合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>グループで合宿免許に参加しよう

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

グループで合宿免許に参加しよう

グループで合宿免許に参加しよう

知人友人と一緒の合宿免許

自動車の運転免許の取得条件である満18歳を迎えられるタイミングは、殆どの方々が高校3年生であり、大学受験や就職活動に力を注ぐべき時期と重なります。

当然、自らの進路を切り開く作業が最優先され、免許取得は卒業後となる流れが一般的です。

程無く始まる大学や職場での新生活に追われ始めれば、教習所に通う時間の確保そのものが難しくなって当然です。


近年若い世代の自動車離れが囁かれる原因の1つが、この現状にも見え隠れしますが、実社会に於いて自動車免許は不可欠な資格に他ならず、より諸々の負担が軽い環境下での早期取得が求められます。

日常生活の中で教習所に通う場合、費用面の負担プラス、空き時間にスムーズに路上教習の予約を確保するのが難しく、これらのデメリットを見過ごす事が出来ません。


大学生であれば本業の大学の講義に加え、アルバイトにサークル活動と、1日24時間の予定は一杯一杯です。

更に教習所通いの時間を捻出するのは至難の業と称しても決して大袈裟では無く、結果全てが中途半端となってしまうリスクが否めません。

特に教習所の場合、入校から卒業検定合格までに与えられた期間も定められており、追加教習がかさめば費用と時間、双方の負担が更に増してしまいます。


こうした、運転免許取得に際して負担が懸念されるポイントをクリアする方法として、合宿免許の存在が見逃せません。

更には気心の知れた友人達と一緒に複数名のグループで参加すれば、単独で見知らぬ参加者の中に飛び込む不安も軽減され、精神的に落ち着いた状態で免許取得に臨めます。

こうした、参加者に対応可能な合宿免許が全国各地で参加者を募集していますので、ぜひ高校3年生の夏休みなどを活用しての参加をご検討ください。


気の置けない仲間と同室になれる

合宿免許を、複数名のグループ単位で活用するメリットは数多く、それらを正しく理解から保護者、すなわちご両親に説明する事で安心と納得にも繋がる点を、まずは確認の上で参加を検討されるのがベストです。

教習所へ自宅から通うとなれば、卒業までに高い費用を要し、高校生である皆さんはその費用の自己負担が難しいのが現状です。

合宿免許であれば費用面の大幅軽減が叶う事を、資料などを通じて正確に説明出来る準備を整えてください。


次に単独参加では無く、学校の友人などのグループ単位で参加するメリットも見逃せません。

単独参加の場合、同室になる相手とのマッチングは教習所に一任となります。

全国各地から集う参加者の個性は十人十色で、数週間寝食を共にするに際し、必ずしも全ての人達と心地良く過ごせる保証はありません。


寝不足や精神的なストレスは、慣れないハンドルを握る実習や講義に大きなマイナスとなり、タイムスケジュール通りに卒業出来ないリスクが高まります。

その点、複数名の気心が知れた仲間との参加であれば、互いに精神的な支えの役割を担い合えるのみならず、同室での合宿であればオフタイムも十分なリラックスが叶います。

こうした、合宿期間中の自身をとりまく環境の整備は非常に大切です。


また、肝心の教習に際しての成果に関しても、仲間同士でより高得点を競う、運転技術修得を目指す、潜在意識の中で私達が見せる「負けたくない」なる意識がプラスに作用します。

一方、単独参加で万一合宿環境に馴染めなかった場合、自らの意識が「あと何日我慢すれば免許取得から帰宅出来る」に向いてしまわないとも限らず、心身の状態にもマイナスが避けられません。


プラスアルファの楽しみも満喫

合宿免許に要する期間は教習所毎に多少の違いこそ見られますが、最短であれば2週間程度の共同生活が目安となります。

高校3年生の皆さんであれば、夏休み、冬休み、卒業式直後から新年度の期間が、参加可能なタイミングとなります。

これにご自身の誕生日を兼ね合わせ、他の友人達の都合を確認しつつ、希望時期に参加が叶う候補先を絞り込んで行きましょう。


また合宿免許参加を、時期によっては1足早い卒業旅行に位置づけるのも一案です。

卒業後は各々の進路に進めば、自ずと一緒に旅行出来る機会はまず期待出来ません。

高校時代の大切な仲間はそのまま、人生を通じての親友としての付き合いが続きます。


実社会デビュー前に揃って運転免許取得に臨みつつ、オフタイムは旅行気分を満喫すれば、日々緊張の連続の教習で疲れた、心身のリフレッシュも叶います。

何より単なる卒業旅行と比較して、費用面も大きく抑えられるメリットも見逃せず、合宿先周辺の観光まで楽しめる訳ですから、仲間達との参加であれば最大限の満喫が約束されたも同然です。


親元を離れる解放感と、合宿免許の緊張感が程良くブレンドされた環境下であれば、忙しい中、日々時間に追われながらの教習所通いと比較して、運転技術と知識面双方の習得もスムーズです。

より少ない費用負担に短期間、そして集中出来る環境を、気心の知れた複数の仲間達と過ごせる合宿免許のメリットを、ご自身の言葉で正確に説明出来る準備を整えた上で、ご両親に相談される順序を踏んでください。

皆さんの意図が正しく伝われば、保護者の方々も費用面の援助から、安心して送り出してくださるに違いありません。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top