合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>運転免許取得の際に活用できる教育訓練給付金

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

運転免許取得の際に活用できる教育訓練給付金

運転免許取得の際に活用できる教育訓練給付金

運転免許取得の際は、教育訓練給付金を利用

学生時代に特に興味はなかったものの、仕事の関係でどうしても運転免許が必要になり、合宿免許などで慌てて取るという方も少なくありません。合宿免許でも免許取得のために多額のお金がかかってしまうものですが、こうした場合に出来るだけお金を節約するためには、教育訓練給付金制度を利用することが出来る免許取得場所を選ぶことが大切です。教育訓練給付金制度についてご説明します。

こちらの給付金制度は、ビジネスの場において個人個人が積極的にスキルアップを図ることや、雇用率を高くすることを目的としている制度で、ある特定のスキル、資格を取得する際に発生した費用を一部国が負担するという制度のことです。こちらの制度を活用することで、運転免許の場合でもコストを削減して取得することが出来ますので、費用を抑えてスキルアップをしたいと考えている方にはぴったりの制度だと言えるでしょう。

こちらの制度はいくつか対応条件がありますが、対応条件を満たしていない場合、当然ですが給付金は支払いをされません。制度のことをよく理解しないまま免許の取得を行おうとした結果、給付金の支払いがされず、全額自腹になったというケースも多々あります。なので、事前に制度の内容や自分が対象となっているかどうかなども確認をするように心がけることが大切です。

また、取得する資格内容は運転免許に限ったことではありませんので、希望さえあれば対象の他の資格も利用することが可能です。資格やスキルアップの内容は数多くありますので、自分の取りたいものが対象になっているかどうかを事前にハローワークなどのホームページで確認し、必要に応じて申請を行うようにしてみてください。

◆教育訓練給付金のコースがある教習所

マツキドライビングスクールさくらんぼ校

マツキドライビングスクール村山校

那須自動車学校

備南自動車学校

鳥取県自動車学校など


利用の際の注意点

免許取得の際に活用することで結果的に出費を抑えることが出来る教育訓練給付金制度ですが、利用の際には、このようなことに注意をする必要があります。

まず初めに、利用する資格などが対象内であっても、教育を受ける場所が制度対象外の場合、給付金が配布されなくなるということです。給付金を貰うためにはその資格や免許などを取得するだけではなく、物によっては、教育を受ける場が制限されているケースもあります。せっかく資格類を取得しても、給付金が配布されない場所の場合は意味がないので、事前に対象場所かどうかの確認を行いましょう。

次に、支給対象者には制限があるということです。いくつか条件がありますが、例えば、初めてそのスキルや教育訓練を受ける方(免許の場合は、始めて免許取得をする方など)や、受講開始時に45才未満の方、訓練の期間中、失業状態にある方など、いくつかの要件を満たさないと支給をされないので、自分が対象者かどうかを事前に確認するように気を付けましょう。また、条件は場合によって変更になることもありますので、ホームページなどで確認をするだけではなく、できるだけハローワークなどの機関で直接訪ねてみることが大切です。

このような条件や要件を満たした方が、必要書類に記入をして提出をすることで申請手続きが完了します。こちらから申請を行わないと制度を活用することが出来ませんので、必ず積極的に申請を行うことが大切です。せっかくの制度対象者にも関わらず利用することをしないという方も多くいますので、十分注意が必要です。


おすすめの利用者

こうした教育訓練給付金制度の利用ですが、運転免許をこちらを使って取得する際には、このような方が利用することがおすすめと言えます。

まずは、現在求職活動中で運転免許の取得をしたいと考えている方です。給付金制度の利用条件の一つは、現在求職中の方というものですので、働いている方は対象外になってしまいます。しかし、スキルアップをして就活を有利にするためにも、こうした制度をうまく利用して免許取得を狙うことが大切だと言えます。

次に、現在専業主婦であるものの、今後就職をする予定があるという方です。合宿免許の場合は運転免許の給付金の対象内で出来るだけ費用を抑えることが出来るものもありますので、コストを抑えることが出来るという面はもちろん、合宿免許などであれば普通に教習所に通うよりも早く免許が取得することが出来ますので、家庭との両立もしやすく、短期間で集中的に免許を取得することが出来ると言えるでしょう。

このように、タイミングよく免許取得をするためにも、コストを抑えて、給付金内で出来るだけ費用を抑えるようにするためには、合宿免許などを利用して運転免許を取得することがおすすめです。こうした場所で取得することで、最短で免許を取ることが出来るだけではなく、費用を抑えて免許取得をすることが可能になりますので、取得を考えている方は、自分が給付金制度の対象となっているかどうかを事前に確認をして、必要に応じて申し込みを行うようにしてみましょう。必ず申請をすることが必要になりますので、対象者の場合は、申請を忘れないようにしてください。

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top