合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>ぼっちでも大丈夫?合宿免許の選び方と有意義な過ごし方

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

ぼっちでも大丈夫?合宿免許の選び方と有意義な過ごし方

ぼっちでも大丈夫?合宿免許の選び方と有意義な過ごし方

短期間で効率的に免許取得をする方法といえば合宿免許です。しかし、合宿免許では親しい友人などと一緒に参加しているケースが多くみられます。さらに、泊まり込みですので授業時間以外でも、参加者たちと宿泊施設などで共に過ごすことになる場合もあります。そのため、一人で合宿免許に参加するのは勇気がいると考えている人もいることでしょう。この記事では、一人でも参加しやすい合宿免許の選び方と合宿中の過ごし方について紹介します。


ぼっちで合宿免許に行くのはありなの?

仲の良い友人がいても、免許を取りたいタイミングなどが合わず一緒に合宿免許に参加することが難しい場合もあるでしょう。一人だと合宿免許に参加してはいけないと思っている人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。合宿免許に一人で参加している人は少なくなく、そこにはいくつものメリットもあります。例えば、友人に影響されることなく勉強に集中できるということです。合宿免許の場合、普通自動車ATであれば最短14日間で卒業可能の学校も多くありますが、その分だけ日々に必要な学習量は多くなり、合格には集中力が求められます。

しかし、友人と参加するとどうしても旅行気分が出てしまい、肝心の勉強がおろそかになってしまう場合があります。自分は勉強したくても遊びに誘われるなど、学習のペースを乱されてしまうこともあるでしょう。一人で参加している場合はそのような誘惑のリスクが減ります。また、食事や睡眠のペースを自分で決められる一人部屋の方が相部屋より快適に過ごせることも多いでしょう。

さらに、一人でいる方が声をかけてもらいやすく、一人で参加している同士で仲良くなるなど、合宿中に新しい友人ができるという場合もあります。最後に、複数で参加していても、車の運転には向き不向きもあり、全員が一度で合格できるとは限りません。友人全員が先に合格してしまい、自分だけが宿泊施設に残されるという事態も想定されます。そうなると、その日から別のグループと相部屋にさせられてしまう場合もあります。しかし、最初から一人であれば仮に不合格であっても、このような気まずい思いをしなくて済むでしょう。


ぼっちでの参加に向いているタイプは?

一人きりでの参加に向いているタイプですが、まずは人見知りしない人です。一人で合宿免許に参加するということは、教官だけでなく生徒も含めて全員と初対面になるということです。物怖じせずに自分から話しかけられる、知らない人とも会話が盛り上げられるというような社交的な人であれば、すぐに友人ができるでしょう。合宿免許で新しい友人ができる可能性もありますが、一人きりで合宿免許に参加するのであれば、場合によってはある程度の孤独感には耐える必要もあります。例えば、一人ぼっちで食事をすることすら耐えられないというタイプの人は、寂しく感じる可能性が高いでしょう。

ある程度追い込まれることでやる気が出るというタイプも、一人の合宿免許参加に向いています。自分で予約を取って通う教習所では引っ越しなどがない限り、卒業までに数カ月以上かけることも可能です。そのためやる気が出にくく、何かと理由をつけて教習所を休んでしまうということにもなりがちです。合宿免許は最短14日での卒業が可能ですが、その分だけ集中して勉強に取り組む必要があります。自分でスケジュールを決めて目標達成していく自信がないという人は、合宿免許で自分を必然的に追い込んでみるのもいいでしょう。さらに、一人であれば遊びなどの誘惑も少なく、勉強に集中できます。

一人暮らしに抵抗を感じない人も向いているでしょう。合宿免許の宿泊施設の候補は、寮やホテル、旅館など教習所によってさまざまですが、どの場所でも一定以上の自己管理能力が求められます。自分で洗濯をし、決められた時間に食事を取り、身支度をこなすなど、身の回りのことを自立して行わなければなりません。こうしたことに慣れている人、しっかりと自分のペースがある人であれば大丈夫でしょう。


出会いに繋げるコミュニケーションの取り方のポイント

期間内に免許を取るという強い目標があれば、一人でも十分に有意義に過ごせますが、同じ目標を持った友人ができれば、合宿中の時間がさらに実り多いものになります。合宿を通じて仲の良い友人を作りたい場合は、自分の表情や雰囲気などにも注意しましょう。例えば、仏頂面で過ごさないことです。誰でも不機嫌そうな顔つきの人には話しかけづらく、周りとしても近づきがたいと感じてしまいます。人に話しかけてもらいたいのであれば、できるだけ優しい顔つきを意識しましょう。不機嫌そうに見えないコツは、常に口角を上げておくことです。

相手も人見知りしている場合があります。余裕があれば、こちらから積極的に話しかけてみることも大事です。学習の進み具合など、共通点はいくつもありますので、食事の時間や休憩時間などを利用して、できれば一人で来ている人に話しかけてみるといいでしょう。案外相手も孤独を感じていて、話しかけた途端に会話が弾み出すということもあります。話しかけるときは、笑顔を意識することが大切です。優しく柔らかい笑顔は相手を安心させます。言葉を交わすようになった相手と打ち解けることができれば、食事や教室への移動など一緒に行動してみることを提案してみましょう。近くに観光スポットがあれば、休日などに一緒に遊びに行ってみるのもおすすめです。

仮に拒絶されたとしても、深く考え込まずに気にしないことも大切です。合宿中はできるだけ勉強に集中したいと考えている人がいたとしても不思議ではありません。その人に拒否されたからといって、次に話しかける人も冷たい態度を取ってくるとは限りません。別に話しかけやすそうな人が見つかれば、ふたたびトライしてみましょう。しかし、無理に友達を作る必要はありません。基本的に最後まで一人でも良く、気の合う人ができればラッキーくらいに構えておくことです。


合宿免許の選び方のポイント

一人で楽しく合宿免許を全うするためには、参加時期や宿泊施設を含めたプランの選び方には気を付けましょう。静かに集中して教習を受けたい場合は、閑散期を狙うのも賢い方法です。一般的に、夏休みや春休みなどの長期間の休みは教習所も混み合います。グループでの参加も目立つでしょう。閑散期であれば、そもそもの参加人数も少ないので、一人で来ていることがそんなに目立たない可能性があります。しかし、教習所での新しい出会いに期待しているのであれば、繁忙期を狙いましょう。

合宿免許中にもっとも孤独感を感じやすいときといえば、食事の時間ではないでしょうか。特に、3食とも宿泊所の食堂で食べるというプランの場合は、食事時間がストレスになってしまう場合もあります。一人の場合は、食事は自炊にするという方法もあります。自分が好きなものを食べられるうえ、食事付きのプランよりも経済的です。自分で食事を作りたくないという場合は、3食ついている学校寮や、ホテルプランがおすすめです。

ホテルであれば、バイキング形式で食事の時間帯が長めに取ってある場合が多いでしょう。また、食事なしのプランにして、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、飲食店が近いところにするという乗り切り方もあります。宿泊施設ひとつで、一人で参加する際の快適性が変わってきます。できるだけ自分が困らずに楽しく過ごせるプランをしっかりと選びましょう。


女性の一人参加ならでの合宿免許の選び方は?

女性の場合は、一人で合宿免許に参加することに安全面の不安を感じる場合もあるでしょう。安全性を高めるためには、まずはセキュリティが完備されているかをチェックしましょう。教習所のなかには、警備会社と連携して防犯対策を強化しているところが増えています。例えば、複数の防犯カメラがエントランスを24時間監視していたり、セキュリティ会社の人が駆けつけたりしてくれるところであれば安全性が高いといえます。

また、男女でそもそも建物が違うなど、寮が分かれているところにするのもおすすめです。2つの建物が離れていたり、そもそも建物内で行き来できないような造りになっていたりするとより安心です。あるいは、校内に寮があるところにするという方法もあります。知らない土地の場合は、教習所までの移動が怖いということもあるでしょう。特に、合宿免許の場合は夜まで講習が行われることもあり、冬などは帰宅時間にはあたりが真っ暗になっていることも想定されます。距離がある場合は基本的に送迎バスでの送り迎えがあるので安心ですが、校内に寮があるところであれば、教習所から寮までを移動する必要もないので、安全性が高まります。さらに、移動時間がない分、朝の起床を遅くできるというメリットもあり、遅刻の心配も減るでしょう。


部屋は一人部屋と相部屋のどちらが良い?

一人で参加する場合、一人部屋と相部屋のどちらにするか悩む場合もあるでしょう。一人部屋には、自分のペースを守りやすくプライバシーを保ちやすいというメリットがあります。勉強が終わったら次の日の体調を考えてできるだけ早く就寝したい、お風呂にはゆっくり入りたい、一人の時間が欲しいというような人であれば、一人部屋がおすすめです。しかし、一人部屋にすることで孤立してしまう場合もあります。また、一般的に相部屋よりも一人部屋のほうが宿泊費は高めです。

積極的に友達を作りたいのであれば、他人とのコミュニケーションの機会が生まれやすい相部屋にするといいでしょう。特に相手も一人で参加していれば、一緒に食事に行ったり、教習所に通ったりするのもスムーズです。一人部屋よりも宿泊費が安く済む場合も多いでしょう。ただし、複数人で使う場合は、自分以外が友人同士という可能性もあります。また、入浴や就寝のタイミングが合わないことがストレスになったり、相手のいびきで寝られないというケースも想定されます。特に神経質な人の場合は、共同生活となる相部屋は向かないでしょう。

友達を作ることよりも一人の時間を大事にすることに重きを置きたい人もいれば、逆の場合もあるでしょう。部屋タイプは、合宿中の快適性に直結します。最短でも14日程度は過ごすことを前提としたうえで、自分の性格に合った部屋を選ぶことが大切です。


ぼっちの参加におすすめな教習所

これまで述べたような要素を踏まえた、一人での参加におすすめの教習所を3つほど紹介します。1つ目は、新潟県にある「中越自動車学校」です。とてもアットホームな雰囲気と環境が整った学校で、徒歩数分ほどの場所にコンビニエンスストアや銀行があり便利です。また、車で10分ほどの場所にはドラッグストアや郵便局などの周辺施設が充実していますので、一人でも過ごしやすい学校だといえます。さらに、2015年にリニューアルしたばかりの新潟県内最大級クラスの教習コースも完備されており、新しいコースでしっかりと運転を学べます。新潟県は、夏の「長岡まつり大花火大会」、冬の雪景色など観光面でも人気が高く、時期が合えばそのようなレジャーが楽しめるのも魅力です。

2つ目が、福井県にある「勝山自動車学校」です。こちらも徒歩5分ほどの場所にスーパーマーケット、自転車で5分~10分ほどの距離にコンビニエンスストアや銀行、郵便局があります。自転車も無料で借りられます。教習所と宿泊施設が隣接しているため安全性が高く、空き時間にも部屋に戻れます。さらに、山間にあるので、夏場にはマウンテンバイクでの散策、冬場にはスキーやスノーボードが楽しめるでしょう。特にアウトドアが好きな人は、素晴らしい大自然を満喫でき、毎日リゾート気分が味わえます。

3つ目に紹介するのが、静岡県にある「静岡県セイブ自動車学校」です。一番のポイントは、男性と女性の宿舎が分かれているため、女性が一人で参加する場合でも安全性が高いことです。また、宿舎から学校まではスクールバスで送迎してもらえるため、一人で宿舎まで帰らなくて済みます。さらに、浜松市内までもスクールバスで移動できるので、市内で映画を見たり、買い物をしたりといったことも交通費なしで楽しむことができます。さらに、徒歩5分~7分ほどの場所にコンビニエンストアと郵便局がある点もメリットの一つです。


合宿免許はぼっち参加でも全く問題ない!

合宿免許には、実際に一人で参加している人は多くいますので、一人ぼっちで参加することにはなんら問題はありません。ここで紹介したようなコミュニケーションの取り方や教習所の選び方などを参考にしながら、自分にとってより快適性の高い合宿免許への参加を検討してみてはいかがでしょうか。 

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top