合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>仮免許を持っている人におすすめな合宿免許プラン

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

仮免許を持っている人におすすめな合宿免許プラン

仮免許を持っている人におすすめな合宿免許プラン

仮免許証は取得したものの、事情があって途中で教習所に通えなくなってしまったという方も少なくないかと思います。しかし仮免許証には有効期間があります。期間内に本免許を取得できなければ、教習を最初から受け直さなくてはなりません。
仮免許証の期限日が迫っているため急ぎで本免許を取得したい人には、合宿免許がおすすめです。ここでは、仮免許からの合宿免許プランの特徴や内容をご紹介しましょう。


合宿免許のメリットとは?

仮免許から本免許の取得を目指す合宿免許プランに参加するメリットは、大きく分けて3つあります。
1つ目は、本免許を取得できる可能性が高くなるということです。独学で復習をして試験場で一発試験を受けて免許を取るのは難しく、合格率は高くありません。合宿免許で講習を受けることにより、卒業検定試験の合格率を格段に高めることができます。
2つ目は、金銭的にお得だということです。通学型教習所と合宿型教習所を比較すると、地域差もありますがほとんどの場合は合宿型教習所の方が安く済みます。通学型教習所の場合、仮免許持参で第二段階から通学したとしても入学金や教習代などを含めて20万円以上かかるのが一般的です。しかし合宿型教習所の場合は費用が15〜17万円程度で済みます。食費や宿泊費込みでの料金なことを考えれば、よりお得感がわかることでしょう。
3つ目は、運転免許を短期間で取得できるということです。通常の合宿免許プランでは、卒業までに最短でも14日間かかります。しかし、すでに仮免許を取得している人向けの合宿免許プランは仮免許証取得後の二段階目以降の教習カリキュラムのみを受ければよいため、最短8日での卒業が可能です。仮免許の期限が切れてしまい一からやり直した場合と比べて、一週間近く合宿期間を短縮することができるというわけです。8日間であれば会社の休みも取りやすく、社会人の方でも参加しやすいのではないでしょうか。なお、学科教習は16時限、技能教習は19時限以上と定められています。人によっては教官から印をもらえず延長することもありますが、長くても10日ほどで卒業できる人がほとんどです。


合宿のカリキュラムは?

実際の合宿カリキュラムについては通常の合宿免許プランとほぼ同様です。丸一日運転だけ、または座学だけということはほとんどなく、バランスよく学科と技能が組み込まれているスケジュールが組まれています。朝食と昼食、夕食の時間も決まっており、団体行動をしながら教習を受けていきます。
また、一からスタートする合宿免許よりも参加人数は少なめです。期間も短く参加者同士の交流を持てる時間も少なくなりがちなため、シングルルームで宿泊するよりもツインや4人部屋などの相部屋プランがおすすめです。


仮免許からの合宿免許には参加条件がある

仮免許からスタートできる合宿免許プランは、全国各地で行われています。しかし、一からスタートする合宿免許プランと比べるとその数はあまり多くありません。夏休みや春休みなどの混雑が予想されるシーズンだと予約が取れない可能性もあります。また、仮免許からの合宿免許プランは、仮免許の有効期間が一定日数以上ないと参加ができません。合宿免許への参加を決めたなら、できるだけ早め予約を取ることをおすすめします。
合宿免許は、各教習所によって参加条件が設けられています。男性●歳以下・女性●歳以下、性別を問わず●歳以下といった年齢制限を設けている教習所が多いため、あらかじめ参加条件について確認するようにしましょう。もちろん年齢制限がない合宿教習所もあります。その他にも、合宿教習所のある都道府県内に住民票がある人、本籍・実家がある人も参加できないと定められていることがあります。申し込みを検討する前にまず、参加条件をよく調べましょう。


おわりに

仮免許の有効期間は6ヶ月間と定められています。この期間内に卒業検定試験に合格しなければ、それまでの苦労が水の泡になってしまいます。仮免許の有効期限日が間近に迫っている人は、合宿免許への参加を検討することをおすすめします。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top