合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許で期間延長してしまったら・・・

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許で期間延長してしまったら・・・

合宿免許で期間延長してしまったら・・・

 合宿免許に参加しようとした時に、2週間ほどの日程をあけるのはいいけど、もし延長して予定が合わなくなったらどうしようと不安になる方も多いのではないでしょうか。万が一延長したことを考えて、余裕をみて1ヶ月近く休みを取るなんてことは不可能ですよね?どれくらい休みを取っていれば確実に卒業できるのかは、悩みの種です。


合宿免許に参加した場合の規定の教習日数は教習所により異なりますが、普通車の場合、最短日数AT車14日~、MT車16日~が一般的な日数です。最短卒業日に卒業できるように、きちんと教習も組んであるので、スムーズに行けばその日程で卒業することができます。では実際に合宿免許で延長になってしまう方は、何が原因なんでしょうか?延長になる人は何割くらいいるのでしょうか?最短日数で終わるためにはどのようなことに気を付けたらいいのか、具体的にお話ししていきましょう。

  • 合宿免許で延長になる可能性は低い

 短期間で免許を取得できることが、大きなメリットでもある合宿免許は、時間的に自由が利く学生を中心に、今すぐ免許を取得したい方など、多くの方に選ばれている教習コースです。参加する方の中には、設定されている最短日数には100%卒業できると思っている方も多いですが、必ずしも最短日数での卒業が約束されているわけではありません。よほどの悪天候などで教習が中止になる場合を除き、教習所側の都合で教習が延びることはないので、最短日数で卒業できるかどうかは、あくまでも参加する方の技能や学科試験に受かるかどうかの力量にかかっています。


合宿免許では、あらかじめ設定されている最短卒業日までに、学科授業、技能教習、仮免許学科試験、技能検定を含めてすべてが終わるようにきちんと予定が組まれていますが、技能教習や、技能検定、学科試験などが合格レベルに達していない場合は、予定していた卒業日が来るからと言っても先に進めず、必ず不合格になる度に教習日数が延びてきます。 実際に期間延長となってしまうケースは、通常通り真面目に学科授業と技能教習を受け続けていればほとんどなく、学生など若い年代の方ですと8~9割くらいが最短卒業日に間に合うようにストレートに合格しています。


ちなみに教習などを落とす以外にも延長になる原因があります。検定などに合格できなかったというだけでなく、朝寝坊による欠席や遅刻、また体調不良による欠席などもあります。合宿期間は、最短日数で収めるべく、各カリキュラムはタイムスケジュールに沿って緻密に準備されており、スケジュール管理は自分でしっかりとすることが前提です。教官は皆さんが寝坊しても起こしてはくれず、欠席をしていても呼びにきてくれたりはしません。 更には単なる勘違いから時間を間違えてしまったとしても、欠席は欠席に違い無く、情状酌量の余地はありません。 また成人している方は、前日に深酒してしまって体調不良やお酒が残っていることでハンドルを握る事が出来ず、必要最低限の路上教習がクリア出来ないケースも見られます。(※教習所によっては合宿免許期間中は禁酒のところもあります。) お酒を飲まないまでも、気の合う仲間達と卒業旅行を兼ねた気分で参加される方々に見られる傾向として、ついつい旅行気分ばかりが盛り上がってしまい、肝心の合宿免許への集中力がお留守になってしまい、結果延長となってしまう方も少なくありません。 つまり、合宿期間が延びてしまうのは、ほとんどが自己管理不足や教習に対するやる気のなさが問題です。 きちんと免許取得に向けて真面目に教習を受けていれば、延長や不合格の心配はほとんどないといって良いでしょう。


  • 延長することになってしまったら?

 合宿免許のカリキュラムは、参加者がスケジュールを組めなかったり、無駄に追加料金がかかったりすることなく、最もスムーズかつ、確実に合格証明書を受け取る事が出来る流れが構築されています。 但し、合宿と言っても体育会系運動部の合宿や、新入社員の企業研修ではないので、あくまで自己管理に基づき、自らの意思で教習を受け、検定にも臨まなければならず、この点は通学免許とも共通している部分です。 しかし、インフルエンザなどが合宿所内で流行してしまう場合や、台風や豪雪により教習が出来ないなど、必ずしも自己管理不足とは言い切れないアクシデントの可能性も否めません。 もちろん、不特定多数の人間が共同生活する環境だからこそ、感染症への予防対策は求められますが、それ以外にも家庭の事情などで教習を休まなくては行けなかったりする場合など、やむを得ない状況で延長をしてしまう場合もあります。 万が一、延長してしまった場合に備えて、延長にかかる料金については必ず入校する確認しておきましょう。


合宿免許における期間延長に際しては、中にはプラスアルファの保証として、追加料金発生の心配がいらないと解釈出来る説明文が、公式サイトやパンフレット上の文言に見られるケースもあります。しかしこの保証内容は、どの教習所も参加する方の年齢によって、異なる場合がほとんどです。基本的には学生の年代は保証が手厚く、26歳以上くらいから保証が少なくなっていくことが一般的です。保証内容も技能教習、技能検定、宿泊食事に分かれており、すべてが卒業まで保証の教習所もあれば、宿泊食事は最短日数+4泊まで、などそれぞれに制限があることも多くあります。保証内容にかかわらず仮免許学科試験の手数料や仮免許証発行手数料は必ず現地払いで必要で、学科は落ちるたびに追加料金がかかります。中には仮免許学科試験を3回以上落ちると一時帰宅をして地元で勉強をし直し、免許センターで学科が受かってから再入校をしなくてはいけない教習所もあります。参加する教習所の保証内容がどうなっているかは事前に確認が必要です。 また寝坊や遅刻、体調不良による欠席など、個人の都合で延長となった場合には、全て追加料金は自己負担が原則であり、保証で付いてくるものはあくまで参加者に起因しない結果延長の場合の、特例措置であるのが一般的です。何か予定が入っていしまって一時帰宅をし、延長になった場合も同じです。


更に、発生してしまった追加料金に関しては、卒業検定合格から卒業するまでに清算しなければなりません。これが遅れると卒業証明書が交付されず、運転免許試験の受験が出来ない状況に陥るので要注意です。 ちなみに、自己責任に因る期間延長となる殆どのケースは、参加期間中の自己管理の甘さと、不真面目な受講態度が招いた結果です。 普通に真面目に教習を受ける毎日を過ごしていれば、こうした最悪の状況に陥る事はまず有り得ません。過度な心配は無用ですが、合宿免許に臨む姿勢だけはキチンと律しておきましょう。


  • 通学免許の方が延長のリスクが高い?

 運転免許取得を目指すにあたって、合宿と通学どちらにしようかと迷う方も多いのではないでしょうか。果たして合宿免許と通学免許のどちらの方が延長が発生してくる可能性が高いのでしょう?具体的な事例をみて考えていきましょう。 まず、通学免許は皆さんの空き時間をうまく活用して教習を受けていくスタイルであり、生活のメインである学校の授業や部活動、社会人の方なら仕事が優先になることは間違いありません。 あらかじめ設定された教習の受講に際し、学校で重要な急用が発生したり、職場でトラブルが起きて残業が避けられなかったり、あるいは交通機関のアクシデントで教習所に辿り着けないなど、普段の生活の合間を利用する通学免許だからこそ様々なリスクが発生してきます。そしてこれら全てが「自己都合」となります。必ず受けなくてはいけない教習の次の開講日と、自身の予定がマッチしない場合、たった1度のこうしたアクシデントの結果、通い続けねばならない期間を、数ヶ月単位で延長させてしまうケースもゼロとは言えません。また前日までに予定変更が分かればいいのですが、当日になって行けなくなってしまった場合は、キャンセル料が発生する場合もあります。


さらに路上教習に関しては、前回の乗車から時間が開き過ぎてしまえば、せっかく身体が覚えかけていた運転技術や勘が鈍ってしまいます。 毎日運転をする合宿免許と比べると、どうしても勘を取り戻す時間が必要になり、技能の面でスムーズに進まない場合があります。 自由に教習を組める分、教習を優先して考えて行かないとなかなか進まないままとなり、それ故発生する、教習と教習の間の不要な空き時間が、修了検定や路上の卒業検定時に重なってしまえば、普段なら考えられないケアレスミスから不合格判定を招いてしまうリスクも高まるでしょう。 また、教習所の所在地が大都市圏内にあり、交通量が極めて多いルートを使用せざるを得ない場合、渋滞に引っ掛かり十分な走行距離が確保出来ないなど、教習所側が設定した実習を結果こなし切れぬケースも懸念されます。 免許取得後に運転する道路環境と同じであれば、卒業後も安心して運転が出来ますが、早めに卒業をしたいと思う参加者にとってはマイナスの事象であり、合宿免許ではあまりない状況です。


通学免許は、免許取得に集中出来る環境が整った合宿免許とは全く異なります。自由に教習を受けていける分、後回しにして卒業まで長期間かかる方も多くいます。 まとまった休みを取れるようであれば合宿免許で、確実に期間内に免許取得を目指すことがおすすめです。これから免許取得を目指されるに際しての参考としてご確認ください。

  • 延長にならない為の注意点

 さていかがでしたでしょうか?合宿免許に参加するために休みを取ったのはいいけど、卒業予定の直後に予定があり、スケジュールに余裕の無い方や、追加料金が心配な方などは、合宿に行く前に色んなことが不安になるかもしれません。一般的には、元々予定されている最短卒業日で卒業される方がほとんどです。あとは、スケジュール管理をしっかりするなど運転免許取得に集中して自己管理をすることや、教習をスムーズに進めるための予習・復習をしっかりすることが大切です。それでは最後に検定や学科試験などにスムーズに合格できるにはどんなところに気を付ければいいかを説明しましょう。


まず仮免許学科試験対策としては、学科授業が進んだ時に効果測定という模擬試験が受けられます。その段階で合格ラインに至っていないと試験に進めない教習所もあるので注意が必要です。50問中45問合格でなくてはいけないので、ひっかけ問題などに事前に慣れておかなければなりません。方法としては、インターネット上で配信しているものや、問題集など、仮免学科試験の練習問題をできるだけ多く解いてみるというのがひとつの手です。似たような問題が沢山出てくる学科試験なので、過去問も含め色んな問題に触れておくことが強みとなります。そして最後は技能検定です。技能の検定は100点満点からの減点方式で、70点未満は不合格となり後日受け直しになります。ひとつひとつ課題を丁寧にクリアしていくことは勿論ですが、中には一発で100点減点となる、一時停止を止まらない、信号を無視するなどの行為があります。たった一度のミスでも、その日に検定は受け直せないので、事前に何がどれくらい減点になるかを把握しておく必要があります。


不合格になったらどうしよう!と不安になりすぎてもうまくいかないものなので、普段から真面目に教習を受け、ほとんどの人は合格するから大丈夫!という気持ちで受けることも大切かもしれません。できるだけ延長のないよう卒業して、残った休暇は旅行に行くなど楽しみたいですよね。合宿免許に参加される方は、最短日数で卒業できるよう頑張ってください。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top