合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>一人参加の免許合宿を100倍楽しく過ごす方法!合宿免許で全国に友達を作ろう

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

一人参加の免許合宿を100倍楽しく過ごす方法!合宿免許で全国に友達を作ろう

一人参加の免許合宿を100倍楽しく過ごす方法!合宿免許で全国に友達を作ろう

合宿免許に友達や恋人と参加する!という方は多いと思いますが、中にはもちろん一人で参加するという人もいます。一人参加の理由は人それぞれですが、一人だとやはり不安だ、楽しく過ごせるだろうか、友達はできるだろうかなどと不安に感じて参加をためらっている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、一人参加の免許合宿を100倍楽しく過ごす方法、免許合宿中に友達ができるきっかけや自由時間の過ごし方などについて説明していきます。


笑顔で話しかけて友達を作ろう!

一人で黙々と教習をこなして運転免許を取得することもできますが、友達ができると合宿生活はますます楽しくなります。友達を作るためには、まずは学科教習などで近くにいる人に笑顔で挨拶をしてみましょう。会ったばかりの人に話しかけるのには勇気がいるかもしれませんが、笑顔で話しかけられて嫌な気持ちになる人は少ないはずです。いきなり元気よく話しかけるのは難しければ、教習でわからないところを聞いてみる、筆記用具を借りるといった控えめなコミュニケーションから始めてみるのもおすすめです。
自己紹介の際に出身地や今住んでいるところを聞き、その地方についての質問をしてみるのも良いかもしれません。相手に対して興味を示すことで、お互いにリラックスして会話ができます。初めは会話もぎこちないかもしれませんが、「運転免許を取る」という共通の目的に向かって共に過ごすうちに、自然と仲良くなれるでしょう。

免許合宿中は、他の参加者と話す機会が意外とたくさんあります。たとえば、教習所によっては参加者を楽しませるイベントをたくさん設けています。イベントの内容は、歓迎パーティーや地元グルメの食べ歩きなど教習所によってさまざまです。強制参加ではありませんが、イベントに積極的に参加すると友達をつくる良い機会となるでしょう。また、教習が進めば路上に出て車を運転する路上教習が始まります。路上教習では教官1人と生徒2、3人が一緒に乗って順番に運転することがあります。このようなグループで行う教習も、他の参加者とたくさん話せる良い機会です。こういった機会を積極的にとらえて他の人に話しかけてみるようにすると、友達もできやすいでしょう。


一人部屋にするか、相部屋にするかの選択も重要

合宿免許に一人で参加する場合、宿泊施設において相部屋になるプランもあります。一人部屋と相部屋のどちらにするべきかわからないという方もいるかもしれません。そこで、ここではそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

【相部屋のメリット・デメリット】
相部屋の場合は、友達を作りやすいのが大きな魅力です。知らない人と相部屋になるのは不安だと感じるかもしれませんが、一人参加で不安に思っているのはきっとお互い様です。少しずつコミュニケーションを取っていけば、仲良くなれることでしょう。一人参加だけど友達が欲しい、楽しい合宿生活を送りたいと考えている方は、このようなプランのある合宿所を探してみてください。勉強中にわからないところを教え合ったり、一緒に食事へ行ったりといったコミュニケーションを取ることで、自然と仲良くなることができます。宿泊料金も比較的安いため、合宿免許の参加費用を抑えたい方にもおすすめです。
ただし、常に他人と一緒に生活することになるため、一人の時間が確保できないのはやはりデメリットです。また、どうしても気が合わない人と同室になってしまうというリスクもあります。

【一人部屋のメリット・デメリット】
一人部屋を選べば就寝時間・起床時間を同室の人に合わせる必要がないため、自分の好きなように過ごせます。見知らぬ人と同室で過ごすことに抵抗がある方にはおすすめです。不要な対人トラブルも避けられるため、勉強に集中できるというのも大きなメリットでしょう。
デメリットとしては、やはり相部屋に比べると料金が高額であること、部屋では常に一人きりのため寂しさを感じるかもしれないということが挙げられます。ほかの参加者との接点が学科の教習や食堂のみとなってしまうため、特定の友達を作りにくいというのも欠点と言えるでしょう。


一人参加は自由時間を有効活用しやすい

免許合宿に1人で参加すると不安を感じるものですが、実はいろいろなメリットがあります。その1つが、自由時間を有効活用しやすいということです。たとえば、複数の友達と一緒に参加すると旅行気分も味わえて楽しいものですが、何かするときには相手の都合に合わせたり自分に合わせてもらったりする必要があります。教習後の空き時間や休校日に、疲れたから宿泊施設で過ごしたい、今日は勉強に集中したいなどと思っても、友達が観光や遊びに行きたがったら付きあわざるを得ないということもあるでしょう。それはそれで楽しいものですが、合宿は2週間以上ありますので、時には自分のペースで過ごせないことにストレスを感じる可能性があります。

1人で参加した場合は、友人の行動や気持ちを気にする必要がありません。空き時間は自分の好きに使えます。部屋で寝転んでマンガを読んで過ごすのも、ひたすらゲームをするのも、何をするのも自由です。筆記試験の勉強に集中することもできます。相部屋に泊まっている場合は、同室の参加者と話したり、教習内容でわからないことがあれば相談に乗ってもらったりすることもできるでしょう。

なお、相部屋に宿泊している場合は、周りに迷惑をかけないよう配慮をすることも大切です。たとえば、ゲームをしたり音楽を聴いたりするときはイヤホンを使う、荷物は散らかさないといった基本的なことです。少しの配慮でお互いが気持ちよく過ごせますので、気をつけましょう。


免許合宿への一人参加は自己成長のチャンス!

 学生の間は知り合いのほとんどが同年代ということは珍しくありません。しかし、合宿免許に参加すると、日ごろの生活ではなかなか関わる機会のないような人と出会うことができます。免許合宿に参加する層で最も多いのは長期休みがある学生ですが、それ以外にも、自由業や求職中の社会人、主婦などさまざまな職業の人がいます。年齢も、20代から50代・60代までと幅広いです。さまざまな職業、幅広い年代の人と交流すると知らない世界の話が聞けて見聞を広める機会になります。今後の人生で役立つことも学べるでしょう。

知らない人ばかりに囲まれて2週間以上過ごすと考えると、最初は1人で参加するのは不安かもしれません。しかし、免許を取得するという共通の目的を持った仲間に出会えると考えれば、不安も和らぐのではないでしょうか。無事に免許合宿を修了できれば、やりきった満足感、達成感も得られ、自信につながります。人間として成長できるチャンスと捉えると良いでしょう。


自由時間の過ごし方:娯楽施設をフル活用する

教習所や宿泊施設によっても異なりますが、施設内にインターネット接続環境が整っている場合や、漫画・雑誌を読めるコミックルーム、カラオケ、ジムなどが完備されている場合もあります。そうした施設なら時間を持て余すことなく思う存分遊べます。一人でも寂しい思いをすることなくゆっくり一人の時間を堪能できるでしょう。
教習所や宿泊施設の中だけでなく、周辺に娯楽施設があることも考えられます。もし教習所や宿泊施設内に娯楽施設がない場合は、周辺の娯楽施設を探してみてはいかがでしょうか。カラオケボックスやボーリング場、バッティングセンター、ゲームセンター、釣り堀など、一人でも楽しめる娯楽施設が周辺にあるかもしれません。

  

自由時間の過ごし方:ご当地グルメや観光スポットを満喫する

免許合宿は、その土地の美味しい名物料理や観光スポットを楽しめることも醍醐味の一つです。プランによっては合宿所の食事でご当地グルメが提供されたり一流シェフが作るフルコース料理を堪能できたりと、さまざまなオプションを楽しむことができます。
また、講習がない時間を利用して地元のイベントに参加するのもおすすめです。日程にもよりますが、夏なら花火大会やバーベキュー、冬なら雪まつりなどのイベントに参加できる場合もあります。免許合宿に参加する日程を決める際には、合宿期間中に近隣のイベント予定もチェックしておくと良いでしょう。
教習所や宿泊施設によっては自転車を貸し出してくれるところもあります。空き時間に自転車を借りてサイクリングしてみたり、近くの観光地へ行ってみたりするのも良いかもしれません。

  

どうしても不安な人は友達と参加するのもひとつの手段

 合宿免許に 一人で参加しても十分に有意義な時間を過ごすことができます。そうは言っても、これまで親元を長期間離れたことがなく、1人で知らない土地で過ごすのは不安でしかたがないという人もいるでしょう。そのような場合は無理に1人で参加せず、友達と予定を合わせて参加するのも1つの方法です。プランや申込み時期にもよりますが、免許合宿では友達同士を同じ部屋にしてくれる教習所もたくさんあります。

友達と一緒なら、わからないことや心配なことを相談できますので、不安も緩和されるでしょう。日々の食事も友達と一緒にとれますし、教習の合間にある休校日には宿泊している地域の観光スポットに友達と遊びにいくこともできます。イベントがあるプランなら友達と一緒に参加できますので、1人ぼっちになって周囲から浮いてしまうといった心配もありません。寂しさを感じることはあまりないでしょう。友達と参加するとグループ割引が適用されることが多く、費用を抑えられるというメリットもあります。


友達と免許合宿に申し込む場合に気を付けたいこと

 友達と一緒に参加するときは、いくつか注意すべき点があります。まず、申込みの際に友達同士であることをしっかり伝えるということです。事前に友達との同室対応が可能なプランかどうかも確認しておきましょう。プランによっては、友達と参加しても同室にならないというところもあります。また、同室可能なプランであっても、春休みや夏休みなどのピークシーズンに入校を希望する場合は、注意が必要です。たとえば、4人で参加して2人ずつ2部屋に振り分けられるということがあります。これは、申込みが集中して部屋の空きが少なくなっているためです。全員同じ部屋にしてほしいなど融通を利かせたい場合は、できるだけ早めに申込むようにしましょう。

友達と参加するときは、相手の話をよく聞いて希望をすり合わせることも大切です。たとえば、免許合宿を行っている教習所は全国にありますので、どの地域にある教習所に行くかを決める必要があります。休校日にはみんなで観光地に行くこともできますので、旅行で行きたかった場所にしてみるのも良いでしょう。スケジュールの調節も重要です。プランを決めて申し込んでも、必ず空きがあるとは限りません。予約日を変更する必要にせまられることもありますので、友達全員の参加できそうな日程をしっかり確認しておきましょう。

宿泊施設にはホテルや寮、ペンションなどさまざまなタイプがあり、部屋も相部屋、ツイン、シングルなどに分かれます。特に、部屋のタイプをどうするかは重要です。相部屋は費用も安く複数の友達と同じ部屋に泊まれますが、他の参加者も同室になる可能性があります。ツインルームは友達と2人で泊まれますが、2週間以上一緒に暮らすことを考えると、よほど相性の良い相手でなければ気疲れすることがあるかもしれません。シングルルームはお互いプライベートな時間を持つことができますが、費用は高めです。何を重視するかで決めると良いでしょう。


おまけ:一時帰宅プランって何?

 免許合宿は、地方に行って教習所が手配した宿泊施設に寝泊まりし、そこから集中的に卒業まで教習所に通うというものです。普通は、期間の途中で一時帰宅することはできません。しかし、免許合宿は卒業するまでにまとまった期間がかかりますので、その間にどうしても外せない用事が入っているという人もいるでしょう。どうしても用事が外せずに、免許合宿への参加を諦めている人もいるかもしれません。そういった人におすすめしたいのが、一時帰宅プランの活用です。これは、合宿期間中に大事な用事があることがあらかじめわかっている場合に、一時帰宅が認められるという制度です。


まずは自分の希望にあったプランを探してみよう

 免許合宿にはさまざまなプランがあり、費用も内容も異なります。1人で行くのか友達と参加するのかでも、免許合宿中の過ごし方は大きく変わってくるでしょう。自分のペースで過ごしたい、新しい環境で新しく友達を作りたいという人なら、1人で挑戦してみるのもおすすめです。1人では不安、気心のしれた仲間と楽しく過ごしたいというのであれば、友達と予定を合わせて参加すると良いでしょう。

しかし、具体的なプランの内容がわからなければ、どちらが良いかの判断もつかないものです。また、参加できる日程や宿泊施設のタイプ、利用できる設備なども、詳しく知る必要があります。免許合宿を取ることを検討している人は、まずは手始めに資料請求をしてみてはいかがでしょうか。さまざまなプランの内容を知ることで、具体的な計画が立てやすくなるでしょう。

  

おひとり様向けの自動車学校・教習所特集はこちら

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top