合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許の合格率は?卒検問題と試験対策方法

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許の合格率は?卒検問題と試験対策方法

合宿免許の合格率は?卒検問題と試験対策方法

合宿免許に参加するかどうかで悩んでいる方にとって、やはり合宿免許での合格率は気になるのではないでしょうか。
そこで今回は、合宿免許参加者の合格率や卒検問題と試験対策方法についてご紹介します。


合宿免許の合格率は高い傾向に!

合宿免許は最近注目されつつある運転免許の取得方法です。最短14日間で免許を取得可能な合宿免許は男女問わず参加できます。あらかじめ卒業までのカリキュラムが組まれているため、予約が取れず期間が空いてしまうということもありません。期間が空かないということは前に教わったことを忘れない内に再確認できるということです。そのため、合宿免許はその都度予約を取って教習所に通う一般的な方法より試験合格率が高い傾向にあると言われています。
その理由は、前述したように期間を空けずコンスタントに教習を受けられること以外にもあります。教習の合間に合宿免許の参加者同士で分からないところを教え合うことができる、ということです。教習所に通うのとは違って同じところに泊まる訳ですから、仲間と一緒にいる時間が増え、親交を深めやすくなります。苦手分野をカバーし合い、同じ目標に向かって頑張っている仲間ができることでモチベーションが上がり、合格率も高くなるのです。


卒検までの流れと対策

合宿免許では、できるだけ短期間で無理なく卒業できるようなカリキュラムが組まれています。急いでばかりで十分な実力がついていないままでは、仮免学科試験や卒業検定試験を受けたとしても落ちてしまう可能性が高いからです。そうなれば再度試験を受けなければならず、それだけ卒業が遅れてしまいます。
また、合宿免許では試験をスムーズにパスできるような対策を採っています。例えば、仮免学科試験の前に学科と技能を確認するための効果測定と見極めを行っています。
技能の見極めでは、一時停止や右左折、S字などの総合的な復習をかねたチェックを行います。学科の効果測定は模擬試験のようなもので、これらに合格すれば仮免学科試験を受けることができます。
仮免学科試験に合格すれば仮免が交付され、卒業検定試験に進むことができます。もちろん、卒検の前にも見極めや効果測定を受けて能力の確認を行います。これらを受けることで、自分の運転技術を不安に感じることなく自信を持って卒検に臨むことができるでしょう。
卒検は技能試験のため、どの試験内容でも対応できるよう苦手なものも克服しておく必要があります。対策として考えられるのは、技能教習時に身につけた技術を見極めの時にしっかり復習し、感覚を忘れないことです。
なお、卒検に不合格となった場合は、不合格になった項目の補習を受けてその後再び卒業検定試験を受けることになります。


学科試験を受けて免許取得へ

卒検に合格すると晴れて卒業となり、卒業証明書をもらうことができます。この卒業証明書の有効期間は1年間です。その有効期間内に、住民票のある都道府県の運転免許センターで適性検査と学科試験を受けましょう。この本試験に合格すると即日で免許が発行されます。
学科試験は全部で95問出題され、90点以上で合格です。この学科試験ではひっかけ問題も多く出題されるため、過去問を何度も解いて出題の傾向を掴んでおくとよいでしょう。そして、試験当日はひっかけ問題にひっかからないよう、焦らず落ち着いて臨むことが大切です。


おわりに

合宿免許なら、覚えた知識や感覚を忘れない内に教習を進めることができます。約2週間という短期間で総合的な運転技能の向上が見込めるでしょう。また、合宿参加者との交流によってモチベーションが高まりますし、互いに教え合うことで理解も深まりやすくなります。その上合宿免許では検定試験に対するサポート体制も確立されています。
いきなり検定試験本番という訳ではなく、事前に練習が用意されているため安心して試験に臨むことができる点も合宿免許の利点です。合宿免許にはこうした数々の利点があるため、安心して参加してください。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top