合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>合宿免許なら公認校が良い?非公認校との違いは何?

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

合宿免許なら公認校が良い?非公認校との違いは何?

合宿免許なら公認校が良い?非公認校との違いは何?

合宿免許に申し込むために自動車教習所を探すなら、公認校と非公認校の違いについて知っておかなければなりません。公認校と非公認校では受けられるカリキュラムや試験に違いがあり、入校した後でそのことに気付いても、かけたコストを取り戻せないことがあるからです。ここでは、公認校の教習所の特徴について説明します。また、入校方法や、入校から卒業までの流れについて解説しました。さらに、公認校と非公認校の教習を受けるメリットとデメリットについて比較します。


公認校の教習所の特徴とは?

自動車教習所の「公認校」とは、公安委員会の定める基準を満たし、指定書を交付された教習所のことです。「公認校」のほか、「指定自動車教習所」とも呼ばれます。一般道路で運転の練習をするためには仮免許が必要になりますが、公認校ではこの仮免許取得のための学科試験、技能試験を受けることができます。また、仮免許の発行も可能です。さらに、公認校の卒業検定に合格した証明である「卒業証明書」があれば、運転免許試験場での技能試験が免除されます。つまり、運転免許試験場で受ける適性試験と学科試験以外のすべてを、公認校で行えるということです。

また、公認校同士であれば同じカリキュラムで教習を行っているため、やむを得ない事情での転校も可能です。しかし、合宿免許は教習期間が短く設定されているため、仮免許を取得済みであるなど、転校に条件が付く場合もあります。合宿免許で転校の可能性が見込まれるなら、返金制度や転校先の受け入れ条件などを事前に確認しておくと良いでしょ


非公認校との違いは?

「非公認校」とは、公安委員会の指定を受けていない自動車教習所のことです。このうち、「届出自動車教習所」と呼ばれるものは、公安委員会に届けを出した教習所のことになります。公認校は、仮免許取得のための試験や仮免許発行などを教習所内で受けることができますが、非公認校ではこれができません。仮免許取得のための修了検定や運転免許取得のための卒業検定は、運転免許試験場で受験する必要があります。

非公認校には、公認校のように公安委員会によって定められたカリキュラムがないため、指導の仕方などが偏ることもあるでしょう。しかし、カリキュラムがないぶん、練習回数などの自由度が高いというメリットがあります。つまり、教習生の苦手な項目を重点的に指導するなど、柔軟性を持った教習ができるというということです。また、免許を失効してしまったなど、運転経験者の場合は、不要な教習をカットすることも可能です。そのぶん、かかる料金にも自由度が高いといえます。

公認校は公安委員会の指定を受けるため、指導教官の人数や教習所の設備など、さまざまな基準を満たしていなければなりません。しかし、非公認校はこの必要がないぶん低コストで運営でき、公認校よりも教習費用が安い傾向があります。また、公認校の教習には、学科と技能の教習を9カ月以内に終えるという法定期限がありますが、非公認校にはこのような期限がなく、教習の期間を自由に設定できます。


公認校と非公認校ならどちらにすべきか

公認校には決められたカリキュラム、非公認校には自由度の高さという特徴があります。初めて運転について学ぶ人や、一回の運転免許試験で確実に免許を取得したい人は、公認校で教習を受けるのがおすすめです。公認校の教習時間や教習内容は、公安委員会の指定を受けた全国一律のものであるため、運転について総合的に学ぶことができ、安心です。また、指導教官の数や教習設備が充実していることを理由に、公認校を選ぶ人もいるでしょう。

運転免許試験場で学科試験と技能試験を受ける、いわゆる「一発試験」で免許を取る自信のある人は、非公認校を選ぶケースがあります。免許を失効してしまったなど、運転に関する技術と予備知識がすでにある人も、自由度の高い非公認校を選ぶことがあるでしょう。さらに、公認校より教習料金が安いことだけを重視して、非公認校を選ぶケースもあります。


公認校の合宿免許にするメリット

非公認校より教習料金が高い傾向のある公認校ですが、合宿免許の時期を選べば、その限りではありません。夏休みや春休みなど、学生の教習生が多いオンシーズンと、4月〜7月、9月〜12月などのオフシーズンでは、料金にかなりの違いがあります。多くの場合、オフシーズンにはキャンペーンが行われ、非公認校とほとんど変わらない料金で公認校の教習を受けることができます。

また、公認校なら、仮免許の技能試験も教習所で受けられるのが大きなメリットです。運転免許試験場で技能試験を受ける場合、初めての車種、初めてのコースという慣れない環境が合格率を下げてしまいます。教習で使い慣れた車種と、馴染みのあるコースで技能試験を受けた方が、合格率ははるかに高まるといえるでしょう。さらに、定められた教習を受けて卒業試験に合格し、卒業証明書を授与されれば、運転免許試験場での技能試験が免除されます。2つ受けるべき試験が1つで済めば、合格率は飛躍的に高まるといえるのです。

期間の点でも、公認校の合宿免許には大きなメリットがあります。定められたカリキュラムすべてを学ぶ必要のある公認校は、通学の場合は免許取得まで何カ月もの期間がかかるでしょう。教習を受けるには予約を取らなければならず、夏休みなどの混雑する期間はキャンセル待ちが出ることもあります。その点、合宿免許なら短期間で運転免許を取得することができます。かかる期間は、普通自動車ATなら最短日数で14日、普通自動車MTなら最短日数で16日です。自分でスケジュールを立てる必要もなく、予約を取ったり、キャンセルを待ったりする必要もありません。技能教習などは特に、教習の期間が空くと勘が鈍ってしまい、合格基準に達せないことがあります。連続した日数で教習を受けられる合宿免許なら、そのような心配がなく、スムーズに運転技術を向上させることができます。


公認校の合宿免許へ入校する方法は?

公認校の合宿免許への入校は、公認校を扱う窓口から希望の教習所の予約をします。教習所によって、合宿免許の宿泊場所はホテル、ペンション、キッチン付きのマンションタイプなどさまざまです。個室のプランもあれば、友人同士など団体用プランや相部屋のプランもあります。観光地に合宿所があれば、教習を受けながら観光もできるプランが組まれていることもあるでしょう。それぞれ料金に違いがあるので、自分の好みと予算に合ったプランの合宿免許を選びましょう。教習所への入校には資格設定があるため、自分が資格を満たしているかどうかも確認が必要です。資格設定には、年齢や視力、聴力などの規定が定められています。

プランを決め、資格を満たしていることを確認したら、電話やインターネットから申し込みをします。電話での申し込みなら、混み具合や最適なプランの相談なども同時にできるかもしれません。インターネットからの申し込みは、営業時間にかかわらず仮申し込みができるというメリットがあります。申し込みが完了すると「予約確認書および振込案内書」や「出発案内書」など、入校に必要な書類が郵送されます。振込案内書にしたがって教習料金を振り込んだら、いよいよ入校です。本籍地が書かれている住民票や健康保険証などの書類、印鑑、生活用品など、忘れ物のないよう十分に注意しましょう。


公認校の合宿免許への入校から卒業までの流れ

合宿免許へ入校するとはじめに、入校説明と入校の手続きを行います。その後行うのが、視力や聴力などの適性検査です。検査が終わったら「学科1」とも呼ばれる先行学科の教習があります。これは、法令で教習初日に受講するよう定められているもので、交通規則の遵守や任意保険の重要性など、運転者の心得の基本について学ぶものです。先行学科を修了したら、第1段階の学科教習や技能教習を受けながら、まずは仮免許の取得を目指します。例として、普通車の第1段階の学科教習は9時限、技能教習は普通自動車MTなら15時限以上、普通自動車ATなら12時限以上です。

第1段階の教習を修了したら、仮免許の予備試験である効果測定が行われます。その後、仮免許学科試験と技能修了検定が行われ、これに合格すると仮免許が交付されます。仮免許が交付されると、学科と技能の教習は第2段階に入り、技能教習を路上で行えるようになります。第2段階は、普通自動車MT、普通自動車ATのどちらも学科教習が16時限、技能教習は19時限以上です。第2段階の教習を終えると、教習所での最後の試験、技能卒業検定があります。

これに合格すると卒業証明書が発行され、晴れて卒業となるのです。この卒業証明書を運転免許試験場へ持参することで、試験場での技能試験が免除になります。また、最後の学科試験は運転免許試験場で受けることになるため、教習所での卒業検定は技能のみとなっているのです。


おすすめの公認校の合宿免許は?

アクティビティを楽しみながら運転免許を取得したいのであれば、静岡県浜松市の「静岡県セイブ自動車学校」がおすすめです。東海道新幹線が発着する浜松駅から教習所までスクールバスの送迎があり、関東、関西からのアクセスが良いところが魅力です。東京駅からは約2時間30分、新大阪駅からは約2時間で到着します。宿泊施設には女性専用宿舎や男性専用宿舎があり、男女どちらともリラックスして過ごせるでしょう。食事は栄養士が選んだ厳選メニューを、日替わり4種から選べます。浜名湖のほど近くにあり、空き時間にはサイクリングやフィッシング、マリンスポーツなどが楽しめるでしょう。他の合宿メンバーとの交流も深まります。入校日限定キャンペーンでは、シングルの部屋で190,000円台というプランもあるのです。教習所のコースは広々しているのが特徴で、310mの直線コースは、初心者でも運転しやすいと評判になっています。

新潟県の「新潟中央自動車学校」は、新潟駅から徒歩で約10分の場所にあり、空き時間にはカラオケやショッピングなどを楽しめます。銀行やコンビニエンスストア、ファミリーレストランなども徒歩5分圏内にあるので、利便性の高さは抜群です。万代シティなどの巨大ショッピングモールで空き時間を楽しむこともできるでしょう。中国庭園と日本庭園が調和した天寿園や、新潟ふるさと村などの観光スポットもあり、旅気分も存分に味わえます。女性専用施設の中には天然温泉が付いたものもあり、教習の疲れをゆっくり癒せるでしょう。過去、指定自動車教習所全国大会で優良教習所として表彰された実績もあり、指導が親切で丁寧であることも評判です。オフシーズンにはホテルのシングルルーム利用で180,000円台というプランがあり、学生だけでなく社会人の人気も集めています。校内食堂でのランチメニューは20種類から選択でき、毎日の食事が楽しみになるでしょう。新潟市内は北陸・信越地方でも降雪が多くないので、冬でも安心して教習を受けることができます。

長崎県の「共立自動車学校・日野」は、教習を受けに来ているのを忘れてしまいそうなほど、観光スポットやアクティビティが充実した合宿免許です。景色の美しい西海国立公園やハウステンボスだけでなく、教習所周辺の温泉施設やショッピングセンターなど、空き時間を楽しく過ごすスポットが充実しています。遊覧船クルーズや軍艦島、新世界三大夜景にも数えられる見事な夜景などは、一生の思い出に残るでしょう。教習は指導教官が礼儀正しくて優しく、特に学科教習がわかりやすいと評判です。アドバイスが丁寧で、苦手な部分に細かく対応してくれる点も教習生から高評価です。緑の映える広大な教習コースは運転しやすく、初心者でもリラックスして技能教習を受けられます。敷地内にもコンビニエンスストア付きの宿舎があり、教習とアクティビティ両方への利便性が高いことも大きな魅力です。


合宿免許は公認校を優先して選ぼう!

自動車教習所の公認校と非公認校には、それぞれのメリット、デメリットがあります。非公認校は費用が安く、苦手分野を重点的に教習できるなど、自由度が高いのが特徴です。しかし、教官の指導力にばらつきがあり、技能試験を慣れない環境で受けなければならないなど、免許取得への難易度も高いといえるのではないでしょうか。

一方、公認校は、非公認校より費用が高い傾向にありますが、オフシーズンのキャンペーンを利用すれば、非公認校とほぼ同じ費用で教習を受けることもできます。その上、教習内容は公安委員会の基準を満たしており、設備も充実しているというメリットがあります。もし、合宿免許で公認校か非公認校かを悩んでいるのなら、まずはメリットの多い公認校を優先して検討するのが、免許取得への近道といえるかもしれません。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top