合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>バイク免許ローンを組むには?審査基準はどうなっている?

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

バイク免許ローンを組むには?審査基準はどうなっている?

バイク免許ローンを組むには?審査基準はどうなっている?

バイクのカッコよさや小回りの利く利便性などに引かれてバイク免許を取得したいという人もいるでしょう。また、バイクは自動車よりも比較的安い金額で買えるケースも多いので、経済的にもメリットがあります。しかし、バイク免許を取得するにも費用はかかります。お金が手元になくてバイク免許の取得をためらっている人も少なくないのではないでしょうか。そんなときはバイク免許ローンを活用してみると、手軽にバイク免許取得費用を調達できます。そこで、この記事では、バイク免許ローンの特徴や審査基準などについて紹介します。


バイク免許ローンとは?

バイク免許ローンとはその名のとおり、バイク免許を取得するために利用できるローンです。ローンには用途に応じて、住宅ローンやビジネスローンなどのさまざまな種類が用意されている目的別ローンと呼ばれるものがあります。なぜ、たくさんの種類が用意されているかというと、利用目的を制限することで貸し出す側は審査にかかる手間を省略できるメリットがあるからです。また、資金使途の用途が定められていないフリーローンでは、貸し出す側のリスクは高くなります。融資を受けた人が資金を何に利用するかわからないため、不良債権になったときのリスクを考えて金利を高めに設定するケースが多いです。

それに対して、目的別ローンは利用者の資金使途が決まっているため、貸し出す側のリスクはフリーローンと比べて低くなります。そのため、一般的には目的別ローンのほうがフリーローンよりも低金利で利用できるケースが多いのはメリットです。バイク免許も目的別ローンの一種で、資金用途は普通二輪免許または大型二輪免許の免許取得にかかる費用に限定されています。支払回数は最長で36回で、教習所への入校料や教材費だけでなく、検定費用まで対象とすることが可能です。たとえば、10万円を借り入れした場合、適用金利にもよりますが、12回払いを選択すれば1回あたりの返済額を1万円未満に抑えることもできます。1回あたりの支払額が1万円未満なら、バイト代で返済することも難しくはないでしょう。 


また、せっかくバイク免許を取得しても、肝心のバイクを購入できなくては意味がありません。バイク免許ローンを利用すると免許の取得にかかる費用負担が軽くなるので、バイク本体の購入を検討しやすくなる点もメリットです。


バイクの免許取得にはいくら必要?

バイク免許ローンを利用するためには、実際にバイク免許の取得にどれだけの金額がかかるかを把握しておくことが重要です。実際にかかる費用を知ったうえで、バイク免許ローンを利用するかどうかを検討しましょう。バイク免許を取得するときの費用は、普通二輪免許と大型二輪免許で異なります。普通二輪免許の場合、教習所に通学をするタイプでは12万~15万円程度、合宿して短期間で取得するタイプでは10万円前後が目安です。教習所に通うメリットとしては、空いた時間に通えるので仕事や学校を休む必要がないことが挙げられます。

ただし、合宿タイプに比べて免許の取得までに日数がかかる点や費用が高くなってしまう点はデメリットです。その反対に、合宿タイプのメリットは教習所よりも早くバイク免許を取得できることと、費用が安く済むケースが多いことが挙げられます。ただし、合宿所に泊まりこむ必要があるので、ある程度のまとまった期間学校や仕事を休まなくてはいけなくなります。長期休暇を利用できる人にはメリットの多い免許の取得方法だといえるでしょう。

一方、大型二輪免許は、すでに所有している免許によって必要になる費用が異なります。基本的には、普通二輪免許を取得している場合が最も安く、通学する場合にかかる費用の目安としては8万~10万円程度です。それに対して、自動車免許を取得している場合は、15万~20万円程度、免許を何も取得していない場合は20万~25万円程度が教習所に通う場合にかかる費用の目安となっています。大型二輪免許の場合も普通二輪免許と同様に、合宿タイプのほうがバイク免許取得にかかる費用は安くなるケースが多いです。合宿するプランや宿泊する部屋のタイプ(シングルか相部屋かなど)によっても料金は異なるので、いろいろと調べてみるとよいでしょう。


ローンの支払いはいくらになる?

バイク免許ローンの支払額の計算方法は、基本的に一般のローンの計算方法と同じです。計算にあたって重要となる項目は「借入資金の金額」「借入金利」「返済期間」の3つとなります。借入資金の上限金額や融資が実行される金利、完済するまでの返済回数はローン会社によって異なるので、1回あたりの返済額も利用するローン会社によって変わります。また、1回あたりの最低返済金額が決められているケースもあるので、注意が必要です。

ローン会社によっては月々3,000円や6,000円といった具合に、利用者の希望金額で調整してくれます。1回あたりの返済額をできるだけ少なくしたい場合は、そのようなローン会社を利用するとよいでしょう。どうしても手元にお金がなくて、しばらく返済を待ってもらいたい場合は、支払の開始月を数カ月後に延ばすことができるスキップローンを用意しているローン会社もあります。返済を猶予してもらっている間も利息はかからない場合もありますが、利用するには条件がありますので事前に確認してください。また返済を猶予してもらっているからといって油断せず、できる限り早く返済するようにしましょう。

バイク免許の取得にかかる費用は、一般的に10万~20万円程度が多いので、ローンを組む人もそれぐらいの金額を利用するケースが多くなっています。たとえば、「1万~1万5,000円の24回払い」や「2万円程度の12回払い」といった具合です。仮に25万円の資金を金利9%、24回払いで借りた場合の月額の返済金額は1万1,400円程度になります。それに対して、同じ条件で12回払いを選択すると、月額の返済金額は2万1,800円程度です。ただし、いずれの場合も1回目の支払いに関しては端数処理の関係上、数百円程度高くなることが多い点には気をつけましょう。


バイク免許ローンを申し込む方法

バイク免許ローンの申し込みは、バイク免許を取得する予定の教習所、または合宿予約センターから行うのが一般的です。多くの教習所の受付窓口には、バイク免許ローンの申込用紙が備え付けられています。または教習所や合宿予約センターへの申込時にバイク免許ローンの申込用紙が手渡されることもあります。申込用紙がない場合は、教習所などの受付担当者に「バイク免許の取得を考えている」「取得に関する費用はローンを利用したい」ということを伝えましょう。すると、後日郵送で送られてくることもあります。

なお、申込用紙を窓口でもらったからといって、すぐに提出する必要はありません。バイク免許ローンはバイク免許取得にかかる費用を楽にしてくれますが、借入金である点には違いありません。「一度家に帰ってじっくり考えたい」「家族と話してから決めたい」などの理由で、一度自宅に持ち帰っても問題ないです。ただし、バイク免許ローンも審査に通らなければ融資は実行されません。そのため、申し込んでから融資が実行されるまでにある程度の期間がかかります。代金の振込期日に間に合わなければせっかく融資を申し込んでも意味がありませんので、気をつけましょう。

また、教習所や合宿予約センターで用意されている用紙は、提携している金融機関を利用するようになっています。そのため、必ずしも条件が最善であるとは限りません。「少しでも金利の安いローンがいい」「返済期間の長い金融機関でローンを組みたい」といった希望がある場合は、無理に予約窓口で申し込む必要はありません。自分の条件に合う金融機関を探してローンの申し込みをしましょう。


バイク免許ローンの審査基準

バイク免許ローンも目的別ローンの一種に含まれるので、利用にあたっては審査をクリアしなければいけません。そのため、残念ながらバイク免許ローンを利用できない人もいます。バイク免許ローンを利用するつもりだったのに審査に通らなければ、バイク免許の取得を諦めなければいけない事態も想定されます。バイク免許ローンを利用する予定の人は、事前に審査基準についてしっかりと理解しておくことが大切です。

とはいうものの、バイク免許ローンの審査基準はそれほどハードルの高いものではありません。借り入れするローン会社によって多少条件が異なることはあるものの、基本的には「18歳以上で安定した収入がある人」です。バイク免許で借り入れる金額は多くても30万円程度なので、あまり高収入でなくても借りられる可能性は高いといえます。ただし、まったくの無収入ではさすがにローン会社のリスクが高くなってしまうので、借り入れすることは難しいでしょう。

また、収入のある18歳以上の人であっても、ブラックリストに掲載された経験を持っている人は利用できない可能性が高いです。ブラックリストは過去にローンなどの返済が滞った経験などを持つ人が登録されるリストで、ローン会社はブラックリストを閲覧することで信用情報を確認しています。ブラックリストは5年程度経過すれば記録から消去されますが、注意しておきましょう。

なお、ローン会社によっては「親権者の同意が必要」という条件付きで高校生の最終学年であれば申し込みを受け付けているところもあります。少しでも早くバイク免許を取得したいという人は、親を説得してバイク免許ローンを利用してみるのもひとつの方法です。


免許取得前でもローンは組める?

結論からいうと、免許取得前でもローンを組むことは可能です。なぜなら、バイク免許ローンはバイク免許を取得するためのものであるからです。バイク免許を取得するという目的のために使用される資金であれば、申込時点で免許を取得しているか否かは関係ありません。そのため、普通自動車免許や原付免許などを持っていない人でもバイク免許ローンを申し込むことができるのです。

バイク免許ローンを初めて利用する人のなかには、「チェック項目に運転免許証と書いてあるから免許が必要だと思った」という人もいます。しかし、バイク免許の申し込みにあたって運転免許が必要な理由は単に身分確認のために利用されるケースがほとんどです。つまり、健康保険証などでも代用できる可能性が高いです。もしもバイク免許の必要書類に運転免許証と記載されているときは、担当者に必要とされている理由を聞き、他に代用できるものがないか考えてみるとよいでしょう。


審査に通らない理由は?

バイク免許ローンは比較的少額のローンですが、目的別ローンの一種で金利は安く抑えられています。そのため、申請した内容によっては残念ながら審査に通らないという場合もあります。そのようなときは、まず申し込みをしたローン会社を変えてみると審査に通るケースがあるので試してみるとよいでしょう。ローン会社はそれぞれ独自の基準で審査を行っています。つまり、A社で審査に通らなくても違う見方をするB社に申し込めば審査に通る可能性はあるということです。特に大手銀行のローンなどは審査が厳しい傾向にあるので、気をつけましょう。

そのほかの要因として考えられるのは、「申し込み条件を満たせていない」「本人または保証人に支払い能力がない」の2つです。申し込み条件を満たせていないために審査に通らなかった場合は、逆にいうと条件を満たせば審査に通る可能性もあるといえます。どのような点が足りなかったのかをよく確認して、再度挑戦してみましょう。一方、本人または保証人に支払い能力がないと判断された場合は、「新しくアルバイトを始める」「保証人を変更する」などといった対策を取る必要があります。

ローン会社によっては保証人が不要な場合もありますが、そのような場合は本人の返済能力が問われるので、何かしらの収入源を確保していなければ審査に通るのは難しいでしょう。また、「パートの母親に保証人になってもらったら審査に落ちた」というような場合は、正社員である父親など、より高収入を稼いでいる人になってもらうと審査に通りやすいです。審査に通らない理由はさまざまですが、対策をとれば審査に通るようになるケースもあるので良い方法を探してみましょう。


手元にお金がないならローンを検討してみよう!

バイク免許の取得にかかる費用は所持している免許にもよりますが、通学の場合でおよそ10万~25万円です。合宿タイプの場合はもう少し安くなるケースが多いので、少しでも費用を節約したい人は合宿に申し込むとよいでしょう。ただし、合宿タイプでも10万円程度かかるケースは珍しくありません。手元にお金がない人はバイク免許ローンを利用してみるのも一つの方法だといえます。バイク免許ローンを利用すれば毎回少額の返済で、手軽にバイク免許を取得可能です。バイク免許ローンはそれほど高額なローンではないので、審査基準さえ守れば審査に通る可能性はそれなりに高いです。しっかりと準備して活用してみてはいかがでしょうか。 

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top