した応用練習を重ねます。規定のレベルに達したら卒業検定を行い合格したら卒業です。正式な自動車運転免許証を取得するには、都道府県が指定する免許センターや免許試験場で学科試験と視力や色彩識別能力などの適性試験を受験します。合格したらその場で運転免許証が交付されます。

各都道府県の公安委員会公認の指定自動車教習所の卒業生は、免許センターや免許試験場で行われる厳しいと定評のある技能試験が免除されるのです。そのため、自動車学校では卒業前に徹底した技能教習が行われます。技能教習において身に付けなければならない技能の詳細が細かく法律で決められています。それら全てを習得するためにはかなりの時間を要するでしょう。1つずつ確実にステップアップしながら進める必要があり、教習時間内に技能の習得が不十分だった場合は、再度同じ内容の技能教習を追加で受けて確実に身に付けなければなりません。

1日に受けられる技能教習時間は法律によって制限されており、全国共通で段階に応じて2時間または3時間が上限です。つまり最短日数での卒業を目指したとしても、普通免許ATコースなら13日、普通免許MTコースなら15日はかかる計算になります。それも、毎日確実に技能教習の予約が取れた場合、技能の追加教習がなくスムーズにステップアップできた場合に限られます。ただし、使用できる教習車は台数が決まっているため、学生が長期休みになる春や夏はかなり混雑して思うように予約が取れないこともあるものです。自分のスケジュールと調整しながら予約を入れることになるため、さらに教習期間が延びることが予想されます。


最短で免許を取得したいなら通学よりも合宿免許がおすすめ

自宅から自動車学校に通学して免許取得を目指す場合は、第1段階10時限、第2段階16時限の必修の学科教程を漏れなく受ける必要があります。自動車学校では学科の時間割があり、効率よく受講できるようにスケジュールを組み立てたうえで、予約を取れた時間に技能教習を上限で受けることになります。自分の予定と調整しながらマイペースに進めることができるのがメリットですが、人気校や混みあう時期など、学科教習のスケジュールは希望通り受けられたが技能教習の予約が取れない、キャンセル待ちなどしていて数ヶ月かかってしまう、という場合もあります。なるべく短い期間で免許を取得したいと思って通いますが、実際には早くて1カ月、通常は2~3カ月はかかるものと思った方が無難です。


それに比べて合宿の場合は、最短日数で卒業できるように教習が組んであるので、予約が取れなくて延びるということはありません。検定が不合格になり、再検定になった場合などは日数が延びてくることもありますが、スムーズに進んだ場合は予定通りの卒業日で終えることができます。合宿免許とは、免許取得を目指す仲間が宿泊施設に滞在して、運転に必要な技能や知識を集中して最短期間で習得できるシステムです。普通免許ATの合宿免許なら、最短14日での卒業を目指すところが多いです。


自動車学校へ通学して免許を取得する場合、学科教習は、最初に受講しなければならない決められた教程以外は、順番に関係なく各段階の中で無制限で自由に受講できます。内容によっては予約が必要なものもあることに注意が必要です。自動車学校の規模や教室の定員にもよりますが、受けそこねた教程は数日後でないと受けられないという可能性もあります。 受講できなかった教程は次回に必ず受けるよう留意し、その合間に技能教習の予約を取ることになるでしょう。毎日連続して自動車学校に通学したくても、休校日ではどうしようもありません。また、高校生が卒業を控えて家庭学習に入った時期や夏休み前後は、集中して込み合います。自動車学校の教習車の台数には限りがあるため、いつでも自分の都合の良い時間に予約が取れるわけではありません。
キャンセル待ちをして当日に予約が取れることもありますが、それだけのために通うことになると効率よく受講していることにはならず、最短での免許取得は難しいでしょう。そのため、効率よく免許取得まで進みたい方は、合宿免許がおすすめです。何としても最短での卒業と免許取得を目指したいなら「合宿免許」一択となるのは、多くの人が認めるところではないでしょうか。


免許合宿を最短で卒業するためにかかる日数は?

実際に免許合宿に参加して卒業するまでどれくらいの日数がかかるかご紹介しましょう。教習所によっては春休みや夏休みなどの期間は長めの期間を設定している場合もありますが、基本的に普通車ATは13泊14日、普通車MTは15泊16日です。この日数の組み方は、第一段階の技能実習がATは12時限、MTは15時限、学科教習が10時限。第二段階の技能実習が19時限、学科教習が16時限ある中、1日に受講できる技能教習が第一段階は2時限まで、2段階は3時限と決まっているので、最短でも2週間程度はかかるという仕組みになっています。


ただし免許合宿だからといってすべての方が最短日数で予定通り卒業できる訳ではありません。教習を休まず受けることはもちろんですが、各項目をクリアした後にある技能検定や学科試験に合格しなければ先には進めません。何かで不合格になると、必ず日数は延びてきます。運転がとても苦手な方は、技能教習や検定で何度も落ちてしまうということもありますが、延びてしまった多くの方は学科試験でつまずいています。仮免学科試験は50問中45問以上正解しないといけないので、試験前にしっかりと復習をし、どれだけ多くの練習問題を解いたかがポイントになってきます。免許合宿は友達と参加したり現地で同世代の友達ができたりと楽しいことが沢山ありますが、試験前には切り替えてしっかりと勉強をしましょう。また生活環境も変わり、慣れない運転に緊張して疲れたり、自分住んでいるエリアと気候が違ったりと体調を崩しやすいので、体調管理をしっかりしながら臨んでいくことが大切です。


合宿免許のメリット その1:短期間で運転免許を取得できる!

 

合宿免許の最大の魅力は、「短期集中」で運転免許取得が可能という点です。一般的に、合宿は2週間前後で組まれています。冬休みや春休みなどのまとまった休みが取れるなら、この短期間での運転免許取得も夢ではありません。

学科や技能教習もあらかじめ決められたスケジュールに沿って効率よく進めることが可能です。技能教習の車の予約をする必要もなく、また、満車で予約が取れないといった通学コースで見られるリスクがありません。1日に学科と技能両方の教習が組まれているため多少ハードな面はありますが、その分時間を空けて教習内容を忘れてしまう心配がありません。毎日教習を受けることで、知識も技術力もアップするという大きなメリットがあるのです。

また、合宿免許はすぐに運転免許が必要な人向けの教習とも言えます。学校やバイト、仕事の都合上長期間教習所に通うことのできない人にもおすすめできます。



合宿免許のメリット その2:特典いっぱいのプラン!

合宿免許の魅力は、スピーディーに運転免許を取得できることだけではありません。他にも様々なメリットがあり、宿泊施設を利用するのに通学制の自動車学校の料金よりも安いという特徴もあります。卒業までに必要なパック料金そのものが通学制の料金と比べると格安です。また、合宿を実施する教習所ごとに、利用者に嬉しいサービスが充実しているのです。

まず割引特典ですが、これはほとんどの教習所で行っているサービスです。早い段階で予約した場合の早割や、複数名で予約した場合の団体割引などがあります。教習所の繁忙期である春先は割引率が低くなりますが、シーズンオフになると大幅な値下げを行うケースが増えてきます。キャンペーン期間を設け、その間に申し込んだ場合にのみ料金が値引きされることもあります。いくつか希望する合宿免許情報をピックアップして、比較検討してみると良いでしょう。
地方の教習所の場合は、その土地ならではの特典付プランもあります。合宿施設が温泉旅館、食事が地元の名産品を使ったものなど、大変魅力的です。専属シェフがいる合宿施設もあり、コース料理に近い食事を楽しめる場合もあるようです。
合宿施設内に娯楽施設が整っているケースもあります。インターネットの閲覧ができる共有スペースを設置している教習所もあります。その他にも、合宿参加者同士でコミュニケーションが取れるようテーブルやイスがセットされ、カフェのようになっているところもあります。


合宿免許のメリット その3:短期間でも新しい出会いがある!

2週間程度の短期間で、見知らぬ人たちと交流するのは難しいと考える人もいるでしょう。しかし、合宿免許は特別な環境の中で過ごすため、短期間であっても親しくなるチャンスは多く訪れます。合宿免許の場合、1日中学科と技能のどちらかを交互に受けることになります。そのため、一緒にいる人の顔と名前はお互いに自然と覚えられるはずです。特に相部屋を申し込んだ場合、見知らぬ人と寝食を共にするためコミュニケーションが必要になってきます。たった2週間程度の短さであっても、毎日顔を合わせて過ごすため年齢や性別に関係なく仲良くなるケースはよくあることのようです。同時期に入校した仲間と同じペースでステップアップでき、仲間意識が生まれ合宿生活も楽しめるでしょう。
また、合宿が終わってから連絡を取り合うこともあります。合宿免許参加者は全国各地から集まってくるため、様々な場所の友人ができる可能性もあるでしょう。短期間での合宿であっても、卒業後長い付き合いになることもあるのです。


合宿免許の自動車学校に入校する際の注意点

合宿免許の自動車学校に入校する際には、メリットばかりだけに目を向けるのではなく注意点も知ることが大切です。まずは、約2週間という期間を免許取得のために他の予定を一切入れずに、事前に予定をやり繰りして空けておかなければなりません。合宿地が自宅から離れている場合は、地元の友達と会ったりアルバイトなどに行ったりすることは難しいでしょう。全期間のすべての時間が免許取得のためにあるという覚悟が必要です。とはいえ、夜は自由時間ですし、学科の勉強に当てたり友達と連絡を取り合ったりして自由に過ごすことができます。

友達などの知り合いと一緒に入校するのでなければ、まったく見ず知らずの人と約2週間寝食をともにすることになります。知らない土地の知らない人との合宿という非日常がストレスになってしまう人もいるでしょう。免許取得という目的達成のためには慣れるまで辛抱するしかありません。しかし、同じように感じている人も中にはいるでしょう。気の合う仲間が見つかり無理せず自然体で過ごせたという人もいます。

自動車学校と合宿地は首都圏から遠方の地方に多く存在します。自宅周辺が交通量の多い大きな道路だらけ、という環境に住んでいる人にとっては、地方の技能教習の路上コースとは勝手が違うでしょう。免許取得後は、慣れるまでは助手席で指導してくれる人に帯同してもらい、交通量の多い道路の運転やよく利用する場所の駐車練習をしておくと安心です。


最短で卒業するための勉強のコツ

最短で合宿免許を卒業するためには、追加教習などの延長を防ぐことが重要です。通常なら普段の教習をしっかり受けてさえいれば問題なく身に付けられる技能や知識ですが、稀に習熟が不完全な場合もあるかもしれません。自信のない教程は自主学習で完璧にしておくことが望ましいです。スマホアプリやパソコンソフトではさまざまな免許試験対策の学習ができるものがあります。楽しみながら活用できるものを探してみると良いでしょう。暗記が必要ならコツコツと反復して記憶に定着させることが必要です。

講義前に予習をしておくと授業でもスムーズに頭に入り効果的です。予習をしておけばわかりにくいと感じた部分が事前にチェックでき、すぐに指導員に質問することもできます。本試験は選択式のマークシートなので、要は暗記力が試されるとも言えます。ただし、出題文の言い回し1つで混乱する場合がありますので、さまざまな問題文をたくさん解くことで実力をつければ落ち着いて対応できるでしょう。


最短で卒業するための技能のコツ

技能教習の内容を着実に習得するコツは緊張感を取り去ることです。慣れない運転席で指導員と閉鎖された空間で何十分も一緒なのですから、緊張しないわけがありません。そんなときは指導員の言葉を聞いているようで頭に入らない状態になりがちです。何のためにこの動作が必要なのか、落ち着いて考えることもできません。言われるがままに手足を動かしているだけで、緊張のあまり何をどう動かしているのかも理解できなかったという人もいるほどです。

そこまで緊張してしまっては、せっかくの教習時間が無駄になってしまいます。なるべくリラックスして臨めるようにしたいものです。真面目に取り組む気持ちがあれば、指導員は決して怖い存在ではありません。指示やアドバイスには素直に耳を傾け、しっかりと聞いて理解することが肝心です。指導者は基本的に人に教えることが好きな人達が多いのです。積極的に学ぶ姿勢が見られれば、親身に力になってくれるでしょう。失敗しても恐れることはありません。

技能の検定を受けるときのコツは、安全確認をしていることがハッキリと伝わるような動作をすることです。急ぐ必要はありません。左折はしっかりと振り返って目視で巻き込み確認をする、後方確認はバックミラーを目で見るだけでなく頭を上げてしっかりと見る挙動が大切なのです。ゆっくりハッキリとした動作をすることにより、落ち着いて安全な運転ができていると評価されるでしょう。


入校日当日までに気を付けるべきこと

しばらく自宅を留守にするので入校前の入念な準備は欠かせません。忘れ物がないように用意するのはもちろんのこと、当日までの体調管理も大切です。勉強やバイトなどで夜型の生活を送っていた人は、教習時間に合わせた朝型の生活にシフトしておきましょう。入校当日や合宿中の寝坊は厳禁です。1つの予定を落としただけでも最短の卒業はできず延長となり追加料金が必要になってしまいます。

そもそも、合宿のために空けておいたスケジュールが延びてしまう可能性が全くないとはいえません。合宿終了予定の翌日に重要な予定を入れてしまうのは避けたほうが無難です。教習が順調に行かなかったり、病気になって必要な教習が受けられなかったりすると卒業までの教習期間が延びてしまいます。また、荒天のため運転に危険が見込まれるときは、やむ無く教習を中止にせざるを得ないこともあります。そのような可能性も視野に入れ、念のため余裕をもったスケジュールを立てた上で入校しましょう。


最短で卒業したいなら合宿免許にしよう!

本気で自動車運転免許の最短取得を目指すなら、連続して毎日確実に技能教習ができる短期集中の合宿免許が最適です。学生なら、春・夏・冬の長期の休みはまとまった時間が取りやすいでしょう。通学よりも安く教習できるのも大きなメリットです。日常では知り合えないさまざまな人と寝食をともにして同じ目標に向かって勉強する生活は良い刺激になったという人もいます。免許を取得するだけでなく、それを通じて有意義な時間を過ごしたいなら、ぜひ積極的に参加を検討してみてください。 

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top