合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許でローン払いはできる?方法や金利などを解説

合宿免許でローン払いはできる?方法や金利などを解説

合宿免許の費用は、自動車学校に通学する場合よりも安いことが多いです。

しかし、まとまった金額の支払いが必要なことは変わりなく、ローン払いを利用する人も。

特に学生は何かと忙しく、学費を工面するのが大変です。

そういった事情もあって、合宿免許のローン払いを検討することは、決して珍しくありません。

ただ、ローンに不安を感じる人がいるのも事実。


この記事では、ローンって何? 学生でも利用できるの? といった疑問点や気になる支払い方法・金利などを解説します。


合宿免許のローン払いを助ける「運転免許ローン」


合宿免許や自動車学校の学費を工面するローンは、総じて「運転免許ローン」と呼ばれ、合宿免許でも比較的良心的なプランが多いのが特徴です。

まずは、合宿免許で用いられる運転免許ローンがどのようなものか、基本的な部分について解説します。


運転免許ローンとは

運転免許ローンとは、運転免許を取得するために組むローンのことで、まとまった費用の工面が難しい、月々計画的に支払をしたいといった人向けのプランとなっています。

合宿免許でローン払いを利用したい場合、いくつかの選択肢があり、自分の条件やニーズに応じてプランを選ぶことになります。


無利子でローン払いができるケースは基本的に存在せず、合宿免許でも、ほぼすべてのプランで利子が付くものと考えてよいでしょう。

また、支払い方法・審査基準・審査スピード・支払い開始月なども異なり、ローン払いに対応している合宿免許かどうかも確認しなければなりません。


何よりも自分のスケジュールや支払い能力などを考慮してプランを選ぶことが大切です。

通学より比較的割安な合宿免許とはいえ、高額な資金が必要なことには変わりありません。まとまった金額の支払が難しい方は、運転免許ローンを、無理のない範囲で上手に利用し、免許取得を目指したいものです。


合宿免許アイランドでもローンの支払を承っております。

お支払いは①現金、②クレジットカード、③ローンからお選びいただけます。


ローンでのお支払いは審査基準で利用可否が変わってきますから、合宿免許のローン払いを本格的に検討する際に内容を確認して、あなたに合ったお支払い方法を決めましょう。


▼お支払い方法詳細はこちら

https://www.ai-menkyo.jp/payment/


ローン払いで気になるのは金利

合宿免許の費用をローン払いで考えているなら、運転免許ローンの金利について大まかな相場を知っておく必要があります。

合宿免許アイランドでは2社の信販会社のローンをご用意しております。

信販会社とは、クレジット取引を主な業務とする会社のことで、キャッシングや集金代行などの業務を兼務しているところもあります。

幅広い年代がサービスを利用でき、合宿免許のローン払いでも、18歳以上の学生が申し込みできるプランもあります。


また、支払い方法も、月々の支払額を決められるリボ払い・ローン払いの開始月を決められるスキップ払い(合宿免許では学生限定の場合が多い)など、複数の方法の中から選べます。

ただし、金利は高めに設定されているところが多いので注意が必要です。

信販系会社の合宿免許のローン払い金利はおおよそ12〜15%程度です。


合宿免許のローン払いはどう選ぶべき?利用者の立場から考える



合宿免許に参加する人をイメージしたとき、比較的時間に余裕のある学生が多いように思われますが、実際には様々な利用者が合宿免許にやって来ます。

続いては、合宿免許でローン払いを利用するにあたって、それぞれの立場からどのローン払いを選ぶべきなのか解説します。


学生の場合

学生と一口に言っても、大学生なのか専門学校生なのかによって、合宿免許のローン払いは選択肢が変わってきます。

親権者をともない金融機関を探したり、信販系会社の各種クレジットプランを選んだりできます。また、合宿免許で用意している各種ローン払いのプランを探すのもいいでしょう。


社会人の場合

10代から会社員として働いている場合も含め、多くの場合、社会人には固定収入があります。

そのため、合宿免許のローン払いにおける審査の難易度が下がりますから、選択肢が広がります。


また、20歳以上の社会人は、学生や未成年では選べなかったローン払いの選択肢が選べます。

例えば、各自治体が用意している貸付制度の中には、免許取得を目的として貸付が受けられるものもあります。


しかし、ひとり親家庭であることが条件になるなど、支払える収入があるからといって誰でも気軽に借りられるわけではありません。


基本的に、国や自治体からお金を借りる場合、自動車免許の存在が生活に大きく影響する場合以外は、ローン払いへの利用は難しいものと考えておいた方がよいでしょう。


主婦でも合宿免許のローン支払いはOK?

合宿免許のローン払いに限らず、ローン払いを考える際の大前提として、基本的には本人に定額収入があることが条件となります。


よって、パート・アルバイトとして働いている兼業主婦の方ならローンを組みやすいですが、専業主婦の方は家族に保証人になってもらう必要が出てきます。


合宿免許のローン払いを申し込むにはどうする?


合宿免許のローン払いを申し込みたい場合、具体的にどのような手順を踏むのかを頭に入れておくと、合宿免許の入校手続きまでスムーズに進みます。

以下に、一般的なローン払いの申し込みの流れや必要書類など、気を付けたいポイントをご紹介します。


一般的な申し込みの流れ

合宿免許のローン払いの申し込み方法は、Webサイトからの申し込みが主流になりつつあります。

ただし、その他の方法も選べますし、利用者の立場によってはサイトからの申し込みができない場合もありますから、自分が申し込む場合はどんな方法が選べるのか確認しておきましょう。


○合宿免許のサイトから申し込む

合宿免許の情報を取り扱うサイトや、合宿免許を行っている自動車学校のサイトでは、運転免許ローンの申し込みについて説明しているページを見かけることがあります。

手順は取り扱っている信販系会社によって異なりますが、概ね以下のような流れで申し込みを進めることになるでしょう。


  1. 合宿免許の資料請求時、または合宿免許予約時に、電話等でローン払いを希望する旨を伝える
  2. 信販系会社の受付担当者がメールアドレスを確認した後、ローン払い申し込みのためのURLをメールで送ってくれる
  3. 指定されたURLにアクセス後、必要事項を記入して送信する
  4. 信販系会社から、本人確認の電話があるので応答すると、ローン払いの審査がスタートする
  5. 審査が完了したら、その旨が電話で通知される

上記の流れが完了するまで、早ければ2日で終わりますが、場合によっては5日ほどかかることもあります。

職業や立場が制限されている可能性もあるため、説明にはよく目を通しておきましょう。


▼ローン支払いについては、こちら。

https://www.ai-menkyo.jp/payment/#p2



○金融機関や信販系会社のサイトから申し込む

合宿免許に関するサイトだけでなく、金融機関・信販系会社のサイトに直接アクセスして、運転免許・マイカーローンを組むこともできます。

原則として20歳以上でなければサイトを介して申し込みはできませんが、銀行やお店の窓口に足を運ぶ手間が省けますし、手続きの流れも合宿免許のサイトで行うケースとあまり変わりません。


<金融機関の場合>

  1. 各種同意事項・契約規程・約款に目を通し、問題なければメールアドレスを登録する
  2. メールが届いたら、本文内の申し込みページURLをクリックし、申込内容を入力する
  3. 入力内容を確認後、本人確認資料をアップロードする
  4. 手続きが一通り終わったら、審査完了まで待つ
  5. 審査が完了したら、契約手続きに関するメールに記載されたURLにアクセスし、契約手続きを進める
  6. 借入金が口座に振り込まれたら、同時または直後に支払先(合宿免許)に振込が行われる

<信販系会社の場合(クレジットカード利用)>

  1. 所定の受付電話番号、またはWebサイト上の申し込みフォームを通して、クレジットカードに対応している合宿免許を予約する
  2. 予約が確定後、クレジットカードのマイページから「運転免許クレジット」などの対応プランを選び、希望の支払回数も含めて必要事項を入力・送信する
  3. 本人確認の電話があったら、審査完了まで待ち、審査承認後は申し込み内容に関する書類が届くので保管しておく

なお、金融機関や会社によって、この他にも必要な手順が設けられている可能性もあります。

スムーズに手続きを進めるためにも、手続きの流れはきちんと確認しましょう。


○郵送で申し込む

Webサイトから申し込みができない環境の場合は、郵送を利用することもできます。

申込書に必要事項を記載して、必要書類のコピーと一緒に送付したら、金融機関・会社に届き次第審査が始まります。


無事審査に通ったら、契約書類も自宅で書き上げ、再度返送することになります。

記入・捺印に問題があると、再度返送手続きを行わなければならないため、印影や文字の濃さには注意しましょう。


○店頭で申し込む

合宿免許に参加する本人が未成年の場合など、Webサイトや郵送だけで申し込みができない場合は、店頭で申し込むこともできます。

未成年が契約できない金融機関が対象で、親権者が代わりにローンを組むような形になることが多いようです。


店頭で申し込む際の注意点として、Webサイトから契約する場合に比べて金利が高くなる傾向にあります。

0.5〜1%ほど高くなることが予想されるので、金融機関の担当者に事情を説明して、親権者名義でローン払いを行った方がお得かもしれません。


審査・契約に必要な書類をチェックしよう

運転免許ローンの契約に必要な書類について、銀行を例にとると、以下のような書類等が求められます。

  • 本人確認資料(氏名・住所・年齢が確認できる身分証明書)
  • 勤務先情報等を確認できる書類(健康保険証など)
  • 年収を確認できる書類
  • 使い道が書かれている書類(合宿免許であれば、参加する旨を証明できるもの)
  • 印鑑
  • 返済用の口座

なお、審査だけに限れば、本人確認資料だけで問題ないケースもあります。

クレジットカードを利用する場合は、カード申し込みの段階で必要な情報をある程度会社側に渡しているので、書類のやり取りが煩雑になる例は少ないでしょう。


合宿免許のローン払いができる人・できない人の特徴


合宿免許のローン払いは、ほとんどの場合は特段問題なくスムーズに事が進みますが、なかなか審査に通らないケースもあります。

以下に、その違いがどうして生まれるのか、詳細を解説します。


合宿免許のローン払いで絶対的に必要とされるのは「信用」

誰しも先のことを完璧に予測するのは難しいもので、いったんお金を貸したからといって、そのお金が無事返ってくるかどうかは分かりません。

合宿免許のローン払いも、つまりは「借金」の一種であり、貸す側には一定のリスクが生じます。


ただ、審査を通して「どうやらこの人はお金を借りても返せそうな人だ」と金融機関等が判断したら、無事あなたはお金を借りることができます。

そこにあるのは信用であり、信用度が高い人は、借金をしても返せる見込みがあると判断されます。


合宿免許にかかる費用は、家や新車を買うのに比べれば少額のため、ローン払いの難易度としては低めと言えるでしょう。


年齢が若くても、固定収入があって将来性があるなら、基本的には審査で落ちる可能性は低いと言えます。

社会人経験が豊富で、クレジットカードの利用実績も問題ないようなら、高い確率で合宿免許のローン払いが認められるはずです。


信用されない人の特徴

残念ながら、様々な観点からNG判定を受けてしまうケースもあります。

以下に、金融機関等から信用されない人の特徴について、主だったものをご紹介します。


○収入が不安定である

学生が親権者の連帯保証人をつける場合は別として、毎月の収入が不安定な人は、どうしても審査時に不利になります。

毎月15万円の収入がある人と、月によって10万円〜20万円とバラつきがある人では、貸し手は定額の収入がある方を評価します。


もちろん、毎月の給料が発生している点では同じなので、金融機関や信販会社によっては、OKを出してくれるところもあるはずです。

ただ、自分の現在の立場にかかわらず、収入が不安定であることは合宿免許ローン払いの障害になることを覚えておきましょう。


ちなみに、審査に落ちてしまった理由について問い合わせても、大抵の場合は断られます。

借金の経験がなく、不安要素がないはずなのに審査に通らなかった場合は、収入面を疑った方がよいかもしれません。


○滞納歴がある

合宿免許のローン払い以外に借金をしていて、過去に支払いが滞っていた場合は、もちろん審査に通りにくいと誰もがイメージできるはずです。


また、ちょっとした公共料金の支払い、例えば携帯料金や水道光熱費・家賃の支払い漏れを気にしていない人は、意外と多いかもしれませんが、実は、このちょっとしたお金の支払い漏れこそ、ローン払いにあたって障害になる可能性が高くなります。
というのも、金融機関などは「少額のお金の支払いが滞っている」ことを重視するからです。


自分が誰かにお金を貸すことを想像すると分かりやすいですが、数千円単位のお金をきちんと払えない人に、高額のお金を貸したいとは思わないですよね。
金融機関も同じで、料金をきちんと支払える人かどうかを確認したいのです。


よって、過去に以下のような問題を起こしていると、合宿免許のローン払いはできないかもしれません。

  • クレジットカードの支払いを滞納した(概ね61日以上)
  • 家賃や公共料金の支払いを2~3ヶ月以上滞納した、あるいは水道やガスを止められた
  • スマホ料金の分割払いを2~3ヶ月以上滞納した

合宿免許のローン払いに限らず、お金を借りたいと思ったら、普段の支払いは真面目に行いましょう。


○複数の会社からお金を借りている

滞納のレベルがもっとひどいものになると、自分の収入以上にお金を使うようになって、いつの間にか複数の会社からお金を借りて返せなくなってしまう状況に陥ります。
こうなると、もはや合宿免許のローン払いができる状況からはほど遠く、どの金融機関・信販会社に相談しても断られるようになります。


長期の滞納を経験している人は、信用情報に問題がある人として信用情報機関に登録されるため、何度審査をお願いしてもローンが通ることはないでしょう。
借金が発覚してから、取り急ぎ両親や親族に返してもらったとしても、完済後から5〜10年は申し込みができないものと考えて、貯金で合宿免許の費用を工面した方が賢明です。


信用される人の特徴

金融機関などから信用される人は、先にお伝えした条件の真逆に位置する、安定した収入があって、公共料金などの滞納がなく、借金をしたことがない・したとしてもきちんと返済できる人ということになります。


学生の場合は、親権者の信用情報に問題がなければ大丈夫でしょう。

社会人として働き始めて間もない場合でも、固定給があれば、年齢以外で金融機関がシビアになる可能性は低いものと推察されます。


信販会社は金融機関に比べて審査が通りやすい傾向にあります。

金銭面で、他人に迷惑をかけていなければ、合宿免許のローン払いに関しては安心して申し込みを行ってみましょう。


一度信用情報が傷ついてしまうと…

ここまでお伝えしてきた通り、合宿免許のローン払いで審査を通すには、契約者や連帯保証人となってくれる親権者の「信用」が重要です。

せっかく合宿免許のローン払いが認められても、きちんと返済できなかった場合、その後の人生で足を引っ張られることになります。


まず、ローン払いが滞ると、信用情報に傷がつきます。

その結果、新しくローンを組んだり、金融機関からお金を借りたりすることができなくなります。


クレジットカードを作りたいと思っても、新しく作ることができません。

現在利用しているクレジットカードも、有効期限が切れたら新しいものが送られてこない可能性があります。


家を借りたいと思っても、契約条件によってはNGと判定されるかもしれません。

具体的には、家賃保証会社の審査に通らなくなるので、家賃保証が必須の物件には住めないのです。


このように、信用情報に傷がつくと、生活のあらゆる場面で不自由を強いられます。

合宿免許のローン払いを検討する前はもちろん、無理のない返済計画をたて、ローン払いをスタートさせてからも、支払うべきものはきちんと支払うことが大切です。


まとめ

以上、合宿免許のローン払いについて、支払い方法・金利・審査基準などについてお伝えしてきました。


合宿免許のローン払いそのものは、審査に通りにくいタイプのローンではありません。

しかし、金銭感覚がルーズな人や、不本意であっても支払いを延滞してしまった経験がある人は、合宿免許のローン払いができないかもしれません。


信用を失うことは、その後の人生に影響を及ぼします。

事前にローンを組んだ後の返済能力をよく考え、返せる範囲でお金を借りること・十分な収入があることを前提に、ローン払いを検討しましょう。


▼合宿免許のお申し込みはこちら

https://www.ai-menkyo.jp/application/


▼合宿免許の資料請求はこちら

https://www.ai-menkyo.jp/material/


お金に関するコラムの注目Topics

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

教習所を探す

お客様サポート

当サイトに関して

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top