合宿免許アイランド
menu close
電話をかける 入校仮申込み
新型コロナウィルス感染症に関する対応について
合宿免許アイランドTOP>合宿免許 知恵袋>自動車免許は合宿免許でもローンが組めるって本当?審査条件をチェック

合宿免許 知恵袋
入校前にチェック!

自動車免許は合宿免許でもローンが組めるって本当?審査条件をチェック

自動車免許は合宿免許でもローンが組めるって本当?審査条件をチェック

運転免許とは?合宿免許の費用はローンが組めるのか?

日本国内で最も取得されている免許といえば、運転免許です。若者の車離れが進んでいるという話をよく聞きますが、就職の条件で必須となる会社もまだまだ多いことなどもあり、社会人になる前に取得する人が多くいます。就職のためだけでなく、いざ運転免許を取得しようとしても、社会人になると日々の仕事に追われてしまい、なかなか教習所に通うチャンスがなくなってしまうので、いつかいつか…と言っているうちに取り損ねてしまう可能性が高いからです。できることなら、時間に余裕のある学生のうちに運転免許を取得することをおすすめします!

さてこれから運転免許を取得しようと考えている人の中で、運転免許の種類や取得条件について詳しく知っている人はどれくらいいるでしょうか?年齢は何歳から取得可能なの?どれくらいの金額がかかるの?と色々と気になることがあると思います。まずはこれから取得する運転免許について簡単に説明しましょう。

まず原動機付自転車(原付)と二輪免許(バイク)は16歳から取得可能です。原付は技能検定がないため、教習所には通わず免許試験所で学科試験を受け、一発合格を目指す人がほとんどです。取得までの時間もかからず、運転免許の中でも一番気軽に取得できる免許と言えるでしょう。一方、二輪免許は技能検定があるので、教習所に通い教習を受ける方がほとんどです。二輪免許の種類には小型、中型、大型とありますが、まず最初は中型二輪免許を取得する方が多く、中型二輪の運転に慣れてから大型二輪の免許にチャレンジする方もいます。 そして四輪免許は、18歳から取得可能で、普通、準中型、中型、大型と一種免許は大きく分かれて4種類あります。普通車と準中型車は、満18歳になっていれば取得できますが、中型車以上の免許は、免許の運転経歴が必要になってくるので、無免許の状態からは取れません。まずは普通車か、準中型車からスタートしましょう。 二輪免許は16歳になってからの入学を認めているところがほとんどですが、普通車と準中型車に関しては、仮免試験の時に18歳になっていれば入学可能な教習所がほとんどです。二輪だと16歳、普通車だと17歳から入学は可能ですが、運転免許を取得するためにはそれなりにまとまった金額が必要になります。一括での支払いが難しい場合は、ローンという選択肢がありますが、未成年の方でも審査に受けることができるのでしょうか?ここからは、合宿免許にかかる費用や、ローンの審査を受けられる条件などについて詳しくお話ししていきましょう。



運転免許を取るには合宿免許も通学免許もお金がかかる

運転免許を取得するには、どれくらいの金額がかかるのでしょうか?教習所へ支払う入学金や規定分の技能講習料、検定にかかるお金や教科書代など内訳は様々です。通学で通う場合、取得までに大体30万円前後の費用が必要になるといわれています。 その一方、合宿免許は教習所と比べると費用を抑えることができます。食費や宿泊費もかかるのにどうして安いのか、と疑問に思う方も多いでしょう。その理由は、利用する人が少ない昼間に集中して講習を行うためです。 通常、合宿免許で講習が行われる時間は多くの人が学校や会社に行っている時間帯となっており、講習の料金そのものが安く設定されています。そのため食費や宿泊費の費用を上乗せしても、およそ25万円前後で運転免許を取得することが可能です。近年では格安の合宿免許も出てきており、20万円ほどで運転免許を取得できるケースもあるようです。


しかし合宿免許の方が安いとは言っても、金額的にはかなり高額になってしまいます。自分の貯金では到底支払うことができないという方も沢山います。両親が払ってくれる家庭もありますが、場合によっては親に頼めないという方もいるでしょう。そういった場合は運転免許の取得を諦めるしかないのでしょうか? 経済的に苦しくて一括での支払いができない場合には、ローンを利用するという手があります。通常のローンだと学生は利用できないのが一般的ですが、運転免許ローンの場合は学生でも組むことができます。中には高校生でも利用できる運転免許ローンもあるのです。運転免許ローンを利用すれば、合宿免許の参加料を一括で支払えなくても、合宿免許に行くことができます。それでは、合宿免許のためのローンにはどのような種類があるのでしょうか。



合宿免許など自動車免許取得の為のローン・3つの特徴

自動車免許取得ローンは、その名の通り自動車免許を取得するためのローンです。もちろん、合宿免許でも借入が可能です。金融機関によって名称が違い、マイカーローンという名称で借入できる銀行が多いようです。また信販会社ではドライバーズローンという名称が多くあります。 これらのローンの特徴は主に3つあります。


1つ目は学生でも申し込みが可能なこと、2つ目はスキップ払いを設けているものが多いこと、3つ目は教習所や合宿免許斡旋業者と提携していることが多いということです。 まず1つ目の特徴ですが、自動車免許の取得ローンは学生でも申し込みをすることができます。学生の方含め、18歳以上であることがローンを申し込める条件ですが、ローン会社の中には高校3年生(最終学年・来春卒業予定)であれば17歳でも申込可能なものもあります。未成年者の申込の場合は、親権者が保証人につく必要があったり、少なくとも親権者の同意が必須となります。申込む前に、きちんと両親と相談をしておくことが必要です。また大学生や専門学生も同じく申込が可能ですが、学生の場合は未成年者同様に親権者の同意が必要な場合があります。 学生でもローンの審査が受けられることは分かりましたが、きちんと支払えるか不安になる人もいるのではないでしょうか。学生の場合は安定した収入がない人も多いと思います。たとえアルバイトをしていたとしても、まとまったお金をコツコツ返済していくことは簡単なことではありません。


そんな学生向けに、2つ目の特徴であるスキップ払いというシステムがあります。 スキップ払いとは、支払い開始月を遅らせる方法です。例えば1月に入校の場合は、翌月の2月から支払が開始しますが4か月のスキップの場合、6月から返済開始となります。この方法であれば教習を受けている間は収入がなくても、合宿免許が終わってからアルバイトなどでお金を稼いで、月々の支払いに充てていったり、就職をして安定したお給料が貰えるようになったときに返済をするということができます。 そして、


3つ目の特徴としては教習所や合宿免許の斡旋業者と提携をしている自動車免許取得ローンが挙げられます。申込む窓口によっては1つのクレジット会社と契約しているところもありますが、複数の会社の審査を受けることができる場合もあるようです。



合宿免許のローンの支払方法・回数は?

20~30万円のローン審査を受けるとしても、実際に、毎月いくらくらい支払っていくのか心配になりますよね。申込む金融機関・信販会社によって異なりますが、支払回数は3~36回やリボ払いなど、申し込む時に希望した回数の選択ができます。ただし、お金を借り入れるということは金利が伴うので、回数が増えれば増えるほど、元の教習料金に金利の金額が足され、最終支払金額が上がってしまいます。実質年率が15%前後のローンが多いので、無理なく計画的に支払える回数を、設定することがおすすめです。ローンによっては、先ほどお話ししたスキップ払いもあるので、ただ支払回数を増やすのではなく、うまく組み合わせて使うと負担なく支払ができるかもしれません。また、ローンを組む際は、頭金として現金で事前に支払う金額もあります。ローンにかける金額をできるだけ少なくし、回数も少なくすることが、全体的な金額を低く押さえるコツです。



合宿免許でローン使えない?審査に通らないことはあるの?

免許の取得ローンもお金を借りることには変わりがありません。そのため、金融機関による審査があります。借入する金融機関によって審査基準が違いますが、一般的に金利の低い銀行系のローンは審査が厳しいと言われています。教習所や合宿免許の予約サイトの場合、多くは信販系のカード会社と提携をしています。


審査は一般的なローンと同じで、過去に延滞や金融事故などを起こしていると借入が難しくなります。これはクレジットカードなどのローン返済だけではなく、携帯電話を購入する際の割賦払いの契約なども含まれる場合があるので、携帯電話料金の返済を何度も遅延している方は注意が必要です。また審査のやり取りの間に、不払いが理由で携帯電話が止まってしまうなども、審査が通らない原因となることがあります。そのような要因がなければ、問題なく審査が通ることが多いでしょう。ただし会社によっては保証人が必要な場合があり、この場合は保証人の信用情報も審査をされます。申込者本人には問題がなくても、保証人の信用情報に問題がある場合は、審査が見送りになるケースもあります。


また運転免許ローンではなく、キャンパスローンなどの学生向けのフリーローンを利用する方法もあります。もともと収入のない学生のためのローンで、借入の限度額が低くしか設定できない分、審査も厳しくありません。運転免許を取得する資金を借入するには、これでも十分かもしれません もし審査に落ちてしまった場合、他に支払う方法がない場合は、合宿免許には参加することができません。予約をする窓口によっては、違うローン会社で再チャレンジしたり、親権者申込で再度審査を受けてみるなどもできるので、審査が通るか心配な人は、早めに申込と審査を受けておくと入校前に焦らず審査結果を待てると思います。


おわりに

運転免許の取得には何かと不安が付きまとうものです。ローンを効果的に利用して、お金の不安だけでもなくして気持ちよく教習を始めたいですね。自分に合った支払方法を探してみてください。


合宿免許アイランドで扱っているローンについてはコチラ

関連記事

学校検索

希望免許
地域
希望入校日
0120-727-659

今すぐスマホでお問い合わせ!

0120-727-659
入校仮申込み
資料請求(無料)
Home
Page Top