合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>教習所への通学では何日で免許が取れる?最短で取得する方法

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

教習所への通学では何日で免許が取れる?最短で取得する方法

教習所への通学では何日で免許が取れる?最短で取得する方法

学生の場合、就職前に自動車免許を取得しておきたいと考える人はたくさんいます。社会人の場合は、仕事の都合で特定の時期までに免許を取りたいという場合があるかもしれません。このような際は、教習所に通って自動車免許を取得するのに必要な期間を把握しておくのが大事です。この記事では、教習所への通学をするとどれぐらいの期間で取得できるのかを紹介します。また、短期間で免許を取得できる合宿免許や、最短で取得できる方法も併せて解説します。


最短で取得するために必要な日数

自動車免許を最短で取得する日数は、「合宿免許」と「通学教習」の場合で異なります。合宿免許とは宿泊施設に一定期間滞在して免許を取得する方法です。合宿免許はそもそも短期間で教習が行えるようにスケジュールが組まれているため、最短で14~17日程度の期間で免許センターでの適性検査と学科試験を受けられる状態になります。

一方、通学教習とは自動車教習所に通って免許を取得する方法です。通学教習でも合宿免許と同じくらいの期間で免許を取得することは不可能ではありません。学科教習は1日何時間でも受講できるので問題ありませんが、ネックとなるのが技能教習です。技能教習は予約制なので、自動車教習所がよほど空いている時期でない限り、思うようにスケジュールが組めません。そのため、通学教習の場合、早くて1カ月ほどを目安にするのが現実的といえます。ただし、教習所のなかには「短期集中プラン」など追加料金を支払うことによって技能教習を受けられるところもあります。


通常の場合の目安となる期間

住んでいる地域や年齢層によっても異なりますが、大学生の場合、7割以上は通学教習によって免許を取得しているようです。一般的にも、免許取得までに通常かかる日数といわれる場合、通学教習による期間を指すことが多いといえます。通学教習の場合、教習所の卒業検定に合格するまでの期間は、平均して2~3カ月程度です。もちろん、通学教習は自分でスケジュールを決められるため、個人差が大きいのが特徴でもあります。たとえば、社会人で週末にだけ教習を受けた場合は、3~4カ月程度かかるのが普通です。

また、教習所で思うようには教習が受けられないことにより、期間が延びてしまうこともあります。2~3月と8~9月は毎年教習所が混む時期であり、技能教習の予約がなかなか取れずに日数がかかってしまうケースも多いのです。立地条件などから人気のある教習所はもともと生徒数が超過しやすい傾向にありますし、また、教習指導員の数が少ない教習所も存在します。そのため、事前に口コミなどで評判をチェックしておくのも方法のひとつといえます。

予約が取れないために、数時間をかけてキャンセル待ちをする人も多いですが、時間に余裕がない場合はむずかしいでしょう。逆に、4~7月、10~12月は閑散期なので、タイミングが合えばこの期間に教習所に通う方法もあります。1日のなかでも予約が取れる時間帯とそうでない時間帯があります。一概にはいえませんが、夕方から夜間が最も込み、午前中や午後の早い時間帯は予約が取りやすいといわれています。空いている期間や時間帯を上手に利用することにより、免許取得までの時間を短縮することが可能です。


教習所を卒業するまでに必要となる教習時間

教習所を卒業するためには、所定の教習をすべて受ける必要あります。学科教習は1時限は50分間で合計26時限と定められており、普通自動車ATと普通自動車MTで違いはありません。学科試験は1段階と2段階に分けられていて、1段階が10時限、2段階が16時限となっています。

1段階の内容は、信号や標識、標示などのルール、車が通行すべき場所など基礎的な知識を学びます。また、緊急自動車を優先することや安全確認の仕方なども教わります。2段階では危険予測についてディスカッションしたり、応急救護措置を学んだりします。また、運転で死角になる場所や悪条件の対応、高速道路での運転など1段階に比べて高度な内容となっています。学科試験では時限ごとに番号が決まっていますが、順番は決まっていないため、教習所に通う場合は実施している時間割りに合わせて受講するのが普通です。ただし、2段階の学科を受けるには仮免許を交付してもらっている必要があります。

技能教習は普通自動車ATの場合は1時限は50分間で合計31時限、普通自動車MTの場合であれば合計34時限です。学科教習は特に制限はありませんが、技能教習は第1段階で1日に2時限まで、第2段階で1日に3時限までとなっています。1段階では、運転姿勢や発進、停止などからはじまり、速度の調整やカーブの曲がり方など基礎的な技能を学びます。坂道の発進や狭路の通行、交差点の通行など具体的な技能も1段階目で教わる内容です。仮免許を交付されたら2段階へ進み、交通の流れに合わせた走行や進路変更、急ブレーキ、縦列駐車といったより高度な技能を学びます。

普通自動車ATと普通自動車MTでは3時限の差がありますが、これは1段階目の技能教習で発生します。普通自動車MTの免許を取得すると、同時にAT車の運転も許可されるため、AT車の運転技能も学ぶからです。


一発試験は最短を狙えるが難易度も高い

教習所に通わずに運転免許センターで試験を受ける、という方法もあります。これは通称「一発試験」や「飛び込み試験」「飛び入り試験」などと呼ばれ、学科試験と技能試験に合格すれば数日で免許を取得することが可能です。つまり、最も短期間で免許を取得できる方法といえます。しかし、難易度が最も高いのも一発試験なのです。毎年、合格率は5%前後と難関なので、一度も自動車を運転したことがない人は教習所に通うほうが無難といえます。

一発試験は、実際には免許を失効したり、免許取消になったりした人向けです。しかし、過去に運転免許を取得していた人ですら合格するのはむずかしいといわれています。一方、自動車教習所で卒業証明書を受けた人を含めた普通免許全体の合格率は毎年70%ぐらいですから、大部分の人が合格しているといえます。ちなみに、普通自動車MTと比べると普通自動車ATの合格率は、毎年2~3%ぐらい合格率が下がるのが特徴です。

また、一発試験の場合、学科で不合格になれば規定の点数に達していないことがわかりますが、技能試験では結果が明確にわからないことも多いといわれます。試験官によっては、どこが悪かったのか詳しく教えてくれることもあるようですが、多くの場合は不合格の理由がよくわからないといわれます。そのため、次に受験するときにどこに注意したらよいのか対策がとれないことが多いのです。また、一発試験は平日しか受け付けていないため、仕事などの関係上、週末しか受験できない人は不便を感じるかもしれません。


普通自動車ATでの取得も検討してみよう

免許取得までの日数を短くするなら、普通自動車ATでの取得を考えるのも良い方法です。普通自動車MTよりも技能の第1段階において3時限分の教習時間が少ないため、短期間で卒業ができます。合宿免許と通学教習のいずれの場合も2日程度の期間が短縮可能です。できるだけ早く免許を取得したいと考えるなら、普通自動車ATでの免許取得を検討してみてはどうでしょうか。

技術的な部分でもクラッチ操作が不要となるため、難易度が下がります。MT車の場合、アクセルとブレーキ、ハンドル操作に加え、クラッチペダルを踏んで左手でシフトレバーを操作する「ギア・チェンジ」という操作が必要です。この操作をスムーズにしないと、上り坂で後退してしまったり、エンストを起こしてしまったり、スムーズに加速ができなかったりなどが起こります。一方、AT車はギア・チェンジが自動なのでこのような作業は必要ありません。通常の操作なら、アクセルとブレーキ、ハンドル操作という基本動作で運転ができます。そのため、運転に対して苦手意識を持っている、運動神経に自信がないといった人も免許を取得しやすくなるメリットがあるのです。

現実問題として、日本にある車のほぼ全てはAT車なので、一般的な仕事用の車なら困ることはないでしょう。こうしたこともあり、すでに6割程度の人が普通自動車ATで免許取得をしています。また、後からMT車を運転できるように追加で教習を受ける「限定解除」を利用する方法もあるので、いったん普通自動車ATの免許を取得しておくこともできるのです。教習所で限定解除をする場合、4時限の所内技能教習を受けて合格すればよいだけなので、時間も費用もそれほどかかりません。


教習所の閑散期に申し込むことも大切

合宿免許という方法をとるにせよ、通学教習という方法をとるにせよ、教習所の閑散期に申し込むことはとても重要です。2~3月、8~9月は教習所が特に混雑しているため、人気の高い教習所は2カ月前に予約が埋まってしまうこともあります。特に合宿免許を利用する場合には、期間が限定されるのでできるだけ早めに予約を取っておくことが必要となります。

合宿免許の場合、高校3年生や大学4年生の割合が多いのが特徴です。つまり、卒業前に免許を取得したいという人が2~3月に集まります。また、8~9月は夏休みなので混み合う教習所が多いようです。混雑状況を正確に確認するには、教習所に連絡してみましょう。電話窓口を設けている教習所が多いですが、現在はインターネットで予約状況が確認できるところも増えています。比較条件サイトなどを利用するのも賢い方法です。

閑散期を狙うなら、4~7月、10~12月を選びましょう。この時期はガラガラの教習所も少なくなく、通学教習で予約が取りにくい技能教習もスケジュール通りに進められます。結果的に最短で卒業が可能なので、この時期を選ぶのも良い方法なのです。また、料金面でも得することが多いのもこの時期です。閑散期となるこの時期にキャンペーンや割引サービスを実施する教習所もあるので、インターネットなどで探してみましょう。


最短を目指すなら合宿免許もアリ

最短を目指すなら、一般的には、合宿免許が良いといわれています。あらかじめ決められたカリキュラムをこなしていけば最短で卒業できるため、時間的な無駄をなくせるからです。特に大学生など、まとまった時間がとりやすい人にとっては向いている方法といえます。

取得期間を重視するなら、通学教習に比べてメリットが多いのは合宿免許です。最短で免許を取得できるスケジュールになっていることもありますが、免許取得に集中できる環境が用意されているメリットもあります。合宿の場合、仕事やアルバイト、プライベートの遊びなどによって教習が中断されることもありませんし、同じ目的の人が周りにいることでモチベーションが維持しやすいのが特徴です。こうしたことから、教習を延長する人の割合が通学教習に比べて少ないといわれています。

一方、通学教習の場合、自分でスケジュールを組まなければなりません。そのため「アルバイトのヘルプを頼まれた」「今日はやる気が出ない」などの理由で技能教習をキャンセルしてしまい、予定通り進まない人もたくさんいます。結果として、免許センターに行くまでに遅ければ3~4カ月かかってしまう場合もあるのです。通学教習のほうが自由度は高いですが、免許取得までの期限が決まっている際はスケジュールをしっかり自分で管理しましょう。

合宿免許というと「同じ部屋で集団生活しなければならない」「教習以外の時間が暇」などのデメリットが思い浮かぶ人もいるかもしれません。しかし、現在は合宿免許も多様化しており、とにかく値段が安い教習所や、女性のみの合宿などさまざまです。プライベートが確保したいならホテルに宿泊できる合宿免許もありますし、なかには観光旅行が可能なプランも用意されています。短期間での免許取得を目指す人は合宿免許も検討してはどうでしょうか。


スケジュールの無駄をなくしてみよう

教習所に通って自動車免許の取得を目指すのであれば、申込の時期に注意する必要があります。特に2~3月、8~9月は混み合います。通学教習の場合、なかなか技能教習の予約が取れずに進捗が遅れてしまったり、キャンセル待ちのために多くの時間を費やしてしまったりする人が多いので注意が必要です。閑散期の4~7月、10~12月を選ぶなどによって、スケジュールの無駄をなくすように工夫しましょう。

最短で免許を取りたいなら、必要に応じて合宿免許での取得も検討してはどうでしょうか。短期間で卒業検定に合格できるカリキュラムとなっており、免許取得に集中できる環境も整っています。さまざまなニーズに応じて特色のあるプランを各教習所が用意しているので、自分にぴったりのところを見つけられるでしょう。ただし、混雑する時期は合宿免許も通学教習も同じです。時間に余裕を持って候補となる教習所をピックアップしておいたり、早めの予約をしたりしましょう。

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top