免許取得ノウハウに関するコラム

効果測定とは?自動車学校卒業に不可欠な効果測定の問題傾向と一発合格のポイント

2023.02.21 2023.02.21
効果測定とは?自動車学校卒業に不可欠な効果測定の問題傾向と一発合格のポイント

効果測定は、自動車学校を卒業するために必ず合格しなければならない試験の一つ。ここでつまずいてしまうと、次のステップに進めないだけでなく、合宿免許の場合は合宿期間が延長する要因にもなります。 そこで今回は、免許取得を目指す方なら押さえておきたい「効果測定」について詳しく解説。効果測定がどういったテストなのか、また合格するためにはどんな勉強法が効果的なのか、スムーズに卒業するためのお役立ち情報をわかりやすくお届けします!

 

効果測定とは?

効果測定は、自動車学校で学んだ知識の習熟度を測るための学科試験です。受験のタイミングは2回あり、最初は第一段階終了後の仮免許試験前、2回目は第二段階終了後の卒業検定前となります。いずれも次のステップに進むためにクリアすべき試験であり、効果測定に合格できない場合は合格できるまで受験する必要があります。

効果測定の目的・役割とは

効果測定を行う目的は、学科試験を受ける前に苦手な分野を把握するため。効果測定に向けて学習することで曖昧な知識や間違って認識していたポイントを復習することができ、実際の試験にも生かすことができます。 また、効果測定は実際の学科試験で出題される問題と類似しているため、試験自体に慣れるための模擬試験の役割も担っています。問題の形式に慣れることで対策を立てやすくなるので、教わったことを復習しながらコツを掴んでいきましょう。

効果測定の形式・内容とは

効果測定は、教習所のパソコンで行われることが多いですが、教習所によっては実際の学科試験同様、マークシート形式の場合もあります。なお、ほとんどの教習所では予約不要で受けられますが、中には予約が必要な場合もあります。あらかじめ確認しておきましょう。

また、効果測定の内容は、第一段階・第二段階で異なります。第一段階(仮免許試験前)では、◯×形式の問題50問を30分程度で回答。第二段階(卒業検定前)では、◯×形式の問題90問とイラスト形式の問題5問が出題され、50分程度で回答します。

いずれも合格ラインは9割程度に設定されていて、1点でも下回った場合は不合格となり、再受験の必要があります。 合格するまでは、本番の学科試験やみきわめを受けることができないので、一発で合格できるように日々の予習・復習を大切にしましょう。

 

効果測定合格に向けた勉強方法

第一段階、第二段階ともに効果測定に合格できなければ、修了検定を受けることはできません。そのため対策は必須となりますが、「どのように勉強したらよいかわからない…」という方もいるかもしれません。ここからは各効果測定の内容を踏まえつつ、効果的な勉強方法をご案内します。

第一段階 効果測定の内容と勉強方法

第一段階の効果測定で出題される問題は、どれも運転に必要な基礎知識に関するものです。そのため、基本的には教本をしっかり頭に入れておけば問題なく解くことができるはずです。

ただし、なかには注意深く読まないとわかりづらい「ひっかけ問題」も出題されます。教本での学習や学科教習の復習だけでは心配な人は、交通用語や標識、ルールが載っているテキストを購入し、問題の解き方に慣れておくとよいでしょう。

第二段階 効果測定の内容と勉強方法

第二段階の効果測定で出題される問題は、第一段階の内容も含んだ「応用編」です。こちらも基本的かつ常識的な内容が多いので、きちんと学んだ内容を理解していれば問題ありません。

なお、第二段階では第一段階よりもひっかけ問題が多い傾向があります。都道府県によっても出題傾向が異なるので、過去問を繰り返し解き、傾向と対策を練りましょう。

 

効果測定で間違えやすい問題とは

効果測定で出題される問題は、免許取得に欠かせない基礎知識がほとんど

しかし、受験者の理解度を確かめるためのひっかけ問題も出題されます。本番の学科試験と同様に○×形式で出題されるため正解する確率は2分の1ですが、1点でも合格ラインを下回ると不合格になるため、一問一問確実に正答しなければいけません。

そのため、自分の苦手な分野をあらかじめ把握した上で、念入りに勉強しておくことが肝心です。 ここからは一発で合格するために知っておきたい、間違えやすい問題の傾向と対策をご紹介します。

類似している標識・標示

よく出題される問題に、「一方通行」の標識があります。「一方通行」の標識というのは青地に白の矢印なのですが、これとよく似た標識に「左折可」の標識があります。「左折可」の標識は白地に青の矢印となっており、色の配色が違うだけで形はほぼ同じです。

標識だけでなく、道路標示にも間違って覚えやすいものがあります。たとえば、道路に実線が引かれた「安全地帯」「停止禁止」「立入禁止部分」もその一つ。線の色や形によって、標示の意味はもちろん、通行や停止の可否が変わるので、しっかり覚えておくようにしましょう。

一時停止と徐行の違い

さまざまなケースを想定し、一時停止をするべきなのか、それとも徐行するべきなのかという問題もよく出題されます。

一時停止が必要な場所の代表例としては踏切が挙げられます。ほかにも、赤信号が点滅している場合にも一時停止が必要です。なお、黄色信号の点滅の場合には他の車両に注意して進むことができます。

一方、徐行は歩行者や軽車両の近くを通り過ぎる際に行います。そのほか、優先道路や道幅が広い道路に出る際、安全地帯に歩行者がいる際にも徐行しなければならないというルールがあります。

 

効果測定を一発で合格するためのポイント

最後に、効果測定に合格するためのポイントをご紹介します。

1つ目は「問題に慣れること」。先ほどもお伝えしたように、効果測定で出題される問題には紛らわしい表現のものもあります。これを乗り切るためには、とにかく問題数をこなして、特有の言い回しや表現に慣れておくことが大切です。 試験には似たような問題がたくさん出るため、過去問を解いて文章に慣れておくことが有効な対策になるでしょう。

もちろん、知識をしっかりと身につけるためにも役立ちます。 最近では、Web上で試験問題にチャレンジできるサイトも多いので、そうしたサービスを利用するのもおすすめです。ただし、道路交通法は時代と共に変化するため、現在の道路交通法に沿った内容なのかは必ず確認してください。

2つ目のポイントは、「言葉の意味を正しく理解すること」。たとえば、「徐行」と「減速」では意味が全く異なります。徐行はブレーキをかけて1メートル以内で停止できるスピードで走行することを指しますが、減速は単純に速度を下げることを指します。

文章問題では、徐行と減速がすり替えられた問題も出てきます。また、標識や標示も言葉は似ていますが、法律上は全くの別物です。 日頃の学習では言葉一つひとつの意味を正しく理解することを意識し、効果測定では問題文を注意深く読むように心がけましょう。

 

おわりに:合宿免許に参加するならアイランド

今回は、免許取得を目指すためには避けて通れない「効果測定」について詳しく解説してきました。効果測定では、受験者が間違いやすいひっかけ問題も出題されます。しかし、車を運転するなら理解しておくべき基本的・常識的な内容ばかりなので、一発合格を目指すと同時に、安全に運転をするための正しい知識を身につけられるようにがんばりましょう!

合宿免許アイランドは「運転免許を取得したい!」と考えている人をサポートするエージェントです。北海道から沖縄まで全国各地の合宿免許を最安価格で取り扱っているので、短期間・ローコストで免許取得を叶えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

▼合宿免許のお申し込みはこちら

https://www.ai-menkyo.jp/application/

▼合宿免許の資料請求はこちら

https://www.ai-menkyo.jp/material/

 

夏休みにおすすめのキャンペーン
【期間限定】合宿免許の格安キャンペーン
この記事を書いた人最新の記事

合宿免許アイランド運用編集部

合宿免許アイランドは、合宿免許に携わって約30年。たくさんのお客様がご利用された実績もあり、安心してお申し込みいただけます。 合宿免許というニッチな業界で修行中の編集者がお届けする、お得な情報やアイランドでしか見ることのできない情報をご紹介!

運転免許取得をお考えなら最安料金を保証する
合宿免許アイランドにお任せください!

教習所の入校日/プラン・料金の簡単検索
電話での仮予約・質問などはこちら平日 9:30~19:00 土日祝 10:00~18:00
通話無料ダイヤル0120-727-659