合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>あなたは四輪派?二輪派?どうせ取るなら合宿免許で同時教習!

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

あなたは四輪派?二輪派?どうせ取るなら合宿免許で同時教習!

あなたは四輪派?二輪派?どうせ取るなら合宿免許で同時教習!

普通自動車の運転免許だけじゃ物足りない!そんなあなたにおススメなのが、同時教習というシステムです。これは2つ以上の運転免許を取るための教習を同時に受けることができるシステムのことを指します。
今回はこの同時教習について、ご説明します。

 

取得できる免許の組み合わせ

同時教習で最も一般的な組み合わせは、普通免許と普通二輪免許、いわゆるバイク免許のセットです。
普通免許を取得すれば、原付やミニバイクと呼ばれる排気量が50cc以下のオートバイに乗ることはできます。しかし、走りの爽快感を楽しみたいという方は原付バイクでは満足できないものです。原付では高速道路が走れないというのもネックでしょう。
バイク免許を取得すれば、排気量400ccまでの中型バイクに乗れるようになります。もちろん高速道路の走行もできるので、遠出も気軽にできます。バイクで颯爽と走る姿に憧れを持っている方は、同時教習でバイク免許も取得することをおススメします。
また、貨物輸送の大型トラックなどを運転できる大型免許と、工事現場で使われるフォークリフトなどを公道で運転できる大型特殊免許といった組み合わせで同時教習を受けることもできます。フォークリフトを実際に扱うには別途フォークリフトの技能資格取得が必要となりますが、その前に大型特殊免許を取った方が良いと言われています。業務上でフォークリフトを扱う可能性がある場合は、教習所へ通うタイミングで大型特殊免許を取得しておくと良いでしょう。

 

四輪の免許を取得するメリット

これから運転免許を取得する際に、自動車の免許を取るのか、それともバイクの免許を取るのかを迷う場合もあるかもしれません。自動車にするのかバイクにするのかで、取得する免許の種類も変わってきます。それにより、運転できる車両の種類も変わります。

 

四輪の自動車には様々な種類があり、よく見かける普通自動車、マイクロバス等の中型自動車、工事現場で土や材木などを運んでいるトラックに代表されるような大型自動車、クレーンや除雪車等が含まれる大型特殊自動車などがあります。

初めての免許取得で四輪を選ぶのであれば、一般的にはまず普通自動車免許を取得しなければなりません。

普通自動車免許を取得すれば、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満の普通車や軽自動車を運転することができます。

家族や友達と旅行に出かけたり、スーパーに行くなどといった普通の生活を送るために使用する際は、普通自動車免許で大体の必要をまかなうことができます。


普通自動車免許を始めとした、4輪の免許をとっておくならば、今後就職活動をする際にも有利になります。

例えば、普通自動車の免許には、第一種運転免許と第二種運転免許の2種類があり、一般的に言われている普通免許と言うのは、第一種運転免許のことを指しています。

第二種運転免許と言うのは、第一種運転免許を取得して3年間が経過している人、さらに21歳以上などといった資格を満たしていれば、試験を受けることができます。車両総重量や最大積載量等は第1種運転免許と同じです。


第二種運転免許は普通タクシーや介護タクシー、運転代行業等、運転の際に金銭のやり取りが発生するときに必要になって来る免許です。

ですから、そうした仕事に就く際に持っておくと良い免許です。その他の中型や大型等の4輪の自動車も、業種によっては必要な免許となってきます。

このように、仕事を探す際には4輪の免許を持っている方ができる仕事の幅が広がります。中型自動車免許や大型自動車免許は、それらを受験するために、普通免許を持ってから2年または3年経過している必要があるので、まずは普通免許を持っておくと良いと言えます。

◆普通車の合宿免許教習所一覧はコチラ

◆大型車など特殊車両の合宿免許教習所一覧はコチラ

 

二輪の免許を取得するメリット

バイクには、普通二輪免許と大型二輪免許があります。二輪車の中には原付と呼ばれる、普通自動車免許を持っていれば乗れるバイクもありますが、総排気量が50cc以下でなければなりません。さらに2人乗りをすることができませんし、高速道路も走ってはいけません。


普通二輪免許を取るならば、400cc以下の総排気量のものであれば乗ることができます。

高速道路を走ることもできます。そのため、1人またはバイク仲間と遠出の旅行に出かけることもできます。

また、バイクには加速力があり、風を全身で感じながら走ることができるので、そういったバイク特有の魅力を感じている人は多くいます。また出勤の際など、渋滞にハマるとイライラしてしまいますが、バイクは自動車の間や脇をすり抜けながら走ることができるので、そうしたストレスを軽減することができます。

また自動車よりもスペースが小さくて済むので、住んでいる所で自動車の置き場が確保できないと言う場合にも便利です。

バイクは値段的に四輪の自動車と比べて安いと言うところも魅力的です。

新しいものを買ったとしても、自動車の新しいものを買うのと比べて3分の1ほどの価格に抑えられる場合がほとんどです。

また、購入する際だけではなく、その後の維持費も普通の四輪車と比べても低価格に抑えることができます。

特に250cc以下のものを選べば車検に出す必要がないので、その分維持費を抑えることができます。

更に大型バイクと比べると重さも軽くなっているので、女性でも乗れるサイズ感となっています。ですから1人暮らし等の場合には、バイクがあれば十分事足りると言えます。


◆二輪の合宿免許の一覧はコチラ

 

教習プランは色とりどり

普通免許とバイク免許を同時教習で取得する場合、大体32〜35万円台の価格帯で受講可能です。これを別々に申し込むと、プラス3〜5万円の費用が掛かります。同時教習で免許を取得することで、免許取得に掛かる費用を大幅に節約できます。

取得にかかる期間も、卒業までの日数を短縮することができます。特に合宿免許で同時教習のプランを選ぶならば、普通のところよりも免許取得までの日数を短くすることができます。合宿の同時教習プランの場合、卒業までの最短日数は22日ほどです。もちろん卒業までに掛かる日数は教習所や取得する免許によっても異なり、個人差もあります。
また、教習所によって教習の進め方も異なってきます。自動車、バイク、自動車のように交互に教習をはさみながら進めていくところもあれば、一通り自動車の講習を進めた後にバイクの講習に取り組み始めるところもあります。
合宿免許での同時教習を検討する際には、自分にはどのような進め方が合っているのかを考えた上で教習所探しをしましょう。
そして、一言で同時教習といっても、セット内容(車種の組み合わせ)や教習所によって多少の違いが出てきます。教習費用や拘束時間も教習所によって大きく異なるため、詳しくは直接教習所に確認をとることをおススメします。最近ではインターネットからの問い合わせを受け付けている教習所も多いため、時間帯を気にせず問い合わせることが可能です。不明な点や気になる点は問い合わせをしてみましょう。

 

コストパフォーマンス・効率性……同時教習のメリット!

同時教習の最大のメリットは、免許取得の費用が安くなるということでしょう。お財布事情の厳しい学生の方にとっては、少しでも費用負担を抑えられるのは魅力的です。
複数の免許を取得する度に教習所へ通う手間が省けるというのも大きなメリットです。教習所へ通って免許を取る場合、講習の予約を取るだけでも大変です。また、2つの免許を自宅から通いながら取ろうとすると、特に自宅から教習所までの距離が遠い場合には、その行き帰りにも費用や時間がかかります。合宿免許で同時教習を受けるなら、教習所と宿泊施設の距離も近く、送迎車が付いている場合もあるので、時間やお金の節約になります。
2つ以上の免許取得を考えている場合、効率よく取得できるかどうかが要になってきます。そういった点からも、同時教習はおすすめです。

ただし、同じ期間に普通自動車と二輪車の運転方法などを学ぶので、覚えるのが1つの時よりも大変になる可能性はあります。長期休みの時期には学生の申し込みが殺到する可能性があり、そういった季節を避けた方が申し込みが通りやすくなります。色々な面から検討し、自分に合う方法を選ぶびましょう。

 

おわりに

複数種類の免許取得を考えている方は、効率よく同時に免許を取得することができる同時教習を検討してみてください。また、そのなかでも合宿免許は短期間で取得することができるため、おすすめです。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top