合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>普通免許から中型・大型免許を取るには?取得方法や料金を紹介

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

普通免許から中型・大型免許を取るには?取得方法や料金を紹介

普通免許から中型・大型免許を取るには?取得方法や料金を紹介

普段の生活で普通自動車や原付スクーターなどしか使用しないのであれば、普通運転免許、通称「普通免許」を取得していれば運転可能です。しかし、仕事の関係などによって運転環境が変わることはあるものです。転職したり、担当業務が変わったりして、あるときから急に中型・大型免許が必要とされるケースは少なくありません。そのような場合には、すでに普通免許を取得していたとしても、別途免許を取ることが必要です。


免許における区分とは

運転免許にはいくつかの区分があり、普通免許、大型免許、中型免許に分けられています。取得した免許によって、運転できる車の種類も変わってきます。普通免許では普通自動車の運転ができますが、それ以外の車はそれぞれに免許を取得しないと運転する事ができません。

区分により必要な免許も変わりますし、運転できる車も限られます。普通自動車は車両総重量が5,000キロ未満・最大積載量が3,000キロ未満・乗車定員は10人以下です。中型自動車は車両総重量が11,000キロ未満・最大積載量が6,500キロ未満・乗車定員は11人から29人以下です。該当するのはマイクロバスです。大型自動車は車両総重量と最大積載量は中型自動車と同じですが、乗車定員が30人以上のものです。該当するのは大型のトラックやバスです。

持っている免許の区分により、運転できる種類も変わってきます。普通免許では普通自動車はもちろん、型特殊自動車、原動機付き自転車も運転できます。中型免許では中型自動車と普通自動車、原動機付き自転車に加えて、小型特殊自動車原動機付き自転車の運転も可能です。大型免許は右に挙げたすべての車両と大型自動車が運転できます。

普通免許で乗る普通自動車は、通勤や通学、買い物など一般的な目的で使用しますので、この場合は、第1種運転免許となります。中・大型のマイクロバス、トラックを運転する場合は、第2種免許が必要です。ただし第2種免許は旅客運送を担当する場合です。個人タクシーや車両回送による移動の場合は、旅客運送とはみなされないので、第1種免許でも運転ができます。

免許区分として見た時、教習中の人が練習で運転をする時の仮免許もあります。ほとんどの免許は合宿免許でも取得可能です。ただし種類により合宿免許の期間も費用も変わります。


そもそも大型免許とは?

「大型免許」と通称で呼ばれますが、正式な名称は「大型自動車第一種運転免許」あるいは「大型自動車第二種運転免許」といいます。日本の運転免許は、運転できる車の種類によって分けられていて、大型免許はその名のとおりサイズが大きい車両を運転する場合に必要な免許です。大型の車両とは具体的に、車両総重量が11トン以上、最大積載量が6.5トン以上、乗車定員が30人以上という3つの条件のいずれかを満たしているものをいいます。

さらに、運転免許は、免許取得の目的などによっても大きく3つの区分に分けられていて、主に自動車や自動二輪車を運転する際に必要とされるのが第一種運転免許です。続けて、乗り合いバスやタクシーなど旅客を運送するための運転で取得必須となるのが第二種運転免許、免許取得のための練習や試験を受けるときに必要とされるのが仮免許となっています。このような免許の分類から、大型自動車第一種運転免許を取得すると、ダンプカーやトラックを運転することが可能です。また、大型自動車第二種運転免許を取得していれば、路線バスや観光バスのようないわゆる営業車両の運転ができます。

第一種・第二種ともに大型免許の取得には条件があり、年齢が満21歳以上であること、運転に障害を及ぼすような身体障害がないこと、視力は両眼が0.8以上、片眼が0.5以上あることが必須です。さらに、安全な運転をするために色彩識別ができることも求められます。運転の際に信号機の色が判別できないと危険だからです。加えて、警音器の音が正しく聞き取れる聴力があることも条件となります。具体的には、10mの距離で90dbの警音を感知できることが必要です。また、大型免許は原則、運転に関する免許を何も持っていない人がいきなり取得することはできません。普通免許あるいは大型特殊免許をすでに取得していて、さらに、免許停止期間を除き通算3年以上の免許経歴があることが求められます。


大・中型免許の取得はどれくらい掛かる?

免許の種類によって、免許取得までにかかる期間も変わってきます。大型免許・中型免許取得にかかる期間をそれぞれ見ていきましょう。

普通自動車は、教習時間が30時間必要になるため、教習所に通うと早くても3ヶ月くらいかかります。合宿で取得する場合は、2週間から3週間とかなり短縮できます。中型免許は、教習時間が20時間必要になるため、教習所に通って取得するとなると2か月はかかります。これも合宿で取得すれば最短で8日〜取得できます。大型免許は学科試験がないため、実技だけになりますが、大型免許を取得するには、前提となる免許により条件が変わります。条件にもよりますが、最短で8日〜可能となっています。


大型免許の取得難易度は高い?

免許取得の際に気になるのが取得の難易度でしょう。大型免許を取得しようとしている人は、もともと、普通免許あるいは大型特殊免許の取得者であり、一定の免許経歴を持っている人に限られます。このため、大型免許取得の全体の合格率は2015年時点で91.4%と高い傾向です。ただし、一発試験のみで受験した人の合格率は、同じく2015年時点で32.3%とそれほど高くはありません。2007年に道路交通法が改正され、大型免許取得の一発試験の内容が変わったことが、難易度を上げている理由のひとつとされています。以前は構内での試験にさえ合格していれば免許取得が可能となっていましたが、改正により、路上練習や路上試験、免許取得時の講習が追加されたのです。路上練習するために3年以上の大型免許の運転経験者に同乗してもらったり、大型車両を自分で用意したりすることは一般の人であれば難しいことでしょう。
いきなり一発試験を受けようとすると合格率は低くなりますが、全体の合格率は高い傾向にあるため、教習所に通ってきちんとステップを踏みながら学べば受かりやすくなっています。


大型免許を取得するまでの流れ

自動車教習所に入校することは大型免許を取得するための必須条件ではありませんが、前述の通り、一発試験での合格はなかなか難しいものです。また、個人的に路上練習などを行うことは通常であれば難しいでしょう。技能検定対策としても、また、免許取得後の安全運転のためにも、自動車教習所できちんと路上練習を積んでおくほうが安心だといえます。

教習所に入校したらまず受けるのが適性検査です。適性検査では、視力や聴力、色彩判別能力などについての検査を行います。運転免許を取得するには、免許の種類ごとに決められている視力や聴力などの条件があり、どんなに運転技能が優れていても、そもそもその条件を満たしていなければ取得できません。そのため、入校した最初の段階ですべての人に適性検査が行われるのです。また、身体的な適性だけではなく、運転の適性についてもチェックがあります。ただし、運転の技能を問われるわけではなく、あくまでも運転に適した性格であるかを確認するだけです。状況判断力や動作の正確さといった行動や、感情の高揚性や協調性などの性格について確認するアンケート形式で行われます。運転適性検査は、実際に運転する際、自分の性格の注意点を把握するために行われるもので合否を決めるものではありません。 

適性検査が終わると第1段階の技能講習を受講し、規定の講習をすべて終えたら、技能検定を受けます。技能検定に合格すれば、仮免許証の交付です。仮免許証を受けたら、続けて、第2段階となる技能講習を受けます。すべての講習を終えたら卒業技能検定の受検です。合格すると卒業証明書が交付され、自動車教習所は晴れて卒業となります。卒業後は、卒業証明書を持参して運転免許試験場へ行かなければいけません。適性検査を受けて免許取得の申請を行うと、ついに大型自動車免許証の交付となります。 

普通免許を取得する際には学科試験を受けることが通常ですが、大型免許の取得の流れを見ると学科試験に関するステップがありません。大型免許の場合には、学科試験は免除となるため、技能検定さえクリアすれば免許を取得することが可能となっているからです。 


大型免許の取得費用

一発試験の費用は教習所を利用するよりもかなり抑えることが可能です。一発試験では、最初に免許センターにて構内試験を受けることになります。構内試験にかかる費用は、試験手数料4750円プラス仮免許交付手数料1200円です。
その後、平成19年の法改正により追加された路上練習の段階へ進みます。路上練習には特に費用はかかりませんが、自分自身で大型車両を手配する必要があります。
路上練習が終了すると免許センターにて路上試験が行われます。試験手数料として8650円が必要になります。ただし、一度で合格しなかった場合には、再試験の度に試験手数料が必要になってきます。
無事路上試験に合格すると、免許センターにて取得時講習が行われます。4時限の大型免許取得時講習が18800円、3時限の応急救護処置講習が3600円です。その後免許交付になり、交付手数料1650円の支払いとなります。
一発試験の場合、試験が平日しか行われていないということがありますが、最短日数9日で38650円の費用で取得をすることが可能です。


しかし、法改正により免許センターでの一発試験が難しくなったことから、なかなか一回で合格することができなくなっています。何度も再試験を繰り返してしまうと、教習所を利用した費用と変わらないばかりか、時間もかかってしまいます。料金だけ見れば一発試験が一番お得ではあるものの、合格率を考えると教習所に通って着実に免許を取得したいものです

教習所を利用する場合、決められた技能教習を行い、仮免試験に合格すると路上教習へと進みます。卒業検定までが教習所内で行われます。卒業検定に合格すると、免許センターにて適性検査と学科試験を受け、合格後免許証が交付されます。
教習所の費用は、普通免許を持っている場合、36万円前後になります。これには30時間の技能時間と1時間の学科時間が含まれた費用です。
中型免許を持っている場合、学科時間はなく、技能時間も14時間に短縮されます。よって費用は20万円前後となっています。
どちらの場合でも免許申請手続きに必要な費用として3650円が必要になります。


教育訓練給付制度を活用しよう!

条件に合っていれば国の制度を利用して費用を安く抑えることも可能です。教育訓練給付制度という給付制度を利用できれば、最大で教習費用の20%(上限10万円)を、ハローワークから受け取ることができます。給付の対象となるのは、現在失業中であれば、離職日翌日から1年以内の期間に大型免許教習を開始していて、被保険者としての雇用期間が1~3年以上あることです。また、同じ制度の利用を過去にしている場合には、最後の給付から3年以上経過していることが条件となります。さらに、在職中の人であれば、被保険者として3年以上雇用されていることが必須です。ただし、初めて給付を受ける場合であれば1年以上の雇用期間でも制度を利用できます。

  

安くて確実!合宿免許で目指す大型免許

大型免許を取得するのに最もおすすめの方法は、教習所が行っている合宿免許に参加することです。合宿免許の場合は22万円から30万円台の費用で行っている教習所が多くなっています。しかも教習時間がオーバーしたり試験に合格できなかったりしても追加料金がないというサービスを行っているところもあるため、とてもお得です。また、免許取得までの最短日数が8泊9日で可能というところもあります。免許センターで一発試験を目指すよりも、より確実で安心できる方法といえます。

合宿免許を行っている教習所は全国各地にあり、それぞれで費用や内容が異なるため、詳細を調べて一番自分に都合がいいところを選ぶと良いでしょう。特にまとまった時間のとれる学生さんの場合、合宿免許を利用することをおすすめします。

 ◆大型車の合宿免許教習所一覧はコチラ


合宿免許なら短期間で集中して講習を受けられる

合宿免許のメリットは、費用だけではありません。
大型自動車免許を取得する際の大きな問題は、法改正により大型車のサイズが変更になったことにより、大型自動車免許の教習を行っている教習所自体が減ってしまったことです。そのため一般の教習所では、教習内容により予約が取れないという問題が生じています。さらに通学が不便な場合もあるため、一般的には免許取得までに2ヶ月から3ヶ月程度かかっているようです。
合宿免許で大型自動車免許の取得を目指す場合、構内試験から取得時講習までの内容を全て教習所で受けることができます。講習の予約が取りづらいという問題からも開放され、集中して講習を受けることが可能です。泊まり込みで行われるため、最短だと8泊9日で取得が可能な合宿免許もあります。


普通免許から大型免許を取るメリット・デメリット

大型免許を取得するための方法は1つだけではありません。普通免許取得者がいきなり大型免許の取得を目指す以外にも、普通免許の後に中型免許を取得してから大型免許取得を目指す方法もあります。中型免許の取得を間に挟むことで、徐々にステップを踏んでいくことができ、技能レベルを段階的に上げていくことが可能です。ただし、どちらの方法を取るべきかについては、普通免許を取得している段階からいきなり大型免許を取る場合のメリットとデメリットも知ったうえで慎重に決める必要があります。

まず、普通免許の取得からいきなり大型免許を取る場合のメリットは、大型トラックの乗車時間が多い点です。中型免許を取得している人よりも大型トラックに乗ることができる時間が長くなります。技能講習の多くを大型トラックで受けられることが通常だからです。中型から大型の車両に変わると、実際のサイズ感の違いを強く感じる人は少なくありません。大型車両の運転に慣れるためには、実際の乗車時間が多ければ多いほど安心できます。反対に、デメリットとなるのが、受けなければいけない技能講習の時間が多くなることです。中型免許取得者に比べると、必要とされる技能講習の受講時間は増えてしまいます。時間が増えることを負担と感じるか否かは人それぞれですが、メリットも含めて総合的に考慮し、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。


技能教習や試験での運転で気を付けるべきポイント

技能教習や試験の際の運転では、3つのポイントを押さえて取り組むようにしましょう。まず、1つ目が車体の大きさに慣れることです。先でも記載したとおり、普通車はもちろん、中型車と比べても、大型車両のサイズ感は他とはまったく異なっていると感じる人は多くいます。普通車や中型車の運転経験をそれなりに持っていても、実際に大型車両の運転をしたときの感覚が違うため、まずは車体のサイズ感に慣れておくことは基本です。頭で理解するだけではなく、繰り返し運転することによって体で感覚的に掴む必要があります。

2つ目のポイントがエアーブレーキに慣れることです。大型の車両は、車のサイズだけではなくブレーキのタイプも普通車などとは異なります。一般的に、普通車に搭載されているブレーキは油圧式です。小型のトラックのブレーキも同じタイプとなります。油圧式は、ブレーキを踏むことで発生する油圧が各車輪に伝わると、ピストンによりブレーキパットが押し出され、ローターに摩擦が加わって減速したり停止したりする仕組みです。一方、大型の車両ではエアーブレーキというタイプが採用されています。油圧式ではオイルが使われているのに対して、エアーブレーキは、ブレーキペダルとブレーキシリンダーの間に充満している高圧のエア(空気)を利用して車両の減速や停止を促す仕組みです。オイルと比べてエアのほうが、圧縮力が強いため、同じ力でブレーキを踏んでもエアーブレーキのほうが強い力で制動力がかかります。そのため、普通車などに乗ったときの感覚で大型車のブレーキを踏むと、急ブレーキがかかって非常に危険です。大型車の場合には、どのくらいの力でブレーキを踏めばいいのか感覚をしっかりと掴んでおくことが大切となります。

最後に、3つ目のポイントとして挙げられるのが、試験のときにはリラックスした状態で臨むことです。大事な試験と考えると緊張しやすいものですが、小さなミスがあっても割り切って、できるだけ慌てないように心がけ、一発アウトを防ぐことに注意しましょう。


大型免許の教習におすすめの教習所

大型免許の取得を目指せる教習所の中でおすすめのひとつが、秋田県東部に位置する横手モータースクールです。ホテルが宿泊施設となっていて、自然豊かな環境に囲まれた場所にあるため、観光気分も味わいながら免許の取得を目指せます。

次に紹介する教習所が、山形県にあるマツキドライビングスクール村山校です。教習コースの広さは県内トップレベルでのびのびと運転しやすい点が魅力です。また、イベントなどを含めたさまざまなプランが充実しているため、自分の好みに合ったプランを選ぶことができます。
最後におすすめするのが、全国有数の合宿免許校である掛川自動車学校です。静岡県にあるため、関東エリアからも関西エリアからも利用しやすくなっています。東京からでも大阪からでも新幹線1本でアクセス可能です。学校の隣に大型スーパーがあるため、買い物にも不自由なく合宿生活を送ることができます。教習所によって特徴はさまざまであるため、入校先を選ぶ際には内容をきちんとチェックして自分に合ったところを上手に選ぶようにしましょう。


中型・大型免許が役立つ職種

免許の種類によって運転できる車の種類が変わってきます。大型免許・中型免許を持っていると有利になる職種を紹介します。

この種の免許を活かせるのは、主に運送や作業などです。大型や中型にもそれぞれ種類があって、それによっても運転できる車が変わってきますが、貨物輸送や物流には欠かせない免許です。特に2020年には東京オリンピックが開催される事になりましたので、オリンピックに向け建設現場でもニーズは高まる事が予想できます。

大型自動車の免許を取得できる年齢は21歳以上、普通免許か中型免許のいずれかを取得し3年以上経過している事、視力が両眼0.8以上、片目で0.5以上(コンタクトやメガネでもOK)である事、奥行知覚検査器による検査での平均誤差が2cm以下という条件をクリアしていれば取得できます。建設現場以外では、消防やレスキュー、引越し会社や産廃業などでも歓迎されます。

中型自動車は普通自動車免許を取得して2年以上経過しており、視力が両眼0.8以上、片目で0.5以上(コンタクトやメガネでもOK)である事、奥行知覚検査器による検査での平均誤差が2cm以下という条件をクリアしている20歳以上の方なら取得できます。運送会社や配送業、土木・建設現場のトラック運転手として歓迎されます。大型トラックよりも少し小さく小回りが利くトラックを運転できるので、街中を走るにも便利です。中型の方が仕事の選択肢は多いかもしれません。


確実に取得したいなら合宿免許がおすすめ!

大型免許を確実に取得したいのであれば、教習所を利用するのがおすすめです。特に、合宿免許の場合には、通学制と比べて短期で集中することができ、料金も安く抑えることも可能となります。仕事などで活用するために効率的に大型免許を取得したいのであれば、合宿免許に対応した教習所への入校を検討してみるとよいでしょう。 

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top