合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許卒業できないかも…そう思った時の励ましメッセージまとめ

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許卒業できないかも…そう思った時の励ましメッセージまとめ

合宿免許卒業できないかも…そう思った時の励ましメッセージまとめ

はりきって合宿免許に申し込んだものの、いざ合宿が始まると周囲の学習速度についていけずに落ち込む人もいます。同時にスタートした仲間に少しでも後れを取ると、不安になってしまうかもしれません。
しかし、合宿免許の最大の魅力は落ち込んだ時に支え合える仲間がいることです。お互いに励ましのメッセージを送り合って、力をもらいましょう。


学科教習内容が覚えられない人への応援メッセージ

運転免許を取得するためには、学科試験と技能試験の両方をクリアする必要があります。両方得意とする人もいれば、片方が苦手、あるいは両方を苦手とする人もいます。人によって得手不得手があるのは当然のことです。
学科が苦手だという人は、勉強の方法を変えてみましょう。合宿仲間の中から学科を得意とする人を探し、学習方法のコツを教えてもらうのも良い方法です。
運転で必要な知識は、丸暗記するものがほとんどです。暗記しやすいポイントを教わって挑戦してみてください。しかし一度に覚えられる量は人によって違うため、無理をしない範囲で勉強するのがおすすめです。
練習問題を解いて苦手分野を知ることも大切です。自分にとって覚えやすい分野と覚えにくい分野があるはずです。それが分かれば、苦手な箇所を重点的に学習できます。そうすれば遅れを取り戻すこともきっとできるはずです。


技能教習が苦手な人への応援メッセージ

合宿免許の場合、基本的に2日目には実車運転を始めます。初めての運転で戸惑ってしまう人や、パニックになる人もいるかもしれません。しかし、参加している人たちのほとんどが同じ気持ちのはずですから、まずは落ち着くことが大切です。
運転中は、教官の言葉をよく聞きましょう。教官によっては厳しい言葉を発する人もいますが、そんな時は、自分に期待してくれているから叱っているのだと前向きに考えるのがおすすめです。教官は免許を取らせたくなくて叱っているわけではありません。教習生が正しい運転の知識や技能を身につけ、事故を起こすことのないようあえて厳しい言葉を投げかけていると考えましょう。


イメージトレーニングをしてみよう

仮免許の時期が来ると、教習所にもピリピリした空気が流れることがあります。一度で通過したいのは誰でも同じですが、多少人より遅れたとしても、合宿期間の延長保証がされていれば追加料金は発生しないため、気持ちに余裕を持ちましょう。
コースのイメージトレーニングをして、成功した自分を想像してみてください。自動車に乗り込むところからエンジンを止めるまで、一連の流れを頭の中で思い浮かべてみると心が落ち着いてきます。
これは仮免に限らず、本試験でも使える方法です。通常の技能教習の時にもイメージトレーニングしておけば、本番に備えることができるでしょう。


教習時間以外の余暇時間でリフレッシュしよう

何をどう頑張っても上手くいかない……そんな時は、思い切り遊んでみるのも手です。教習所には自由時間に遊べる施設が備わっていることもあります。また、近くに気分転換できるスポットがある場合もあるでしょう。何度挑戦しても上達しない時は、ストレスだけが溜まって息苦しくなります。自然の中に身を置いて深呼吸してみる、合宿仲間と遊ぶなど、リフレッシュすることも大切です。温泉付きの宿泊施設の場合、ゆったりお湯につかるのも気分転換になるでしょう。
少し息抜きをするだけで効率的に学習できることもあります。できなかったことが突然できるようになるかもしれません。根を詰めすぎると集中力も落ちていくため、意識的にガス抜きをしてください。


おわりに

合宿免許に参加する場合、卒業までの期限を意識してプレッシャーに感じてしまう人もいるでしょう。しかし、教習所によっては期限をオーバーしてしまっても追加料金を取らないところもあります。自分のペースで合宿に臨みましょう。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top