合宿免許なら最安料金保証の合宿免許アイランド - 冬休み・春休み(1月・2月・3月)の免許合宿受付中!
全国で合宿免許をとるなら最安料金保証の合宿免許アイランド
他サイトよりも高い場合はご連絡ください!そのサイトよりもお安くご提供いたします!
合宿免許 知恵袋 入校前にチェック!

免許合宿カップルプランまるわかりガイド!

免許合宿カップルプランまるわかりガイド!

運転免許を取得するため、免許合宿にカップルで参加したいと考えている人もいるのではないでしょうか。通常の免許合宿の場合、男女で宿泊施設が分かれているため、カップルで参加したとしても、宿舎は分かれてしまいます。カップルで参加した2人が同じ部屋で過ごすことができるのがカップルプランです。この記事では、免許合宿でカップルプランの利用を検討している人を対象として、基礎知識やメリット・デメリット、年齢制限など、事前に調べておきたいことを紹介します。


免許合宿カップルプランの基礎知識!


免許合宿のカップルプランは、男女ペアで同じ部屋に泊まり、運転免許を取得するための教習が受けられるプランです。利用できるのは、男女の恋人同士に限られているわけではありません。男女のペアであれば、夫婦や姉と弟などのきょうだい・仲の良い異性の友人同士でも利用することが可能です。通常の免許合宿では、男女は別の宿泊施設に泊まるのが一般的であるため、カップルで参加しても宿舎は別々になってしまいます。カップルプランを選べば、一緒に過ごせることがポイントといえるでしょう。

ただし、免許合宿を行っているすべての自動車学校にカップルプランの設定があるわけではありません。免許合宿を行う自動車学校全体の数に対して、カップルプランを実施する自動車学校の数は少ないといえます。カップルプランの免許合宿は、3食付き・夕食のみなし・食事なしで自炊のみのところなど、食事の面でもサービスはそれぞれです。宿泊先は、ホテルやマンション・自動車学校に附属している寮などがあります。なお、カップルプランの対象となるのは、普通車の運転免許を取得するための教習に限っているところが多いです。


どんなカップルの申し込みが多い?


カップルプランに申し込みをしている人は、20歳前後の大学生カップルが多い傾向です。その理由として、大学生は、夏休みや春休みなどの長期休暇があるため、まとまった時間が必要な免許合宿に参加しやすい事情があるのでしょう。そして、学生のうちに運転免許を取得したいと考える人が多いのも事実です。社会人になれば、自動車学校に通う時間を捻出するのが難しい場合が多くなります。ましてや、就職してフルタイムで働いていると、有給休暇の取得が簡単に行える人でないと、免許合宿に参加するのは難しいといえるでしょう。

さらに、少しでも若いうちに運転免許を取得したいと考える人も多いです。一般的に、若い人のほうが、自動車学校を卒業するまでの日数が短いといわれています。そのため、カップルプランに限らず、自動車学校の利用者は、若い人が多い傾向です。カップルプランを利用する人に大学生が多いのは、自然なことであるといえるでしょう。また、カップルプランを利用する条件として、2人が必ずしも恋人同士である必要はありません。男女のペアであれば、姉弟や夫婦、異性の友人でも利用できます。特に、姉弟などで参加する場合は、1人で参加するよりも割安になるため、2人一緒に参加させたいという親からの申し込みも少なくありません。

また、免許合宿は、複数で参加すればグループ割引が適用されて、費用が安くなったりキャッシュバックされたりすることがあります。そのため、少しでも費用を安くするために、恋人ではないけれど友人同士で参加するという人もいます。費用を安くするためには、宿泊施設で相部屋を希望する方法があります。しかし、相部屋の場合は、知らない人と同室になる可能性が高いため、不安を感じる人もいるでしょう。免許合宿では2~3週間は、同じ場所で過ごすことになりますので、気心の知れた人と同室になるほうが安心です。費用を安くしたいものの、知らない人と同室になるのは不安な人にもカップルプランは向いています。


合宿免許のカップルプランに年齢制限はある?


免許合宿のカップルプランには、年齢制限が設けられているケースがあります。また、属性で制限が設けられている場合も少なくありません。自動車学校によって、18歳以上という条件のところと、20歳以上という条件のところに分かれます。また、18歳というと高校生も含まれますが、高校生は不可なところと高校生でも可能とするところがあり、自動車学校によって対応はまちまちです。高校生も可能なところは、高校生同士のカップルでも、高校生を含んだカップルでも、どちらでも申し込みができます。

なお、未成年者の場合や20歳以上でも学生の場合は、保護者の承諾書が必要となることがほとんどです。カップルプランに申し込みすると、申し込み内容の確認も含めた案内の資料が郵送されてきます。その中にカップルプランの承諾書が入っているため、参加する本人と保護者の署名をしたうえで、入校日に自動車学校に直接持参することが必要です。なお、申し込みをする時点で17歳または19歳でも、実際に入校する日に18歳または20歳になっていれば、カップルプランが利用できる場合があります。


カップルプランでは取得する車種は一緒じゃないとダメ?


カップルプランで申し込みをする際に、2人が同じ車種を希望しているとは限りません。1人がAT車、もう1人はMT車を希望している場合もありえます。2人の希望車種が同じでなくても申し込みができるところと、2人とも同じ車種であることを条件としているところがあります。そのため、入校を検討している自動車学校の条件がどうなっているのかを、事前に確認することが必要です。また、AT車とMT車では規定の教習時間が異なります。そのため、2人が違う車種で申し込みをした場合、同じ日に入校しても最短で卒業できる日数は異なることに注意が必要です。

仮に、2人とも追加教習を受けずに卒業検定にスムーズに合格しても、MT車の方がAT車よりも卒業までの最短日数がおおむね2日多くなります。自動車学校に通う日数が多く、宿泊も2日長くなることから、同じ日に入校しても、MT車の方がAT車よりも料金が高いのが特徴です。多くの自動車学校では、最短の卒業日数をAT車で14日間、MT車で16日と定めています。ちなみに、AT車でもMT車でも、学科教習は26時限です。技能教習は、自動車学校内で教習する第1段階と路上教習の第2段階の2種類あります。

MT車の場合、クラッチ操作の練習を行うため、第1段階で15時間以上の教習を受けなければなりません。それに対して、AT車の第1段階の教習時間は12時間以上と定められています。また、第2段階は、どちらの車種でも19時間以上の教習を受けることが必要です。そして、1日に受けられる技能教習の時間は、第1段階は2時限まで、第2段階は3時限までと決められています。定められている教習時間を1日に受講できる時限数で割り振ることで、卒業までの最短日数が決まるわけです。これらはあくまでも、最短の場合の日数になります。実際には、追加教習になることも少なくないため、2人の車種が異なれば、卒業までの日数の差は2日より多くなることもありえるでしょう。


免許合宿カップルプランがおすすめなワケ


普段から仲の良い2人がカップルプランに申し込みをした場合、お互いに励まし合いながら卒業を目指すことができます。学科の勉強を一緒に行ったり、問題を出し合ったりすることも可能です。自分1人で黙々と問題を解くよりも、楽しみながら勉強を進めることができるでしょう。また、免許合宿では、週末などに教習が休みの日がある場合があります。休日や空き時間には、近隣のレジャー施設や観光地などに送迎するサービスを行っている自動車学校も多いです。こうした場所に出かけることにより、気分転換にもなりますし、旅行気分を味わうこともできます。

免許合宿は、住民票のあるところとは離れた場所に出かけるのが一般的です。そのため、普段ならなかなか出かけられない地域の観光施設やレジャー施設に休日を利用して出かけられるのは、いい思い出になるでしょう。さらに、カップルプランを実施している自動車学校のなかには、キャンペーンや割引特典を用意しているところもあります。たとえば、1カ月以上前に申し込みをすると適用される早期割引・学生割引・2人以上のグループを対象に行われるグループ割引などです。こうした割引は、カップルプラン以外のプランにも適用されますが、グループ割引は1人で申し込みをした場合には適用されません。

この他に、カップルプランならではの特典を設けている自動車学校もあります。たとえば、特定日に入校することで、通常日に入校するよりも割安の料金が適用されるキャンペーンです。地元の名物料理やスイーツなどの食事券を無料で配布するユニークなサービスを行う自動車学校もあります。特定日に入校することで費用が割安になる特典は、閑散期を対象として行われるのが一般的です。しかし、その日程にあわせてスケジュールが組めるなら、利用を検討してみるといいのではないでしょうか。こうした特典やキャンペーンを上手に利用することによって、免許合宿をよりお得に楽しむことができます。


免許合宿カップルプランで気を付けたいこと


カップルプランを利用する場合、技能教習の時間は別々の車で教習を受けることになります。しかし、それ以外の学科教習や食事、宿泊などはほとんどの時間において、一緒に過ごすこととなるでしょう。2週間以上の期間にわたって、2人で生活をするのと同じ状態になります。そのため、細かい部分などが気になって、お互いにぎくしゃくしたり、けんかになったりすることもないとはいえません。恋人同士の場合よりも、普段から一緒に生活をしている姉弟や夫婦の場合のほうが、そうした心配は少ないといえるでしょう。

また、2人でいることを楽しみすぎてしまって、勉強がおろそかになってしまうと、予定した通りに教習が進まない可能性があります。特に、学科はしっかりと勉強を行わなければ、合格できません。学科試験で何度も不合格になってしまうと、再入校しなければならない場合もあります。そのため、遊ぶ時間と勉強する時間のメリハリをきちんとつけていくことが必要です。さらに、技能教習や修了検定などの進み具合や合否は、人それぞれ異なります。2人が同じタイミングで進んでいけるとは限りません。どちらかが進み具合が遅かったり、修了検定を落としてしまったりすると、同時に卒業できないことがあります。


免許合宿カップルプランで事前にチェックしておくべきこと


カップルプランを実施している自動車学校は、どこでも入校できるわけではありません。基本的に、自動車学校の近隣の市町村に住んでいる場合(住民票がある場合)や実家・本籍地がある場合は入校が不可能です。また、自動車学校によって、カップルプランで申し込みができる年齢制限が行われている場合があります。20歳を超えていれば、カップルプランを実施しているどの自動車学校でも入校ができますが、18歳の場合は入校できるところとできないところがあるため、注意が必要です。また、18歳以上の入校ができても、高校生は不可というところもありますので、検討している自動車学校の入校条件を調べてみましょう。さらに、未成年者または学生の場合は、保護者の承諾書が必要なことがほとんどです。

2人の希望車種が異なっている場合は、教習を受けなければならない時限が異なるため、同時に卒業することができません。また、同じ車種で申し込みをしても、2人の教習の進度や修了検定の合否によっても同時に卒業できないことがあります。なお、2人の卒業が同時でない場合の扱いは、自動車学校ごとに異なりますので、注意が必要です。具体的には、先に卒業した人は帰宅する必要があるところと、卒業後も相手の卒業を待てるところがあります。なお、1人が卒業した後は、残った1人はシングルルームへの移動を行わなければならない場合が多いです。2人が卒業するまで一緒にいたい場合も、追加料金を払っても残れない場合が多いので注意が必要です。


さっそくカップルプランを実施している教習所をさがそう!


免許合宿のカップルプランを実施している自動車学校はそれほど多くありません。そのため、混雑する時期では予約が取りにくくなってしまうことも考えられます。カップルプランで申し込みを検討しているなら、早めに予約を行うのがポイントです。早期申し込みをすることで、割引特典を受けられることも多いため、費用の節約にもなります。また、割引特典や申し込み条件などは、自動車学校ごとに異なるため、複数の自動車学校を比較して検討しましょう。免許合宿の紹介サイトでは、カップルプランの特集が組まれており、資料請求なども行いやすくなっています。こうしたサイトを利用して、問い合わせや資料請求を行うところから始めてみましょう。

 

カップルプラン特集はこちら

合宿免許の選び方に関するコラムの注目Topics

合宿免許関連記事

合宿免許アイランドTOP
2019年春休み1月2月3月の合宿免許お得な入校日特集
合宿免許の格安・激安プラン特集
準中型車の合宿免許
料金保証があるから安心!
クレジットカード決済OK!
運転免許ローン
大型車・大型特殊
普通車・二輪車の資料をデータ(PDF)でダウンロード!!
学校検索
希望免許
地域
希望入校日
合宿免許をもっと知るなら。合宿免許知恵袋
教習所一覧
北海道
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県
栃木県
群馬県
茨城県
埼玉県
千葉県
新潟県
長野県
山梨県
石川県
福井県
愛知県
静岡県
兵庫県
和歌山県
鳥取県
岡山県
島根県
広島県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
大分県
鹿児島県
熊本県
佐賀県
長崎県
沖縄県
条件別で探す
  • 目的別で探す
  • 免許の種類から探す
  • 値段/料金割引プランで探す
  • エリアから探す
  • 入校カレンダーから探す
  • アイランドのおすすめ校

株式会社シーズンズは指定自動車教習所公正取引協議会の賛助会員です。当協議会は運転免許を取得されるお客様が「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。

合宿免許のスマホからのお申込み・資料請求はコチラから!!QRコードを読み込んでね!!
2019年夏休み7月8月9月の合宿免許お得な入校日特集